まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【修復ウイルス】 遠い未来の人類の出来事。

2022-07-30 08:34:46 | 今日のひとり言

防災カレンダー
29日。新月。





ウイルスといえば、インフルエンザや口蹄疫ウイルスのように人や動物に関連する病原体というイメージが強い。しかし、細菌に善玉があるように、実はウイルスにも、哺乳動物・昆虫・植物などの生存を助けるものや、地球環境を維持する海洋ウイルスなど、いい奴がたくさんいるのである
2000年、今まで病原体の塊と思われていたウイルスが、実は人の胎児を守っていることが明らかにされ、人びとに衝撃を与えた。病気の原因とみなされていたウイルスが人間の存続に重要な役割を果たしていることが示されたのだ。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/20120711102028.html


共存。

 多くの人はウイルスとは悪玉と思っているかと思います。
 私は、もちろん危険なウイルスもあるでしょうが、大半は無害。または人間と共存していく存在だと思っております。

 たとえばそれは人間社会も同じであります。
 社会の中では、油断出来ない相手もおりますし、でもそういう相手でもお互い付き合う上での距離感を保てば良い関係が維持できる。100%良い人はいないし、100%悪い人もいない。お互いグレーな中で、距離感を保ちながら、その上で、大半の人たちはお互い信用しあって共存しております。ウイルスもまた同様ではないでしょうか。



未来の悲劇は人類の浅知恵の慢心で引き起こされる。

 もし人類が、何かの出来事により、後天的に自分たちの免疫を破壊するようなことが起きたとしたら。
 おそらくそれは、免疫という神様のような超高度なメカニズムを、自分たちの知恵が越えたという慢心からスタートするかもしれません。しかし大半は、病気で苦しんでいる人を何とか助けたい。このように苦しむ人を一人でも少なくしたいという善意が皮肉なことに導く可能性もあります。

 そのような人間の浅知恵が原因で、正反対の「人類の免疫が破壊される」ということが、未来の人類の段階のどこかで起きるかもしれません。

 その未来の時。壊された免疫を回復させたい。何を服用すれば回復するの?何を注入すれば回復するの?と別の薬液を探す人たちも大勢現れることでしょう。

 でもその災難の原因は人間の浅知恵でありますから、それを浅知恵で解くのは困難でありましょう。こんがらがった紐を解くどころか、その紐を更に硬く結ぶことになりかねません。



人類を存続させようという高度な意志があったならば。

 もし人類を守る高度な意志というものがその時代にも存在しているのであれば、大勢の人間の免疫を回復する出来事が、人類に発生するのではないでしょうか。

 それは人間の目にはウイルスとして映るだろうという未来を描いた小説です。
 人間の身体に入り込んで、壊れた免疫を修復するウイルスです。

 免疫の壊れ方が少ない人は、ほとんど症状は出ないことでしょう。1日か2日、あれ?ちょっと喉が痛いかも。ぐらい。あるいは無症状。
 でも身体の獲得免疫には、きちんと今後必要な免疫情報が上書きされております。

 しかし免疫の壊れ方が大きい人は、感染によって身体に辛い症状が出るかもしれません。身体の免疫が一生懸命回復しようとしている。修復ウイルスによって免疫反応が上書きされている。

 そういえばワクチン接種で副反応が強い人ほど、抗体がたくさん出来るから安心です。という迷信が流行った時代があったそうです。
 でも未来に起きる「修復ウイルス」に感染した時に起こる身体の反応はそれに似ているかもしれません。



人工のワクチンから人類を守る天然のワクチン。

 もし人類に「修復ウイルス」というものが、もたらされるとするならば、それは非常に感染力の強いウイルスとなることでしょう。
 短期間の間に、人類全員がその修復ウイルスを接種するかのような。そういう感染力を持つことでしょう。

 しかしその役割は壊された免疫の復活であるため、大半の健康な人は無症状や風邪レベルで修復作業は終わることでしょう。



未来の空想小説。

 しかしもし「感染力が強く、かつ重症化しやすい」という性質が見られた場合、それはウイルスが「重症化しやすい」性質なのではなく、残念ながら人類の方でそれだけ「免疫が破壊された人が多い」ということであります。



 もし全人類がこの「修復ウイルス」の洗礼を受けたとして。多くの人の免疫は回復していく。獲得免疫の壊されたデータが元に戻ろうとする。

 体質には個人差がありますし、破壊され度も個人差があります。しかしこの修復ウイルスも季節性の風邪のように、年に何回か流行するような形をとりながら、破壊度の大きい人の免疫もゆっくり修復回復させていくだろう。



 人類の慢心が進むのであれば、これから人類歴史の未来のどこかのステージで、そんな

・人類の浅知恵が自分自身の免疫を破壊する
一方
・修復ウイルスの流行で免疫が回復される

 という遠い遠い未来の空想話はいかがでしょうか。

 ウイルスや菌って人類にとっての神様かもしれないです。この小説のあとがきにはそんな解説を加える人がいるかもしれません。



おまけ
私は今回のCOVID19対策として、マスクや手洗いやうがいそして免疫を維持する食事や運動などの対策は大事だと思います。ただそれらの対策をした上で、それで感染するのなら、それも仕方ないと受け入れます。




おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
昔のワーゲンてんとう虫、確か密閉性が良くて、水に浮くって言われてたような.写真を見た記憶あります。地震でも潰れない部屋を1か所作るのと、浮く車、大事ですね。
浮く畳もありましたね、でも身を守れないか。。室内では助かりますね。

→ 311の実話のドラマ。遠藤憲一さんと菊池桃子さんが演じるご夫婦です。津波が家を襲う時。2階に逃れて、そして2人が離れ離れにならないよう、紐でお互いしっかり縛るのですが、水に呑まれると。というシーンが印象的です。

もし皆さんの御自宅に水に浮く車があれば。そのように思うのです。

==========
まるぞうさん質問してもよろしいでしょうか?
他のコメント欄にも書いたのですが、私は他人の意見を気にしてしまい、枠を打たない事や陰謀論も参考にする事を恥ずかしいと思っています。

→ ワクチンを打つことのメリットはありますし、デメリットもあります。誰もがその両方を良く考えて、御自分や自分の子供への接種を判断して頂きたいです。

ワクチンを打つ打たないがイデオロギー化することは私は反対です。それぞれの人生の選択なので、自分と違う意見の人を批判したり論破したり感情的になること。仲違いすることは反対です。

ただワクチンのデメリットとして
・このワクチンは長期的に安全かどうかは誰も証明出来ていない。
そして事実として
・日本国内の超過死亡者数や心筋炎者数急増の原因も誰も証明出来ていない。
ということを、知らないままの方に対しては、将来「もし知ってたら打たなかったのに。子供に打たせなかったのに」と後悔する人が一人でも少ないことを願います。

私の希望は、「まるぞうはワクチンは長期的に安全とはわからない。とかいってたけど、結局ほとんどの人にとって危険じゃなかった。人騒がせなブログだったよ。」と笑われることです。

==========
Amazonプライムで「人類を殺すのは月だった」というコピーのドラマが公開されましたね。
月は中が空洞の巨大建造物なんですって。
タイトルはムーンフォールです。

→ はい。観ております。こういう話も、とうとうフィクション映画として公開される時代になったか。と感慨無量です。

SF映画としてはいろいろツッコミどころ満載な感じですが、映画の出来関係なく、その前提条件を人々に知らしめる時代になったということを。

==========
お役目ご苦労様です。

→ 客観的なメリットとデメリットの情報を開示して欲しいなと思います。

若い世代で
・感染で重症化や後遺症が残る方の割合。
・接種後で急死したり後遺症が残る方の割合(ただし厚労省は認めていないので、ワクチンは関係ないかもしれません)

厚労省が正しくて、ワクチンは関係ないという未来もあるし、これまでいくつもの薬害の歴史がそうであったように、ずっと後になってから厚労省と国が責任を認める未来もあるかもしれない。

その両方があり得る前提で、今起きている事実の数字を国民に開示して頂きたいです。そして国民は自己判断と自己責任で、自分の健康の判断を行うことが理想であり、あるべき姿です。

==========
夏空の青さ
関係ない話題ですみません。
昨年までの夏空は晴れていても霞がかかっていて、太陽の見える晴天がほとんどなかったと思います。
今年はわけわからないスコール雨雲があちこちにぼつぼつある代わりに、太陽がはっきりみえて青い空が眺められるようになったと思います。
変な感じです。

→ 鋭い直感かもしれません。お知らせありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。


最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2022-07-30 10:05:31
>・修復ウイルスの流行で免疫が回復される

漫画のナウシカを思い出してしまいました。
確かに、数万年単位で考えれば、そういう進化もおこるかもしれないですね。。。(そこまで長く人類が続けば、ですが(笑)

私は、まるぞうさんの空想話よりも(男の人のが夢見がちですよね(笑)
超現実的なリアリティ話を好むので(夢よりも生活が大事と思うのがfemaleの特徴( ̄▽ ̄;)
エイズの治療薬と同様、人類が本気になれば、コロナワクチンの治療薬は開発できる、と思います。
エイズも、人が作り出した薬害、だと仮定すれば、コロナワクチンも解毒薬は絶対に出てくるはずだ、と。

ただ、そのためには、打たなかった人が「打った人はそういう目に遭って当然」といった驕りをすてて、全員で一致団結して解毒薬と全員の健康を思うことが、開発者の力になるのだと思います。

打たなかった人をさんざんバカにしてきた人達を水に流して、「騙された人も仕方なかった、みんなで頑張ろう」って思える未来がいいな^0^、と思います。
Unknown (玲玲)
2022-07-30 11:07:33
修復ウイルスの発見はあったら本当に有難いことです。私はメモリーT細胞の研究が進んだ先の治療も注目しています。
今回のウイルスのことで、免疫が上がる、って言葉もなんて曖昧な定義だったのか、まだまだ未知の世界。
米農家さんと話をしていて、とうとう小麦粉より米粉の方が安くなったから、米粉用の加工米を作る指導も来たよ、と聞きました。まだ1人にしか聞いてないので、県の農業研究所の方に聞いてみて、またご報告します。
今年はジュース用トマトを作らなかったので、光合成細菌の葉面散布がだいぶ出来ています。今後どうなるか楽しみです。https://e-engei.easy-myshop.jp/c-fpage?fp=akakin_001

無肥料無農薬の大豆の畑はよくよく聞いたら10年草だらけの畑で、草刈りしかしていなかったらしく、土が柔らかく草抜きも簡単です。慣行の私のサツマイモ畑ではこうはいきません。
耕作放棄地状態の時も草を鎌で切ろうとしたら、根っこにミミズやダンゴムシが沢山いて、そして大きかった。
色々ソフトランディング出来たらいいですが、ディーゼルがどうなるかが少し心配です。
日本で文句だらけ、と感じるのですが、そんなうちに分からないようにソフトランディングしようと政府も動いてくれていると感じます。
ケンタウルス露を降らせ (東北のみじんこ)
2022-07-30 11:57:57
まるぞう様 いつも有難う御座います。
「ケンタウルス露を降らせ」東北の夏祭りが始まります。仙台七夕まつり、七夕の短冊に書く墨をする時、朝露を使う慣わしがあります。諸説ありますが、里芋などの芋の葉にたまる露は、月からこぼれ落ちた神様の水、天水の雫で、その神様からおすそ分けしてもらった天水といわれていました。
朝露は、早朝でないとなくなってしまいます。その朝露のはかない水分をやさしく、たおやかに墨をすることで、自然と謙虚な気持ちになり、書く文字にも優しさが宿るといわれたのかもしれません。また、地方によっては、里芋の露を集めて、それをお供えする風習もあるそうです。また年に一度しか会えない七夕様は、子沢山の縁起物である里芋の葉の雫で墨をすり、七夕様に祈願すればきっと子宝に恵まれる、と考えたのは至極自然な流れのようです。何よりご先祖様への感謝想起を行う大切な儀式・行事。今年は弔う気持ちがとても大切な年です。こうして東北では夏祭りからお盆と8月いっぱいはご先祖様とご一緒する日々です。東北のみじんこ頑張ります。
Unknown (Unknown)
2022-07-30 12:11:48
お返事ありがとうございました。多くの人が助かりますように。
Unknown (Unknown)
2022-07-30 12:32:15
遠藤憲一主演NHKスペシャル
「ドラマ 星影のワルツ」
ですね!

DVDになってるのかな?
Unknown (Unknown)
2022-07-30 12:33:30
まるぞうさん、こんにちは。
いつも貴重な情報提供ありがとうございます。

乳児期はたくさんの大人に触られるほど免疫が付いて丈夫になると言われてましたよね。
今は、無菌状態にされて、かえって抵抗力のない弱い子になるんじゃないかと懸念してます。

また、今は流行り風邪引いただけで大騒ぎですが、人間もし一生風邪一つ引かなければ、その方が不気味ですよね。
一生のうち、何度も風邪引いて免疫付けていくものと思いますが。

今は全てが逆行してますが、その矛盾に大勢が気付かない怖さ。人のいいなりではなく、やはり自分の頭で考えて判断することの大切さを改めて感じます。
Unknown (Unknown)
2022-07-30 13:54:14
みんなマスクしていてうがい、手洗い欠かさず感染予防を最大限気にしているのに何故こんなにも感染者が多いのでしょうか?
いつ、どこで、どんな状況で感染しているのか?
予想外の感染経路でもあるのか?
不思議で仕方ありません
Unknown (みきぷる)
2022-07-30 16:04:29
「鬼滅の刃」は医療漫画の面あるぢゃないかと思ってしまう時あります。
鬼の始祖は平安時代のお医者様の偶然発見(この世に偶然は無い?だったら鬼、も神様の作りたもうた生き物?)による青い彼岸花の成分から生じた生き物である、と。
当時の流行病を基にした鬼化する人物も居ます。
全編にお薬、免疫、抗体、血液、、鬼化も、人間に戻るのも。
無知な私には気づけない沢山の医療的知識が盛り込まれています。

ウイルスは(菌とか)人類の次元アップにも関与しているのですか。
神様の為さる事に無駄は無いと教わりました。
そうだ、私は射手座(ケンタウロス)でした(伊之助が炭治郎のお名前、間違いまくり「ケンタロー!」て呼んでる場面もあった(笑))
ケンタウロス同志、新たなコロ助くんとも仲良くできたら良いです(鬼と仲良く、、と微笑みながら、実は怒りながら炭治郎に話した胡蝶しのぶさん思います。)
Unknown (Unknown)
2022-07-30 16:25:59
まるぞうさん、いつもありがとうございます。
免疫のことは素人すぎて何もわかりませんが、家にある日めくりカレンダーによると、今日は「梅干しの日」らしいですよ!
たまに祖母の家にあったような日めくりカレンダーも良いかと思って使い始めたら、意外な今日は〇〇の日があるなと思いながら過ごしています。
今年、まるぞうさんに影響されて(?)初めて梅干しを漬けてみました。先日三日くらい干したものを食べたら種の周りにフルーティーさが残っていて、美味しいと思いました。
もっと塩がなじんでも美味しいかもしれません。
梅酢も便利なので、まだまだ活用して夏を乗り切りたく思います。
Unknown (何時もありがとうございます☆)
2022-07-30 16:35:35
Covid-19のワクチン論争について、右側・左側の意見の両方を拝見していて私が感じた事です。

《ワクチン慎重派》の中でも憂さ晴らし的ではない方のご意見にはとても多くの根拠となる資料があります。
日本の厚労省の公開資料はもちろん、それこそ世界中の医学界や主流マスメディアのデータが添付されています。
一方で
《ワクチン推進派》の意見や添付される資料?広告?というものは・マナー・〇〇の為に・協調性・ルールといった感情や道徳に訴える内容です。
挙げ句に慎重派に向けて罵詈雑言の口撃で自分達が正常で多数派である事を強調します。
色々な事情で接種してしまった方々全員が推進派では無いことを理解されていない。

多くの人にとっては安全な〘食物〙であってもそれによって命にかかわる〘アナフィラキシー〙を引き起こす体質の人がいる事は万人が承知です。
だから最近は新入社員歓迎会で新人に無理やりお酒を飲ませるなんて野蛮な事は軽蔑視されています。

体内に入れる食物は完全に自由意志であり周りはそれを尊重しますが、治験も臨床データもこれからの新薬を〘マナー〙だからといって従わない者には社会的制裁をと言う人の何処にマナーかあるのでしょうか?
そういった方が推進派には多いです。

戦時の全体的主義的な、そういった方々の背景を考えてみると、日本社会のイジメ問題や家庭内のネグレトなども浮かび上がってきます。
自分の心の声よりも、その場の空気の何処へ身を置き従ったら難を逃れられるか?
親や先生にに良い子と認めて貰えるか。

少し話しは逸れますが植民地支配のProfessionalであるイギリスの歴史を振り返ると、何か奪いたいものを見つけたら先ずそこで分断を引き起こし弱らせたところで支配・収穫していきます。

人が意見を述べ合うのは状況をより良くするためにとても重要な事ですが、必ず存在している見えない巨悪に付け入らせない為に分断はダメです。
思うばかりで力のない私ですが、一人一人がそう思っていることが身近な人達にも伝搬して輪が拡がると信じています。

心の澱を置かせて頂ける場を頂きましてありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。