まるぞう備忘録

無題のドキュメント

明日亡くなるのは自分だ。

2020-09-05 11:07:52 | 防災情報。

 台風10号という巨大な台風が近づいています。九州と四国と中国地方に大きな被害をもたらすであろう。そのように予想されています。

 残念ながらこの台風で亡くなる方もいらっしゃるかもしれません。でもその方は、今の時点では、まさか自分がこの台風で亡くなるとは夢にも思っていないことでしょう。
 未来に起きることは常に白紙です。ですから明日台風の影響で亡くなる方が、今決まっているわけではありません。が、亡くなる可能性が高い方は、おります。



1,ハザードマップで危険地帯に住んでいる方ほど亡くなる可能性が高い。

 豪雨で川が氾濫する場所。土砂災害で家屋が潰される場所。とにかくハザードマップで危険と告知されている地域は、事前に公開されているわけです。
 そしてこの危険地域に住んでいる方は、早めに避難をすること。雨や風が強くなる前に。日が暮れる前に。よろしくお願いいたします。

重ねるハザードマップ
https://disaportal.gsi.go.jp/maps/?ll=35.353216,138.735352&z=5&base=pale&vs=c1j0l0u0

2,決断が遅い人から亡くなる可能性が高い。

 もうちょっとしてから避難しよう。もうちょっとしたら雨が止むかもしれない。もうちょっとしてから風が止むかもしれない。
 そのように「損切り判断」が遅い人ほど、明日の台風か豪雨で亡くなる可能性が高い。私の個人的な心象風景です。



3,自分だけは大丈夫という人から亡くなる可能性が高い。

 ああ、自分は明日の台風で生命を落とすかもしれない。そのように今思えている人は、逆に亡くなる可能性は低くなる。という私の個人的な心象風景であります。

 まさかこの自分が、台風で亡くなるとは。浸水で亡くなるとは。まさか裏山が土砂で崩れるとは(ハザードマップでは危険になっていたけれど)まさか夜中の移動中に自分が流されて亡くなるとは。今まで何百回も近所の川を見にっても大丈夫だったのに、今回この自分が用水路に落ちるとは。
 まさか自分が明日の台風や豪雨でこの人生を終えることになるとは。と微塵も思っていない人よりは、「明日誰かが必ず亡くなる。その亡くなる一人が自分かもしれない」そのように思える人ほど、逆に亡くなりづらい。



寿命は必ず全員に来る。それは仕方がない。

 しかし今回の台風で亡くなる方で、不可抗力の方もいらっしゃるでしょう。
・自分の住んでいる場所は危険だと認識していた。
・早めに避難をしていた。(する予定だった)

 しかし物事のタイミングが悪く、不可抗力で生命を落とすこともあるかもしれません。その場合は本当に仕方がない。人はいずれ亡くなるものであるから。


誰かが必ず亡くなるのであれば。それは自分かも。

 ただ、避けようと思えば避けられた事故。もし明日自分が「避けようと思えば避けられた事故」で亡くなるのであれば。やはり死んだあと悔しい思いをすることでしょう。

 でありますから、
1,ハザードマップを確認しておくこと。
2,損切り判断を早く。早めに避難の判断をすること。
3,自分だけは死なないとは思わない。明日死ぬのが自分かもしれない。

 台風の通り道の地域はもちろんですが、人々がちょっと油断しやすい、離れた地域の豪雨。その豪雨による浸水と土砂災害。
 多くの人がそのような心構えで迎えることで、亡くなる人が少しでも減りますように。
 よろしくお願いいたします。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
自分でやるだけやったので、スッキリしましたし、いい経験になりました。
これも小さな警告と受け止めて、数千円の勉強代と思えたのはここのブログのお蔭です。

→ 購入する前に「この製品サイズ書いてないけれど大丈夫かな」とチラッと思ったわけです。この「チラっと思う」という感覚が「小さな警告を拾う」という感覚です。

もし次回「チラッと思う」ことがあったら、これこれ。これが「小さな警告」だよ。拾うことが出来ますね。
こればかりは、痛い思いの経験の蓄積しかないので。小さな痛い思いのうちに経験できることが幸運であると思います。

==========
備えをして腹を括るしかないです。想像を絶する風の音でしょうね。睡眠導入剤をのんで寝てしまうか、それともしっかり見届けるか、見てた方がいいですね。

→ 私は見ていた方がいいと思います。自然に眠るのであればそれにお任せで。

==========
しかし、事前の準備(天気や電車はアプリで確認する)や時間に余裕を持つ事によりいくつかの不具合は防げたかもしれないと反省しました。やっぱり、焦ると一つ一つの判断が適当になって失敗してしまう事が多いので…。でも、まだ小難で済んだのでよかったとします。

→ 悪いことが続く時は、どちらにしろ何かを支払わなければならないのだから、と思います。実際に不本意な怪我や損害を受ける代わりに、自分で積極的に運を支払う。という仮説です。

せっかく手間をかけて無駄になること。
せっかくお金をかけて無駄になること。

だからたとえば時間に充分余裕を持つことは非常に意味があると思います。あちらに1時間早めについて、時間を無駄にしたということ自体が、自分で代償で支払った。という感覚なのですが。伝わりますでしょうか。
物事が裏目裏目に出始めたら要注意。早めにあちらに着いて無駄にぼおっとしているということに意味がある。

==========
他人の成功や失敗を見て、凄いなかっこいいなと思う一方でで、頭のどこかでネガティブな言葉がふわんと浮かんできます。無視しますが、このイメージって、わたしからなのか、わたし号からなのかそれとも別のところからでしょうか。

→ 私の絵本の世界では。それはわたし号の自我です。生き延びるために。相手が得た分だけ自分の取り分が少なくなる時代の名残りであります。

でもね。それもまた愛おしいわたし号の一つの性質であります。私はそのわたし号の自我の性質を愛おしと認めながら、ハンドルさばきをします。

そのオートバイはそういうエンジンやハンドリングの癖(自我)がある中で、ひっくるめて運転するのが私です。
良い自我も悪い自我も。それがあるからツーリングが面白いのです。(あとXX年のツーリング。)トコトコ。。。

==========
自分がわたし号を操縦していることを忘れずに、わたしとわたし号は別ということを認識しながら、残りの人生をドライブして行こうと思います。
この認識があるのと無いのとでは棘の刺さり方が違いますね。

→ そうなのです。そしてわたし号の肉体と自我が愛おしいというところがポイントなのです。愛車です。良いところも悪いところも自分がこの人生を一緒に旅をしたいと切望したかかがえのない相棒です。わたし号。

==========
この私号からキュキュポンと外れた本来の私は、私号の中に入っていた私と全く同じ人格だと思われますか?

→ 忘れていたことを思い出しただけ。(アバターと同一だという)錯覚が覚めただけ。

それを「人格が変わった」と用語の定義をするか「人格は同じだった」と用語の定義をするかの違いであると思います。

それとは別に、多重人格とは、わたし号の自我が複数存在する症状であると思います。
運転する私は一人。しかしわたし号の自我1自我2自我3。それは別のオートバイのようにエンジンやハンドリングの性格が変わる症状。

私がわたし1号と同一である。いやいやわたし2号と同一である。いやいやわたし19号と同一である。わたし号の自我に呑み込まれている症状の一つであると思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【同行二人ツーリング】 大切... | トップ | 9月6日。Windy台風予想。 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-09-05 11:58:39
九州に住んでいます。今朝、ふと明日は我が身と思いました。スーパーから水やパンが消えていました。普段、何もない時から、コツコツ備えておこうと改めて思いました。今回は特に皆さん警戒して動いてらっしゃる様に思います。
Unknown (Unknown)
2020-09-05 12:06:37
ありがとうございます。しっかり見届けます。
Unknown (Unknown)
2020-09-05 12:06:37
NK国は通常テレビを午後3時から10時までしか放送しないそうですが、今回の台風情報を31時間連続で流していると聞きました。あの国でそこまでやるとは、想像以上に大きな被害が出ると判断したからかなと思いました。そしてさっき見たニュースでは既に数十人の犠牲者がでており、その地域の責任者達が厳重な処罰を受けたそうです。もう生きていないかもしれません。恐ろしい国です。昨日虎八を見ていたら、日本の気象庁は台風情報を直前まで公表しないと聞きました。なので早めに情報を得たい人達は海外の気象情報をチェックするそうです。世界中の気象情報が見れるそうです。気象庁は何の為にそうしてるんだろう?早めに知らせて早めに備えるのが一番いいと思うんですけれど。疑問です。
Unknown (Unknown)
2020-09-05 13:37:21
自然災害を考えると、日本にいる限り地震は避けられないから遭う時はもう仕方ないとして、土砂災害とか河川の氾濫、洪水や津波を考えると、人が住めるところってかなり限定されているんじゃないかとおもいます。どんなに手を尽くしてもよく考えても、死ぬときは死ぬんだろうけれど‥。この先日本の人口が減少し続けて、人が住む為の土地が今ほど必要では無くなっていくと、わざわざ危険の多いところに住まなくても良くなっていくので、災害の被災者は減っていくのかなと思いました。昔は人里と野山の動物達の間にはもっと距離があって、人の手が入っている里の隣の山は里山、その奥の動物達の住処である手付かずの山を奥山といったと、何かで聞いたことがあります。里山が人間と動物の間の緩衝地帯だった、みたいな。違ってたらすみません。人間と自然の関係は、本当はそれくらい距離を保っていた方がお互い安全に暮らしていけるのかもしれないですね。とはいえそれは数十何先の話なので、今は何とか少しでも被害が小さくて済むようにしたいです。
心の外に自分を置いている自覚がないのですよね。 (Unknown)
2020-09-05 16:34:37
もしも心の中に自分が入ったままきんとバランスの循環ができるなら、、自分の存在が大いなる一つの存在(まるっと全体)の一部分である自覚から人生と生活の指針としています。それゆえに天災や災害とは他人事ではないのですよ。すべては自分の中で起きている真実をそのまま受け取ることが出来るのか?

いつまでも他人事の心の外に自分を見捨てた我良しの態度のままなのか?を今の台風で振るい分けています。
Unknown (うさぎのロン)
2020-09-05 16:47:22
記事と返信をありがとうございます。
台風10号、全く恐ろしいです。 家が飛ぶ程の風力とは凄まじいです。注意喚起ありがとうございます。 こんな強い台風がきたら、かなりの被害を受けると考えています。 台風9号が抜けていったばかりなのに、九州、沖縄地方への皆様には、キツイ試練だと思わず自然相手に恨み節になりそうです。

「わたし号から出たわたし」についてのお考えありがとうございました。 「思い出した、わたし」という存在は、過去も現在も未来も同時に存在し、その輪廻転生の軌跡の意味と魂の進化を理解できる存在だったと思い出した、と考えたので、視野を限定させて器の中にいた私=1つのアバターであり、本来の私とは別人格という認識なのではと思った次第です。(実際、私が遊ぶゲーム内の私のアバターは、限られた設定の中で、数年の月日を経て、私にある1部分が強調された別人格に成長しているような気がします。少なくともゲーム仲間の反応を見ると)

今月は、災害続きで気が休まることがなさそうですが、まるぞうさんの記事はいつも面白いと思っています。
これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

防災情報。」カテゴリの最新記事