まるぞう備忘録

無題のドキュメント

試したかった。創ってみたかった。育ててみたかった。

2020-10-23 09:49:57 | 今日のひとり言

それは本当に面白い体験だったから。

 私がパン作りの試行錯誤を記事にした理由。一つは中種を使わないで、捏ねない高加水生地の方法なら(時間はかかるが)手間がかからないで「自家製天然酵母国産小麦パン」が作れますよ。ということをネットに置いておきたい。
 やはり自家製天然酵母を試しても、中種の維持の難しさ(素人の環境ではどんどん酸っぱくなっていく)から、諦める人が少なくないのでは。と思ったからです。
 しかしもう一つの理由は「それはとても面白かった」から。私が生まれてきた意味を思い出す。そんな体験だったから。



そんなに難しいならやってみたい。

 グルテンの強い輸入小麦と、発酵力が強化されたドライイーストの組み合わせならパン焼きはそれほど難しくありません。自動パン焼き機という製品があるぐらいですから。

 でもそれがグルテンの弱い国産小麦と、発酵力がそれほど強くない天然酵母。しかも自分の家の台所で培養する自家製天然酵母で作るのは非常に難易度が高い。そう読んだので、そんなに難しいのならやってみたい。

「そんなに難しいなら挑戦してみたい」という好奇心でした。(単純にヨメに国産小麦パンを食べさせたいだけなら、ドライイーストを使えばずっと簡単に目的を達成できました。自家製天然酵母でパンが焼けるかどうかが、本当に試したいことでした。)



真似て→改良して→オリジナルに

 今まで一度もパンを焼いたことのない私ですが、まずはネットの教科書や動画のとおり試しました。
 ドライイーストを使えば国産小麦でもパンらしきものが何とかやけるようになる。まずは先人たちが積み上げたやり方を愚直に真似るところからスタート。

 では次に自家製天然酵母を培養して挑戦する。しかしどうもうまく行かない。
 パンの原理、グルテンの構造、発酵の過程。それらの原理と理由を勉強します。パン作りだけじゃなく、発酵の解説サイトなど数十以上のサイトを勉強して、作り方を自分なりに改良していきます。

そしてそこから
・中種を使わずに
・高加水生地で
・1次2次発酵を分けない
という方法の組み合わせなら(時間はかかるが)手間がかからない美味しいパンが焼けるのではないか。バターや牛乳などを含まない、噛めば噛むほど国産小麦の味が広がるようなリーンなパンが出来るのではないか。

 この
守(基本を忠実に守る)
破(応用して改良する)
離(自分のオリジナル)
という過程は、物事を身につける上でどの分野でも共通します。最終的に「自分のオリジナル」という方法を編みだすところが一番面白い。
 私はまだ基礎も出来ていない、改良応用の手前でウロウロしている状態ではありますが。でも面白いと思うのはそれがオリジナルに至る過程だから。

 私はブログの3回分の記事のネタ(パンだけに生地のタネなんちゃって)にさせてもらいましたが、本来は人に評価してもらうことが目的なんかじゃない。試行錯誤して自分オリジナルを創り出すところが面白かったのでした。


育てることは面白い。

 あとやはり育てることが面白い。発酵食品でも家庭菜園でも、子育てでも起業でも。育てることが面白い。
 ブドウについている酵母を育てて、今度は小麦の生地の中で増やして生地を膨らませる。この過程で酵母はいろいろなアミノ酸などの物質を生成します。これが国産小麦の甘みに深さをもたらします。
 そして美味しいパンが出来た時、家族知人が美味しいと食べてくれるのが一番嬉しい。



人に評価されるのが人生の目的ではなかった。試したかった。その風景を観たかった。

 私がこの世に生まれて来る時にもきっとこういう感じだったんだろうな。今回の体験はそんな忘れていた記憶に触れた気がいたしました。

・それ難しいの?ならやってみたい。挑戦したい。
・育てるの面白いなあ。
・喜んでもらえることが一番嬉しい。

 本来の私が、わたし号という身体と自我をお借りして観たかった景色。それはそんな景色だった。というお話でした。



パン作り情報補足
・自家製天然酵母はリンゴの皮やブドウの皮でも出来るそうです。わざわざ輸入のドライレーズンを買わなくても。せっかくの国産小麦なのだから、国産の果物の酵母と相性良さそうです。これから美味しいリンゴやブドウの季節です。今育てている酵母液に、国産果物の酵母もブレンドして育てていったらどうなるだろう。パンの味は変わっていくのかな。興味津々です。

 グルテンの強い輸入小麦と発酵力の強いドライイーストでバターや砂糖をふんだんに使ったフワフワの食パンも美味しいですが、日本の大地でしか育たない国産の小麦に、日本の大地で育った酵母。その酵母は生地の中でゆっくりとしか増えないけれど、時間をかけた分深い味わいを醸し出してくれる。噛むほどに小麦本来のほのかでやわらかな甘さが鼻に抜けるパン。そんなパンを家族知人に食べてもらいたいです。
 時間はかかるけれど手間はかからない。素人でも出来るパン作りの方法が必ずあるはず。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
レシピを載せて頂けるそうなので、気になるのですが、ボールからそっと移してから、整形するのはすぐですか?焼き色ついてからも触って大丈夫ですか?

→ 私のは高加水デロデロ生地なので、ボウルからそっと出したまま(パンチせず)天板に載せて焼きます。
焼き終わったら、すぐにオーブンから出して、1時間ぐらい網の上において放熱します。熱いうちにパン内部の水蒸気を発散させるためです。

==========
最近は、パスコで国産小麦シリーズが出てますけどね~。お値打ちです。薬局でも買えるし^^

https://www.pasconet.co.jp/kokusankomugi/lineup/

→ 情報ありがとうございます。我が家はずっとパスコの国産小麦の食パンでした。しかしここ半年ぐらい近くのスーパーで入荷されなくなり、手に入らなくなったのでした。それが私がパン作りを始めるきっかけでした。
教えて頂いたパスコのラインアップをみてももう食パンはないようですね。残念です。

ちなみに今回作ったオオサンショウウオパンや土鍋パンの材料費は国産小麦でも一斤150円でした。

==========
教えていただきたいのですが、レーズンにしたのはどうしてですか?
(読み忘れてたらすみません。)
ネットにリンゴの酵母液のレシピがあったのですが、リンゴはどう思われますか?

→ ネットで検索したらドライレーズンで始めるという記事が一番多かったからです。リンゴでもブドウでも良いと思います。
参考サイト:自家製酵母作り初心者にはレーズンではなく、ぶどうがオススメだよ。
https://soyo-rin.nexcy.jp/archives/3755

原料は何にしろ瓶の蓋はしないでキッチンペーパーと輪ゴムが良いと思います。密閉すると酵母はアルコール発酵を始めるので。アルコールが出来るとそれは酢酸菌によってお酢になり始めます。

==========
長くなってすみません。
私なんかのコメントに目を止めていただきすみません。私はパン作り始めた頃はどこにでも売っている星野天然酵母を使っていました。自分でぶどうで発酵させたりもしました。その後試行錯誤の中で出会ったのが楽健寺酵母です。この酵母は私的にはパンがとても優しくと言うのか緩やかな発酵で酸味がでないのが好きでした。

私も中種を使うと酸味が強くでてそれが嫌いでしたので自分なりに好きな酵母はないかと探したのが楽健寺酵母でした。この酵母を知ると今度はこんな酵母は自分で作れるのかと思いました。そこで自分の家で楽健寺酵母を真似て、ほんの少しの楽健寺酵母に、にんじんや山芋好きなものをチョイスして発酵させて酵母を作っていました。
その酵母はすぐに発酵してとにかく柔らかく酸味のない、やま食パンに膨れてくれてとても美味しかったです。この酵母を知ってからは自分なりに作った酵母が穏やかに発酵してくれるようになりました。
これに至るまでは私も何度と気に入らないパンもでき、母親は美味しいと食べてくれましたが、雀が喜ぶことになったものもたくさんありますが、楽健寺酵母に出会ったのは私のパン作りの楽しさを倍増したように思います。

パンを作らなくなった理由と言われいろいろ思いますが、離婚して実家に戻り母と暮らしていた頃にパン作りにはまり、美味しいと食べてくれた母がいたからでしょうか?
私ほどパンを好きでもなく米派の母でしたが、私のパンは美味しいと言ってくれて調子に乗っていたかもしれません。そんなこんなで母親とまた離れて暮らすようになりパン作りもなぜか遠のいてしまったかもしれません。
今でも買い揃えたパン作りの本も金型もたくさんあるのですが、なぜか一旦手を休めると遠のいてしまうパン作りかなあと思います。
とにかく自分の納得できる良いパンができると達成感で満足してしまった感じです。まるぞうさんの記事を見てパン作りが懐かしすぎて、酵母の膨れる嬉しさや、焼き上がる時の香り、ワクワクした思いが思い出されコメントしてしまいました。そんな意味もないことですが、パン作りの試行錯誤、思い通りのパンができた時のこととかは本当にはまって良かったと今でも思います。
とにかくパンだけでなく出来上がる過程がとても好きです。パンの出来上がる過程はパンを焼いた人でないとわからないかもしれませんね。
今は便利なパン焼き器があるのですが、酵母から発酵させてパンを焼くのは育てたものが小麦を通してふっくら焼き上がる幸せをくれる感じはたまりませんね。
この小麦も国産小麦は本当に難しかったです。今あの頃のパンを焼ける自信がないので焼かないのかもしれません。また時間ができたらパンを焼きたいと思っているので金型など捨てられないのかもしれないです。これだけはまだ断捨離できないでいます。^^ 思い通りに焼けなくてもぷくぷくと生きている愛しい酵母のパン作り楽しいですよね。

→ コメントありがとうございます。今の私の心境と同じ景色だったので、全文掲載させて頂きました。ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自家製天然酵母国産小麦パン... | トップ | 【旧人類】 敵味方認定の本能。 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-10-23 15:14:22
まるぞうさん、教えていただきありがとうございましたm(_ _)m
Unknown (SHO_KO)
2020-10-23 16:27:16
まるぞうさん、更新ありがとうございます。
国産小麦の自家製酵母パンのお話その後が気になっていました。(^^)パン床の工程をサラリと書かれていましたが、難しさも承知の上でやってみたい!という想いからはじまり、たくさんの試行錯誤のうえでの体験や発見、経験の結晶だったのですね。酸っぱいパンを焼いても研究者のごとく分析し、焼き続ける姿に私もワクワクしました!そしてパンを作ることで心を癒やすことになる事の気づきや面白さにつながったことがよかったがなと思います。
今回のまるぞうさんはまさに「知幸楽」だな~と思いました。ちなみになでしこジャパン元監督の佐々木則夫氏の好きな言葉のひとつだそうです。
子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。
(これを知っているだけの者は、これを愛好する者におよばない。これを愛好する者は、これを真に楽しむ者にはおよばない。)
https://webtan.impress.co.jp/e/2017/08/08/26519
おまけ:我が家もずっとパスコの「国産小麦の食パン」ですが今も販売中です。
スーパー側の事情で入荷していないと思います。「お客様の声」などアンケート用紙などに一筆要望してみてはいかがでしょうか?
商品ラインアップありました↓
https://www.pasconet.co.jp/products/21/
Unknown (むくどん)
2020-10-23 17:10:08
まるぞうさん、パン作りですか。
私は熊や猿が来るからって伐採された栗の木をもらってきて
しいたけ栽培にチャレンジです。
知らないことを手探りで人に聞きながら始めるのは幾つになってもワクワクしますね。
種菌打ち込み作業は畑作業が終わって退屈している父にお願いします。これもボケ防止の一環ですw
家族みんなで楽しみにしたいと思います。
Pasco国産小麦食パン健在です (まーさん)
2020-10-23 19:02:08
こんにちは。
Pasco 国産小麦のラインアップに食パンはありませんが、超熱シリーズにあります。
https://www.pasconet.co.jp/products/21/
Unknown (Unknown)
2020-10-23 19:36:38
昨日は余計な質問してしまい申し訳ありませんでした。大切な思い出として取っておきます。
子供が小さい頃は、ケーキや簡単な菓子パンを喜ぶ姿にやる気が倍増した思い出があります。50代には自営で自宅に居た夫が、ある日私に内緒でパン焼き器を購入して、夕方仕事から帰るとパンの焼けるいい匂いがして嬉しかった事とか、2人ともうどん県出身なので小さい頃から親の手打ちうどんを打つ姿は焼き付いていました。ある日また仕事から帰ると私が使っていた打ち板を出して手打ちうどんを作っていました。午前中に小麦粉と塩で捏ね冷蔵庫で寝かし、私の帰る時間に合わし、厚みのあるナイロン袋に入れてバスタオルに挟み足でクルクル回りながらこしを作り、麺棒で広げ折り畳み切って工程です。お出汁も作っていて食べるだけの時の嬉しさはひとしおでした。私が子供家族が喜ぶのでパスタも作れる麺伸ばし器を買い、夫の得意料理になっていました。夫はまめで凝り性で仕事一筋だったのですが、50歳で自営になり、仕事の合間に野菜作りをし、ウォーキングをしたり、仕事以外の事を楽しんでいた姿は大切な思い出となっています。
今回ももう一度行ってみたいと言っていたので写真を持ちながら参拝でした。
長文になりました。ごめんなさい。
Unknown (記事を読んで…)
2020-10-23 20:30:16
まるぞうさん、心に染み入りました。
「[同時二人ツーリング]私とは誰か」と「自家製天然酵母国産小麦パンのメモ」がリンクするのですね。

本来の私が、わたし号という身体と自我をお借りして観たかった景色をみる

パン作りを通して、「育てる」悦びを知り、観たかった景色をみる。
仕事を通して、プロジェクトや会社が「育っていく」悦びを知り、観たかった景色をみる。
子育てを通して、子どもたちが「育っていく」悦びを知り、観たかった景色をみる。
etc…

今生で、身体をお借りして、育てたいものを見つけ、育てる悦びを知り、観たかった景色をみること。
生きているから出来ること、ですよね。
そうですよね、私号から離れてしまったら、体験出来なくて、観たい景色がみられなくなってしまうのですよね。
クラッシュしないように、ちゃんと運転してあげないと勿体無いですよね。
もっともっと自分を大事にして、そして、人に称賛される事を目的とでなく、黙々とお山のてっぺんを目指して「観たい景色」を見に山々を登って行こうと思います。

気付かせて下さって、ありがとうございます☺︎
Unknown (たま♪)
2020-10-23 21:51:21
小学生くらいの子供の頃は、泡だて器で一から泡立ててケーキを作るのが好きでした。
メレンゲがピンと立つまで泡立てるのには技術がいるもので、ふわふわのケーキが出来た時にとっても嬉しかった記憶があります。
電動泡立て器ができてから、ケーキ作りがつまんなくなってしまったというか、美味しいケーキ屋さんにはかなわないな、というのもあったかもしれないですけど。

私が贅沢だな、と思うのは、ケーキやパンとかに1時間も時間を費やすことができる生活の余裕を持てるということだと思います^^自分が小学生だった時のような気楽さというか^^
勤め先が倒産した2か月くらいを除いて、専業主婦になったことなく、ずっと仕事をし続けているので、そうは言ってもそこまで体が弱くないだろうと知らない人には思われているのですが、しょっちゅう風邪ばかりひいていて、仕事を休まないこと、絶対必要な節約料理をこなすことを優先していると、やっぱり、パン作りって、いろいろなことに余裕がないと出来ないすごく贅沢な時間だな~と思うのでした^0^
 小学生の時は、凝ったお菓子を作れることも当たり前に思っていたなー、しみじみ、って感じです☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事