まるぞう備忘録

無題のドキュメント

見たい情報半分。見たくない情報半分。

2020-11-11 06:50:58 | 今日のひとり言

防災カレンダー 
11日。新月週間。




私達は自分が見たい世界の中で生きている。

 私達は「見たい情報しか見ない」という性質がある。最近特にそのことを痛感しました。

 私達は自分に都合の良い世界観を自分の中で築きます。そしてその世界観に合った情報を取捨選択して取り入れます。
 特にインターネットの情報は、もう本当に玉石混淆。あらゆる分野の情報が広範囲に散らばっています。自分に都合の良い情報だけを、より簡単に集めやすくなっている。

 特に同じ世界観どうしのコミュニティだと、お互い認めたい情報や世界観だけがお互い培養し合う。そういう現象が起きやすいと言えましょう。

 もし夢の中の住人であればそれも良いことでしょう。ただし現実はそれが仇になることもあります。
 私達の社会は、まるでタイタニック号の甲板の上に浮いているようなものです。船ごと氷山にぶつかる可能性があります。夢の中に暮らしていることは、気持ちの良いことではありますが、氷山の衝突に気づかず、船と共に沈没する可能性があります。

 だからネットの情報も
・自分の価値観に都合の良い情報半分
・自分の価値観に都合の悪い情報半分

 自分が認めたくない価値観も「あり得る」覚悟は結果的に身を守る。改めてそのように思います。



見たくない情報も半分知ることは、最悪を想定する貴重な情報。

 さて米国大統領選挙の行方ですが、トランプ支持の人達もバイデン支持の人達もお互い自分の価値観の夢の中で生きている。どちらが勝っても(昨日の記事に書いたように現時点ではトランプ氏が有利です。あと4週間油断しなければ。)米国国内の分断は進行していくでしょう。

 政治の選挙結果だけではない。天災や気象災害の前兆。食料危機や感染症パンデミック。自分や家族の健康問題。給料や売上の先行き。この世は自分が見たくない見ないことにしたい情報はたくさんあります。が、そういう「見たくない情報」は、人生の災難を小難にしてくれる大切なヒントである。というのが私の人生経験の教訓です。

 ということを観ても、やはり人類が次の世代の新人類に変容するのであれば、やはり「半分半分」の能力を有している人達だろうな。と思います。

 「半分半分」の視点とは水のように柔らかいということでもあります。なるほど。参考になります。ありがとうございます。



おまけ1
以前紹介したニューヨーク在住のシングルマザーの方の動画です。日本ではなかなか触れられない現地の空気感が伝わってきます。

ひとまず、大統領選お疲れさまでした!!~NYはめっちゃ喜んでる~





おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさんに考え方が似てる?上念さんが
夢をありがとう、なんて 
まるで終わった人扱いで、手のひらを返した態度に見えました。嫌な感じ〜。
不正に怒っていたケントさんもアッサリ諦めた様子で、不自然に見えました。早くね?
この二人はどうして、敗北を認めてしまったのですか?

→ 最初から飛ばしすぎの反動だと思います。最初の時点で「最悪を想定してその場合は仕方ないと腹を括った」心持ちであれば、また違った動画になったのでは。と思います。

追い風の時に浮かれすぎない。逆風の時に落ち込みすぎない。自分の心の中でバランスがとれる。という半分半分の能力が、これからの時代ますます重要です。というのが私の個人的教訓です。

==========
下院による選挙に委ねられるのは憲法修正12条を読む限り、12月14日が投票予定となっている選挙人による選挙の結果1月6日迄にいずれの候補も過半数を確定できなかった場合のみではないでしょうか?
選挙人を選ぶ今回の選挙結果の集計期限まである12月8日までに確定できない場合、自動的に12月14日の選挙人による選挙は全ての州で中止扱いになるのでしょうか?
確定出来ていない州を除き確定出来ている州のみで選挙人による選挙が行われるものと思っていましたが。

→ ご認識のとおりです。
・12月8日までに各州を代表する選挙人が決定される(未定の場合は未定のまま)。
・12月14日に決定された選挙人による大統領選挙が行われます。この結果どちらも過半数に達しない場合は、下院投票(各州一人)によって大統領が決定されます。

各州で選ばれた投票人の約99%は毎回自分の所属の党の大統領候補に投票しますから、各州の投票人を選ぶ今回の11月3日の国民による投票が、実質の大統領選挙と言われております。

==========
共和党の遅滞戦略を突破するのは非常に困難ですから、同じ無理をするなら不正でもなんでもして選挙で圧勝する方がよほど容易だったかと。
民主党はともかくスポンサーの中共としてはバイデンの公約では旨みがないのでは?

→ 私の陰謀論小説では、バイデン氏は完全なお神輿ロボットです。ではバイデン氏を操っている人達は、中共を仲良くしたいと思っているか。
自分たちが発行するユダヤ紙幣以外に世界の基軸通貨の地位を侵そうという勢力は、叩くということになるのは、どちらが勝っても同じ戦略であると思います。

ただしその時、チベットやウイグルや香港や台湾やそして我が日本をどう扱うか。というのがトランプ氏とバイデン氏(の後ろ側)では、扱い方のポリシーが異なる。ということです。

このため私個人はトランプ氏を推しております。が、日本に冷たい陣営になったとしても、まあそれはそれで仕方ない。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月10日。おまけ。 | トップ | 【詩】 小さな偶然に秘められ... »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なのみーな)
2020-11-11 11:19:53
まるぞうさん、お答えありがとうございます。上念さん、ファクトチェックは当然してたと思うんです。もし、しまった飛ばしすぎたと思ったのなら、そう言えばいいだけのこと。
いつも間違いはすぐ認めるのに、今回はなんか違う。
もう負けだと思う方向に人々を「誘導」しようとしてるみたいな押しの強さ。もしや最初からこっちが本音だったの?と疑ったのでした。

話はここから変わります。
我が娘高3は社会科の真っ赤な先生の授業にいたたまれない気持ちだと言います。
自衛隊は憲法違反だという授業を延々と続けていて授業の感想文まで書かせるとか。
来春WAVEになり、国防に励む気満々なのに先生に否定される、先生は私が自衛官になることを知ってて言うのか?と娘は腹を立てています。
毎週朝日新聞を読ませ、感想発表までさせる先生側の努力?も虚しく、生徒たちは、自衛隊が違憲なら憲法なんて変えればよくね?という反応になってるそうです。
これで周りの生徒たちにまで否定されたら娘も自衛官になりたいとは思わなかったでしょう。
また、上の子が自衛隊に入りたいと言うと激怒した夫も、今回は「国を守ってくれるのに反対はできないね」と賛成したとか。

中学生とよく話しますが、中国の脅威を言うと、すんなり頷いて同意してくるので驚きました。
そういうの、テレビニュースで取り上げないのにどこで知ったの?と尋ねると、「雰囲気で」と言います。
アベは悪いやつですよ!と言ってくる子がいたのはほんの2年前ですのに。
こんなことから、万事が変わりつつあると感じます。
Unknown (Unknown)
2020-11-11 11:39:33
去年、加入オンデマインドで無料で見れた「女神の見えざる手」という映画を何故か思い出します。テーマがロビーストと銃規制だったので。面白かったけれどラストが一応は明るいラストになるんだけれど問題提起というか。善悪で割り切れないというか、すっきり出来ないというかでした。
公式HPから予告みたり解説みるだけで、2~3年前の映画ですが、先を予測して作られたような映画だと思いました。
もう一度みたいのですが途中で加入の動画配信を替えたものだから残念ながらレンタル以外はみれません。
Unknown (神無月)
2020-11-11 13:01:40
見たい情報は、俯瞰された方の読みや考えです。(自己主張が低い人)
見たくない情報は、我善しの方の読みや考えです。(自己主張が強い人)

今の興味は、トランプトラップが有るのか?です。
トラップに不正が大漁で有れば、オセロの四隅をトランプ陣営が抑えている事になります。

ゴルフに興じる余裕の意味が何なのか?

日本のマスコミは、憲法ルールを無視した新大統領の誕生?を支持しています。
.
Unknown (unknown)
2020-11-11 14:36:07
ニューヨークに30年近く住んでいる者です。クリントン夫妻の住んでおられるところの近くで、民O党が優勢のところです。今回の選挙で感じた事は自分の応援する候補者のサインボードを庭に出したり、車に候補者の名前のステッカーをはったりするひとがいるのですが、民O党候補のそれらがいつもよりが少なかったことです。驚いたのはそして近くの町では共O党候補の横断幕をなびかせて車のラリーがあったことです。ニューヨーク市内では共O党候補の応援デモ、正統派ユダヤの人たちの共和党応援の車のラリーやペンシルベニア州ではアーミシュの人たちが馬車を連ねてのラリーがあったこと、で今までには考えられない事です。また今までの選挙で不正が取り上げられたことは私の知る限りなかったんではないかなと思います。私自身としてはこの際,徹底的に調査をしてほしいとおもいます。選挙は民主主義の根幹ですから。
Unknown (ちゅうちゃん)
2020-11-11 15:02:03
以前神宮の参拝証のことでコメントした者です。今回一万円の寄付で令和3年までの特別参宮章をいただきました。
本日伊雑宮に朝参拝した際、
立皇嗣の礼の儀式に居合わせる事ができました。
これから高山本線を使い富山にでます。
明日は平泉寺白山神社です。
今まで別にお参りしていたので、初めての伊勢。。。です。
Unknown (うさぎのロン)
2020-11-11 16:24:26
記事をありがとうございます。
感染者数の増加が凄いですね。東京、大阪、北海道の3都道府を筆頭にこれから毎日増加をする事でしょう。 ワクチンの話題と対になっています。 ヨーロッパのロックダウンから始まり、日本も次のステージに入りました感です。

個人的に、半分半分の観点に立つ為には、自分たちの都合の悪い事実も一旦受け入れなければ、相手の観点との半分の位置に近づけないと考えています。 例えば米国の歴史同様、日本にとって、中国、韓国との歴史的摩擦は疑い無いもので、日本人の近代歴史教育に満州での行いの一部分がスッポリ抜けている事は、お互いにとって不幸の要因です。

半分半分の視点は、謙虚さの視点であり、陰陽の法則は、ある意味容赦ない反転反応の法則ともいえると、個人的感覚です。

今回、他国の大統領選で、投票数が拮抗する中で、多数決で決める事が本当に良いのか、民主主義なのか、そこに疑問が生まれました。 不正投票の証拠と共に、決着を見ていこうと思います。
Unknown (Unknown)
2020-11-11 16:58:15
まるぞうさんのいう、半分半分が一番良い考え方かなと思います。希望ばかりでも悲観ばかりでも不十分で、そういうことも、ああいうこともありかな、でも自分だったらこれだな、くらいの方が、何かあった時にボキッと折れたり極端に走らなくて済むと思うんです。物事を一方向からしか見ないのは本当に危険です。自分への戒めでもありますが。自分の心の準備ができてるかできてないは無視して、世界は既にぐるんぐるんと変化が始まっているんですから、柔軟性を持って受け止めるのが大事だと思います。
Unknown (Unknown)
2020-11-11 17:52:40
見たくない情報を発信してる皆さんに話しかけて、どうして?と問いたくなると話しましたが、まるぞうさんにやめとけと怒られました。
議論するほどの強い信念も無く、だけど自分が見たい情報はやはり偏りがちだと思ったので、自分が見たくない人と関わるのも良いかと思ったんですけどね…
Unknown (玲玲)
2020-11-12 06:27:43
最初NYの方の明るさに驚いたのですが、覚悟を決めて生活している明るさなんだなって感じました。
NYは富裕層が別荘に避難したり、治安は悪化しているはずで、そこで生活するには気持ちは折れそうになるかもしれない。
やっと終わった、もう争うことは見ないで済む、小さな子を育ててたらそう思うよね。
陰謀論の話もすごく分かる、皆んなのコメント嬉しい、でも小さな子抱えてそこで生きてたら、本当か嘘か分からないことに気持ちを持っていかないことが母親で肝っ玉母さん。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事