まるぞう備忘録

無題のドキュメント

mRNAが中長期的もつリスクについての考察。後編。

2021-07-05 09:40:53 | 今日のひとり言

防災カレンダー
5日。 最遠から3時間後6日2時46分 新月週間。




味方のはずの抗体が敵になる現象。

 COVID19にはADE(抗体依存性増強)と呼ばれる現象が起きる可能性が言われています。
 これは1度目の感染で作られた免疫抗体。本来は2度目の感染でウイルスを撃退するように働くはずですが、なぜかウイルスと一緒に体自身を攻撃することになります。

 味方だったはずの抗体が、実は裏切りものだった〜。1度目の感染で相手に洗脳され、2度目の攻撃の時に敵に寝返って内側から攻撃してくるというスパイ映画さながらのお話です。

 このADEを起こすウイルスはデングウイルス、エボラウイルス、HIV、RSウイルス、およびコロナウイルス系統と言われています。



COVID19もADEが起きる可能性があります。

 一時期世界を席巻したSARSやMERSなどのコロナに対してワクチンができなかった一つの理由がこのADEです。フェレットなどの哺乳類動物実験ではADEが原因で重症化したと言われます。[1]

 2021年5月24日大阪大学荒瀬尚教授のチームがCOVID19でもADEを発症させる抗体を発見したと発表しました。これは理論上はCOVID19でもADEが起きる可能性があるということです。



嘘はついてませんがすり替えました。

 河野大臣は、COVID19の遺伝子ワクチンでADEが発症した例は聞いたことがない。と回答していますが、これは嘘はついていませんが、論点のすり替えです。
 今後ワクチン接種者にADEが起きる可能性はない。とは一言もいっていません。自分は今まで聞いたことはないと論点をすり替えているだけです。

 かつて福島の原子炉が暴走して燃料が原子炉を突き破ってメルトダウンしている真っ最中でも「自分はただちに危険な状態になっているという報告は受けていない」と、嘘はついていないが、論点をすり替えてた某政治家の方便と全く同じです。



阪大チームの声なき声。

 阪大の荒瀬教授は「COVID19のワクチンはADEを起こさないものが望ましい」という結論で論文をくくっています。これは荒瀬教授のギリギリのメッセージに思えます。
 「今の遺伝子ワクチン(mRNAやウイルスベクター)など抗体を強制的に作らせる方式はADEの危険性があるんだよ!」と心の叫びが聴こえるようです。

 同じチームの高橋准教授は別のインタビューで「細胞性免疫を誘導するワクチンの開発は、(ADEを防ぐための)1つの手段になり得る」「S蛋白質に対する不完全な免疫(抗体)が誘導されれば、ADEが起こる可能性がある」と答えています。[1]

 今世界中の人に打たれている遺伝子ワクチンは不完全な免疫を誘導してADEを起こす可能性があるから、自分たちはそういうリスクのない全く違う細胞性免疫のワクチンを研究してるんです。そのように述べています。



誰が「将来起きない」と断言できるのか?河野大臣以外に。

 さて河野大臣が「自分は過去に聞いたことはない」というCOVID19のADEですが、未来に起こる可能性は次の二つがありえます。

1,ワクチンで作られた抗体が減少した場合。
2,今まで想定していない突然変異のSARS-CoV-2が出現した時。



高齢者は3回目を打たないとそろそろADEが起きるかも?

 英国ではデルタ株が流行しています。遺伝子ワクチンのおかげで死亡者は少なく抑えられています。しかし
・2回接種した高齢者が
・感染すると致死率が高い
という現象が起きています。これはベルギーの高齢者施設もそうです。

 その理由としてADEが起きているという説もあります。
 それは高齢者はワクチンの抗体が減少しやすい。そして減少した時にデルタ変異株に感染すると、本来ならワクチンの抗体が感染を食い止めるはずなのに、ADEを発症して敵側に回ってしまう。
 これで致死率がグンとあがってしまう。というものです。

 英国では高齢者は3回目のワクチンを打つことと検討し始めました。これは高齢者に「ワクチン抗体減少によるADE発症」が考えられるからと思います。



一度接種したらあとは打ち続けないといけない未来?

 さて英国の高齢者は半年ほどで抗体が減少し始めADEのリスクが高くなっていったとすると、若い人たちはどのくらいの期間抗体が維持されるのでしょう。
 ただその場合でもいずれは減少するのですから、英国の高齢者の接種者のように、継続して打ち続けなければADEが起きる可能性がある。ということにはならないのでしょうか。



つづく



[1] 日経バイオテク「ワクチンが効かない?新型コロナでも浮上する「抗体依存性感染増強」」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/30/06749/




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
それ程噛み合わない息子ですが、二回目はキャンセルして欲しいので、それまで頑張って説得してみます。一回だけなら、まだきっとマシですよね、、、。

→ もし私が叔父さんだったら「あなたのデータのためという気持ちもわかるけれど、お母さんがこれだけ心配しているなら、親孝行の意味で2回目は見送ったら?」と言うと思います。

==========
そういえば五月ごろには、今はどうなのか分からないですが、あのあたりの港から米軍の船が消えていたとかいう話も・・・
気を付けて注視した方がいいのでしょうかね。

→ 大統領がオリンピックに来ないと表明したことも同様で、引き続き注意は必要と思います。

==========
熱海で被災された方のご冥福をお祈りいたします。以前まるぞうさんが話題にしていた、ソーラパネルの場所ですね

→ 以前記事にしたのは伊豆高原の方でこちらは凍結になったままです。

==========
忽那さんどう解釈…?したらいいのか。
・医療従事者は新型コロナワクチン接種を義務とすべき【忽那賢志 | 感染症専門医】7/4(日) 9:57
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210704-00246283/

→ 現場の方は「ワクチンこそが解決の決め手」と信じて1年間激務に耐えてきたのですから、仕方ないと思います。

忽那さんのところに運ばれるようなハイリスクの方はワクチンの意味はあると思います。
問題はハイリスクではない大多数の若くて健康の日本国民です。

==========
署名x2件なんだよん♪
連投失礼します。

→ お知らせありがとうございます。関心のある方はどうぞ御覧ください。

【緊急】夏休み前に提出、子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます。
https://voice.charity/events/112?fbclid=IwAR2LrjhmqwGyr1Gqufubb05E8TScwdK4CwMBbI01y6j-Qpp2GeMuuk_1D4I

同意フォーム『新型コロナワクチン接種中止』の嘆願書(一般用:6月25日)
https://docs.google.com/forms/d/18HPdLtfbPg1VNzBuADtgZO6t9BWEf0omL9LFDxc_B94/viewform?fbclid=IwAR3jPTucK3upQiBzHgV6YXTLf8fCCN1dt5IS__-x9DXLn1aZ3gSzFGF7CRg&edit_requested=true

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« 時事ネタ3題。 | トップ | mRNAが中長期的もつリスクに... »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もうすぐ63歳)
2021-07-05 11:13:39
私は、最近までワクチンを打たないつもりでした。
ただ、基礎疾患があるので心配していたのも事実です。そんな時、もう一つ体の事で心配な症状が出できたのです。
おまけに、知り合いの方が基礎疾患のあり、コロナに感染し体重が17キロも痩せるほど、苦しかったそうです。
中長期的なリスクと今の感染リスクを考えて迷いましたが、打つことにしました。何となく、複雑ですが仕方がないのかな?子供達には様子を見るように言ってますが、納得してくれています。
Unknown (Unknown)
2021-07-05 11:41:58
K大臣の「嘘はついてないけど論点のすりかえ=東日本大震災の時の・・・」はほんとうにそう思う。だとしたら「餅党」だって同じ穴の狢じゃないかと思う。「売国奴」なんて以前よくここや他のブログでも盛り上がってたけど、売国奴はK産党とかR民党じゃなくて与党にいるという。××党はCK党日本支部と言われているし、セカンドフロア氏はXUE氏のスポークスマンで有名だし。前職の「行政の私物化」だって事実だろう。「いつまで森友やってるんだ」じゃない。実直で優秀な官僚が1人死んでる。妻が「真実を知りたい」と訴えるのは当然だと思う。だからといって野党がいいとは全然思わない。国民煮詰まっている。いちばんやっかいなのは、どの政党にも有能で良心で政治をしている人がいるのだが、個人の資質で投票できないというところなんだ。その人に入れたら政党を利することになるから。
Unknown (Unknown)
2021-07-05 12:10:07
まるぞうさん、毎日ありがとうございます。
難しいけれど、食いつくように読んでます。
「ワクチン打った?」が挨拶代わりの昨今、こうして毎日ワクチン情報が溢れ、みんなが注目するので何もなく無難で過ぎて行くと思いますが、これだけ盛り上がるとその反動で一気に冷めやすい国民性、忘れた頃にドカンと副反応爆弾が落ちるような予感があります。
うちも医療従事者の家族がおります。今のところ家族も院内の接種された方々も無事で何よりですが、ワクチンの懸念だけ忘れないように見守って行きます。
みなさん、最終バスに乗り遅れまいと必死で接種会場(病院)を探してます。このブログ読まなかったら、私もゆっくりと考えることもなく右往左往してたと思います。
Unknown (Unknown)
2021-07-05 12:45:11
>味方のはずの抗体が敵になる現象

石田三成のケースですな!
Unknown (竜宮乙姫)
2021-07-05 13:36:36
忽那さんも取り込まれてしまったのかもしれません。
この方7月から国立国際医療研究センター医長から阪大医学部附属病院感染制御部教授に。普通は医長から教授なんてないですよ。
何か大きな力が働いたのかもしれませんね。
Unknown (Unknown)
2021-07-05 16:21:54
「いつまで森友やってるんだ」

亡くなったのは政権もアベも関係なくて、執拗に責めた野党のせいって結論が出てましたよね?
彼らはテレビカメラを連れて執拗に近畿◯務局に行ったりもしてましたよね。
Unknown (今日もありがとうございます)
2021-07-05 19:58:08
先日作った「松葉サイダー」そのままでは、薬草臭くて飲めなかったのですが、もったいないと、松葉サイダーを炭酸水で薄めたら飲めました。松葉茶も作っていますが、市販の松葉茶も注文しています。飲み比べてみようと思っています。やれる事はやろうと思って。(何事もチャレンジですよー。)松葉を触るとベタつく感じがしますが、体に良さそうです。
薫兄者へ (薫風亭様)
2021-07-05 20:41:29
まるぞうさん、私信を申し訳ないです。

兄者のblogの方に画像の削除依頼があるようですのでご覧いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Unknown (unknown)
2021-07-06 00:21:44
抗体価を高く維持し続けないといけないから、何回もワクチンを打たなければならないというのは、考えた事なかったけど、有ったら怖いですね。

インフルエンザなどは変異で、無効になっても、副反応もないから、ま、いいかだったものが、コロナの場合、ADEでもっと悪くなるとは!

ワクチン依存症を作り出すアヘン戦争みたい。
Unknown (Unknown)
2021-07-06 01:23:56
中和抗体

勝手ながら中和抗体について個人的な見解をコメントさせて頂きます。

①抗体は・・・
1種類のウイルスにつき1種類のみ産生される訳ではありませんし、スパイクタンパク、エンベロープタンパクなどの部位ごとに産生される訳でもありません。
タンパクが分解され細かくなった通常十数個前後からなるアミノ酸配列(エピトープ)ごとに産生されます。
新型コロナウイルスは全粒子で3万以上、スパイクタンパクだけで3000以上のアミノ酸配列から成り立ちます。
仮に抗原がスパイクタンパクだけであっても、3000以上のアミノ酸配列に対応して非常に数多くの種類の抗体が産生されます。

②ADEの発生機序
従来から考えられているADEの発生機序は、例えばデングウイルス(Ⅰ~Ⅳ型が確認されている)の場合以下の通りです。
a)Ⅰ型デングウイルスに感染する
b)Ⅰ型デングウイルスに対する抗体を産生する
c)Ⅰ型デングウイルスに対する免疫を獲得する。
e)数か月以降にⅠ型以外のⅡ~Ⅳ型デングウイルスに感染すると抗体はウイルスに結合するものの、人体の細胞との結合を防ぐことなく逆に促進する。

③阪大/荒瀬研究室の研究結果
これに対して荒瀬研が中心となった研究(荒瀬教授は1st authorではないので言い方が難しい)では、以下のことが示されています。
・スパイクタンパクの中でも細胞の受容体に結合する部分(RBD)のエピトープは中和抗体を産生する。
・スパイクタンパクの両端部分のエピトープは、感染増強抗体を産生する。
・中和抗体の量が少ないと感染増強抗体により感染が増強される。
※ワクチンではなく、ウイルスで実施。
※感染経験がない人でも、中和抗体と感染増強抗体を持つ者がいた。
ttps://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(21)00662-0?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS0092867421006620%3Fshowall%3Dtrue

いわゆる巷で言うところの、善玉抗体と悪玉抗体でしょうか?
もし仮に善玉抗体よりも悪玉抗体の方が多く産生されたり、悪玉抗体の方が長生きするようであれば、ADEの可能性が高まると思いますので、今後の研究が待たれます。

理論上、新型コロナウイルス、各種ワクチンを問わず共通して発生しうる機序となります。
また、スパイクタンパクの両端のアミノ酸配列を排除したスパイクタンパクを遺伝子組み換えで作ることは容易なので、仮にこれが確実であれば対応するベクターウイルスワクチン、mRNAワクチン、組み換えタンパクワクチンを製造することも容易だと思います。

※なお、報道資料にはワクチンについて言及していますが、論文では一切ワクチンに触れていないと思われますのでご確認ください。
※「高橋准教授」は北里/獣医学部の高野准教授でしょうか?少なくとも上記の論文の著者には記載されていないようです。高野准教授はここ10年くらい精力的に猫のFIPウイルス感染に対するワクチンの研究開発をしています。

④各ワクチンにおける中和抗体の産生量
上記③のとおり、中和抗体の産生量が問題となってきます。
各ワクチンの優劣については有効率で示されることが多く、中和抗体そのものを比較したデータは少ないですが、以下のような論文があります(Natureっぽく見えますが、その姉妹誌です)。
ttps://www.nature.com/articles/s41591-021-01377-8

一番良いのは、いわゆる善玉抗体と悪玉抗体の比率の比較データだと思いますが、まだ見かけたことがありません。
もしご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ共有して頂ければ非常にありがたく思います。

⑤液性免疫と細胞性免疫
ワクチンを含め現代の薬物的予防手段は、抗体を利用するものが殆どになっています。
一方で、実際のウイルスに対する免疫の主役はT細胞を主とする細胞性免疫となります。
※個人的には、液性免疫と細胞性免疫からなる獲得免疫に加え、自然免疫を含む3者がバランスよく作用するのが一番効果があると考えています。

一般に細胞性免疫を獲得するには生ワクチンが必要と言われています。
細胞性免疫を獲得するには、ウイルスという抗原だけでなく、ウイルスが感染した自己細胞、つまり非自己化した自己細胞という抗原が必要とされることがその理由であると考えられています。
原理上mRNAワクチンは、スパイクタンパクという抗原を産生するだけでなく、スパイクタンパクを産生した細胞そのものも非自己化して抗原になるという特徴があります。
個人的にはこれがmRNAワクチンの有効性の高い理由の一つだと思っています(一番の理由はリンパ節における集中的で強力な免疫活動の惹起だと思いますが)。

特に新型コロナウイルス感染症においてはT細胞の数が非常に少ないことが知られているため、予防や治療には抗体だけでなく、細胞性免疫(や自然免疫との総合力)が一つのポイントになると思っています。

⑦何度もすみません
英国の事例は、全年齢でワクチン接種群の致死率が無接種群に比べて高いものの、50歳以上では逆に低くなっています。
これは全年齢の無接種群における50歳以上の比率が2%程度と極端に少ないことが主な原因と思われます。
また、上記④のようにAZ製ワクチンの中和抗体の産生量にも注意が必要だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事