まるぞう備忘録

無題のドキュメント

白であると同時に黒。黒であると同時に白。

2022-11-15 09:11:38 | 今日のひとり言


今日は白と黒に関する私的メモです。

自分自身の良心は騙せない

 相手を騙したり傷つけると、それは自分自身を傷つけることになる。
 それは「報いを受ける」という言い方もあります。それは正しい。

 そしてその相手が「無垢であるほど」「弱い立場の人であるほど」その罪は重い。

 罪というのはそのあと自分が受ける報いの因子のことです。
・奪ったものは奪われる。
・傷つけたものは傷つけられる。

というのが陰陽の仮説です。



純真な人弱い立場の人にどう接するか。

 2000年前の聖人青年が「この中の一番弱い人に神がいる」と仰ったそうですが、その人が自分より弱い立場の人にどう接するのか。その時にその人の本性が見える。だからこそ一番弱い立場の人に対してこそ、神様に接すると思いなさい。という意味でもありますが。

 弱い立場の人や無垢な人を騙したり傷つけたり奪ったりする時、一番傷つくのは、傷つけた本人の「良心」であります。

 その人はその時点では「良心の声」が聴こえにくい蓋の状態であります。だから相手を傷つけることが出来る。そして自分の良心が傷ついていることにも蓋をして感じていない。

 しかし人はこの人生が終わるまでに、あるいは終わったあと、その良心と必ず対峙しなければならない。それはどの人も決して逃れることは出来ない。その良心の対峙を「最後の審判」と表現されることもあるでしょう。それは(人類の最期の時の意味もあるかもしれまえせんが)誰しもが必ず体験する「自分の良心との対峙」であります。



罪と罰の意味。

「良心に蓋をしながら自分の良心を傷つけること」=罪
「良心の呵責で苦しむこと」=罰

 良心の声が聴こえやすい方ほど、自分の周囲の弱い立場の人や無垢な人を護ろうとする。ということです。
 そして良心の声に蓋をしている人ほど、弱い立場や無垢の人を陥れたり傷つけたり奪うことが出来る。



この世=悪意に遭遇する世界。

 無垢な人。純真な人。この世で生きている限り必ず「悪意の人」と遭遇することとなります。無垢な人純真な人にとって「悪意の人から自分自身を護る」ということはとても重要な人生の意味であるのではないでしょうか。

 この世に生まれて来る時に、純真な心は「心の保護力」を与えられて来ます。それは例外なく誰しも。
 相手が傷つけようとしても、それは本当のあなたの心を傷つけていいないし、本当のあなたを奪うことも出来ない。そして傷ついたあなたの心は必ず修復され回復される。それは心の生命力。だから大丈夫。



いわんや悪人をや。

 また悪意の心も、生きているうちに、最期の審判の前に、自分自身の良心と対峙すること。これがその人にとってとても重要な人生の意味ではないでしょうか。
 それまで蓋をしていた良心の蓋を開けるということはとても勇気がいることです。
 それまで見ないふりしていた、自分が傷つけてきた人々。その辛さに目を向けることはとても勇気がいることでしょう。
 しかし、やはりこの今回の人生の、もう残り僅かな時間のチャンスの間に、自分の良心と向き合うことが、本当にもうこの世に生きていられる意味である。過言ではない。



白であると同時に黒。黒であると同時に白。

 私達の心はこの白と黒が同居しています。
 純真無垢100%の人はいないし、悪意100%の人もいない。

 誰しも
・無垢な心を持つ。そして悪意と遭遇。でも自分の心を護ること。大丈夫。

 誰しも
・黒い悪意を持つ。自分の良心に蓋をして見ないふり。でもその蓋オープン。



 白の心は黒を知ること。逃げ出さず勇気をもって悪意の黒から自分自身を護ること。
 黒の心は白を思い出すこと。見ないふりせず勇気をもって目を覚ますこと。
 私達の心には、白い心と黒い心が同居しています。それぞれ、あと残り少ないチャンスの時間に、行けるところまで生きたいです。








おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
それは、ロンさんを内戦のリーダーにするための背後の計画によってだと。

→ 情報ありがとうございます。そしてアメリカ内戦は充分あり得る近未来だと思います。なぜなら分裂する潜在因子はかなり蓄積されていると思うから。それはこれまでの歴史から。
だから、細工をする方は。

==========
一概に聞いてないと言っても、逆上してて聞いてない(でも本人は冷静なつもり)。理解するだけのキャパや力が無い。そうではないと思い込んで話を聞いている。などなど色々あると思います。
そして、相手がそうであるということは、翻って自分もそうかもしれないということですね。そういうことはよくあります。自分の思い込み、勘違い。自分が完璧では無いと意識していると、トラブルも減るし、万が一の時も大事にならず柔軟に対応しやすいです。お互いに、自分が間違っていたかも、と思っている同士だと、仕事上であってもすぐに解決しやすいです。

→ コメントありがとうございます。本当に!

==========
まるぞうさんのツイッター、ひっくり返って元に戻れない仲間を助けるカブトガニに癒されました~ありがとうございます。
確実に助かったと思われる次の瞬間、そそくさと去っていくその姿。(オスだかメスだか分かんないけど)まさにホレてまうやろ~でした!(><)

→ 人間以外の動物にも私達と同じぐらいの知性があると思います。古来の日本人はそれを知っていたと思います。



==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (玲玲)
2022-11-15 10:06:01
自分もそうなので、日本人全体がそうなんだと思うのですが、時給が低かろうが、仕事が目立たない仕事でも同じ気持ちで仕事をする人が多いと思っています。経済が悪くなっても不満心も増えるかもしれませんが、逆に静かに行動する人も増えると感じます。
生き物でいったら、保護猫活動していて、動物はかなり人間を見ていると思います。私はどちらかと言うと、ホームセンターに行くと店員と間違えられたり、都内の知らない駅で道を聞かれたり、なんとなく他の人よりは開いてるせいか、動物がかなり見てくることを感じると、人間の想いにも託されて沢山の命を背負ってるとたまに畏れを感じます。
去年、家の猫で絶対今まで道路まで行ったことが無い猫が事故に遭って亡くなりました。スピっぽい話で、猫はその家に悪いことがあると代わりに自分が犠牲になると聞いたことが頭をよぎりました。霊感なんかは無いけど、それはある話だと思ってます。近所でちゃんとどこの猫か心配するような家で、引かれてしまい、連絡が来てちゃんとお墓を作ることが出来たのですが、最後とっても甘えて来たからいつもより好きな缶詰めのエサを多くあげて、その30分後には亡くなっていたのでした。
一蓮托生、使い方間違ってるかもですが、人間にかかってるのだな、と笑顔を絶やさず生きたいです。
Unknown (Unknown)
2022-11-15 10:07:46
こんにちは。まるぞうさん。
丁度考えていたこととリンクしている内容でした。
人は色んな種類の人が居て、他人に使われることが幸せと素で感じてしまう人も居ますよね。使う人と使われる人がピッタリ合っていて、どちらもそれが心地よい関係。でも側から見ると異様なんです。成人した娘が父親をあごで使う図。一応2人にはそれぞれに(お礼は言ってね、既枠だから無理はさせないで)(やってあげすぎでは、小間使いにみえる)と声はかけてますが、それも余計なことで本人たちがそれでいいならいいのでしょうかね。
これは因果としてはどうなるのでしょうね。
いつもありがとうございます。 (Unknown)
2022-11-15 10:59:07
私も生きている限り、真摯に自分と向き合って行きたいと思います。いろいろな事を思い出すと、謝りたい人が浮かんで来ます。もう亡くなっている方も・・・。でも、「出会えて良かったのだ」と心から感謝しています。
Unknown (おかめ)
2022-11-15 11:57:00
まるぞうさん、いつもブログ更新ありがとうございます。
昨日の地震のニュースは怖かったです。
久しぶりに揺れてドキドキしました。

私は両親を介護して看取ったあとに、父が実家を私に遺してくれました。兄嫁からは私が画策したと思われて色々言われました。
両親は兄家族と同居したくて頼んだものの、結局断られてしまい、看取りをさせてもらいました。人生で色々ありましたが、私は両親が本当に好きでした。今でも毎日父母にお線香をあげています。
兄は兄嫁にコントロールされていて、知人を介して雪解けを待つ、と言ったことを書きましたが、絶縁を兄嫁から言われているのでもう会えないかもしれません。実家にお線香をあげに来たこともありません。
でも、きっと兄家族には兄家族の言い分があると思います。父から会社を託されたのが迷惑だとか、不動産賃貸管理を任されて大変だとか言っていました。
こちらから見るとなにが不満なんだろう?と思いますがきっとそれなりの理由があるのでしょうね。
陰陽の図を頭に描き、今日も一日穏やかに平和に過ごします。自分の周りが平和でそれが伝播すれば少しでも日本のお役に立てることを願いながら。
まるぞうさん、明日も楽しみにしておりますね!
Unknown (Unknown)
2022-11-15 15:59:43
カブトガニの動画を見ました。結末を知っているのに、ウンウン思いながら肩に力入れながら、食い入るように見ました。ここから話が飛躍してしまうのですが、生き物のお命頂戴せずとも生きられたらいいな、でも、美味しいと思うのにね。
Unknown (Unknown)
2022-11-15 16:56:31
どう見ても白金ドレスに見えるなと思った翌日。
間違えて前日のブログページをクリックしてしまい、同じ記事を目にした瞬間、青黒のドレスに見えたのです。
!???と目をゴシゴシ(昭和のマンガか〜い)。
もう一度見直すと、やっぱり白金にしか見えない。
後からリンク先の元ネタページを拝見して、まるぞうさんの記事を読んで、後から思い返してみるに、私自身の奥底が一瞬でもサインを出していたんだと思う。それを自分の意識が上書きで打ち消してしまったのだけれど。
そういう一瞬の?!を用心深く、大切に見つめられる心の余裕がほしい〜。
Unknown (たま♪)
2022-11-15 21:27:21
>そして傷ついたあなたの心は必ず修復され回復される。それは心の生命力。だから大丈夫。

まるぞうさんに悪気はないことも悪意がないこともわかるんですけど。
まるぞうさんの「大丈夫」にはいつも、イラっとしちゃいます。バカにしてんの?みたいな気持ちになるというか。

人間の体には修復作用があります。細胞単位で修復作用があります。
だから、例えば「転んで擦りむいたって大丈夫、修復作用があるんですから。」
って言われても、ふんふん、と聞いてられると思います。

ですが、例えば生死を彷徨うとまではいかなくても、そこそこ大きな病気とか怪我をした人に「体には修復作用があるから大丈夫」とか言ったら、「はあ?」っという感じにイラっとされると思うというか。

そりゃ、人間の体の修復作用を舐めたらあかん、と思いますよ?
でも、やっぱり大怪我大病であれば、治療も大事だし、交通事故の怪我なんかは、医者から「もう時間薬でしか治らない」と言われることもあるくらい、
今日頑張ったから明日治るようなものではないと思います。

大丈夫って軽々しく言うけど、何が大丈夫なの?そんなカンタンに死なないっていう意味?そんなこと当たり前でしょお?って思ってしまいます。

でも、世の中には、気休めの励ましでも嬉しいと思う人も居るから、まるぞうさんの「大丈夫」で元気になる人も居るし。転んで泣いてるよーな人だったら、まるぞうさんの「大丈夫」が効果するとは思うんですけど。

例えばですけど、先日、コメント欄にあった、結婚の約束までして実は既婚で35歳まで騙された女性に、「大丈夫」とかまるぞうさんが言った日には、
心をナイフでえぐるのと同じですからね???(さすがに、まるぞうさんもそこまで無神経ではない、と信じたいですけど。。。)

メッタ刺しにされて、救急車で運ばれた人が、治療によって助かる場合も、お医者さんは、「大丈夫」とは言わない気がする。「一命をとりとめました」くらいで。

安易な「大丈夫」でも、勇気づけられる人も居るかもしれないですけど
私には無責任に思えます。


確かに、心にも回復機能や生命力はあります。でも、時間薬が必要だったり、治療が必要な場合もあります。
転んで擦りむいただけの傷ほど早くは回復しないと思います。

例えば、先日のコメントの35歳まで騙された女性の場合、運が良ければ、「自分の見る目がなかった」と考えを変えれるよーな出来事と、「傷ついたままでも愛してくれる男性」が現れたら、あっという間に大丈夫になるかもしれません。
ですが、何もなければ、そんなカンタンに大丈夫にはなれないと思います。
何十年とかかって、ようやく回復するくらいかもしれません。
もちろん、少しづつでも、心は回復する方向に動くとは思います。でも、その作用があるから「大丈夫」と言い切れるほど、人生は甘くないです。
まるぞうさんは人の人生に寄り添う気はないんだと思います。
口先で、気休めを言うだけです。
気休めが欲しい人にはありがたいでしょうけど、そうじゃない人の心はエグル傾向があるので、blogで能書き言う分には許されるかもしれないですけど、実際に傷ついている人にまるぞうさんが遭遇した際には、何も言わず黙っていた方が思いやりになるんじゃないかなあ、と思ったりします。
Unknown (たま♪)
2022-11-15 21:52:35
ちょっと追記です。

【「大丈夫」という言葉で励ましたい】、ということ自体を否定したいわけじゃないです。

「それは心の生命力。だから大丈夫。」というのが、言い方悪いですけど、軽いというか、薄っぺらいんです。

相手の立場に成り切って考えたら、そんなの「大丈夫」なわけないですもん。
長い時間と、癒しを積んで、いつかどうにか大丈夫になるまで、なんとかやり過ごすしかないね、って言う感じというか。
極端な話、先日の35歳まで騙された方は慰謝料とってもいいと思うんです。
仕事を辞めてのんびりしてもいい、心の回復を第一に考えて自分を甘やかすのも一つの方法だし、気が紛れるくらい仕事するのも一つの方法だし、人それぞれだとは思いますけど。

心の生命力があるから大丈夫、とかいうのって、相手の心の傷を軽く考えてもOKな場合にしか使えない言葉だと思います。
Unknown (たま♪)
2022-11-16 01:22:10
 先祖供養をしている人は、していない人よりも、心の回復力が強かったり、そもそもイチイチ傷つかない事が多い、とは思います。
 また、悪意を持つ人から自然と避けることが出来たりとか、平穏に暮らせることが多い気がします。
 そういう視点での「大丈夫」な感覚だったらわからないことはないです。
 でも、一般論で話せば、やっぱり、「心の回復力があるから大丈夫」とかいうのは、「細胞には修復作用があるから転んで擦りむいても大丈夫」くらいの意味にしかならないと思うのでした。
 
Unknown (Unknown)
2022-11-16 05:43:02
たとえば枠珍を、善意で、よかれと思って、日本社会で、特に若者たちに対して大々的に推奨した、外国暮らしのミュージシャンなんだか、ナントカ親善大使とか、よくわからないけど社会的影響力を持っている人が、最終的に、死ぬまで自分が何をしたのか自覚できなかった場合。
薬ガイも、世間的には最後まで秘密にされてしまった場合。

それでも、エンタメ業界においては枠を広めたご褒美に、いろんな利益、地位も名誉もお金も芸術家でござい的な自尊心も得ていた場合、そういうった人の良心って、あの世で痛んだところで、何にになるんでしょうか?

お金や地位のために日本人を騙すのか? その上で、の両親の問題なら「試練」としてわかりやすいのですが。
全くの善意、「自分だった騙されたんです」みたいな人に、さらの多くの人が騙されてしまった場合って、本当に悲しい。

でも、騙されてしまった人が愚か。「次からきをつけましょう」なんでしょうか。
なんだか、納得いかないものを感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。