まるぞう備忘録

無題のドキュメント

「私はつまらない存在です」半分。「私は私が大好きです」半分。

2023-03-06 09:43:08 | 今日のひとり言


旅の出発点。

 自分はつまらない人間だ。
 長い人生の中で、そのように意気消沈することもあるでしょう。でもその思い込みは一体どこから来るのでしょうか。たどってみる価値はあるかも。



3「みんな大好き」

 まずセルフ3と呼ばれる心の奥底の心。真我とも呼ばれます。
 私と他人の境界がないセルフ3。
 生まれる前から存在し、死んだ後も変わらず存在する。

 そんなセルフ3には「自分はつまらない存在だ」という概念がありません。
 私も他人も区別がないです。みんな大好き。

 日本人の多くは自然を敬い愛しております。
 自然の中で、自然と一体になる気持ちになることもあるでしょう。
 そんなセルフ3が大きく現れている時は、私も他人も区別がないです。強いて言葉にするならば「みんな大好き」。



2「私は私が大好きです。」

 次にセルフ2と呼ばれる身体の本能の自分。
 数十億年という遺伝子の連綿が紡いできている自分。

 本能の自分は自分が大好きです。
 本能の自分は、寿命が来る最後の最期まで、自分を命懸けで守ります。

 だからセルフ2という本能の自分も「自分はつまらない存在です」って何それ?
 とキョトンとすることでしょう。

 数十億年の遺伝子の連綿とした集大成が私です。
 私は私が大好きです。
 私は私が一番大事です。
 だから命懸けで私を守ります。



1「プログラムされた通りになぞります」

 ではセルフ1と呼ぶ表面自我はどうでしょう。
 幼児の頃のセルフ1はどうでしょう。
 人生経験始めた頃の幼児の頃の私は、やはり私が大好きでした。

 でもその物心つくあたりから、社会人になるまでの過程で。
 どこかで「私はつまらない存在だ」と刷り込まれた体験があったかもしれません。

 セルフ1は素直なプログラミングです。
 一定の手順を踏むと、外からの指令で簡単に価値観を埋め込まれます。そしてそれを「本当」としてそのプログラミングをなぞって思考します。

 人によっては、どこかの時期に、否定的な価値観を埋め込まれることもあったかもしれません。
 「私はつまらない存在だ」と落ち込むそもそもの価値観は、この「物心幼児〜社会人大人」の期間で、インプットされた仮想の価値観。それが原因のようです。



幽霊の正体見たり。

 なんだ。幽霊の正体見たり枯尾花。
 自分がつまらないという思いは、私達が成長の過程で植え付けられたプログラム。

 もちろん「自分は間違っているかも」という謙虚さは大切な羅針盤。
 「なんであんなことしたんだろう」という自己嫌悪も大切な羅針盤。
 でも最終的には、誰もが心の奥底の自分に戻っていく。そういう旅の風景です。

 そして「自分はつまらない存在だ」という思考の正体は枯尾花プログラムだった。というどんでん返しも風景の一つでありましょう。



わざわざ自分自身から離れたところから旅のスタート。

 なぜ私達はこの世に生まれたのでしょう。
 なぜ私達は「自分はつまらない存在だ」とプログラムされる環境に生まれたのでしょうか。

 それは。
 それは「自己否定」というスタート地点から、「自分は自分が大好きです」という地点まで、旅する風景を観たかったのだと思います。
 その旅の風景が一番美味しいから。旅が終わって初めてわかる。セルフ1とセルフ2をお返して、初めてわかるどんでん返し。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさんの感覚をお聞きしたいのですが、何かを決めて進めて行った時に上手くいかない場合ありますよね。それが自分の準備不足なのか、そもそも自分が道を間違えてるのか、それとも自分ではないものに逆に護られていてそうなっているのか。
を判断する時の具体的な判断方法はありますか?

→ 相手の半分は正しい。自分の半分は間違っているかも。というスタート地点に戻ります。
上手くいかない時は、きっと自分のやり方の何かが問題なのでしょう。その原因を考えます。人に原因があるのではなく自分に原因があるという仮説で検証します。

でもやはりそれが不可抗力だった場合。そしてそれが連続する場合は、進むのをちょっと止めて立ち止まると思います。

==========
山田孝之の服部半蔵とか、面白いですけどね。民衆の演技と演出?そんなに酷い?まるぞうさんの拘りには理解に苦しむ点も多々ありますが(笑)、まあいい、人それぞれだ。

→ 私は下記の動画の演技論は共感します。役者の問題ではなく演出家の問題なのです。

【邦画の欠点】ゴジラ2作の國村隼で分かる映画と舞台の演技の違い
https://youtu.be/U4Olrkj_lUg

==========
まるぞうさんはどう感じますか?

→ 胡散臭ささ。同じ臭い。

Sしずか
Dどらえもん
Gジャイアン
Sスネ夫

肝心ののび太がいないですね〜。

==========
どうせやるなら、楽しくと思います。自信は全くないので、目立たないよう、無理しないでやっていきます。

→ 情けは人の為ならず。ですよね。コメントありがとうございます。

==========
言葉遣いがなかなかできなく、どのようにして柔らかい会話は上達していくのかなぁと模索してます。では良い1日を。

→ 私がお会いした初老のラーメン店のご主人は、育ちの良さから来る言葉遣いでした。ご両親からのプレゼントだと思います。
いろいろ人生回り回って、最後は自分の作ったもので人を喜ばせたいということで、ラーメン店の開業になったのだと思います。

ただ品の良い言葉遣いとは別に、その人の優しさが滲み出る暖かい言葉は、その人の今の生き方だと思います。ありがとうございます。

==========
「最悪想定して腹を括る」と何度も読んでいたつもりでしたが上手くいかなくてイライラモヤモヤする毎日が続いていました
昨日まるぞうさんが
「なって欲しい最善の理想」と「なって欲しくない最悪」の箇条書き
最善は半分叶えば御の字、最悪は起きても仕方ないと覚悟
という更に具体的な表現をしてくださりやっと腹落ち出来たような気がします
先程主人と息子に対していろいろ書き出してみました
そして気がついたことは最善も最悪も自分の両親に対して望んでいたことでした
私は小さい頃に痛かったことを未だに引きずっていて、そういう視点から物事を見ているのだなということに気がついて愕然としています
そして最善を完璧にしようともがき、最悪は絶対に起きないように過剰にうるさく言っている自分にも気が付き…

→ 感想頂きありがとうございます。
このブログは私のための個人的な備忘メモの置き場なのですが、そんなメモがどなたかのお役に立つことがあるなら本当に嬉しいです。ありがとうございます。

==========
おすすめオンエア情報
・100分de名著「日蓮の手紙」Eテレ【2022年アンコール放送】
第1回3/6(月)午後10:25~10:50/再3/7(火)午前5:30~5:55/再3/13(月)午後1:05~1:30
第2回3/13(月)午後10:25~10:50/再3/14(火)午前5:30~5:55/再3/20(月)午後1:05~1:30
第3回3/20(月)午後10:25~10:50/再3/21(火)午前5:30~5:55/再3/27(月)午後1:05~1:30
第4回3/27(月)午後10:25~10:50/再3/28(火)午前5:30~5:55/再4/3(月)午後1:05~1:30
2022年2月に生誕800年を迎えた日蓮。思想や人間像が最も端的に現れているとされる「手紙」を現代的な視点に読み直し「人々に寄り添うことの大切さ」「苦難に立ち向かう勇気」といったテーマを掘り下げ「人間はどう生きていけばよいのか」を考えていく。
時代を超えた日蓮さんからのメッセージ、何か感じられれば!(^^)
https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/116_nichiren/index.html

→ いつも情報ありがとうございます。

==========
もし別人でしたらご迷惑をお許しください。

→ はい。別の人です。よろしくお願いいたします。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2023-03-06 10:45:19
まるぞうさん、ありがとうございます。

上手くいかない時は、きっと自分のやり方の何かが問題なのでしょう。その原因を考えます。人に原因があるのではなく自分に原因があるという仮説で検証します。

検証、必要ですよね。参考にさせていただきます。
Unknown (薫兄者)
2023-03-06 11:54:57
岡田斗司夫のこの動画は知ってます。私も基本的には同意してます。『ファイナルウォーズ』は大嫌いな作品だし(笑)。ももクロちゃんの『幕が上がる』とか、凄くよくわかる。あれをより厳しいかたちでやったのが黒澤明監督ってことなんでしょうね。
でもねえ、それでもそんなに酷いかね?とは思いますがね。私の感性が鈍いのかね?なーんて(笑)。そんなことは思ってないですけどね。
まあ、私も今年の大河を必ずしも面白いと思っているわけではないけれども、そんなに酷いとも感じていない。世の中にはもっと酷いドラマが履いて捨てるほどにある。それらよりはよっぽどましですな。
まあ、しばらくは観続けますわ。最終的になにをどう感じるか。
良かったと感じるか酷かったと感じるか。それもまた、エンタメを観るひとつの楽しみってことで。
Unknown (Unknown)
2023-03-06 12:40:34
Sしずか
Dどらえもん
Gジャイアン
Sスネ夫

肝心ののび太がいないですね〜。

、、、
それが良いことであると信じ、他人にすすめる人がいます。強要する人もいるでしょうし、そうせねばならないと思う人もいます。そして、そうしない人を責める。
元締が別の意図を持っているのも宗教勧誘と同じだなと思いました(笑)
ただ、エネルギーを湯水のように使って良いとか、自然をぶっ壊して良いということでは無いです。そういう良心を利用するのも同じように見えますね。
Unknown (633011)
2023-03-06 12:56:05
まるぞう様
セルフ3様に早く会いたいです。

皆んな大好きと、姪が小さな頃よく言っていました。
そして、今の職場(高齢者福祉施設)にいる南の国から来た人たちは、大好きが溢れています。私はそんな人たちが大好きです。
高齢者福祉施設に外国国籍の人が多いのは、セルフ3様の活躍できる場だからこそ、かも知れませんね。
Unknown (Unknown)
2023-03-06 13:03:37
まるぞうさん、お世話になります。

https://twitter.com/GAIAFORCETV/status/1631680932301393920
カードに描かれてました。計画だった?
Unknown (Unknown)
2023-03-06 19:15:18
私達は「自分はつまらない存在だ」とプログラムされる環境に生まれたのでしょうか。

→親や先生の影響が強いのでしょうか。

私は幸い、そのような言葉を掛けられなかった(のか、掛けられていても、鈍感で気にならなかった)のか、根拠のない自信があり、一度も「自分をつまらない存在」と思ったことはないです。

失敗はたくさんしてますが、なぜか落ち込まないんです。
自分大好きです!
Unknown (たま♪)
2023-03-06 21:54:54
5日前の記事にまるぞうさんが貼って下さった漫画を読みました。(5日も経ってからかい^^;)
https://toyokeizai.net/articles/-/646874

自分へのダメ出しが止まらなかった主人公が、思いやりある心のお医者さんを通じて自分へ優しくなって行ったお話。

まるぞうさんには「セルフ1がでっかくなって、折り返し地点に来たから、おうちへ帰ろう」みたいな景色に見えたみたいですけど。

私には思いやりに始まって思いやりで完結する話に思えました。

この主人公は親を責めたくないから自分を責めてしまっていたように思えて。
てか、自分を責めてしまう人の大半は、親を責めたくないが故に、「自分がもっと●●だったら、、、」と原因を自分へもっていってしまう傾向が強いと思いました。
だから、発端とか原因でさえ、その人が「優しい人だから自分を責めてしまう」であって、セルフ1も2も3も関係ないんじゃないかな~といった印象です。

思いやりある「心のお医者さん」が主人公に愛情をもって「大変だったね」と共感する。それでも主人公は「自分が悪い」という思いから抜け出せない。
そんな主人公にお医者さんは「友達が同じ状況だったらどう思う?」と問うた時、主人公は初めて自分の境遇が大変だったね、とねぎらってあげたくなるものだったと実感する。
 もしも主人公が他人に対して責めてしまう人間だったら、最後まで自分へのダメ出しをやめることは出来なかったかもしれない。客観的に自分の過酷だった環境を見て、それでもその対象に「お前が悪い」と思うような人間だったら、自分に対しても優しくはなれなかったというか。
 でも、そもそも自分を責める人は、親を責めたくなくて自分を責めてしまっているだけなのだから、過酷な環境の他人に対して「お前が悪い」という発想はしないような気もします。
 最終的な自分へのダメ出しをやめるきっかけは、客観的に自分の環境を見て、そんな自分への思いやりを持てたこと。過酷な環境での大変さをねぎらいたいと思ってくれる、優しい「心のお医者さん」に出会えたから。
 結局結末も思いやりや愛情がキーになっていて。
 
 自分の中の悪意だったら、「幽霊の正体見たり枯尾花」って多々あると思います。
 自分で気付いてなかった自分の中の悪意を見た時、「ダッサ、恥ずかし」と思って消えたことも何度もあるし。

 でも、自分で自分を責めてしまう人の中は、思いやりから始まっているから、外からの思いやりと愛情(心のお医者さん)で気付くことはあっても、「幽霊の正体見たり枯尾花」みたいになることは、まずないんじゃないかな~と思いました。
そこに思いやりと愛情がないと成立しないから。
自分の中の悪意を振り払う時とはわけが違う、と思うのでした。
Unknown (Unknown)
2023-03-07 07:49:59
お返事ありがとうございました。そうなんですよね。チベット体操は儀式なんですよね、私みたいに若返り目的より全体の利益に繋がりますように、と考える人向きだと思いました。と言っても15年前の自分は十分若いよ、大丈夫って思いますけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。