まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【旧人類】 敵味方認定の本能。4

2020-10-27 09:15:05 | 陰と陽の理論


半分半分の視点という柔らかさ。

私達旧人類は生きている間に新人類になることが出来るのか。もしあるとするならば。
いや、少なくとも自分のロボット癖を自覚するだけで、その可能性は随分と高くなる。そのように思います。

そのロボット癖とはゼロイチ思考です。半分半分という視点ではなく、世の中を全てゼロイチで捉えてしまう。

本当の世の中の正体は曖昧なものです。そしてかつ常に揺らいでいる。だからゼロイチという単純な視点で世の中を決めつけて見てしまうと、見間違えるリスクがぐ〜んと高まる。

しかもゼロイチで決めつけるその基準。それは自我の古い本能の衝動。感情的な衝動であることが多い。

・ただでさえ私達は敵味方認定したいという衝動を持つ。
・ただでさえ私達は無関係の存在に自分を投射して同一視したいという衝動を持つ。

自分はそういう衝動を持つということを、そういう視点の癖を持つということを知っているだけで、世の中の景色は変わる。

自分は半分間違っているかもしれない。
相手も半分は正しいかもしれない。
この半分半分の視点は柔らかさを生み出します。
柔らかい人は新人類と言って良いのではないでしょうか。



自分の不満心を煽る相手は要注意。ロボットのスイッチを入れる人。

旧人類はゼロイチの視点の人。
自分の衝動と感情で世の中をゼロイチに単純に線引きする。
そして敵と認定した相手を叩くというロボット反応の人。
自分が半分間違っていると認めるなら自分が消える気がする。
相手が半分正しいと認めるなら自分が消える気がする。

だから敵と認定した相手は常に間違っている。
私と味方は常に正義である。正しい。
ちなみにこういうロボット反応の人は操縦しやすい。
感情を煽るとそのまま突き進むから。
一番簡単に着火しやすい感情とは嫉妬と不満。
あなたが理不尽な生活を送っている理由は、あいつらがいい生活をしているしわ寄せなのですよ。と火をつければ簡単に火だるまになる。
着火された人達は群衆となってレミングの大群のように海に向かって行進する。そのように操るのは容易。

だから自分の中のネガティブな感情を煽る人は要注意。
テレビは動画でそういう煽りの人は要注意。
その人の話を聴いて自分の中でどういう感情が湧き上がるのか。それを観察するだけで簡単に判別出来る。

自分の感情の動きを観察するだけで簡単に判別出来る。



ロボットスイッチが入ると無思考で硬くなる。

ロボット反応の人の感情は硬い。ゼロかイチだから。
一度、煽りの感情に着火させられたら、自分でその衝動を抑えることが出来ない。
自分は正しい。自分は正義だと信じて、硬いまま突き進むよ。

旧人類の私達は、自我の本能と衝動のまま、世の中を単純にゼロイチで線引きして、そして硬く硬く突き進む。



癖を自覚するだけで、柔らかい思考となる。

でも新人類の人は半分半分。
自分も半分間違っているかもしれない。
相手も半分正しいかもしれない。
曖昧な世の中を曖昧なまま受け入れられる。
揺らいでいる世の中を揺らぎのまま受け入れられる。

柔らかな人は決して扇動に煽られることはない。
きっとその柔らかい強さの人が新人類なのだろう。
自分もゼロイチの癖を知っている人。



このシリーズ終わり。お読み頂いてありがとうございます。

関連動画を下記に貼り付けます。こちらの操作ミスでYoutubeのアカウントが再発行となりました。チャンネル登録されていた方はお手数ですが、もう一度登録作業をお願いいたします。
m(_ _)m 

第11回「こあくまちゃん自分の心の動きを観察する」の巻

こあくまちゃん「やはりこあくまがバイデン支持派に必要以上に腹が立ったのは、現実の社会生活の中で、怒りを感じていたことの投影だったのかもしれない…。
そしてメディアで叩かれまくっていたトランプさんは、職場で叩かれているこあくまからすれば同族であり、トランプさんを叩く業界人は、こあくまに敵対してくるように思える人、裏切ったように思える人の投影だった…。
そういうことなのかもしれない…。
そして今回のチャットでスッキリしなかったのは、まるぞうさんが「トランプは正義だから、悪のしもべに攻撃されるのです」という美辞麗句を言ってくれなかったからではなく、こあくまが自分の本当の怒りと向き合っていなかったからもしれない…。」


第9回 私達は自分が観たい世界観で世界を見ている。

自分の中に「私は世の中をこう見たい」というフィルターがすでにあって、そのフィルターごしに世の中を見ている。
そのフィルターに合致していれば、根拠のない噂でも「これが真実だ」と思うし、フィルターに合致していなければ「世の中真実は伝わらないのだ」と納得する。
というフィルターありきの世界観。だれでも同じですが。
もちろん私も。


第10回 共産主義という国家体制は彼らの集大成。

某支配層「『自分の人生がうまくいかないのは、誰かがうまいことやっているからだ。』という想いが核となります。この核が人の心にあるほど、その社会は操りやすいで〜す。」




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
宇宙の次元の高い方々と交信している○○サムさんが大統領選の前にみんなが腰をぬかすような発表があって2度目のロックダウンにはいる云々と言っています。

→ 交信するとか自分で言っている時点で怪しすぎでしょ。と思います。すみません。

==========
〜半分づつ〜
そう思うとホッとしました。
お互い様ですものね。
トラブったら「半分づつ」を思い出す事にします。
デコボコ夫婦です。
謙虚になれる、この

→ 長く連れそう夫婦とは必ずプラスマイナスでバランスとれている。というのが私の経験則です。
目に見える部分で相手に世話を焼いているということは、目に見えない部分で相手がこちらを守っている昇華している。そのようにきちんとお互いのバランスが取れていると思います。

==========
【正義の反対は悪じゃない、もう一つ別の正義なんだ】

→ 達観している視点ですね。ありがとうございます。

==========
私が父から教わった言葉のひとつは、「本当に悪い人はいない」それから「人は心」という言葉です。

→ 御父様も苦労人でその境地に達したのでしょうか。ありがとうございます。

==========
民主主義の基本は多数決です。
一人でも多い方の希望が採択され、残りの約半分は我慢することです。
ところが、近年は少数の希望の為に、多数が我慢する事が当たり前のような雰囲気に違和感を感じています。

→ こちらも振り子の運動のようですね。揺り返しの時期が来るまで、もうしばらくこの傾向は進んでいくのではないかと思います。

==========
自分で健康的なパンを焼いて一生、食べ続けたいという動機で作り始めました。
故、林弘子さんの著書で「水と小麦だけのパン種で作る酵母パン」を
図書館で貸りて読み感動し、この究極のパンを食べてみたくて
何度も挑戦しながら、温度管理など諸々が原因なのか上手くいかず諦めることに。
その失敗と思われるパン種を使って林先生のお菓子作りの本にあった
パンケーキを焼いてみたところ「ほっぺが落ちるほどの美味しさ」!!
その何ともいえない小麦本来の奥深い味を忘れることができません。

→ 林弘子さんのお話は面白そうですね。私も早速借りて読んでみようと思います。ありがとうございます。

==========
そして、わたしの思春期の心の傷はまだまだ癒えてないようです。つぶやかせてもらいます。ありがとうございます。

→ ありがとうございます。

==========
YouTubeをチャンネル登録していたのに、突然消えていて驚きましたが、検索しなおしたらあったので良かったです。

→ すみません。こちらの手違いで再登録になってしまったので、お手数ですが再度登録お願い出来ますでしょうか。申し訳ありません。

==========
むかし、敗北が生死に直結する時代がながくあり、本能に刷り込まれているから、人間はあらがえないのでしょうか。

→ その本能も人生の大切なスパイスなので、否定するのではなく自覚することで充分。自覚がロボットの回路から解かれる鍵だと思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【旧人類】 敵味方認定の本能... | トップ | 【個人メモ】 死(=死後)と... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2020-10-27 11:03:27
まるぞうさん、こんにちは。
もしも可能でしたら、いつの日か、「男の面子」について解説していただけないでしょうか。
私は一応性別が女なので、男性のこの特性がどうしても理解できません。
長年の経験で、面倒臭い相手ほど、面子を立ててあげたほうがトラブルがない、ことはわかっていますが。
逆の立場だったら、多分、私が女性なので上手く想像できてなくてそう思ってしまうのだとは思いますが、面子を立てられるなんて、逆に恥ずかしいし情けない気持ちになってしまうと想像してしまうのです。
職場で社長の親戚だからという理由だけで、仕事ができないのに小さな地位を与えられている男性が一番面子に拘っています。逆に面子だけでも立ててあげないと、何にも仕事できないから、、、と思って立ててあげていますけど。(心底ではバカにしてるかもしれません)
心から尊敬する上司に対しては面子を立てる以前に心底尊敬しているので、わざわざ面子を立てる必要がないです。
 私の中で、ご先祖様に感謝して良心に沿って生きていきたいと思う男性ならば、面子の一つや二つ気にしないのでは?という思い込みがあったのですが、どうやらそうではないようですし。
 男性の面子とはいったい何なのでしょうか?対処法はわかっていますが、本質が理解できないです。
Unknown (Unknown)
2020-10-27 11:09:09
YouTube、ありがとうございました。
ちゃんと再投稿されていて安心しました。登録済みです。(笑)

感情的になることはあります。
でもその時、「あ、今感情的になってる」とか、「なんか、自分は怒ってる」って思うもう一人の自分もいます。昔から、そういう傾向はありましたが、最近はほとんどそういうです。
で、落ち着くと、恥ずかしくなる。何をそんなに怒っていたのか、バカだなと思うのでした。
Unknown (今日もありがとうございます)
2020-10-27 11:13:54
昨日の会議からの流れで、今朝からメールを送ってしまいましたよ。ゼロイチ思想でしょうかねぇ。ちゃんと向き合ってあげたいのですよ。
Unknown (Unknown)
2020-10-27 18:39:25
菌との会話は生命潮流との会話って素敵ですね。育ててくれてありがとう、こちらこそありがとう、とお互いに言い合っているイメージです。
菌=生命潮流は自分の内側にも外側にも全てに満たされていると思うとひと呼吸ごとにありがたい気持ちになります。
Unknown (Unknown)
2020-10-27 20:17:19
まるぞうさん今晩は
久しぶりにコメントさせて頂きます。記事は毎日読ませてもらってますが、ゆっくり読めるのは仕事帰りだけです。最近はあっとゆうまに暦がめくれてゆきます。こちらのブログをゆったり味わいながら読める時間が足りませんです。だから今も必死に追いかけて読んでます。笑
まるぞうさんの、貴方も私も半分こ!って思い方、とても好きです。まるぞうさんらしいなぁー。
それはとっても良い考えですね。どっちが上で下か勝つか負けるかよりもずーっと大切なことだわ。
まるぞうさん有り難うね。心がホッとしました。
Unknown (Unknown)
2020-10-27 20:17:32
まるぞうさん今晩は
久しぶりにコメントさせて頂きます。記事は毎日読ませてもらってますが、ゆっくり読めるのは仕事帰りだけです。最近はあっとゆうまに暦がめくれてゆきます。こちらのブログをゆったり味わいながら読める時間が足りませんです。だから今も必死に追いかけて読んでます。笑
まるぞうさんの、貴方も私も半分こ!って思い方、とても好きです。まるぞうさんらしいなぁー。
それはとっても良い考えですね。どっちが上で下か勝つか負けるかよりもずーっと大切なことだわ。
まるぞうさん有り難うね。心がホッとしました。
Unknown (Unknown)
2020-10-27 20:19:02
今日の話題からズレてしまうかも知れないんですが、毎日耳にする大統領選挙に関連するスキャンダルが凄すぎて、やっぱり米国、というかCIAかな?のやり方はエグすぎると思います。本当に手段を選ばす何でもやるという感じです。裏切り者によって対立するあの国側に工作員の情報が漏れて、多くの工作員の命が犠牲になったという情報もあるようですね。やるとなったら徹底的にやるのかな。私たちの国は、あの国をもう二度と敵に回してはならないと思います。だってやっぱり怖いですよ。良くも悪くも唯一の超大国ですね。
Unknown (うさぎのロン)
2020-10-28 08:02:47
記事をありがとうございます。
YouTube、再登録も致しました。

大統領選を前に、国民が自国を良くしたいという熱が入ってきていて米国を羨ましく感じています。 米国住まいの日本人YouTuberさんが、暫く騒ぎが消えないだろうと予測して、家族の為に備蓄していると話していました。
行動の発露は感情からだから、政治に無関心でいるよりもずっと良いです。 日本人が自国を本当に良くしたいと皆が願う気持ちを信じていますので、メジャーな報道機関の一掃を願っています。 ネットでは、都市伝説にされて、真実が見えにくいです。

YouTubeもですが、このような情報の媒体は、内容もコメントも監視されていると思っています。 AIを利用しているかも知れませんので、 BANされない様に願っています。
Unknown (Unknown)
2020-10-28 10:42:29
何事においても敵味方判定は必要だと思います。
それよりも、敵味方判定は対組織や対個人ではなく個別案件ごとに判断することや常にその判断を見直すこと、そして最も重要なのは敵判定をしても幼稚な対応をせず冷静で合理的な行動をすることでしょうか?
敵味方判定が悪いのではなく、敵判定で極端な行動や感情的なを取る幼稚さが問題なのだと思います。
Unknown (Unknown)
2020-10-28 10:58:18
半分半分という概念は相手の立場を考える、多面的な視点で考えるという意味ではよいものだと思います。
一方で、過失割合が50%50%であるという誤解を招く恐れもあるのかなと危惧します。
過失が0%や100%である事が極めて稀である事と同様に50%である事も極めて稀なケースになります。
0%や100%でない場合、必ず50%になるのではなく、0から100までの間の無限の状態を取り得るものと考えます。
自動車事故一つとっても理解できるかと思います。
また極めて稀であるものの、0%や100%の状態もあり得ます。
半分半分という言葉だけが一人歩きすると、彼の国お得意の「どっちもどっち理論」に繋がりかねないので、何かいい方法はないですかね?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事