まるぞう備忘録

無題のドキュメント

トリックを見破ることは可能か。その4。

2021-09-13 10:00:17 | 今日のひとり言

防災カレンダー
13日 【9】

横浜市から西方向


名古屋市から西方向


香川県西部から東方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/09/13/094806#20




主題がわかりやすい文章は誠実な文章。

 昨日の課題に大勢の方が挑戦してくださいました。ありがとうございます。大変参考になりました。早速回答です。

 昨日の大阪大学の論文の主題は「新型コロナウイルスに感染すると感染を防御する中和抗体ばかりでなく、感染性を高める感染増強抗体が産生されていることを初めて発見しました。」です。
 もちろん「感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発が可能になると期待される」も執筆者の伝えたいことです。未来への期待です。こちらを含めても良いと思います。

 そして大切なことは、この長い論文の大半は、この「感染増強抗体が産出されているよ」という解説で湿られています。主題からブレていない。ということがとても重要なことです。
 もちろん専門的なことは当然私達は理解できないです。しかし主題がブレていないということは、要約という作業の中で肌でわかることでしょう。

 ということは、私達はこの論文が「人を騙す目的」で書かれたものではなく「真実を伝えたい目的」で書かれたものというように判断できます。



人を誤魔化したいと思った時は、あなたはどう書く?

 阪大論文のように、あなたが「ある事実を他の人に知ってもらいたい。理解してもらいたい。」という想いで文章を書くとしたら、その文章の内容はきっとこのようなものになるでしょう。




 一方、人を騙す目的の文章の構成はこのようになるでしょう。



 伝えたい主題はあるのですが、文章はその主題とは関係のない内容がずらずらと続きます。

 それはなぜか?
 それはもし本当のことを言ってしまうと、読者を騙せないからです。読者を誘導することが出来ないからです。

 従って騙し手は、主題とは関係のない「はったり」や、巧妙な「すり替え」の文章がダラダラと続くことになりがちです。
 そして、読者を煙に撒いたあと、なんとなく空気で主題を伝える。というワザを使います。

 ですから、「要約する」という一手間がトリックを見破ることに役に立つというのは、
・本文に書かれている文章が主題を直接的に解説しているか

 を見極めることが出来るからです。



文章の流れと、最後の主題がブレている時は「誤魔化し」が。

 たとえば先日の女医さんの記事。
 主題は「新しい変異株で子供が脅威にさらされると可能性があるので様子見ではなく子供にもワクチン接種をさせましょう」というものでした。

 であるならば、文章の多くを
・今後の突然変異が子供を重症化させるというメカニズム
・今後の突然変異が子供を重症化させる予兆のデータ

 などに割かれるべきです。しかし実際はそのような解説は1行も出てきません。
 文章の大半は「主題」とは直接関係のない
・SNSのデマ拡散についての注意喚起
・子供にもワクチンは効果がある

という内容に割かれていました。変ですね〜。

 もし、本当にこの人が「子供重症化の変異に備えよ」とプロの医療従事者として懸念しているのであれば、「子供重症化変異が起こり得るよ」という話になるはずです。



主題を見つけると、すりかえの手口も観えてくる。

 でもそれがないということは、この人が読者に信じ込ませたい事実も仮説もデータもないということです。でもそれを言うと「主題(子供にワクチン打たせましょう)」の説得力がないので、
・巧妙なすりかえ
という方法をこの方はとっています。

 しかし、文章を要約して「主題は何か」という視点でこの記事を観ると、不自然な構成になっていることに気づきます。
 このようにして読者は、この作家さんの巧妙なすり替え誘導の手口を見破ることが出来ます。



主題がコロコロ変わるのはワザと。

 昨日の2つ目の課題。
 要約作業をされた方はおわかりになるかと思いますが、この文章の主題は揺れ動いています。一つに絞れない文章です。

 文頭の概要では「4種類のワクチンの成分とアジュバンドを特定した」とあります。
 でも後半では「ワクチンに含まれる成分は高い毒性を持っている」とあります。
 そのあと「コロナウイルスは存在しません」が結論のような流れになっています。

 読者の方の回答でも課題2については、みなさんの回答がバラけていますが、それはこの文章自体、明確な主題がないからです。



読者を誤魔化す文章のルール。

 女医さんの文章のように「文章の主要部分で長々語っていることと、最後主題がずれている(すりかえられている)」という時。
 あるいは課題2のように「(更に)その主題自体も文の流れに応じて揺れ動いている」という時。
 その文章は、人を騙すために書かれたものである。という可能性を疑って良いです。



話をすりかえる人って。

 私達は自分の人生の経験の中で、信用がおけない人物を知っています。
 その人は自分を正当化するために、ころころ論点をすり替えます。



理解させないためにワザとわかりにくく書いている?

 文章も同じです。「はったり」と「はぐらかし」「すりかえ」の文章は「おかしいな」要注意です。
 そのいう時、こういう文章の「主題」は何だと自分で要約するという視点で読むならば、はっきりわかって来ます。

 私達は日常生活で直接会う人が誠実な人か胡散臭い人かは嗅覚で嗅ぎ分けることが出来ます。文章も同じです。コツがわかると胡散臭い文章もわかるようになります。

誠実な文章と


胡散臭い文章。


 いろんなことが書かれているけれど、いつの間にか主題がすりかえられているよ。

など。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
これ、友達に紹介されて読んで、なかなか意味が分からなかったやつです。

→ これはわざと理解できないように煙に撒いている文章なのです。
自分には理解できないけど、と読み手を思考停止させるのが目的でわざとわかりにくく、書いています。私はこちらの文章も悪質だと思っています。

==========
正直、課題2の内容は素人でその是非は判断できません。

→ その嗅覚が正しいのです。課題1は素人ながらも訴えの軸がぶれていないことはわかります。課題2は巧妙にはぐらかして人を煙に撒いて思考を停止させるかのごとくです。

==========
入試問題を解く作業に似てますよね。

→ 年をとっても誰もが現役生です!文章の要約は「騙されない」に役に立ちます。

==========
意識して要約すると文章化が面倒ですが、嗅覚は無意識にこの要約を嗅ぎ分けるのでしょうね。
それには幅広い情報や知識もプラスになります。

→ 頭で解析することと、心の嗅覚は半分半分。車軸の両輪だと思います。

==========
と私は解釈しました。文章がとても短くなるものですね 笑

→ そうなのです。主題として1行に抽出する脳内の作業は、真偽を見分けるのにとても役にたちます。

==========
昔ながらのすっぱしょっぱい梅干しを美味しくいただくおすすめのお料理はありますか?2

→ 梅を小さくちぎってまぶすおにぎりなどいかがでしょうか。私は大好きです。

https://www.google.com/search?q=%E6%A2%85+%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97+%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A&rlz=1C5CHFA_enJP759JP759&oq=%E6%A2%85%E3%80%80%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%97%E3%80%80%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A&aqs=chrome..69i57.6162j0j9&sourceid=chrome&ie=UTF-8

==========
mRNAワクチンの中身を解析したら寄生虫や人体に有害な物質が入っていました。

→ それが主題に近いと思います。が、この文章の中で、どのように有害な事例やデータが直接書かれていないのはおかしいです。こんなに長い文章なのにね。ということは、はぐらかしかな。煙に撒く目的?と思うわけです。



==========
1つ目の文章は、作成者の意図とは別に、私個人が関心をもっている内容について再確認することができる事柄が比較的分かりやすく書いてあり、勉強になったような気もします。不安をあおられない、強い押し付けを感じないですみました。

2つ目の文章は、何を書いているのか煙に巻かれそうな内容が続き、その割にはじめから結論ありきな気配がプンプンなのを耐えながら読み進みました。
そして、突然の結論付けからの飛躍。今までの文章と関係のない、ストーリーが繰り広げられるのを唖然としながら読みました。これでは、たとえ前半が正しい研究だったとしても、もともと同じストーリーをもっている人にしか届かないのではと思いました。つまり、そのストーリーを信じたい人が読む場所でオープンにされた文章なのかもしれませんね。全体的にゴテゴテと装飾された文章に感じました。深読みをすると、「ワクチン不安説は、胡散臭い」という印象を逆に与えようとしてたりして~。なんてね。

→ コメントありがとうございます。大切な考察だと思いました。

長い文章の主題を1行にまとめるという脳内作業は、もう一歩文章を書いた人の思考に踏み込むことになります。

難しいけれど誠意ある文章なのか。何を言ってるかわからない胡散臭い文章なのか。ひと手間の脳内作業がそれをよりクリアにします。

==========
確かにまるぞうさんがおっしゃるように「記事は理解できていないけれど、写真とかグラフとかそれっぽく説明されているから多分本当なんだろう」と思っていました。
なにぶん自分も何重にも輪をかけてど素人なのに加えて理系人間ではないので理論的思考能力皆無です。

→ これがわかりにくいのは、読み手が素人だからではないのです。わざと理解できないように、はぐらかしながら、専門用語をちりばめているからです。
そして驚くことに、この文章で書かれているその専門用語の大半は「嘘」です。大量の引用資料もはったりです。

忍術のように「はったり」をかませる、忍者はったりくんの文章です。

==========
課題2
「ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ヤンセン社の医薬品は「ワクチン」ではなく、上述したように、動物細胞やベロ細胞、堕胎したヒト胎児の細胞から得たmRNAの遺伝子組み換え核酸に、さまざまなナノ元素が付着した複合酸化グラフェンのナノ粒子の集合体です。繰り返しになりますが、これらのいわゆるワクチンに含まれる成分は、植物、昆虫、鳥、動物、人間の細胞膜とその遺伝に対して、高い磁気毒性、細胞毒性、遺伝毒性を持っており、すでに重篤な傷害(5億人以上と推定される)や最終的な死(3500万人以上と推定される)につながっています[17][18]~[55]。」

→ 主題の抽出は良いと思います。そしてその次に「これが主題なのになぜ、毒性についてはこの長い長い本文でここ以外に1行も触れていないのだろう」という疑問に繋がります。

ということはこの長い長い文章ははったりくん、はぐらかしくんなのだろうか。と。

ちなみに「繰り返しになりますが」とありますが、ここで初めてでてくるやろ。と私はツッコミます。
そして膨大な引用資料[17][18]~[55]は少なくとも、酸化グラフェンの有毒性がテーマのものは一つもありません。でもそこまで調べる人はいないとタカをくくっています。

この忍者さんも巧妙な手口だなあ。というのが私の個人的感想です。

==========
長すぎて眠くなりました。
これを聞くなら打ちましょうに流されるかも

→ 実生活では詐欺師に注意と同じです。「はったり」「はぐらかし」「すりかえ」で誘導します。

==========
課題2
新型コロナウイルスという病気は無く、Cov-19ワクチンという4社の有毒な実験です。
うーん、途中の文章ちゃんと読んで理解したいと思いますが。無理でした。

→ 理解させないように「自分は理解できないけれど」と読み手の思考を停止させるのが目的のハッタリとハグラカシの文章です。

==========
2番目は、とてもショックでした。

→ 女医さんの文章と同様に、課題2の文章もトリックで人を誘導する文章の見本です。

女医さんの文章は非常にスマートで頭の良さを感じますが、課題2はひたすら物量作戦ですね。主題とは無関係のデータや専門用語を大量に流し込むと、人は「自分は理解できないけれど多分正しいんだろうな」と思考を停止してしまう。これを狙っています。

==========
一つ目は冒頭にまとめがあり、二つ目は後ろにまとめ的(多少分散してますが)な部分が置かれていて分かり易く感じました。

→ そうなのです。きちんとした論文は必ず文頭にまとめ(主題)が簡潔にかかれています。これが(分野が異なっても)論文を読むコツです。



ちょいと二つ目の内容の、末尾が煽りなのが透け透けですが(ま、まだ二つ目さんで真打じゃないから^ ^)、誘導芸の粗さが尻尾出てますかね。以上、本日のお題提出致しました(キリッ)。

→ ご指摘のとおり。スマートではありません。専門用語もロジックも筋が出鱈目が多いですが、ひたすら大量の専門用語とグラフと写真で、読み手を思考停止にさせ煙に撒く文章です。

「私は理解できないけれど多分正しいだろう」と多くの人がネットに拡散させるのが目的と考えられます。

==========
ワクチン反対派に偏った要約かも知れませんが、肯定派が否定できない文章だと思いました。

→ 課題2の文章は、ワクチン推進派の人たちが、ワザと書かせて拡散させているというのが私の陰謀論小説です。真実のそばにフェイクの餌を撒け。

==========
この課題2の内容は怖すぎですね。

→ ワクチンの真実に近づく人たちを捕獲するためのキャンペーンというのが私の陰謀論小説です。反ワクチンの人が「酸化グラフェンが〜」とSNSで拡散するのを観るとあ〜あと悲しくなります。

==========
課題1、2のことは厚生省は知ってるのでしょうか?知ってても問題なしとしてるのでしょうか?

→ 課題1は正式な論文なので担当の方は知っているでしょう。
課題2は巧妙なデマ文章です。真実に近づく人を、その一歩手前で捕獲するキャンペーンという個人的な陰謀論小説。このデマ情報、厚労省は相手にしていないことでしょう。そしてそれは正しいです。

==========
まるぞうさん、事態は次のフエィズに来てるんじゃないですか?
1)パスポートが出来て未接種者はいろんな制限を課せられる可能性がある。
2)仕方なく接種せざるを得ない場合の対策は?

見破ることはとても大切だと思うけれど
事態は先に進んでいて最悪の場合、どうすればいいのか、が見えてこない。

→ 同調圧力に心折れそうな人たちに、「ほら、ワクパスするぞ。迫害するぞ。ワクチン打つなら今のうちだぞ。」を揺さぶりをかけております。それならば、腰を落ち着けて見守ろうじゃないかというのが私の個人的なスタンスです。

==========
その1→先に結論
その2→最後の方に結論

→ コメントありがとうございます。その1はその通り。
そしてその2は、本来文頭の概要にあるはずの主題が途中からブレているというのが本当のところです。だからわかりにくい。でもワザとわかりにくくしているというのが目的です。

「私は理解できないけれど多分正しいんじゃないかな」と引っ掛けて読み手に拡散させることが目的です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (27)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« トリックを見破ることは可能... | トップ | トリックを見破ることは可能... »
最新の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-09-13 11:28:22
日々忙しく過ごしていると、深い思考が必要な事柄は、正直めんどくさく感じられます。テレビで言ってるからとか、国がそうしてと言っているから、とか簡単な方に誘導されてしまうんでしょう。私の場合、変人なので、自分が納得しない、なんかしっくりこない、という感覚だけで動いている感じ。動物的なんでしょうね。だからまるぞうさんのブログはたまに読むのがめんどくさい時がありますが、あえて読んで勉強させてもらっています。この考察も学びがありました。失礼のある書き方かもです。お気に触ったらごめんなさい。
Unknown (玲玲)
2021-09-13 11:32:51
分科会もADEのことはちゃんと理解した上でワクチン接種なんですね。

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/bunkakai/vaccine_kangae.pdf

"特に留意すべきリスクは、現在開発が進められているワクチンでは、核酸やウイルスベクター等の極めて新規性の高 い技術が用いられていることである。また、ワクチンによっては、抗体依存性増強(ADE)など重篤な副反応が発生する こともありうる"

ただ、この書き方だと、ワクチンの社名とか特定しない書き方しかしていないような気持ちになりますが、日本語って主語が無い分、遠回しな書き方が出来て厚労省などの資料も一般の方はわざわざ探しに行って見ないんです。
昨日の課題1も、大阪大学のページに見に行って読んでからパートさんに話したら、テレビでなんでニュースにしないんでしょうか?と素朴な質問されたので、YouTubeで探してニュースになっている動画探したら、ワクチンは中和抗体があれば問題が無いで締めくくられて、これじゃ大阪大学が言ったみたいに感じちゃうじゃーん、とゲンナリした気がします。

ワクパスも、ネットで調べれば海外渡航者向けでデジタル化する話が出たので、それからだろうな、と。じゃあ、もしワクパス出ても生活を安心して暮らせる準備しながら、出来たら国の方針がADEの懸念で大変になる前に5類にしてくれたら、と希望をほんの少しだけ持ちます。

あっ、でも5類にするぞ、パフォーマンスもあるのかな、一応言っておくけど、決めないよ、ってやつ。
Unknown (Unknown)
2021-09-13 11:39:29
いつもありがとうございます。
なるほど、二番はそういうトリックなのですね。
またワクワク推進派がもしかして書いている。かも。そこまでやるんですねー唖然。
実は、以前理系長男にこれを転送したら、すぐに、嘘ばっかりやん。
と返事がきました。
コロナワクチン被害症例集の本を送れば、すぐにエコーチェンバーを調べろ。と返事がきました。
エコーチェンバーについては気をつける。と伝えましたが、もうこれ以上は干渉するのはやめよう思います。
ただ、Googleではなくて、ダックダックゴーで検索する方がいいかも。とだけ伝えました。
もう、大人しくじっとしています。

総裁選においても、私と家族はもちろん、みんなは根っこは繋がっていると信じています。
ワクワクも総裁選も結果を心配するより自分がギリギリまで精一杯頑張ったかに焦点を置き、冷静に見ていきたいです。
Unknown (Unknown)
2021-09-13 11:46:10
難しい内容でも素人が理解できる分かり易い文章にされる方は誠実な書き手だと思います。
分かりにくい文章とは初めから煙に巻きたい書き手の意識が反映しているのでしょうね。
そう思うと自分の嗅覚は「誠実さ」を感じるかどうかが常に判断基準になってたと思います。
勉強になりました。ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2021-09-13 12:09:33
いつもありがとうございます。
医療機関に勤めています。
療養型の病院なので患者さんは高齢者、もしくは若くても寝たきりの方ばかりなのですが、枠枠接種後(患者さんは殆ど接種済)からなんだかおかしいのです。接種した方から順番に調子が悪くなる感じがします。また、最近では、妙に老けたなあと不意に思ってしまう場面もあって。会話できない方が殆どですので見た目なのですが、何といえばいいのか、妙に老けて変なんです。私は接種していなくてこの先も接種するつもりはありませんが、枠枠すると老化が加速する?みたいなこと思ってしまします。変なコメントすみません。
解説ありがとうございます (ひなぎく)
2021-09-13 13:32:25
まるぞうさん、解説ありがとうございます。
課題1はほぼ正解でヤッターなのですが、課題2の方は的外れだったようですね。
課題1は文章の最初と最後の部分から要約をもってきたのですが、課題2は同じようなことはできませんでした。
なぜかということが、まるぞうさんの解説を読んで理解できました。
ありがとうございます。

それで、私は課題2をどうしてあのような文章

「自分の健康をコントロールするのは自分自身であり、世界の政府や官僚がみんなにワクチンを接種するように迫っているが、その犠牲にならないでほしい。」

にしたかというと、色々なことを書いてあるけど、この筆者の一番言いたいことはこれであろうと思ったからです。
要約ではなく、筆者のメッセージを書いたことになりますね。
Unknown (Unknown)
2021-09-13 13:57:58
回答を興味深く読ませて頂きました。
昨日の2つ目の課題を読みながら違和感を感じていたのですが、あっこれが嗅覚なのかーと理解しました。
ふと、昨年春に出回った(コロナはお湯を飲んで治る)デマメールを思い出しました。
よく読んだら何だかおかしいのに、未知のウイルスにパニックになってるものだから冷静に判断されないまま送られてくるチェーンメールでした。
人間って自分のこと、家族のことになると感情が揺らいでしまう弱い生き物です。いつでも俯瞰で見て判断出来るように…非常時然りで、揺れ幅が少なくいられるよう気を付けなければ。
取り敢えず、小学生の息子に「説明文と論説文の長文読解はやっといて損はないぜ」と伝えます。
Unknown (Cats)
2021-09-13 13:58:43
まるぞうさん、下記解答、ありがとうございます。

→ 課題2の文章は、ワクチン推進派の人たちが、ワザと書かせて拡散させているというのが私の陰謀論小説です。真実のそばにフェイクの餌を撒け。

課題1の内容が信用できそうだったので、安心感が出たことと、要約疲れにより、(私が勝手に)信用度を上げたまま、課題2を要約していました。
それが誤った要約の原因ですね。
課題1と2の順番が逆で、怪しい文章が先であれば、注意力も働かせられたのでしょうが、慢心はいけませんね。
自己分析にもなり、有意義な体験でした。どうもありがとうございます。
今後の読解に大いに役立てます!
Unknown (Unknown)
2021-09-13 14:42:38
自分は騙されやすいを前提に考えてます。ときに疑心暗鬼すぎると、ときに無知なだけに素直に信じすぎるときがあるからです。一応だからソースも確認して、昨日の本質みる課題からは、課題1は国立研究開発法人日本医療研究開発機構。もとより専門的で、まず私は「無知」ですから組織名に信頼度おきます。そしてもとよりプロの文章、公的文書ですから理路整然も納得です。
課題2がフェイクかどうかは正直わかれませんでした。noteの情報で、映像も理系の専門でないだけに、その真偽も私には分かれません。また外国の方ですから、文章がばらつきやら、1と比較して、おかしく感じるのも不自然と思えず、ワクチン反対派を装って、ワクチンを推進してるようにも思えませんでした。おバカですから、単なる熱い人?とか、文章家でなければ、自分もよくありがちですが、伝えたいことは沢山頭に浮かぶが、脳内に浮かぶことや思っていることを国語力がなくて変な文章になり、読み手には伝わらない文章になったり。しかしけして「意図をもってやっているわけではない」

実際、厚労省の成分表みて、黒塗りでなく開示があっても、私には分かれなかったでしょうが、黒塗りだらけで、ただそこはどこも企業秘密はあるので、多少は仕方ないかなも思えます。中身の検証についての真偽は私には分かれませんでした。
そして「意図についても」分かれませんでした。公式HPとNoteの文章の違いもあるし、面倒だから見てないが、「コロナは存在しません!」を強調する文があったけれど、それも外のページに深く解説がかいてあって、ずっと読んでる人ならわかるという文だったのかもしれません。ただ悪意があって意図があるかまでは分かれませんでした。
知識は嫌味になったり間違うこともあるけれど、場合によって「力になる」は間違いないと思うし、もし多くの人に伝えたいメッセージが、「自分にとって何が正しいかを決めるのは自由でなければなりません」「政府や雇用者から「自分のために」と「ワクチン接種」を強要されてはいけません」ここならば、この部分を伝えたくて、多少、間違いがあっても、この想いは本物で熱い想いを持って作られたかもしれないし。少々、映像は前大統領の時によくみた海外的な編集の独特な熱さは感じるけれど。

>政府や雇用者から「自分のために」と「ワクチン接種」を強要されてはいけません<
これは民主主義における大事な肝だと思うし、自分の想いも共感するから、知識面は間違ってるかもしれないが、この部分は間違いないだろうと思いました。
Unknown (Unknown)
2021-09-13 15:09:21
鼻スプレーワクチンってどうなのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事