まるぞう備忘録

無題のドキュメント

まるし力学2。上書きされる過去。

2022-08-14 09:15:12 | 陰と陽の理論


 今日は、未来だけじゃなく、過去も上書きできる。という「まるし力学」の考察です。



一度決定した事実もまた、その多くは不定に戻っていく。

 私達のいる宇宙は、無数のシュレディンガーの箱が広がっている大海のようなものです。その箱の中身は、ゼロなのかイチなのか。その両方が同時に存在していて、箱が開かれるまで決定していません。

 達が毎日生きているということは、常に新しい箱の蓋を開け続けるということです。
 仕事場での出会い、同僚やお客さんとのコミュニケーション。家族との会話。悩み。喜び。テレビやネットの話題。ニュース。毎日たくさんの箱を開けて、ゼロなのかイチなのかを決定していく(認識していく)。それが毎日生きているということです。

 しかし蓋が開いている箱の数はそれぞれの人ごとに決まっていて、たくさん開けた分、また同時に閉じられる箱もあるということです。

 自分が覚えていること。他人が覚えていること。現実世界に記録が残っていること。の蓋は開いたままが維持されます。が、
 自分が忘れちゃったこと、そして他人も忘れたこと、そして現実世界の記録も残っていないところから、開いた蓋は閉じられます。

 一度はゼロかイチか決まったことでありますが、多くの場合、しばらくするとまた蓋が閉まり「ゼロとイチが同時にある」状態に戻ります。



人が観ている範囲は限られている。一度開いた蓋も再び閉まっていく世界

 それは宇宙の壮大な縞模様の世界に似ています。縞模様とは「ゼロとイチが同時にある状態」です。
 人の視線があたるところは、ゼロイチが決定されるので、縞模様は消えます。粒子のゼロイチ決定されるからです。
 でも人の視線があたる範囲は決まっています。だから新しくゼロイチが決まった範囲が増えれば、再びゼロイチが決まらないところに戻る範囲も出てくるわけです。



新しく創り直される過去もたくさんある。

 私達が一度忘れた過去を再び思い出す時「あれ〜、そうだったっけかあ」と新しい発見があることがよくあります。
 これは、一度「ゼロイチが決定した」過去でありましたが、記憶から薄れた時点で再び「ゼロイチ不定」に戻り、また再度新たに「ゼロイチ決定」したということです。

 私達が思い込んでいた過去の事実と思っていたことは、実は180度違っていた。思い違いだった。ということはよくあります。
 これは、過去が新しく創り直されたということの一つの事象です。



歴史もまた時代と共に創り直される。

 個人の記憶だけではありません。
 歴史的な事実についても、新しく発見された、学説がひっくり返った。ということはあります。これもまた過去というシュレディンガーの箱が新たに開けられて、新しくゼロやイチが決定された。まるし力学ではそう考えます。



A:従来の物理学
箱の中の猫は生きているか死んでいるか。それはすでに箱の中で決定されている。ただ観測者が蓋を開けるまで知らないだけ。

B:量子力学
箱の中の猫は生きている状態と死んでいる状態が同時に存在している。観測者が蓋を開ける時にそれが決まる。

C:まるし力学
量子力学を更に進めて、蓋を閉じると再び「ゼロとイチが同時に存在する(不定)」に戻る。


 AとBとCってそんな屁理屈こねくり回してどういう意味があるの?
 はい。あります。
 それはどういう世界に私達が生きているのか。という世界観なのです。多分つづく。



よくある質問

Q、過去を上書きするって、それは単純に思い出を美化するとかそういうことでしょ。記憶を都合のいいように解釈変えるってことでしょ。本当にあった事実が変わるとかじゃないよね。

A、もちろん記憶の解釈や上書きも含まれますが、事実も変わる。というのがまるし力学です。
でも私達にはそれは「歴史を変える大発見が起きた」と映ります。もともと正しい過去を見つけていなかったのに、研究が進んで新しい過去が見つかっただけで、事実が変わったわけじゃない。と私達には映ります。

しかし本当は事実は変わったのです。未来も上書きできるし、過去も上書きされている。だって過去と未来はこの現在に同時に存在しているから。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
職場では2回目までは圧力もあってみんな打ちましたが
3回目以降は打たないよーと公言する人も多数います。
今休んでる人は3回めまで打った人ばっかりです。
うちら夫婦は枠2回その後夫婦で感染。
その後さらにかみさん帯状疱疹。
夫婦とも後遺症と思われる頭痛と倦怠感が残っています。
これがなかなか理解されないんですよ。
失礼いたします。

→ コメントありがとうございます。免疫が戻るのは時間がかかるかもしれませんが、必ず戻ると私は信じています。
身体の免疫に良い生活習慣が身につくのであれば、長い目では塞翁が馬かもしれません。

==========
そう思えば、今の政策を見ていても「まだまだ大丈夫」と私は思えます。

→大丈夫な未来とダメな未来。どちらも自分の意志で選ぶということ。
そして大丈夫と思う人は、大丈夫な未来を自分で描いている。
ダメな未来=誰かのせいでダメになっている。と思いたい人もいる。それは理解します。もし過去も(未来と同じように)上書きして自分の意志のとおり上描き出来ることを知れば、また人生の風景が変わるでしょう。

===========
あの子を苦しめてしまいました。ごめんなさい。痛かったでしょう。苦しかったでしょう。ごめんなさい。

→ 私たち夫婦があなたとご主人と同じ立場なら、同じ選択をしたと思います。
そしてもし私があなたのお子様であったなら、お母様とお父様の選択は、当時の状況では最善だったと受け入れると思います。お盆の時期だからこそ。それを伝えたいと思うと思います。

==========
自分で散々に考察(科学?)して、こっちが正しい道だと見て踏み込んでも、周り全部が逆へ行ってしまうと、皆が戻って来るまで耐えないといけない。

→ 私は理系の開発職でした。そこで学んだことは「常識を疑うことが成功」という世界だったということです。
ただし単なるアマノジャクだとダメで、きちんと実験データや理論の裏付けがあって、それでなおかつ「人が思いつかないこと」が成功の鍵でした。

人と同じことをするというのは、判断のコストを下げる効果があります。(自分が努力してデータを集めて検証する手間工数をコストと表現します)

今までは自分で判断せずに、周囲の判断に乗っかる方が、生きるコストがかからなくてお得でした。でも今は、自分で考える嗅覚がある人が、ちゃんと生き残る力があるかが試されているような。そんな空想小説の世界を思い出します。

==========
オミクロンBA5、BA2.75は暫くは油断出来ません。数々の新しい医学文献から、双方は競合する感染力と重症率である事を想定し、警戒しながら、状況を見ています。個人的に、ワクチンには初めから懐疑的で悩みつつ、かといって「コロナは単なる風邪」といった見解には違和感を感じるので、出来るだけ色々な文献や意見を見聞する事をずっと続けています。 このオミクロン株になってからの変異は、不気味に感じます。

→ 不能のなった免疫を回復させる大自然のショック療法だった。という未来になるといいなと願っております。

==========
LANCETのワクチンに関する論文
結果:ワクチンの有効性が7が月以上で低下する結論:だから3回目のブースターを打ちましょう。

イベルメクチン
結果:解析においてイベルメクチンは有効であった
結論:まだ検討の余地があるので推奨されない

→ 本当に一人ひとりが試されている試験問題だと思います。
少なくとも(素人ではない)医療関係者や研究者が、きちんとトリックを見抜けるか。

私は理系のはしくれとして、トリックを見抜けない凡蔵眼の専門家の人たちは残念だと思います。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2022-08-14 11:05:37
昨日の記事は、「正しい」と「間違い」に分けられていて、あ~、また自分の正しさを主張する記事かしらん~、と流していたのですが。

A.B.C. とわけられると、へー、そういう意味もあったのですかあ、と思いました。

ところで、因果については従来の物理学の重力に逆らえない面があるのではないでしょうか。
だって、これをまるし力学で考察すると、「やったもん勝ち」が出現してしまいますもん。

量子力学もそうですが、やはり、因果を上回る善行がある人にしか使えないのでは?という気持ちが残ります☆

未来の科学の教科書には、人の想念という磁気について、も書かれるのかも、なんて思います。科学の教科書に「因果率」との関係まで書かれるようになった時にはすごいですね。
あ、科学ではなくて、物理学の教科書になるのかもしれないですけど☆
Unknown (Unknown)
2022-08-14 11:29:02
まるぞうさん、長尾先生のブログ8月8日に下記の動画があり見ました。やはりそんなことが起こっていたのかと思いましたが、このように真実を追求されている方もいてくださることにも驚きました。
【日本語字幕】元WHOコンサルタントがイベルメクチンの削除の謎を暴露 FORMER W.H.O. CONSULTANT EXPOSES TAKEDOWN OF IVERMECTIN
Unknown (Unknown)
2022-08-14 11:47:04
そういうことはしばしば感じます。ん?おかしいな、そんなんじゃなかったと思ったが、、、まあいいか。ということはよくあります。結構記憶は良いのですが、自分の勘違いか?いや、おかしいな、、、という時は、また過去が再度固定されたのかな、という実感はよく分かり、頷けます。
しかし、某新聞社がでっち上げた過去の日本の悪事や近隣諸国が日本の領土を不法占拠している根拠が、過去の事実として捻じ曲がって決まってしまう、ということに繋がりますね。声をデカくして大騒ぎしたことによって、大勢の視線によって過去の事実として固定化されてしまう。日本を守ろうと、じーっと見つめる視線が必要です。
梅干し (unknown)
2022-08-14 11:53:14
昔ながらの塩分濃度の高い梅干しが苦手の方に。梅干しからもいい出汁が出ます。梅干しをお椀に入れて熱湯を注ぎ好みで刻みネギとか醤油を垂らしとろろ昆布を入れて梅干しをほぐしながら食べます。またhttps://www.youtube.com/watch?v=qbwK7fS7bFo
梅干しを入れて作るこのスープも美味しいですよ。予熱調理の点も気に入っています。
Unknown (さーむ)
2022-08-14 13:24:27
とても興味深い記事をありがとうございます。
私は子供の頃に犯してしまった罪についてずっと悩んでおります。その罪については誰にも明かしたことがなく、償ってもいないまま現在に至っております。
過去に犯してしまった罪についても上書きが可能になりますでしょうか?
Unknown (薫兄者)
2022-08-14 18:14:15
一度蓋を閉めた棺を開けてみたら、中に埋葬されていた故人が突然起き上がってきた‼️

キャ―!!!

ゾンビだ!吸血鬼だ!スティ―ヴン・キングだあ!

…ていうのは冗談ですが、そう受け取ってしまう人もいるでしょうね。

私は基本、理屈ばかりを捏ねたがる奴は嫌いなので(笑)こういうことは「直感」で捉えることにしてます。屁理屈のドツボに嵌まりたくはない。

この世の事象はすべからく相対的なもの。その考えを拡げていけば、なるほどそういうこともあるでしょうな。
バフっと捉えて腹に落とせばそれでよし。

まっ、まだ腹に落ちきってはいませんが(笑)
Unknown (阿蘇さん)
2022-08-14 19:13:45
こんばんは 暑いですね~! 上書きしたい過去を考えながら、天草倉岳辺りをバイクで走っていたら、タイムトンネル(鯛夢トンネル)がありました。 かなり痛い人生を歩んでおりますので 迷わすトンネルをくぐり抜けました。 そこにはのどかな海辺がありました~☺️過去には行けなかったから ぼーっとして温泉入って帰りました。
Unknown (みきぷる)
2022-08-14 20:07:19
過去と未来はこの現実に同居している。。

今年12月に野村萬斎さんの「能 狂言 鬼滅の刃」舞台に、お友達と行きます(彼女は学生時代に、お能を習ってはったそうです)

少しの未来の舞台は既に現在の何処かに存在している? 
え~、東京では既に終演(過去)。
大阪のはお稽古中、、(フラクタルな?未来)。
  あはあは、そういう話しぢゃないですネ。
Unknown (Unknown)
2022-08-14 20:23:31
まるぞうさん、暖かい言葉ありがとうございました。本当に救われました。

年月がたって記憶も薄れてきたので、思い出して欲しかったのかもしれません。お陰様で色んな事を思い出しました。悲しい、辛い思い出も沢山ありますが、次男が産まれて来てくれた喜びや愛しいと思いながら過ごした日々。そして次男が私達を愛してくれた事実…

思い出す事も供養ですね。
Unknown (すずしろ)
2022-08-14 21:34:21
〉理系のはしくれとして、トリックを見抜けない凡蔵眼の専門家の人たちは残念だと思います。

これは分断を起こしかねません。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/9b72161220403c9b8abb2078ea0b40cf6987b962
オーストリア国内は、新型コロナ対策の行動規制をめぐり割れている。特に、政府が義務化を発表し、後に取り下げたワクチン接種に関する対立は大きい。
反ワクチン派の標的とされた医師が自殺 オーストリア 2022.8.9

すでに医療関係者の中でも分断は起きています。

日本の感染の全生データを厚労省が握っている事は、医療関係者側にはどうしようもない。そしてワクチンや薬の承認も厚労省が握っているのです。

そこらへんは早くからオカシイと疑問符がついたし、学会もおかしいと思いました。首根っこがおかしいと。

次に、厚労省の発表する、もしかしておかしい生データの他、自分で論文を探すか、周囲3メートルの事象で自分で見聞きしたことか、今までの基礎知識と、基礎科学者が言う事、ネットでは潰されるから意外にネットでない紙媒体(本)、後は直感しかない訳です。それにしても厚労省と委員会が出すデータで先を読む鹿先生は天才でした。(もうコロナ卒業されたようですが。)

このブログでも度々コメントされてた方のように、一次論文は医学界の立つ土壌、共通言語なのです。誰か専門家を説得する場合、自分オリジナルのデータか、誰かの論文を提示するのが、正しいし、それが理屈、理論的思考であったのです。むしろ、誰かの意見とか動画だけでは説得は難しい。

ところが、自分で論文を探そうにも、ワクチンに対するネガティブデータが出てこないので、権威ある医学雑誌、LANCETやNEJM果てはNature(Scienceも?)まで、査読の段階でおかしいのではないか?と思い始めました。最初に中国から、自分達が死にそうな中であれだけ論文出せたことは、もう用意してあったの?と思ったり。しかし、証拠は掴みようがない。証拠がないから、誰かに言えば、非科学的と罵倒されるだけ。

あのLANCETの論文のように、雑誌に出た論文は多少とも検討出来るが、潰された論文は闇の中、検討のしようもありません。

今回、その医学論文の世界まで手が回っているのかという疑問が、告発動画によって裏付けられたと私は思いました。(そのような事をBMJの編集者が書いていた事は前に述べました。)首根っこどころでなく、頭に手が回っていたのか!と思いました。
 しかし、これは医学界においてはビルに飛行機が突っ込むと同じくらいの陰謀論と思います。信じる人は少数でしょう。

イベルメクチンに関する告発動画であった通り、結局論文は取り下げられたのですから、もう見ることはできないし、告発動画も削除される危険があり、見ることが出来たのは奇跡でした。

これは戦時下なのだと思います。アメリカの選挙、ウクライナ、食糧危機、電力危機と同様に、表に出ている事と裏で起きていることは違う。

厚労省が出している新型コロナ感染症の手引き第8版の治療薬の中にかろうじてイベルメクチンが残っていると聞き、確認できました。厚労省の中の人はワクチン打ってないという噂もありますし、最後の最後の良心かも知れないです。

私も自分の良心に従い、言える範囲で自分の意見は伝えるようにしています。成功はあまりないですが。
政治と宗教とワクチンの話はタブーと言うことは、根っこは一緒なのかも知れません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。