まるぞう備忘録

無題のドキュメント

思い出すことの考察。頭と心の詩。3

2022-01-08 11:13:56 | 今日のひとり言

防災カレンダー
8日。酉の日(テロ注意)




頭は過去の恨みを保持し続けます。

じゃあ心は?
心は過去の恨みは保持しないそうです。
それは流れる水の如し。
水洗なのです。じゃあ〜。

でも。

でも。

どうしても許せない相手もいるでしょう。
どうしても許せない事もあるでしょう。
私は一生許さないから。
そういうこともあるでしょう。

もちろん。

でもそういう時、心は生命潮流の閻魔様に預けるそうです。
生命潮流の裁きの天使たちに預けるそうです。

天の網は決して漏らすことはない。

だから。
心は過去の恨みは保持しないのです。
水洗なのです。
じゃ〜。



私に非道いことをした人。
私達に非道いことをした人たち。
これからの未来。彼らはどうなるのだろう。
もう遭うことはないこの人たちは今どういう境遇なのだろう。

頭はいろいろ詮索したいです。
私と同じぐらい非道い目に遭っていて欲しい。
過去の私と同じくらい苦しい目に遭って欲しい。
頭はそのように願います。


しかし心はもう水に流した後のことは本当にキレイサッパリ。
どうして?
どういして私の心は恨まないの?

それはね。
きっと、自分自身が生命潮流の一部だからね。
天の網は決して漏らさないことを肌で知っているから。
だから相手を(これから迎える彼らの未来を)気の毒に思うことはあっても、
恨み続けることはあり得ないのさ。



私の頭「私は傷ついています。」
私の心「私が癒やします。」




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ワク接種義務化が各国で進みつつあり未接種者は精神的にもきびしいです。

→ あと12ヶ月。長いようですが、終わるとあっと言う間だったという12ヶ月。一緒に頑張りましょ〜。ささやかながらこのブログで応援しています。

眠ったままの人。本人は起きていると錯覚しているが眠ったまま生きている人たちを目の前で見ることが出来る体験の12ヶ月です。という私の個人的な未来小説です。

==========
私は何か苦しくなると、「今、頭で考えている、それを
心で捉えよう。」と頭にある意識を心に持ってきて、スイッチを切り替えます。
すると、楽になるのです。頭が休まります。
今まで頭で考えてばかりでした。

→ コメントありがとうございます。うむ。

==========
これまでのらりくらりと逃げていましたが、枠ちんのプレッシャーから逃げられないと思い、一回目接種の予約をいれました。

→ 今の日本社会で薬液注入受け入れることは、自分の将来健康と引き換えに、同調社会に誠意を見せる効果はあります。

私は幸い、個人的に自分の将来健康と引き換えにするほど大事な人間関係はないので、変人扱いのまま自分の意思を貫いています。
健康であれば100歳まで生きることを考えると、今からの12ヶ月はたとえ厳しい同調圧力があったとしても、過ぎてみればあっと言う間であろうと思います。

未来は流動的。もし未来の自分が、過去の自分に「今考えるとあの時2022年の12ヶ月という短い期間。同調圧力から耐えて欲しかった」と心から後悔するようなことがあるのなら。今の現在の選択で「後悔する未来」から「後悔しない未来」へ上書きしてやりたいと思います。

ちなみに薬液注入は「誠意を見せる」ことには意味がありますが「(自分や周囲への)感染を防ぐ」には意味がないというのが私の理解です。

東京都 オミクロン株感染者 約7割はワクチン2回接種済み
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013415911000.html

スタッフのオミクロン感染で病院は深刻人手不足…なのに医療従事者3回目接種わずか12%
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/299636

医療関係者の方は、マスコミ報道に載らない真実を知っているのだと思います。
医療関係者の方は本当に強い同調圧力に晒されていると思いますが、どうかあと12ヶ月御自分の将来健康を死守して頂きたいと本当に心の底から願います。

「デンマークは、オミクロン株の感染者の89.7%がワクチン2回以上接種済。ブースタ接種者の感染割合が17.7%となった。打てば打つほどその分、感染者が増え、意味をなしていない。

感染者の割合内訳
3回接種者 17.7%
2回接種者 72%
1回接種者 1.8%
未接種者 8.5%」

https://twitter.com/You3_JP/status/1477082807310897153

==========
正直、今の私には「頭で生きることが面白い」という感覚がよく分からないです。しばらく、保留にさせてください。

→ 頭で生きることが悪。心で生きることが善。というゼロイチではありません。ということを表現したかったのです。

悩みながら、苦しみながら、でも最後に
・頭がしがみついていたものを手放して
・頭が許せなかったものを許して
・手放しで生命潮流に落ちていく(還っていく)
このUターンの瞬間が一番観たかった景色です。という私の心の景色です。

==========
山場は4回目5回目6回目1セットの今年2022年。
なぜ6回目で1セット何ですか?

→ 私の陰謀論小説です。
2021年末 3度目接種(武漢株対応の古いタイプ)
2022年春 4度目(0396対応1度目)
2022年秋 5度目(0396対応2度目)
2022年末 6度目(オメガ対応1度目)

オメガ対応2度目は製薬会社によって用意はされますが、事実上接種が実施されることは出来なくなっているでしょう。
12ヶ月後は、接種会場に自力で迎える眠った羊はもうほぼいなくなっている。遅れ馳せながら目覚めた人たち(接種拒否)か、〇〇〇の眠った羊たちか。

同調圧力の強い日本社会でも、戦争終盤、日本が制空権をとられて毎晩のように本土が空襲に晒されるようになると、誰もがおかしいと目覚め始めました。それと同じことが、接種回数の進行とともに、世界的に起きるでしょう。

という怖い陰謀論小説は、外れるといいなと願っています。天然ワクチンの未来へと分岐すれば4度目以降はなくなるかもしれません。

==========
アジアなどで新型コロナウイルスの死亡率が低い要因に、腸内細菌が関連している可能性があるそうで計10カ国の健康な人を調べると「コリンセラ」という種の細菌を多く持つ人の割合が高かったとのこと。
調べたらヤクルト研究所のサイトでコリンセラ アエロファシエンスとタナカエイの2種がありました。腸と菌の可能性は広くまた、陰陽を表しているなと感じます。

→ 情報ありがとうございます。個人的には善玉菌の餌となる食物繊維が大切だと思います。すでに自分の腸内に在住している善玉菌を大切にすること。

==========
ついに始まりましたね。。。
https://news.yahoo.co.jp/articles/73bee0dce803a58ffbc52ba08756bce7e358bac8
職場の「3回目なんて必要ない」空気が、あっという間に入れ替わって、皆で列に並ぶのを見ることになる日が来る気がしてきました。。。

→ この12ヶ月。6回接種1セットをしっかり乗り切りたいです。後半戦は更に狂気が加速すると想定しています。

==========
スタバが
全ての従業員に摂取命令。

→ 日本ではそうならないことを願います。この12ヶ月。狂気が加速する社会を、冷静に静観できる日本人が一人でも増えていることを心から望みます。

==========
怖いから。の一点張りの私に、怖いと思うソースを出せ!と。そんなこという人じゃないので、きっと今仕事がきついんだろうとマッサージして寝かせてしまいました笑。

→ コメントありがとうございます。マッサージありがとうございます!

==========
凡ミスが酷いと社長に指摘を受けました。

→ その指摘を受けた凡ミス(たち)について
1,確かに自分のミスだったな〜。
2,これはミスかもしれないけど正直問題ないレベルでしょ。
3,これはミスではありません。濡れ衣言いがかりです。

この3つに分類するとすると、それぞれ何割ずつぐらいな感じでしょうか。

==========
昔、エビデンスエビデンスと言って、新薬は慎重にと言ってた上司から年賀状が来て、職域接種に参加しましただって。
どうしたの?皆さん!まず、その上司に手紙を書こうと思っています。

→ すでに打った方にその事を指摘するのは、私なら止めておきます。
大人の方で迷っている方。子供接種。妊婦接種。については「長期的にはまだ安全とも危険とも世界の誰もわかっていない。私はもう少し様子見をする。」と伝えます。

==========
 最近思いついたもう一つ、学生時代の事で、ある人をずっと許せなかったのですが、本当はそんな目に合ってしまった"自分"を許せなかったんだなぁと、気が付きました。
 その事で長年かなり無駄なエネルギーを使いました。相手はもう亡くなってしまいました。だから、今頃は閻魔様の前に行って後悔していると思いますが、そのずっと前に水に流せば、つまり自分を許せば楽だったのにと思います。

→ コメントありがとうございます。

==========
頭=自我は、赤ちゃん。本能そのもの。
心=生命潮流は、親。○そのもの
足枷=レッテル、思いこみ。

→ 私の記事では「頭=表面自我」です。
それは社会性でもあります。自分は他人と異なるという(強い)分離感。それは、足枷=レッテル、思いこみ。です。

生命潮流とは、私達が心の奥底で思い出す風景。いつでも。思い出した時に、還っていく風景です。

==========
流れ変わりつつある!?
チクチク推奨した呼吸器内科のです先生が訴えられる
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d958bd99335f521c00a0f3dc423b91528b155cc

→ 静かに観ていきたいと思います。このような正気の流れと同様に、狂気の流れは狂気が加速していくと思います。用心用心御用心です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (39)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 思い出すことの考察。頭と心... | トップ | 思い出すことの考察。頭と心... »
最新の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-01-08 11:41:10
昨夜、私の家で友人と夕飯ご一緒したのですが、
「他人からの声かけを嫌に思ったり、恨んだりは相手の行動には関係していないのかも知れないね。」と話が一致しました。お雑煮と頂いた手作りたくわんと食べて元気が出ましたよ。
まるぞうさん、いつもありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2022-01-08 11:46:37
ごめんなさい。私は素直にとれません。甘い。なぜなら最近でなく約10年は苦しんだ。その間、相手を許そうとしていなかったと思われますでしょうか。本も沢山よんだ。病院に事情はいえなくても、カウンセリングの本もよんだ、周囲ももちろん内容はしらなくても赦したほうがいい。それは自身を救うことだから。という話もきいし仏法知識も見た。許そうとするにもそれなりの時間と苦労がかかって、「一番の復讐は自分が幸せになる事だよ」そういった誰もが言える言葉も沢山しって、実際、忘れたようにふるまっていたことが多かった。でもそれでもそういった言葉だけでは解決しないから、病院や、トラウマ治療なら電気ショック療法やら、そういった西洋科学の手さえ借りないと埋まらないこともある。もし被害は発覚すれば、費用も寄付なり支援なりで集まり、相談先も増え、内情もすべてカウンセラーに勝たれて薬含めて適切な治療ができたかもしれません。

ですが、それを隠蔽されたら「全てないことは同じ」それを全て自費でやることになり、そうなった原因も、人が信じてくれない事なら噓をついて語らないといけない。原因が信じてもらえないのに適切な治療もできるわけないですよね。

だから甘いわ。それだけの時間と費用もかかるからこそ怨みが簡単にてばなせないし、まずなんでもそうですが、被害になにかあって捜査されて、犯人が捕まりなんだかの解決がされて、ああ、もう安全だ、安心だとなるわけでしょう。それを最初から赦しなさいで証拠不十分で捜査もされなかった場合、犯人は不明のままなのに「安心しなさい、もう終わった事だから」なんて単なる隠蔽でしかない。

いつもお気持ちは嬉しくもあるけれど、それでなんとかなるなら、最初から医者も警察も裁判所も公の機関、何一つ必要ないのですよと声を大にしていいたくなるのです。
Unknown (250389)
2022-01-08 11:47:39
頭と心の調合します!
Unknown (Unknown)
2022-01-08 11:50:58
水に流す = 相手の罪を認識した上で、終わらせる
水に流せる相手 = 相手が反省している、同じ事はもう二度としないと信用できる相手 
であることが多い(絶対ではない)と思います。

でも、
水に流せない=「私と同じぐらい非道い目に遭っていて欲しい」
では決してないです。

どちらかというと、相手がきちんと気付いて、生きている間に解消してあげたい、てな場合もあるでしょうし。
何がどういうことなのか、理解させてあげたい という場合もありますし。
そもそも、反省もできない相手(や状況)を受け入れる必要がない場合もあります。

また自分自身が、何を望んでいて何に傷ついたかキチンとしたい場合、などなど
同じ事が繰り返される、と予想が出来る場合は、水に流さず、警戒することも必要です。

相手の心情や状況も理解せず、水に流せないのはおかしい と決めつけることは不要で。
頭だけではなく、心も、「相手の言いなりなること」を望んではいませんから。


ただ、必ずしも相手が反省したり同じ事を二度としないと信用できる相手とは限らないので
そういう相手に関しては、距離を取るなり、自分の身を守ることを第一に、後は臨機応変でいいのかな、と思います。

心は「水に流す」(相手の罪を認識した上で受け渡す)のではなく、最初から、そんなこととは関係ない、俺の知ったことではない、“罪とは基本的に無関係の存在” なんだと個人的には思います。
Unknown (Unknown)
2022-01-08 11:56:05
出来れば、まるぞうさんの趣旨や思いやりには逆らうことになりますが「一つの現実の声」として承認していただければと思います。大抵のことは赦せます。たとえば多少ブラックにあたって給与未払いなんてことはあっても、もう仕事はなれたら怨みもありません。クラスで受ける、それほど酷くない虐めなら誰か他に友達いたら、それも救いになるし、会社でもある程度、人間関係色々あるや上司や立場関係の当たり運があるのも当たり前。
そのへんは時と共に許そうなんてしなくても自然に忘れてます。おそらく心の深い傷までいってないからだと思います。いつも赦せた話をみても個人、個人のケースが全く違う。私からみたら、そのくらいなら気にもしないけれどなということで、赦せた人の話をみて、それで溜飲さげろ、あなたも許せるはずですは乱暴だと思います。
赦してはいけないこともあるでしょう。たとえば身内が殺人とかされて、もし未解決のまま、赦せないでしょう。それは犯人が捜査されて捕まり、それなりの刑罰を受ければ、そこではじめて、もういい、あとは少しでも思い直してくれたらとなる。許せなくてももう安心だし忘れたいにもなる。
程度がそこまでいかない人には効果的だが、ケースが違う人には「余計、傷つけることもある」は現実として認識してほしいなという面もあります。
まるぞうさんのお話は、本人がどれだけの時間と苦労と努力かさねて「赦そうとしたか」そこは全く触れず、もうずっと許せないを通してきたと人が前提の話ですよね。
Unknown (牧場好き)
2022-01-08 12:02:08
過去の恨みをもとに怒りの感情にとらわれているときは、はっきりと頭に血が上り、頭が熱を発している感じがします。
他方で、辛い境遇にある人に対して同情というか、可哀そうに思うときは、胸のあたりが痛む感じがします。

この感覚の差の理由は、そういうことだったのか~と納得。なんだかしっくりきました。頭は自他を分離、心は自他を区別せずということでしょうか。

本日も記事更新ありがとうございました。
Unknown (あん)
2022-01-08 12:13:18
こんにちは。いつも参考にさせていただいています。
ダメ元でまるぞうさんと読者さんにお伺いします。
関東近辺で、アレルギーのため枠を打てないというような証明書を積極的に出してくれる病院を知りませんか?娘に保育の実習が始まりまして、その先によっては厳しい場所もあると思うのです。いくつかまわるために準備をしたいのです。かかりつけ医もない程度のアレルギー体質です。
あと12ヶ月ですか…。自分はまだ頑張れるかもしれませんが、子どもは悩みます。せめて証明書があれば娘の精神的負担が軽くなるかなと思いまして。
自分でも探しているのですが、もしご存知の方がいらしたらお願いします。
Unknown (Unknown)
2022-01-08 12:47:25
本当に天網恢恢疎にして漏らさず、なんですよね。確か中国の誰かの言葉だったと思い調べたらやっぱり、老子先生でしたね。老子先生の時代は、今とは比べ物にならないくらいに下々の民衆は悲惨で、残虐なこと、不条理なことがまかり通っていた筈なのに、その中でこんな言葉を残してくれた老子先生の思い、どんなものだったんだろうと思いました。本当に過去から未来まで貫く真理を知っていたんですね。老子が今の世界を見たらどう思うのかな?今の世界を支配していると(ご本人たちは)思っている存在たちのことを、バッサリ切り捨ててしまいそうですね。もし釈尊だったら死後の事を思い心底気の毒に哀れに思うかもしれませんね。
Unknown (もりもり)
2022-01-08 13:32:15
頭はA I、心は私の本質。
私達は頭で考えていることが、私自身だと思っているけど、頭は、私達に起こった出来事の情報を溜め続け、そして、過去の記憶を取り出して今を判断させる。
これから、A Iの時代になって、A Iに支配される人とA Iを使いこなす人に別れると言われている。現在も本質の私ではない頭の中の記憶や情報によって支配されて生きている人が多い。自分の頭は、使いこなすものであって、支配されるものではない。
まるぞうさんのように、頭に支配されて見る景色を楽しめるのは、自分の本質を知っているからですね。
Unknown (Unknown)
2022-01-08 14:41:06
貴方様に頂いた御恩は、これからも決して忘れる事はございません。
貴方様の御霊と共に、我々は進みます。
どうか安らかにお休み下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事