まるぞう備忘録

無題のドキュメント

人類も生命力が強い生き物だから。

2022-11-05 08:59:59 | 今日のひとり言

防災カレンダー

神奈川県横須賀市から房総方面



電離圏全電子数観測
https://aer-nc-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/AMAP/






 心も無菌培養のまま育ってしまう人。日本人に増えているのではないかと心密かに懸念しておりましたが、これは日本だけではないようです。
 おそらく先進国全般に言える人類全体の傾向なのかもしれません。

 強くなりすぎた種は内側から滅びていくという、地球数十億年の生命進化のルールですが、人類に対してもそれはこのように働いていくのか。でも。



 肉体についても適度な負荷が健康に欠かせないことは皆様御存知のことと思います。だから有酸素運動や筋トレが大切です。また食事も適度に空腹の負荷を身体に与えることがアンチエイジングの要素になると最近わかってきています。

 同じ様に、理不尽耐性についてもある程度までは、精神の健康に有効である。

 でもそのことを口に出すと叩かれる時代であるならば、やはり人類は「心の無菌化」に流れているのだろうかと思います。そしてその無菌化の行き着く先は。



柔らかく強くなる人達。

 でももちろん、多くの私達はこころを「柔らかく強く」する方法も実践しております。
 一つにそれは、最悪を想定すること。心は「最悪は見たくない」というバイアスが常に働きますから、最悪を想定することは、心の耐性を育てるのにとても役に立つと思います。

 一つにその最悪に備えて行動すること。これは次の「腹を括る」に繋がるとても大切な要素です。

 そう。そして「腹を括る」こと。これが「心の耐性」の本質だと思います。
 人は誰しも近々(数ヶ月〜数十年)この世を去ることは決まっているのだから、その時に後悔が少しでも少ないようにこの世を去りたいです。という腹を括る心境ではないでしょうか。


・逃げたい逃げたいと思っている間は追いかけてくる。
・想定して備えて腹を括ると消えていく。


 私達が内側から消えていく種ではなく、より強くより柔らかい種へと進化していく未来の箱を開けたいです。という心のメモ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
乳酸菌漬け、何度かやったのですが酸っぱくなりません。
塩水にキャベツを漬けて、日の光に当てて、その後常温のお部屋で管理をしていました。塩水は濁ってきて、色と変わって、酵素っぽいにおいになりますが酸っぱくはなりません💦泡は濁理想な時にすこし大きめのがある程度でした。何かアドバイスいただけたら嬉しいです。はぁ〜、、、今日、また、作ってみます。

→ 米麹を入れると、麹菌の働きで乳酸菌の働きが約3倍になるときいて乳酸菌液に米麹を一つまみいれると、味が深くそして酸味も増しました。今は野菜を取り出した後の液に一つまみいれています。

あとお塩の濃度は5〜10%に保たれておりますか?海水が約3%なので海水の倍の塩っぱさです。塩分が足りないと乳酸菌以外の菌が繁殖し始める可能性があります。
私は数日置きに一舐めして、塩を足しています。野菜から出る水分と野菜に染み込む塩分で、お塩は足していく必要があります。

==========
備蓄米の保管については、色々検討して、上開142リットル冷凍庫〔温度設定あり、冷凍2段階、冷蔵3段階に調節〕がまさに今日納入になりました。36000円
まるぞうさんの預かり保管倉庫って言う手があったのか!😱
その方が良かったかも。今、落ち込んじゃいました。
仕方ない。これで頑張ります。
エージレスなしの、真空パック米を今は、3ºから8ºの段階で冷蔵しはじめました。
あとは、ネルパックで脱気を自分でして入るだけいれるつもりです。
北海道です。

→ 北海道なら高温高湿にならないご自宅に冷暗場所があるなら、(読者の方から教えて頂いた)茶箱でも長期保存が出来るかもしれません。

==========
神様は何もなくても人間が生きていけるように絶妙な配置をしてくれているのですね、特にアスファルトの隙間からでも伸びてくる雑草とかみているとどんなけ地中にうま味成分があるんだ?!って思ってしまいます。

→ コメントありがとうございます。
雑草の生命力は強い。それは土の中の生命力です。そして雑草は世代を経てどんどん極相が変化して、最終的にはどの土地も森になります。

日本の国土は「森になる過程」という生命力に溢れている。昔の日本人は森を切り開いて開墾開拓する時は、必ず土地の神様にご挨拶をしたというのは、本当に肌で感じていたのだなあと思います。

==========
草の中で、さつまいもがたくさん採れましたので、玉ねぎの苗を植えました。玉ねぎも育てば、葉っぱの部分もネギみたいに食べる事が出来ますものね。自分で野菜を育てたら、無駄なく頂く事が出来ます。仕事の方は大失敗してしまいましたが、辞めて済む事ではないから、続けます。同じ間違いをしないように、気をつけます。

→ 玉ねぎの苗を植える時は、グレートリセットで一度雑草を含めて更地にするのがコツだと思います。先人の植物が残っていると、アレロパシーという「後から来る新入りは追い出す」という働きで、新入りさんがうまく育たないことが多いです。

あと。お仕事頑張れ〜。大丈夫!

==========
備蓄しなきゃっと強く思ってた時に、まるぞうさんが120キロのお米で、ひょうひょうとしてた時、すごく違和感もあったのですが、「まるぞうさんが備蓄しないってことは、関東では悪いことは起きないのだろうね~」みたいに思っていました。
でも、結局、まるぞうさんもたくさん備蓄されたことを知って、やっぱり何か起こるのかも~と思い始めてしまいました(笑)

→ 備えることで、実際に備蓄米が必要になる事態は起こりにくくなるという保険です。ただし浜松(東海地方)が津波に襲われることがると元の木阿弥ですが、もうその時は、東海地方で多くの被害が出ている未来。私の個人備蓄どころじゃないです。そのような被害の未来の箱は開くことなく昇華されることを強く想います。

そして備蓄についても「あの時30袋も備蓄してさ、結局何もなかったね。その御蔭でうちはずっと何年も古米しか食べたことないよ。」とヨメに言われる未来になるといいなと想います。

==========
子供たちに、田んぼで稲作体験をさせるグループのお手伝いをしています。
毎年、小さな苗が大きく育ち、たわわに実るのを見て「ああ、これは神さまにしかできないことだ」と思っています。
田んぼには、植えた覚えもない草(イヌビエやコナギなど)まで生えてきますので、どんだけ育てる力を持った土なんだろうと関心します。(コナギは炒めて食べたりしますので、田んぼからもらえる食料はお米だけではありません。)
田んぼの泥に裸足で入って作業すると、自分も田んぼに植わって、土から栄養を吸収しているような気持ちになります(笑)

→ 素敵な風景のお裾分けありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コメントありがとうございます。)
2022-11-05 10:09:38
仕事、頑張ります。今回は担当者の方が新人の方でした。私の確認不足もありましたので、申し訳ない気持ちと、その担当者を責める気持ちが強かったのです。でも、昨日担当者の方とお会いした時に、もう、誰かを責めるのはおしまいと決めました。まるぞうさん、気をつけていないと、ゼロイチの考え方に戻ってしまうのですよね。カーブを切り返します。いつもありがとうございます。
Unknown (たま♪)
2022-11-05 10:19:52
「理不尽耐性」って昭和のサラリーマンが好きそうな言葉だな~、なんて思ってしまいました。
言わんとされることは分からなくもないです。完全に理想の上司なんていませんからね(笑)
相手も人間です。自分が流せた方が生きていく上で楽ちんですから。

結局のキーポイントは慈悲につきる気がします。”理不尽耐性”ではなく、上司も人間だから出来ないこともあるという視点。理不尽を公認するのではなく、相手が出来ない事は責めない、くらいで良いのではないかな~、と令和かぶれの私は思います。
理不尽耐性は強い立場の方にしか有効な言葉じゃないですからねえ。と、しみじみ。

自衛隊の性被害の女性の訴えがきちんと認められて良かったなあ、と思いました。最初は、これは時間と一緒に結局もみ消されるだろう、と思っていました。ご本人もそう思ってらっしゃったそうで、自分の主張が通るとは思ってなかったそうです。慰謝料請求ではなく謝罪を請求したあたりも、下衆な外野を黙らせるためのキーポイントだったかもしれません。
今まで「これくら冗談だからいいでしょ」と男性が思って押し通して来たことが、正しい良心の発露によって「それはダメなことだ」と認められることは、
”当たり前のこと” であって、決して、時代の振り子がどうのこおのではなく、
当たり前の事が当たり前に認められただけにすぎない、と思うのです。他人に迷惑をかけてまで自分の性欲を発散してはいけない、なんて 超当たり前の事 が人類は出来ていなかったのですから。

理不尽耐性という昭和の根性論も、男性社会、強いモノの集団の中では有効ですが、弱者を無視した視点なんですよね、結局。

理不尽耐性よりも、慈悲の視点。強い立場の人にも出来ない、どうにもならないが故の命令がある、という視点の方が、社会の平和に大事な気がします☆
Unknown (たま♪)
2022-11-05 10:30:54
理不尽耐性 って言葉を選ぶ人は
自分の弱さをさらけ出したくない人かな、と思いました。
オレは強いんだ、強くなくてはならないんだ、、、。昭和の男性には仕方ないサガかもしれません。そういう時代に生きなければならなかったのだから。
女性はそんな男性を支える存在でなければならない、そんな風潮が当たり前の時代だったかもしれません。今の50代後半より上の人達は。

まるぞうさんは、柔らかい表現が好きならば、理不尽耐性 なんて言葉、やめちゃえばいいのに、と思いました。
カチンコチンな頑固おやじの言葉ではないですか~(笑)
でも、時代の習性って、そんな簡単に抜けないものだとも思います。

私はもう少し自由な世代なので、そこまでの男性は周囲にいないかな。理不尽耐性って言葉を選ぶのは、やっぱり50代後半より上の人だろうと思います。
強くなくてはいけない 時代の方々だったと。

そういう方々への慈悲の思いはあるけれど、もう、そういう時代は終わりで良いと思います。

理不尽耐性よりも、慈悲の心が強い方が良いじゃないですか。それではダメなんですか?
どこまでも、弱者を利用する社会を作り続けたいですか?昭和の親父様方々は???
Unknown (Unknown)
2022-11-05 11:27:34
日本の備蓄の歴史。

江戸時代4公6民や5公5民を指摘して、江戸時代は搾取されていたと教える左系の方がいますが、4公や5公は武士への俸給を除いた部分は全て備蓄に回され、飢饉や災害時に一般人へ放出されていました。もし武士が贅沢していたのなら、商人から借入する必要はありません。

そして6民や5民の米も百姓さんがその時に食べるのではなく、全て集落で備蓄。鎮守の森の神社の奥には米倉があったそうです。冷夏などの災害で米が取れなくても困らないように。

だから普通は2年前の古古米を食べるのが常で、日本は備蓄国家でした。

ちなみに、古古米でも籾付きの状態で備蓄しているので、古古米を精米し玄米の状態にすれば新米にそれほど引けを取らなかったようです。

今でも籾付きの米って売ってるのかな?
Unknown (たま♪)
2022-11-05 11:59:17
理不尽耐性が強い人って
自分が他人に理不尽なことしても気付かづに平気って側面も絶対にあると思うんです。

結局、最後の一番弱い場所に最後は黙って押し付けるぞっ!ていう社会構造と社会の深層心理がないと、理不尽耐性という言葉を選ばないと思うのです。

慈悲によって結果的に理不尽に耐性が生まれたとしても、慈悲を出している側は「理不尽耐性」だと意識することはなく、
飽くまでも、「強い立場の方にもあるしがらみ」への思いやりに過ぎないと思うのです。

鬱病が増えることと、理不尽耐性の必要性が関係するとはあまり思えません。

「理不尽耐性」という言葉を選びたいまるぞうさんのご都合解釈に思えるのでした。
Unknown (Unknown)
2022-11-05 12:33:01
古い玄米が発芽しないことについて、アドバイス頂きありがとうございました。
いつも発芽玄米を作っている同じ場所に置いておいたのに発芽しないので変だと思ったのですが、最近寒くなってきた為かもしれませんね。
カビ臭くなければ大丈夫との言葉に安心しました。
どうもありがとうございました!
Unknown (SOPHIA)
2022-11-05 12:55:13
返信有り難うございます。寒い部屋ですと今は、10ºcくらいですがやはり夏場は20ºcを超えます。
夏場冷暗所のみは、きびしいです。準備は無理のない範囲でやりつつあります。
腹をくくり切れず、ビビりなので怖い。
ウツっぽくなりそうで、自分を鼓舞する努力しょう。
Unknown (なのみーな)
2022-11-05 13:20:14
毒にまみれた食品だらけであっても、全てを排除することはかないません。乳酸菌がカカ飲みてむ、と思いながら乳酸菌漬けを作ってます。
Unknown (piyo)
2022-11-05 13:36:04
まるぞうさん!乳酸菌漬けのアドバイス有難うございました。お塩の追加、してませんでした(ヒェ〜)。ブログには記載されてましたのに私が見落としていました。スミマセン。塩分を気をつけてダメなら米麹で頑張ります!有難うございました。

最近私は元の同僚が、転職先から声をかけてくれて、良い感じに面談も進んでいたのですが、最終面談の最後の最後に再度自分のセールスポイントを聞かれまして。舞い上がって弱点までなぜか話してしまい、、、落選。一気に場の雰囲気が変わってしまいました。最後の転職の機会だったかもしれないのに、と自分を責めること1週間でした。転職していった元同僚と同じく皆さん素敵な方々に思え、残念でなりませんでした。今の会社は一部が買収されてこれからすこし大変です。でも、体調壊す原因になったパワハラ上司とはこれでお別れのようです。し、殺伐とした社内も、規模が小さくなって良い具合にまとまるかもしれません。何が本当に幸となるのかわかりませんが、、頑張ります!
Unknown (Unknown)
2022-11-05 14:17:45
先月備蓄はしたいが浸水が心配で保冷庫を買う気がしないとコメントした者です。ほんと、悩みましたがやはりアルインコさんの14袋保冷庫を設置しました。下にコンクリブロック置いて気持ち底上げし、地震で倒れたら危険なので壁から鎖を巻きました。こちらは様子見で置いておき、キープ米できるお米屋さんを見つけたので6袋買っておきました。ローリングストックOKと許可頂けてよかったです。世の中からお米や食べ物が全くなくなったら安全とは言えませんが取り敢えず。ワンコの分ですが、万が一の時はお米を食べてもらおうと備蓄王60kg分予約しました。発送が来年2月以降なので無事届くのかドキドキです。私はまるぞうさんが借りられた低温倉庫の市町村に住んでます。備えると起こらない法則からすると津波の懸念は下がりましたね、ヤッター!私も備蓄したせいで古米を食べることになったじゃないかと笑われる未来を希望してます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。