まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【加齢対策】 一日数回血流を上げてみる。

2021-04-21 09:23:20 | 今日のひとり言

防災カレンダー
横浜市から富士山方向(西方向)立つ雲
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/04/20/210013#15




そろそろ高血圧のお年頃?

 ヨメが健康診断結果が来たよ。といいます。高血圧になったと言います。
 彼女はもうずっと低血圧体質であったはずが、今年の健康診断で初めて高血圧と診断されたということです。

 積極的な減塩生活ではないものの、塩分の摂取しすぎ(1日7g以上)は考えられません。水分もきちんと摂っているようですし。そもそも高血圧体質でもなかったし。
 そろそろやはりあれですな。加齢による高血圧の時期に入ったのでしょう。



1日数回血管を大切にしてみる。

 加齢と共に血圧が上がる大きな原因の一つとされるのが、血管がだんだん硬くなっていくということです。
 そしてその血管硬化に有効なのがNO(一酸化窒素)と言われています。血管内に発生するNOを増やすと、血管が柔らかくなります。

 加齢とは自然と血管が硬くなるということですから、若い時とは異なり、その分は意識的に身体をいたわって上げる必要がある。お預かりした身体を大切に使う義務が私達にはあります。

 身体をいたわるというのは、適度な運動をするということでもあります。一日のうち意識的に時間を割いて、身体に愛情こめた運動をする機会を作るということです。



血流をあげる運動が血管を柔らかくする。

 NOは血流を加速させることで増産されると言います。数年前のガッテンでは、タオルをぎゅっと絞るように握るという運動が効果ありと言われていました。
 とにかくギュッと筋肉に力を入れて、緩める。という刺激が、血流をアップしてNOを増産させるようです。

 私は毎日懸垂はかかさず行うようにしているのも、この血管を柔らかくするためです。腹筋懸垂を行うと息がはあはあ心臓がバクバクっと上がります。これで身体の血流があがってんなあ。しめしめ。という感じです。


 在宅ワークを機に我が家に懸垂棒を設置しましたが、ヨメにももう少し頻度高くぶら下がってもらうことにしてみようと思います。

 昨年は10秒もぶら下がっていられなかったのですが、今では30秒ほどは出来るようになりました。数日に1回でもこの効果ですから、きちんと1日数回ぶら下がって血流を上げる習慣をつけると、血管の老化のスピードはもっと遅く出来るのじゃないかなあと思います。



 みなさまももし「血流アップ」を試される場合は、無理しない範囲から行って頂きたいと思います。
 懸垂棒にぶら下がらなくても、手軽に血流アップする運動はいろいろあります。要は1日数回、御自分の血管をおもんぱかることだと思います。

参考サイト:血管を柔らかくする物質NOって何?
https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/188.html




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
イベルメクチンを使う病院もあるのですね。では、夫がお世話になった病院でも使えるようになったか?と思い、今、確認電話をしてみました。
医事課に回され、結果は「使っていない」、理由も「わからない」のみでした。保険適用の薬しか使わない方針なのか聞いても「わかりません」でした。夫の入院中、私が医師に直接尋ねたときも、「使いません」以外の言葉は聞けませんでしたが、そこから何も変わってないとわかりました。

→ 厚生省や地域の医療相談所に相談してみるのはいかがでしょうか。

「2月17日の国会衆院予算委員会で田村厚労大臣が『イベルメクチン適用外使用では今も使える。医療機関で飲んで自宅待機の使い方もある』と答弁されましたが、自分が住んでいる地域では、どの医療機関ならば適用外でイベルメクチンを入手することが出来ますか」というように。

厚生労働省「健康や医療相談の情報」
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html

厚生労働省による電話相談について
今般の新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しています。
厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

都道府県・保健所等の電話相談について
各都道府県が公表している、新型コロナウイルスに関するお知らせや保健所等による電話相談窓口のページをまとめました。リンク先にて、随時情報が更新されています。事前にご確認ください。
https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

==========
海外の方では後遺症の情報もコロナ変異株の情報も多く、オープンチャットで共有し正しい情報か皆で見極めながら会話するのはとても助かっています。後遺症が食べ物により左右される事も海外では言われていて主にヒスタミンが関係しているようで、それはワクチン接種時の食事にも重要だと思っています。

→ 情報ありがとうございます。なんかとても重要な情報のような気がいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« 続・ワクチンを打つリスク。... | トップ | 騙された方が悪いルール。 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1年超の経過 (Unknown)
2021-04-21 10:28:04
私は、一昨年新型コロナそっくりの、日に日に悪化していく「風邪」に罹ったものです。
味覚異常とはありませんが、とにかく咳と、息苦しさ、倦怠感は半端なく、さすがの私も仕事を数日休みました。PCRはまだ一般的でない頃で、熱は半日37.0が出ただけです。
2週間ぐらいで、どっと老けました。
2ヶ月後ぐらいにようやくコロナが周知されて、早めにパルスオキシメーターを手に入れ測ってみると、その時点でも96〜95%ぐらいで、時折苦しく感じていました。坂道登るのがものすごく辛かったです。(今は100〜98%です)
半年後でも蓄膿が治らず後鼻漏と思われる症状で咳も相変わらず出ていたので、某ブログの紹介により「パモキサン」を服用。
特に何かが出たような違和感なく過ごしましたが、それから体調が折り返したように思います。
今年の花粉症の時期に、耳鼻科にかかりました。アレルギー薬でほとんど花粉症の症状に苦しめられることなく過ごせました。
今、鼻茸はまだありますが、蓄膿に苦しむことなく、咳もせず過ごせています。
予防効果がパモキサンにあるとは思いませんが、罹った後の「どうしようもない体調不良」には試してもいいような気がします。
イベルメクチン。もっと手に入りやすくなると良いですよね。
また、お高いですが、5-ALAいいです。
ロイヤルゼリーより日常がスムーズに送れる気がしています(当人比)なんだろう。気が上がるかんじです。睡眠の質が上がるからでしょうか。

糖尿病予備軍の私でしたから経過も悪かったのだと思いますが、コロナだったとしても完治?にすごく時間がかかりました。
侮るなかれです。皆様の無事を祈ります。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 10:52:49
家族がシンエヴァンゲリオンを映画館で観てきまして、その感想は「疲れた。」でした。三時間と長いし、これでもかと庵野監督の内面を見せられているのは疲れたそうです。同じようなトラウマを抱えている人はいいかもしれないけど自分は‥とのとでした。でもこれで一区切りつきました。庵野監督にはこれからもっと自由に作品を作ってもらいたいです。先日のザンボット3や未来少年コナンのような、厳しい環境の中、創造のマグマを煮えたぎらせながら作り上げられた作品も、アニメ史上に残る名作だと思うんですが、そういう時期も一通り乗り越えた後に、どんな作品を生み出してくれるのか?という事に今は期待しています。先日、富野監督が最初からコンセプトを狙って作るような作品はちょっと‥的なコメントを読んだんですが、庵野監督にはそうなってほしく無いと思っています。でもそうするとまた苦しんでしまうのかな?
今日もありがとうございます。 (Unknown)
2021-04-21 12:36:36
一昨年より会社の帰りにジムに通っています。体重・多めの体脂肪は変わりませんが低体温だったのが改善し体の調子が良いです。自分でもよく続いていると思います。
頑張りません・・・・。ゆるい感じが良いのですよね。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 12:42:36
勝手ながら、ヒスタミン(と言うよりも花粉症?)について補足させて頂きます。

①花粉症とヒスタミン
花粉症の症状が発生するメカニズムは、いわゆる獲得免疫が関与しています。
ただし花粉症の場合は全身の血中に大量に存在するIg-GではなくIg-Eが主役となっています。
免疫グロブリンの中でもIg-Eは本来、寄生虫などに対抗する為に存在していると考えられている種類のものです。
このIg-Eに花粉が結合する事により、肥満細胞から大量のヒスタミンが放出されます(これ以外にもロイコトリエンなど多くのケミカルメディエーターが産生されます)。
この大量のヒスタミンが知覚神経や血管を刺激することにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が発生します(ロイコトリエンは鼻づまりが主となる)。

花粉症のお薬として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が使われているのはこの為です。

②新型コロナと花粉症
上記のとおり、同じ獲得免疫であっても関与する免疫グロブリンの種類が異なる為、新型コロナウイルス感染症の感染リスクや重症化リスクについては、花粉症の既往歴とは直接関係ないとされています。
※くしゃみをするから感染させやすくなるとか、鼻をかんだり目を擦ったりするから接触感染しやすくなる等の間接的な理由は除く。

③花粉症と自然免疫とウイルス感染
上記のとおり花粉症は獲得免疫システムがその主な要因となっていることから、自然免疫との関連について深く研究される事はほとんどなかったと思います。
ところが、数年前に花粉症により自然免疫が阻害され、結果としてウイルス感染症に罹患しやすくなると言う研究が発表されました。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/all.14047

この研究で対象となったのはあくまでもライノウイルス等であり新型コロナウイルスではありませんが、ほぼ同じ事が新型コロナウイルスにも当てはまると考えます。

つまり、花粉症の人は獲得免疫系に関しては新型コロナウイルス感染症リスクとの間に直接の関係はないが、自然免疫系に関しては自然免疫の低下を介して感染リスクが高まるということになります。

実際に花粉症と新型コロナとの関連を示唆する研究が報告されています。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/all.14047

④蛇足
個人的には自己免疫の「強化」同様に、風邪や花粉症などによる自己免疫の「低下の抑制」(自己免疫が落ちるのをいかに防ぐか)が大切なのかなと思います。
いずれもまだ確定事項ではないので、今後のさらなる研究に期待したいと思っています。

あと未承認薬や適用外使用について購入先まで明記してしまうと「広告の三要件」の絡みで薬機法第66条違反に抵触する恐れがさらに高まるので要注意です。
薬機法第66条は対象が「何人も」でありさらに「明示的であると暗示的であるとを問わず」対象にしていることから、運用次第では片っぱしから告発可能になっています。
まぁ現実的にも実績的にも厚労省がこの条文で動く事はまずないですが(消費者庁の方が積極的)。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 12:52:38
今日の記事は今まさに毎日悩んでいることでした。とにかく若い時は低血圧でした。低すぎると言われていたのに、この年齢になって高血圧を受け入れるのが、何かの間違い?みたいに難しかったです。そんな歳になったということですね。笑 ぶら下がりしてたら、右手の筋肉に異常をきたし、長らくいたくて、最近やっとましになったところです。ほんとに急にはだめですね。毎日少しでも動くようにしたいとおもいます。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 12:59:58
目標。懸垂一回。運動を始めました 。m(__)m。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 13:24:34
私もずっと低血圧でした。が、更年期に入ってあちこち体の不具合が出始めて、医者通いが始まりました。まさに奥さまと同じ高血圧にすんなり?なってしまいました。更年期高血圧ですね。今は胃の薬と更年期の漢方薬を処方してもらっていますが、血圧をちゃんと計り、次に医者に行った時に高かったら、高血圧の薬を処方して治療していかないといけないと言われました。高血圧の薬のみたくないなあ。でも更年期の高血圧ってなんだか他の高血圧と違ってそう簡単には下がらないように感じています。何故だかわからないけど……
Unknown (うさぎのロン)
2021-04-21 15:39:09
まるぞうさん、こんにちは。
私も最近高血圧になってきたので、参考サイトにあるように、歩くときや椅子に座りながら、手をグーパー、グーパーしています。
また、首の後ろを揉んだりしても血圧は下がります。
最近 酷い首凝り、肩こりで辛かったのですが、リーンと金属音の様な音が入っている音楽を聞き流ししていて、楽になりました。
(何か背後に憑いていたのでしょうか笑)

ワクチン接種→変異株→ワクチン接種→変異株といった負のスパイラルにならないことを願います。 ワクチン大国イスラエル、テルアビブ大学での研究で、ファイザーワクチン、南アフリカ変異株がワクチンの免疫をすり抜けるという情報です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1aacd005a23d2675321707d44aa1e519942c0d12

また、日本人の免疫が効かないL452R型の変異株も米国や沖縄でも出たそうですね。嫌なスパイラルを想像してしまいます。
それでもこれから接種する方の為に、mRNAワクチンの毒性を中和するという記事を見たので、参考までに。やはり日本食は良さそうに思います。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52063545.html

そして、先に上げたイスラエルの研究で、mRNAワクチンがプリオン病などの脳疾患を将来的に起こすと分析している記事もありました。プリオン病は細胞内の亜鉛イオンが関係しているとの事なので、サプリとして単独でなく食物で採りたいですね。
https://indeep.jp/follow-up-to-a-paper-on-the-relationship-between-mrna-corona-vaccine-and-prion-diseases/
Unknown (Unknown)
2021-04-21 15:41:13
高血圧、、、今日コロナワクチン接種の日でした。待合室での緊張から10分後くらいに汗が出始め、、、ベットに移動し血圧がぐんと上がりまして30分ぐらい経過観察だんだんと、血圧も脈も収まり、只今お家でゆっくりしてます。ここで学んだことは、人に頼るのが苦手、我慢をしてしまう、強がり、、、なことでした。看護婦さん方のお陰で、安心して介抱していただきました。
Unknown (Unknown)
2021-04-21 17:05:45
私も若い頃は血圧が低かったのに70の今は立派な高血圧です。それとやはり勃起力は低下します。血管が固くなり筋力が低下した為でしょうか。サプリに亜鉛やマカを摂り。腹筋やヒンズーなどの運動で何とか現状維持に努めています。男はアホな生き物ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事