まるぞう備忘録

無題のドキュメント

思い出すことの考察。頭と心の詩。6

2022-01-11 10:14:51 | 今日のひとり言

防災カレンダー
11日。【9】




良心の呵責仮説。


心の声を聴くということは、良心の呵責の声を聴くということ。

誰しも良心に背くことはある。
大なり小なり。

自分の良心の疼きを認めること。
ああ、あの人に悪いことしたなあ。
ああ、あの人を傷つけたなあ。
ああ、あの人を無視していたなあ。

それが申し訳ないな。すみません。
良心の疼きが収まるまでのその期間。
それは痛みの期間です。
良心がちくちくする期間です。

直接会える人ならば、勇気を振り絞って直接謝るしかないです。
もう会うことが叶わない人ならば、心の中で謝るしかないです。

そうして、少しずつ良心のちくちくが収まる時。
私は、心の声に耳を傾けることが出来ます。



心の風景を思い出すこと




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
上記のようにまるぞうさんは書かれていらっしゃいますが、下記について、まるぞうさんが自分でそのような状態だったことがあるのでしょうか???

→ あなたの心の声はどのように回答されるか教えて頂けますか?

あなた「ねえ。私の心。まるぞうは自分で本当にそのような状態があったのかしらねえ。」

あなたの心「きっとそれはね。・・・・・・・・・」

==========
「思い出すことの考察。頭と心の詩。5」
ではないでしょうか?

→ ご指摘ありがとうございます。^^;

==========
最悪を想定してなんとか乗り切っていきたいと思います。

→ 頑張りましょう〜!!

==========
 中学の時、イジメにあい毎日死にたい死にたいと言う友人と通学してました。その時は私も鈍いから、正直ピンと来ていなかったのです。10年ごとぐらいに会って話す事は昔の苛めの話。大人になって、あれは相当ヤバかったんだと気が付き、友人があの時死なないでくれて、生きててくれて、本当にありがとうと思います。40年経ってイジメた本人と会ってやっと赦せたそうです。

→ コメントありがとうございます。

==========
私はコメントする内容は、自分の心にも刻み込んでいるものと思っているので、慎重でありたいなと思っています。

→ うむうむ。コメントありがとうございます。

==========
どうしてこうなってしまったんでしょう?娘夫婦と9月に誕生するであろう孫の将来を見守っていきたいと思います。

→ 母子ともに健康維持されることを心から願います。

==========
そして、コメント欄には、理解していない、馬鹿にしている、鼻持ちならないと教えてくださる正しい読者がいらっしゃる。

→ コメントありがとうございます!まさに!

==========
・首都直下型地震より危険値が倍以上高い「超巨大噴火」「1億2千万人が餓死」と専門家試算〈dot.〉AERAdot.
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a04a723d59c2ee6de5377009291ee126ac5ca02?page=1https://news.yahoo.co.jp/articles/5a04a723d59c2ee6de5377009291ee126ac5ca02?page=1
→元記事のみに掲載「災害・事故の危険値の表」は確認してほしいと思います。
https://dot.asahi.com/dot/2022010800012.html?page=3
・【独自】富士山より大規模噴火Xデーの可能性が高い16活火山「マグマだまり、兆候ある」と専門家
https://dot.asahi.com/dot/2022010800011.html?page=1

・政府 大規模接種センター再び開設の方針 1/10(月) 22:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/300cc1d28d1c1f42014fc39320faaf03d6b0bb78

→ 情報ありがとうございます。

==========
SARS-CoV-2が脳に及ぼす影響と現在使用されているワクチンへの示唆
How Does Severe Acute Respiratory Syndrome-Coronavirus-2 Affect the Brain and Its Implications for the Vaccines Currently in Use

https://seesaawiki.jp/cocone-extra-lessons/d/SARS-CoV-2%a4%ac%c7%be%a4%cb%b5%da%a4%dc%a4%b9%b1%c6%b6%c1%a4%c8%b8%bd%ba%df%bb%c8%cd%d1%a4%b5%a4%ec%a4%c6%a4%a4%a4%eb%a5%ef%a5%af%a5%c1%a5%f3%a4%d8%a4%ce%bc%a8%ba%b6

COVID-19ワクチンを接種した人のうち,神経系の副作用(例えば,激しい頭痛)を起こした人の中から,接種後20~30年まで,パーキンソン病やレビー小体型認知症と診断されるシヌクレインパチーの神経症状を示す可能性があるという理論的シナリオが存在することになる。

→ 感染重症化のリスクが低い方は、この薬液は様子見することが自分を守ることだと思います。情報ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (55)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 思い出すことの考察。頭と心... | トップ | 思い出すことの考察。頭と心... »
最新の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-01-11 11:42:45
テレビを見ていて気がついたのですが、家庭内家族感染の例を数例見ましたが、どの家庭も若い夫婦とその子供はみんなオミクロンに感染しても祖父母はかかっていません。高齢者はかかりにくいのかな、と思い、東京都が毎日発表している年代別感染者数を見ると、65歳以上高齢者の比率は5%前後です。人口比に比べてかなり低いです。オミクロン先発国のデータによるとワクチン2回接種しても6ヶ月経つとオミクロンへの効きが1割に減るので3回目を打ちましょう、と国は呼びかけています。しかし日本では先行接種した高齢者は今のところオミクロンにはあまり感染していません。一方で最近接種した若い方のオミクロン感染は大変多いですね。ワクチンが効いているはずなのにこんなに感染者が急増しています。そう考えると、日本人の3回目接種は慎重になってもいいのではないでしょうか?ワクチン先進国のイスラエルでは4回目接種は人間の免疫力に悪影響があるとして限定的に進めています。3回目が打ち止め終了とすると、大切なカードは今は温存しておいたほうがよいと思います。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 12:25:30
  質問に質問で返されて、とても残念です。
 わからないから質問しているのに。
 
 まるぞうさんが、本当にそういう思い出ブログを書いているのであれば、世の中にはいろいろな人が居るから、自分と違う方法も認めて当然だし、それでまるぞうさんが楽になるならば、読み流すのが苦ではないです。

 そういう思いを持っていないならば、どんなにきれいごとを言っても、「他人に干渉したい」、というまるぞうさんの欲が出ていて醜いと思います。
 
Unknown (Unknown)
2022-01-11 12:34:58
頭と心という表現が私にはわかりやすいです。
意識と潜在意識とか自我と真我よりも。
右脳と左脳ともいうのかな。
最近思うことはすくすくと親の愛に包まれて安心して育った人は素直で頭と心の開きも少ないのではないのかなと思います。ただ、辛い立場の人の気持ちが分かりにくいとは思います。
子供の頃はみんな素直なのかもしれないけれど、最近ではこうあるべきが強い親が多いような気がしています。
私の周りだけでしょうか。
親の価値観と時代の空気が合わないというか。
上手く言えませんが。
私自身はけっこうやばい生い立ちなので、頭と心がもうなんだかぐちゃぐちゃになってしまい、結婚も子育ても失敗だらけ。だから必死に整理整頓しているところです。
後生大事に取ってあるものがたくさんありました。
だいぶ処分してけど。
段々と手放していく方がスッキリと自由に軽くなってよいと思います。
背負っていた荷物はご先祖様の思いもあると思うので軽々しく捨てることは出来ません。
だからもういいって自然に思えるまで大切しておくのがいいのかもしれませんね。まだ捨てたくないよね〜って。
捨てたら負けみたいな^^;
そうすると私の経験ではもういいやって思える瞬間が来ます。それを昇華というのかもしれません。
かさぶたと同じ。治れば自然に剥がれる。
無理にはがそうとしてはいけないですね。
いつもありがとうございます。 (Unknown)
2022-01-11 13:17:09
これまでの人生で後悔している事はたくさんあります。心無い言葉もかけてしまいました。もう亡くなっている方もいます。思いは通じていると思いますので、謝ります。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 13:17:45
真面目に相手をことを、腑に落ちない点があったとしても、尊重してるから、一応は、ちゃんと聞こうともする。そしてそれを実行してみる。たとえ失敗して手痛い目に合っても、その後、体験は残る。だから本当にまるぞうさんのいうことも尊重して真面目にきいて、真面目にうけとって考えた人ほど、怒りもあれば不納得もでるし、それが当然なのですよ。ただ賛同と賞賛だけを求めているわけではないのでしょう。それなら流し見だけでも賞賛だけなら出来る。その体験をしたら、その苦労もわかるはず。だからそこまで許せるまでの苦労をされた方なら、その苦労体験も語れるはずなのです。
そしてそれまでの経緯でわく感情も理解できるはずなのですよ。

そしてその信頼に対して、裏切りで帰すような行為はやめてほしい。都合のよい部分だけだして、本当に伝えたい理解されたいこちらの言い分は全て隠されてしまうからこそ憤りも消えず、疑問も消えない。だからそういった原因は実験だとしても、そのあと責任とられないはおろか、他人からの印象操作や煙にまくような行為も付随してついてくるからこそ、許せないわけです。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 13:26:09
>質問に質問で返されて、とても残念です。
 わからないから質問しているのに。

本当に残念でした。

痛いところを突かれれば相手の良心の呵責を利用するような、まるぞうさんのやり方は、良心に反しないのかな。
Unknown (玲玲)
2022-01-11 13:47:15
悪いことしたなぁ、もっと傷つけない言い方で言えば良かったなってことがあります。
友人が負に陥っていて、親の悪口、仕事場の後輩の悪口が止まらなく、喫茶店の店員さんが振り返る勢いで言っていて、自分が毒の吐き出しツボにされている気持ちになって、最終的に、私がそれでも自分が強くなって抜け出すしか無い、と怒りまじりに言ってしまって縁が切れた友人がいます。
先日共通の友人から、もう私とは連絡取れないし会えないって言ってたよ、と言われたので、今の心境ではもっと穏やかに言ってあげたら良かったな、って思って悪いことしたなぁって思っていると言ったら、その友人からは気にしなくていいんじゃね?と言われました。
他人からはそんなものであると思いますし、私もそう思うこともあるんですが、自分の自戒にもなるんですが、被害者意識、仮に本当に被害者側なこともあっても、私を軽く扱うな、が基本にあることって、やっぱり基本気分があんまり良い気持ちにならないです。
その場合、自分は重くて、他人が軽くなっちゃう。
相手が殺人や泥棒の場合の被害者じゃなくて、人間関係のマウント取りや責任のなすりつけ合いみたいな場合は、なるべく重いか軽いか、どちらが被害者かそうじゃないかの視点では無く、事実、じゃあどうしたら快適に物事を進められるか、出来ることは何か?しか無い。
ただ、負のループに入った彼女を思うと、何も出来なかったなぁ、と思い出します。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 15:57:37
質問に質問で答えるのはやめたほうがいいと私も思いました。なぜかというとずるい行為だからです。相手を下に見ているから、相手はそれを感じ取って傷つきます。その行為には誠がありません。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 17:50:59
玲玲さんは優しいな~、と思いました。

私も友人から「親から暴力を受けた話、それによって自分が××になってしまった話」をずっと聞いていた時期があって。
聞いてあげることでラクになるかな?と思って自分から進んで聞き始めたんだけど。
長期になるとやっぱり苦しくなってしまって。
ある時、優しく「でも、結局、自分で何とかするしかないやん?」みたいな事を言ったら「そんなこと、わかっとるわ」って怒鳴られて。私は、のんびりと「うん、わかった。怒鳴らなくてもいいよ^^」って柔らかい対応もしたのだけど。
最後は、もう、聞くのが無理って思って、結婚を機に、フェイドアウトしたんですよね。申し訳ないけど、彼女から逃げたかった。
聞きたくない話をもう聞きたくないって言うのも、なかなか勇気がいりますね。

ところで、まるぞうさんは、「俺はブログに来た人には干渉するぞ、嫌なら来なければいい」と言うのであれば、まあ、そうですか、とも思うし、いっそ、そう言えばどうでしょう?とも思うのですが。
「干渉はしていません、私の心の風景です」、と言いながら、では、自分の経験ですか?と聞くと、はぐらかすし、いったい、どうしたいのでしょう?と思うのでした。
Unknown (Unknown)
2022-01-11 18:09:12
岩のように硬い心に想いを刻み込んでしまうと消すのが難しいけど、水のような心には何を刻もうとしても消えてしまいますね。

自分が岩の心の場合、こんなに刻み込んでやったよ、と実感を持って思ってしまいますが、相手の心が水だったら⁉︎

じゃあ〜

自己攻撃しただけで割りに合わない。
見詰めるべきは自分の心。

(と、自分に言い聞かせてみた)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事