goo

「官邸ちゃんねる」22。苦境の安倍政権日中関係の回復へ。と伝えて。


回復した支持率

 内閣改造直後の世論調査では、40%代に回復したと報じられています。田原総一朗氏は直前に日経ビジネス「目玉なき内閣改造、支持率は上がらない」では、支持率は上がることはないだろうと断言しておりました。しかし実際は一気に約8%も上昇するという、近年の内閣改造後の変化では最大とも言える復帰でありました。

==========
内閣支持率44%に上昇 不支持43%で拮抗
・・・
 安倍晋三首相は二〇一二年十二月の第二次安倍内閣発足以降、今回を含めて組閣や内閣改造を計五回(最初の組閣を除く)行っている。それぞれの直後に共同通信社が行った世論調査で、内閣支持率が前回調査比でどう変化したか見たところ、8・6ポイント増となった今回が最も上昇幅が大きかった。
 これまで上昇幅が最も大きかったのは、衆院選で圧勝した後に発足した一四年十二月の第三次安倍内閣で、6・6ポイント増。ほか三回のうち二回は5ポイント台の増で、残り一回は0・1ポイント下落していた。今回、一定の効果があった形だ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201708/CK2017080502000137.html
==========

 上記の東京新聞の記事によると、内閣改造をしても支持率が上がるとは限らず、下がる場合もあると述べています。このことも踏まえ、田原氏は「支持率は上がらない」という願望を記事にしたのであろうと思います。

 田原氏は「目新しい人事はなかったので、支持率は回復しないだろう」という主張でした。しかし実際は支持率は大幅に上がったことから、
・(田原氏の思惑からはずれて)野田・河野人事は多くの国民にとって目新しい人事だった
あるいは
・(田原氏の願望むなしく)マスコミのアベ叩きに、国民が漠然と辟易し始めていた
ということがあるのかもしれません。



青木率から安倍政権を見てみる

 さて青木率という用語をご存知でしょうか。内閣の支持率と与党第一党の支持率の合計のことです。今の政権では安倍内閣の支持率と自民党の支持率の合計ですね。

 この青木率ですが、60を切ると回復は困難になりジリ貧を続けることとなり50を切って退陣になる運命を辿ります。



 安倍内閣の支持率が最も低かった時、この青木率は65でした。ですから危険水域の60までは下がっていませんでしたが、余力がある状態ではありませんでした。
 しかし今回の内閣改造で現時点で青木率は80を超えています。とりあえず一息ついた感じです。毒饅頭を食べた効果はありますね。





マスコミの本音

 昨日の報道ステーションでの井上達夫氏のコメントがマスコミの本音を代弁しているようです。

「しかしこのまま支持率回復にいってしまったら、何のための都議会選挙、その後の支持率急落のお灸だったのか。」





習近平に伝えて。。。

 安倍政権の今後の動きですが、憲法改正や防衛大綱見直し(敵基地攻撃基準の設定)という本丸はちゃくちゃくとこなしながら、表面は中国との友好を回復するという動きを見せることでしょう。せっかくの毒饅頭ですから最大限に活用するべきと思います。

 まずはお金の掛からない範囲で、中国の一帯一路に参加することを検討するとか、出資しない範囲でAIIB参加する(あるいはADBとAIIBを密に連携させる)などの動きを発表するかもしれません。

 「安倍晋三が頼りにしているトランプの政権はもう失墜寸前であること。政権の支持率が復活しきらず、マスコミからは叩かれ続けていること。そして北朝鮮からのミサイルの技術の進歩に日本政府としては打つ手がないことから、安倍晋三の政権は急速に弱気になってきている。
 この状態では中国と敵対関係を続けているのは、政権の危機に繋がらうと判断し、中国との関係改善に舵を切ることにしたようだ」

 そのような報告書が、習近平に届くことを期待したいです。人間とは自分が苦しいときは、ライバルも苦しいはずだと思い込みたい心理的バイアスがかかります。



ロシアが鍵を握っている

 北朝鮮ミサイルのキーマンは今やロシアに移りつつあります。プーチンの立場になればすぐわかります。北朝鮮がアメリカに届く核弾道ミサイルを保有した時、誰が一番得するのか。
 今や中国政府が北朝鮮を見限ろうとしているため、石油などのエネルギーはロシアに頼らざるを得なくなります。またなぜICBMのような高度な技術を、北朝鮮が短期間に開発できたのか。という理由でもあります。

 プーチン氏はアメリカ軍産勢力を信用していません。彼らと交渉するためのカードが北朝鮮のICBMなのでしょう。もしロシアへの圧力を強め続けるなら、北朝鮮が暴走しちゃうかもよ〜。って。


==========
安保理で北朝鮮制裁決議案採決へ 中国、ほぼ了承

 安保理は北朝鮮の2度にわたるICBMの発射を受けて、アメリカと中国が中心となり、新たな決議に向けた調整を進めてきました。安保理外交筋によりますと、アメリカが作成した決議案について、中国側がおおむね了承したということです。
・・・
一方、ロシアのネベンジャ国連大使は「アメリカと中国が合意しても、安保理全体で合意したわけではない」と牽制(けんせい)していて、決議案の行方は中国がロシアを説得できるかどうかにかかっています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000106966.html
==========
北朝鮮情勢にプーチンが参戦した「本当の狙い」

北朝鮮外務省の米国担当次官が4月30日、平壌で駐朝ロシア大使と会談した。NHKによれば、外務次官が「米国の脅威から国を守るために核抑止力を強化する」と述べたのに対して、ロシア側は「理解を示した」という
・・・
つまり、北朝鮮側は「いざとなったらロシアが原油を供給してくれないか」という思惑でロシア側と会談した可能性が強い。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51647
==========



首相官邸へのご意見
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

総務省へのご意見
https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html

安倍首相のFacebook
https://www.facebook.com/abeshinzo
(Facebookの仕組み上、コメント投稿時は投稿者の名前も公開されます)

自民党への安倍首相応援コメント
https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.247766276.2038314964.1501028960-2110744341.1501028960


 ありがとうございます。





下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )
« 「官邸ちゃん... 「官邸ちゃん... »
 
コメント
 
 
 
特権というのか (Unknown)
2017-08-05 13:05:55
新総務大臣の旦那が韓国人で逮捕歴があることをテレビ新聞メディアは叩かないでしょうから、これもメディア対策なのかな?

https://samurai20.jp/2017/08/third-time/
 
 
 
Unknown (む〇)
2017-08-05 13:23:31
昨日のeveryに引き続き、総理が今朝のウェークアップにご出演されましたね!良かったです!
まるぞうさんのアイデアをお聞きになったようだわ!、と興奮して観ていました。相手のおかしな(?)質問にも引っかからずに淡々と答え、「事実」を淡々とお話しされていらっしゃいました。
これを見て、誤解が解けた方もいるのではと思いました。

切り取りされない生放送。”ワイドショー世論”な皆さま向けにとても良かったです。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-05 14:29:01
昨夜は安倍晴明のテレビやってました。まだまだご先祖様の後押しは続きますね。台風接近で気分が悪くなりそうです、頑丈な家にすみたい。
 
 
 
彩雲 (Unknown)
2017-08-05 16:42:00
横浜市内の西の空へ二箇所に出てます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-05 17:08:46
朝日新聞の川柳欄に「加計森友 人工知能に聞いてみる」が秀逸で掲載されていました。
これは是非聞いてみたいですね。
 
 
 
Unknown (オッジ)
2017-08-05 17:21:45
まるぞうさん いつもありがとうございます。

私も以前からずっとロシアが鍵を握っていると思っています。
ロシアが余計な事をしなければ、物事はうまく行くと思います。
余計な事をしないように祈るばかりです。
これからも注視していかないといけませんね。
 
 
 
まるぞうさんはどう思われます? (Unknown)
2017-08-05 18:14:01
細野豪志さん
京都府綾部市の生まれ
出口ナオの出身地?
今朝の総理がご出演された番組にでていた、中央大の野村修也教授が民◯党はいろんな考えのある方が多いと話してました。
近江八幡近くのご出身の細野豪志さんをどうみますか?
 
 
 
Unknown (うさぎのロン)
2017-08-05 18:43:14
中国っていう国は、例えば日本が改憲をして見せて、はじめて警戒しながら仲良く出来る国のように思えます。トランプさんが、当てにならないから中国さんと仲良くしたいとか、通じない気がするけどね。けれでも、米国は韓国を損切りしていると言われていますが、(在韓米軍も撤退させたいようだし)一体 朝鮮半島をどうしたいのでしょうか?
とにかく、モリカケ問題で外交安全問題が遅れましたね。私達にとって、大きなロスだったと思います。
 
 
 
まるぞうさん、今日もありがとうございます。 (Unknown)
2017-08-05 22:21:54
私も昨夜、安倍晴明に関してのテレビを見ました。関西のNHKです。(この局の歴史ものはなんか古代のルーツが半島だ~とか何かからめてくる感じがして今は見なくなったんですが)
陰陽師の安倍晴明、得意技というか式神を使うのですね。そして鬼退治には同じく鬼を使う、鬼には鬼をもって制す、みたいな。
まさに現在の清明さまの内閣かと思いました。今までも裏で反日国と通じそうな人たちを傍に置いて監視しながら上手く使うのもありますね。

内にいたら獅子身中の虫のような人を鬼退治(いや失礼!)というか反日国との外交の表面で上手く使うのは現在の使い方かと。
もしそうなら、やはり策士だなあと思ってしまいます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-05 22:51:45
だんだんマスコミのやり過ぎ偏向がバレてきましたよ。

http://netgeek.biz/archives/100508
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-05 23:28:18
こんなのもございました。
スポンサー降りる企業も。
http://netgeek.biz/archives/100610
 
 
 
桜井さんの言論テレビ (はらっち)
2017-08-06 00:12:49
まるぞうさん、いつもありがとうございます。自分に何ができるのだろうかと最近は24時間考えてしまいます。
しかし、まずは良質でタイムリーな情報を常に仕入れ、ともに前向きに考えれるような場を複数持つことだと感じ、以前こちらでご紹介されてました桜井よしこさんの言論テレビに会員登録しました。1年で申し込みました。

さっそく青山さんや加戸さん、原さんの動画を順番に見ております。とてもわかりやすく納得できます。少しでも自分も詳細を理解して、周りの方に機会があれば説明できるようになりたいと思っております。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-06 03:50:55
消費税増税らしいですね。それに企業だけに賃上げ指導しても仕方ないですよね。年金もあがらず、賃金もあがらずで庶民の生活は生活が苦しくなる一方です。
 
 
 
Unknown (ないすでい)
2017-08-06 06:24:41
今年、2月に私の叔父が他界し、葬儀に参列しました。その時、弔電が次々に読み上げられたのですが、ずっと、弔電の送り主の名前を聞いていますと、全部聞き覚えがある名前ばかりでした。その名前とは、うちの親戚の名前ではなく、今回の改造前の内閣閣僚のメンバーのほとんどからでした。他界した叔父は、とても良い人でしたが、離島の1島民であり、就労時代は、離島の住民の定期船の1船員でした。1日、往復合計5便しか船は出ません。新聞は、今も従って、昼便の 船で運んでいま
す。他界した叔父の働いていた船の経営者も叔父の親戚でありました。その親戚がしゅじゅほうしょうを頂いて、皇室に呼ばれたことはありましたが、今回他界叔父に前回内閣閣僚ほとんどから、弔電がきて、全て読み上げ られる、、、。叔父は、そんなに有名人だったのか?いや、叔父は善人ではあった。あったが、内閣閣僚ほとんどから弔電を賜る活躍したとは、考えにくく。えっ?この葬儀に参列している叔父の親戚関係者が、内閣閣僚と、どこかで繋がっているのか?と。叔父の葬儀であるのに、頭がそんなことを思ったのでした。因みに、私の兄弟は、葬儀に参列できなかったため、弔電も打っておりましたが、内閣閣僚の方々の弔電内容を読み上げていたら、時間がなく、ただの親戚のはしっこの私の兄弟の弔電は、名前の読み上げだけ、さらっとでした。勿論、内閣閣僚のご本人ではなく、秘書の方々が、手抜きなく、こまめに他界した叔父にまで、弔電を送っていた訳でして。まあ、そんなこんなで、前回の内閣閣僚の方々に、急に私は、関心がわいてしまいました。まるぞうさんの備忘録の拝読しながら、私なりに、いろいろ、思ったりもしました。なんやかや、と、叔父の葬儀の時、何回も繰り返し名前が読み上げられていたのは、あの女性防衛大臣でした。なので、世の中があの女性防衛大臣の件で、騒いでいた時は、余計に聞き言って情報を見ていました。今日は、まるぞうさんの備忘録並に長くなりましたが、多分、また、私の母方の親戚関係者の葬儀や結婚式などがあったら、内閣閣僚の方々から、電報が沢山届くことでしょう。まあ、私も総理のいとこさんと、たまたま、昔、勉学仲間として出会ったりしましたから、まるぞうさんの備忘録を拝読しながら、起きていることを見ていきたいと思います。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-06 07:22:13
メディアがやっている「支持率調査」って、自分達の洗脳がどれだけ効いているかを調査するためでもあるそうです。またネットでは「安倍夫妻逮捕」「安倍総理逮捕」などという産経新聞のPDF写真を合成して作った偽号外が出回って騒いでいましけど、反日外国勢力は石平氏によると、昔から勝手に自滅ではなく"周りを巻き込んで自滅"して行くのだそうです。もしかしたら北のミサイル、日本でのマスコミ問題も昔からの自滅の道をたどっている姿が現れて来ているののかもですね。日本も含め周辺国には迷惑な事です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-06 17:56:01
AIにフェイクニュースか聞いてみる

朝日新聞ではボツになるでしょう。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-08-07 20:12:17
モナ王氏は露との関係が深いそうですね。

次の新党立ち上げにも、そっちから資金注入があるんじゃないか、と某情報サイトで見たことがあります。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。