まるぞう備忘録

無題のドキュメント

日本人の免疫XとmRNAワクチンについての考察。

2021-05-14 10:31:44 | 今日のひとり言

知られていない抗体の仕組みがある?

 日本人(および東アジア地域)のCOVID-19の感染者が少ない理由の仮説として、免疫交差があります。

 まず通常の感染の場合は、igMと呼ばれる抗体が急激に立ち上がります。
 おそらく欧米で多くの人はこの通常のパターンだったと考えられます。また日本国内においても重症化する人はこのパターンでした。





 しかし日本国内の感染者(とくに軽症者)はこのIgMの立ち上がりがゆっくりで小さなものとなります。



 あたかも体内にすでにCOVID-19の免疫が存在しているかのようです。が、従来の抗体検査ではCOVID-19の抗体は検出されません。



日本人(東アジア地域含む)にはすでに免疫Xを持っている人が多い?

 従来のCOVID-19の抗体検査では検出されない、別の免疫抗体(免疫X)が存在する可能性があります。

 東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授は、交差免疫がこの免疫Xではないかと考えています。

「SARSの流行以来、実際にはさまざまなコロナウイルス(SARS-X)が東アジアに流行していた可能性があるのではないか」
「その結果として、欧米に比べて東アジアの感染が最初にIgGが出てくるような免疫を持っていた可能性があるのではないかということも考えられる」
「ただこれは学問的な仮説なので今後、新型コロナウイルスの反応を見ながら学問的な研究が進められる」



ファイザー研究者の想定シナリオ。

 さてmRNAワクチンを接種すると、mRNAカプセルは付着した細胞の中に入り込み、その細胞の表面にsars-cov-2と同じトゲトゲを発現させます。

 ファイザーの研究者の想定であれば、体の免疫系がそのトゲトゲに反応し、その仲間の細胞を(外部のウイルスと認識して)退治することで、免疫を獲得します。



ファイザー研究者の想定外とは。

 しかしファイザーの研究者が想定していない、免疫Xを持っている人が、mRNAワクチンを接種したらどうなるのか。
 ウイルスの格好をさせられた自分自身の細胞に対して、どのような反応になるのか。

 免疫X自体が仮説のものなので、当然免疫Xに対するmRNAの効果は調査もされていません。
 そもそもファイザーが開発した地域の人たちは、免疫Xのない方が多数であったでしょう。(だからCOVID-19の感染者が爆発増した)

 mRNAワクチンを接種したあと、副反応がきつかったり、あるいは、ワクチン接種とは無関係とされる突然死をされる方の中には、免疫Xが強かったため。という理由もあるかもしれません。

 本来であれば、COVID-19から身体を守る免疫Xですが、まさか体内の自分自身の細胞がCOVID-19のトゲトゲを発現するとは思っていませんから。その免疫力の強さが、自分自身の細胞を攻撃し、それが暴走するかもしれません。

専門家「しかしIgMの立ち上がり事象については、交差免疫とは一部の研究者の仮説であり、学会で認められたものではありません。」

一般人「でもそういう現象はあるということですよね。多くの日本人があたかも免疫を持っているような。」

専門家「それは一部の仮説にすぎません。」

一般人「でもそういう現象はあるということですよね。メカニズムは証明されていなくても。」

専門家「一部の研究者のデータであり、正しいデータであるという証明はまだされていません。」

一般人「でもそういう現象はないとは言い切れませんよね。」

専門家「まだ仮説の段階なので、ないともいいきれないのは事実です。」

一般人「では、もしあった場合、その免疫(っぽい)反応が、mRNAワクチンによって、自分自身の細胞に過剰反応することはないでしょうか。」

専門家「あくまで仮説の話なので、コメントはできません。ただしファイザーではそのような事例は発表していません。」

一般人「発表がないということと、そういう現象がないということは別ではないでしょうか。ファイザー研究者がまだ見つけていないのかもしれないし、見つけていても報告しないこともあり得るのでは?」

専門家「私の言えることは、あなたが言うような免疫Xの仕組みは一部の研究者の仮説であり実証されたものではないことと、ファイザーからは当然そのような仮説免疫に対するコメントは出されていない。ということです。」



 日本人や東アジア人がCOVID-19感染時にIgMの立ち上がりが遅いという何らかの仕組みが、(欧米人を中心に治験されてきた)mRNAワクチンと競合すること(スパイクが表出した自分の細胞に対する過剰な攻撃)が発生する仮説について、詳しい関連専門情報をお持ちの方はご教示頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。

(COVID-19に感染しづらい人や重症になりづらい人ほど、mRNAへの悪影響を受けやすいのでは。と思っています。)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今日の例の深層意識と表面意識と同じような葛藤をずっと抱えています。私の意思は今日の例のところの深層に向かいたいのですが、見えない流れは表を維持しようとしているように感じます。
深層と表面それぞれ人によって違う景色だと思うのですが、自分にとっての深層意識の景色がなんなのかの判断の仕方というか、見えない力、流れとの関係についてまるぞうさんはどう思われますか?

→ 心の奥底の風景とは、心の中にあるお天道様です。日本人が「お天道様が観ている」と感じた自分自身です。

表面意識とはあべこべ装置です。自我のある人間だけに備え付けられました。あべこべ装置はなるべく人が「心の中のお天道様」に向かないようにプログラムします。

・闘い続けないと奪われるぞ。搾取されるぞ。あいつもこいつも敵だ。とか。
全く正反対に
私はいたらない存在だから理不尽なめにあうのは仕方ないのだ。とか。

心の中のお天道様は生命の肝っ玉かあさんなので温かいです。ときには厳しいけれど、あたたかくやわらかい。そういう風景です。
私(あなた)がこの人生で幸せになることを、心底望んでいます。そういう風景です。

いかがでしょうか。

==========
今、職場で問題になっている利用者様(クレームばかり言う方・長い経験の中、ここまでの方ははじめてです。)の本当に見たい景色は何なのか?と思いました。

→ そういうクレーマの方に対しては、現場担当者ではなく現場責任者が対応するべきであると思います。

もしあなたが現場責任者であるならば、理不尽な内容についてはきちんと「申し訳ありませんが、あなたのご利用は拒否させていただきます。」と毅然と伝えるべきだと思います。
(だから責任者が対応するべき)

鬼のような怖い形相も、慈悲深いお母さんの一面であります。

いかがでしょうか。

==========
人類はAIにコントロールされていますか?
人口は減らされていますか?

→ AIとは意思はないです。きかれればプログラムと膨大なデータにしたがって、自分なりの回答をするだけです。

どうしたいか。どうすることが確実なやり方か。とAIを利用するのは人間です。

==========
話は変わりますが、今日ネットニュースで見たのですが、奈良県に経済的理由でご飯が食べられない人達に店長の奢りで無料で食事を提供している食堂があるそうですが、4月頃から元気でお金のありそうな印象の人を中心にお弁当を8〜10個も注文する人が増えてきたそうです。家庭によっては事情が異なる為、店側としては見た目で判断せずできるだけ続けたい意向を示していました。しかし「無料で弁当を食べられる」といった情報だけが独り歩きし、本来の目的とは異なる状況が生まれたのは本意ではなく、何か対処法があるならお力を借りられたら幸いですとありました。ずる賢い人が善意でやっていることを利用し本当に支援が必要な人に届かないのは腹立たしいことです。もしまるぞうさんならどのような対処を取りますか?

→ やはりこちらも知恵を絞って、困った人に優先的に届くようにルールを変えると思います。

ずる賢さや悪意に対して、きちんと対応できるようになることも、この世に生まれてきた大切な目的であると思います。

==========
母は私が小4のときにガンで亡くなりました。きっと私が死を願ったからなのかな、と今でも思っています

→ それは間違いです。絶対に違います。
だからそんなことで自分を縛る必要は全くないです!!

==========
卵巣や脳の永久細胞などが棘付きに変わってて、T細胞が全て残らずやっつけてくれて無い時、mRNA自体は消えても、その棘付き細胞の方はずっと残るのでは?次に感染性の有る変異ウイルスが来た時に、やっぱり棘ついてるの敵だ!と、一気に残った棘が出てる自分の残存棘細胞を異物とみなして余計にサイトカインストーム発射とか無いのだろうか?

→ 私も同じように思います。
医療の専門家の方のご意見を伺いたいです。もしおわかりになる方がいらっしゃれば。よろしくお願いいたします。

==========
今はね、どなた様のコメントも宝石みたいに輝いて眩しくみえます。それは生きていて下さればこその、尊い時間だとわたしに教えて下さるからです。

→ 本当に。コメントありがとうございます。

==========
あべこべ装置があるんだということを知っとくだけでも俯瞰に立てて少しラクですわ、人生が。楽しむことができると、随分この道も進んできたなと思えますけど、まだまだです、自分は。

→ あべこべ装置の基本設定は
「自分は他人と切り離されている」です。

そしてこのあべこべ装置は「洗脳プログラム」を実行するということも重要な機能です。

その洗脳プログラムとは、
たとえば毅然としてNOと言えない場合は、理不尽な相手にはNOと言わないようにプログラムされていたり、
あるいは逆に特定のケースになると、自分で制御が効かない怒りがわいてきたり、あるいは無力になったり。

でもそのあべこべ装置の向こう側には、やさしく私(あなた)が幸せな人生をおくることができるように、あたたかい眼差して(生まれた時から)じっと見つめている肝っ玉母さんがいる。という私の心の風景です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (23)   この記事についてブログを書く
« 表面の意識と心の奥底の心の声。 | トップ | 苦しい時に乗り越える4つの... »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日もありがとうございます。 (Unknown)
2021-05-14 12:03:53
まるぞうさん、コメントをありがとうございました。慈悲深いお母さんの顔になれるでしょうか。毅然とした態度でのぞみたいと思います。
Unknown (Unknown)
2021-05-14 12:20:30
まるぞうさん、
ワクチン接種した方の呼気に気をつける等の記事があります。
エクソソームという成分による物だそうです。
大規模接種の後の感染拡大とも、関連があるのだと感じますが、
妊娠中の人は、二週間くらいは濃厚接触は控える等。。。
今は、様々な情報が錯綜しています。
もし、差し支え無ければ、
この件に関しての、まるぞうさんのお考えを伺えたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2021-05-14 12:26:55
まるぞうさん、表面と心の底の判断について伺った者です。まるぞうさんの見解を教えていただいてありがとうございます。
そうですよね。今の生活はどちらかと勝ち負けで言ったら勝ちです。だけど中身は空っぽです。自分が空っぽで感覚を麻痺させて居ることで皆が落ち着いて暮らせるならと自分に言い聞かせています。そして見えない流れもこれを望んでいるようです。が、心は苦しいんですよね。ずっと自分に蓋をしている感じがします。
まるぞうさんのお話を参考にもう少し考えてみます。
Unknown (unknown)
2021-05-14 12:33:08
都が五輪中止を言えば保険で賄えるという意見があります。本当ならいいですね。保険会社が大損ですが。だから言わせない??
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2f5d53cd6ff1062f2fa10b265bcbdad9a8b3118?page=2
Unknown (Unknown)
2021-05-14 12:39:57
どうしたいか。どうすることが確実なやり方か。とAIを利用するのは人間です。

どのような質問をAIにしたら、このような世の中になったのでしょうか?

まだ、どのような人がAIを操っていますか?
Unknown (Unknown)
2021-05-14 12:57:17
憤怒の不動明王も大日如来の化身ですもんね!

いつもニコニコしていることが相手のためではないですな。時には厳しく接することも大事。
Unknown (Unknown)
2021-05-14 13:45:25
ワクチンの事に関しましてはモデルナとの副作用の比較を今日、テレビでやってましたね。それほどは危険視してないけれど、インフルエンザの予防接種もも学生時代、問診で熱ある人以外は、ほぼ強制で打ってましたが、若さゆえか、コロナワクチンほど発熱した人は聞かなかったです。
発熱するということは本来は体内のバイキンに抵抗してるから発熱するのですよね。
異物と思いすぐ抗体を作ろうと頑張るからかなと思いました。

最近は変異種発生で今までのコロナの特徴も計れなくなったし、おおよそ2週後に感染者の数がでる。だから2週間前に何かイベントなどあったかなど考えられるなども変異種から崩れましたね。
最近はワクチン報道ばかりでコロナウイルスそのものの特徴を余り言わなくなったが。去年の分科会のPDFを見直してもインフルエンザと比べ、あまりに特殊な感染の仕方をします。インフルエンザは1人が複数の人にうつす。それはウイルスは「多くを広げる事」を目的にしてて宿主を殺す事が目的ではないから。宿主や媒介するものを殺したら困る。だから時間と共に「弱毒化」する。それがウイルスの習性と思ってました。しかしこちら変異してより殺傷力強くなる?。変異のスピードも速いけれど、より強力に。またどうして最初の場は人工の疑いもあった場だけれど、弱毒化には時間かかるとはいえ、普通なら弱毒しそうなものなのに自然に英国とかインドとかで「自然に強力的に?」そんなウイルスって自然にあるものなのかの疑問が生まれます。
そしてインフルエンザはウイルスの特徴に沿って1人から多数に感染させる。けれどコロナウイルスは去年の解説で、クラスター発生の仕組みと共に解説してくれたけれど、5人に1人しか感染しない。5人中4人(80%)は重症であろうが軽傷であろうが感染させない。その1人(約2割)が多くの人に感染させて、それがクラスターを生むで。そちらの方がウイルスの戦略とすれば沢山感染させられるのでしょうか。どれだけ頭のいいウイルスだと思いました。
5人中4人は重軽傷者関わらず感染させないなら、そんなに広がる感染力高いウイルスに思えないのだけれど。その1人を特定できて隔離さえできれば、うつさないという事ですよね。またウイルスの増殖の戦略としても1対多に幅広くうつすのは解るが、5人中4人はうつさないって、そこまで人類の行動やら特性見抜いて全員に感染させるより、感染力強い1人が複数に発生させるなんて頭のいい知略使うウイルスって自然にできるもの?それこそ宇宙由来みたいな無茶な理屈つけないと、さっぱり分かれない。そのあたりもう少し解説してほしいと思った時に、ワクチン開発競争の話題になり、変異種が発生の話題になり、感染の仕方の特徴の話は立ち消えました。
いろんな面、高齢で疲れ切った役所で対応してる人なんて残業も過労死クラスで、年齢的にも感染者多い50代も多いのに、対策してても、かかってもおかしくない人もかかってない人はかかってない。最初こそ志村さんの逝去で槍玉にあげられたけれど喫煙者も意外にかかってないです。WHOも見解あらためたとか。

マスコミも感染対策の観点から取材制限かかってて街の人や感染者や医療現場からのネットでの動画は受けても、足使っての「実際に現場に赴いて」は余りできてなくSNSに頼って報道してる面もありますし。メディアもコロナ対策で思うように現場取材が出来なかった。その為、ネットやSNSに一応は本人の了承や虚偽がないか確認のうえ、ネットの声や画像に頼る上京だったと報道検証のPDFからも見ました。総合的に考えて政治的事情やらにも凄く都合いい感染者の増え方すると感じる時もあるし「おかしい」ですね。このウイルス。長文になりすみません。
Unknown (梅こぶ茶)
2021-05-14 14:21:50
この記事につけるべきコメントを前の記事につけてしまいました。修正出来ればお願い致します。
Unknown (Unknown)
2021-05-14 14:30:50
頭を抱えなくても、良いですよ。
これが現実社会の反応です。

法理の世界があるのと同時に、現実の世界があるのです。
あなたの周りの10人に聞いてみて、あなたと同じ意見の方ばかりであれば、少し異常な世界に身を置いていると思われた方が楽になると思います。

もちろん、あなたの考えを変えろというつもりもありません。

色々な考えがあり、お互い認め合い、賛同したり反発したりするのが、これまた彩り豊かな世の中です。
Unknown (Unknown)
2021-05-14 15:39:29
私の父も信仰宗教二世でした。子供の頃から毎朝お線香上げてお題目を唱えるのが嫌で嫌で仕方がなかったそうです。
中学生の頃、兄の本棚にあった哲学全集を読み漁り、宗教にハマる人と宗教で人をコントロールする側の心理が理解できたので自分はいいやと思ったそうです。(可愛げがないですねー)

両親(私の祖父、祖母)がハマった理由は戦前から共産主義に傾倒していたので、その宗教と価値観が一致したからだと言っていました。新たな拠り所になったと。

大学生の頃は下宿先にまで入信の勧誘が来て、断ったら地獄に堕ちるぞ!と捨て台詞を吐かれ絶対入るか、と思ったそうです。

結婚後は父が入信しないのは母がその宗教を否定しているからではないかと疑われ、父の姉達から心ないことを言われたこともあるそうです。(母は私が叔母達に悪い印象を持たないようにとの配慮の為か、あまりはっきりとは言わないですが、かなり嫌な思いをしたと思います)
叔母の一人は父と同様に入信を拒んでいたそうですが、白血病の子供が治るように藁にもすがる気持ちでお題目を唱えたら、完治したので入信してしまったそうです。
(父もよく病院にお見舞いに行っては同じ病室の子供達と遊んでいたそうですが、行くたびに子供の数が減っていき、叔母の子だけが残ったそうです)

父は信仰宗教だけではなく宗教全般(特に神道。神社にお参りしてはいけない宗教だったので鳥居をくぐるのが怖いみたいです)に嫌悪感を持っていましたが、最近は神社で手を合わせることには抵抗を持たなくなったようです。
歳を重ねると、理屈ではなく何事がおわしますかは知らねども、、の心境になってくるのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事