まるぞう備忘録

無題のドキュメント

畏怖を感じる人類。畏怖を感じない人類。

2021-07-18 10:00:53 | 今日のひとり言


番組に感じていた違和感。

 NHKの科学番組でヒューマニエンスという番組があります。先日は腸内細菌の話でした。
 その中で「腸内細菌が脳を支配しているかも」という興味深い内容もあったのです。が、番組としてはそのことに対し、否定的な空気でありました。

 私達の脳がそんな腸の最近に支配されてるなんて。ヤダ。

 という空気でした。
 その空気を感じて「ああ私が常々この番組で感じていた違和感の正体がこれだったのか。」とわかったのでした。



人体=自然に対する畏怖。

 この番組のスタンスは
・生命の仕組みの大部分は科学で解明できる。
・私達の意識の正体は脳である。
というものです。

 しかし私個人の人生の経験論は
・生命の仕組みは科学で解明できないことの方が多い。
・私達の意識の正体は心である。
というものです。

 西洋的と東洋的の違いにも似ていますね。
 そして私達の社会の人はこの2つに分かれているように思います。



科学をつきつめると一人ひとりの心に行き着く。

 私はバリバリの理系でありますが、生命や自然の仕組みについては、科学で解明できないことの方が多いと思っています。
 量子力学のように科学を突き詰めると、結局「人の想い」というもっとも曖昧なパラメーターに行き着いてしまう。そのように。

 私の意識の正体は脳ではなく心であると思っています。正確には意識の奥底にある人類(あるいは自然)の共通意識。それを心を呼んで良いでしょう。心の奥底のお天道様と呼ぶこともあります。



自分の意識が「脳」だと信じている人たち。

 私という心の生命活動。脳も大切な器官でありますし、腸(とその細菌たち)も大切な器官であります。
 だから「腸の細菌が脳を支配している」と聞いても、さもありなん。とは思いますが「嫌だなあ」とは思いません。

 でも自分の意識が「脳」と思っている人は、そんな細菌に自分が支配されているなんて「嫌」なことなのでしょう。ふうむ。

 そして自分の意識が「脳」だと思っていると、死後の世界はさぞかし怖いだろうなと思います。
 死んで全て終わりなら、生きているうちに少しでも欲張っておいた方がいいです。そういう生き方になるかもしれません。



自然への畏怖。生命への畏怖。これがあるかどうか。

 太古の人間は自然への畏怖をもっていた人たちでありました。だから地球と共存して生きてきました。
しかし、自然の畏怖を忘れた人たちが増えた結果。地球に大きな負荷をかけ続けて、そして地球(自然)を搾取する。そういう時代が長く続きました。

 そして地球が悲鳴を上げた時、この人類を掃除するかどうか。
 この人類とは地球にとって善玉菌なのか悪玉菌なのか。
 悪玉菌だけを掃除する。善玉菌は生き残る。そんなことは可能なのか。



両手をあげて遺伝子ワクチンに飛びつく人。逆に怪訝に思う人。その差はどこから?

 COVID19というウイルスがほとんどの人類に暴露された時。そして遺伝子ワクチンが世界の人々に配布され始めた時。そしてその遺伝子ワクチンの時限爆弾の仕組み。

 私の陰謀論空想小説です。地球という大自然が「自然に畏怖を持つ人」と「自然をなめている人」に選別し始めているのではなかろうか。

 COVID19対策?そりゃ体内の抗体にブーストかけりゃいいじゃん。時間がない?なら遺伝子メッセージを体内の細胞に強制注入すればいいじゃん。楽勝楽勝。

 私の個人的な主観です。このワクチンの発想には「自然への畏怖」が全く感じられません。
 このmRNA技術は抗癌治療で苦しんでいる人たちの福音にはなるでしょうが、ADEウイルスの時限爆弾として健康な人たちに注入するものではない。



同調の圧力に負けた方々も。

 私達日本人は「自然への畏怖」を感じる人達が多い国民です。しかし同じくらい「同調圧力に弱い」という特性を持ちます。

 今回、健康な中年以下の人たちで、心の中で嫌だなあと思いながらも、職場の圧力でワクチン注射をした方。可能であれば2回目はのらりくらりと避けて頂きたいなあと思います。
 もし2回目も不承不承ながら接種してしまったという方。半年後の3回目の接種は避けて頂きたいと思います。



ワクチン受けましょうのデマ1
「あなたが周囲に感染させないためにワクチン接種が必要なのです」


 デルタ株という突然変異株にとって、ワクチンは感染を防止する意味はなく、打った人が重症化しないため。と今では言われています。
 英国の感染拡大の様子をご覧ください。もうワクチン接種率が高くでも感染拡大は防げていないことがわかります。
https://www.worldometers.info/coronavirus/country/uk/

 だからもともと重症化しにくい、中年以下の健康な人(特に女性)はワクチンを打つ意味はほとんどありません。


ワクチン受けましょうのデマ2
「今は40代50代の重症者が増えています。これらの世代のワクチン接種をもっと進めなければなりません。」


 重症化している40代50代の人の体重も発表して頂きたいです。
==========
新型コロナ、40代50代男性の重症化目立つ 東京オリンピック・パラリンピックの医療体制は?
日テレ 7/9(金) 11:54配信
・・・
東京に4回目の緊急事態宣言が発出されることが決まりました。東京医科歯科大学病院では、新型コロナの入院患者が微増傾向にあり、40代、50代の男性の重症化が目立っているということです。
・・・
――重症化の40代50代とは?

男性の方が多くて、なおかつ、肥満傾向のある方です。体重が100キロ以上ある方ですとか。そういう方がやっぱりハイリスクなんだと思います。
・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/026d2f195cdb2e4b102a8619891da8d657d82aa2
==========





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
意味が分かりません。あの方達のことだろうとは思うのですが、

→ キッチン爺ぃや元国務長官。
https://www.hoe2021.com/wp-content/uploads/2021/07/2021-07-05_4.png
(陰謀論のリンクです)

==========
ただ、人も今まで母なる地球の観点を忘れすぎてる。自然を敬う心を忘れがちも事実です。ソドムとゴモラって住民はこの程度だったのかも。

→ 21世紀には遺伝子ワクチン世界中。という事態が起きるなんて子供の頃には想像がつきませんでした。

==========
このことをずっと知りたい理解したい納得したいと思ってるのですが私には難しいです。そして説明のつかないことにひねくれています。宇宙を作っているのも自分で私の思いが先にないと宇宙はなかったのですか。

→ 記憶をなくして人生を時間限定で体験するということです。
記憶をなくしている表面の自我は「どうして私は人生でこんなに辛い思いをしなくちゃならないの」と嘆きます。
しかし心の奥底では、ちゃんと覚えている。だから大丈夫。答え合わせの時に「そんなことならああしておけば良かった」と後悔するのはつまらんです。

==========
腑に落ちない事の一つに、ユダヤの国イスラエルの接種率の高さです。

→ 911の時は目的のために自国民を犠牲にしたという陰謀論の世界ですね。

==========
イベルメクチン、飲みましたらお腹壊しました。今日、紹介してました、サイトを読むと、量を少なくしたとあります。錠剤を割って飲めばいいともありましたが、そうしておられる方いますでしょうか? 

→ 情報ありがとうございます。私は医師ではないのでコメントできませんが、情報を投稿してくださってありがとうございます。

==========
イベルメクチンの副作用よくわかりました。ありがとうございます。
昨日子供と二人で血液検査の結果を聞きにいきましたら肝臓が二人共悪かったです。
コロナだとパニックになって二人してイベルメクチン飲んだ副作用かもしれません。

→ 情報ありがとうございます。どうかドクターの指示に従ってください。よろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 【再確認】 イベルメクチンの... | トップ | ワクチン接種者がデルタ株の... »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-07-18 10:31:20
ブログの更新ありがとうございます。お爺さんの発言が2009年との事に驚きました。ずっとずっと前からの計画なのかなぁと。お爺さんのスピーチ内容にもゾッとしました。
Unknown (Unknown)
2021-07-18 10:52:06
いつもありがとうございます。
本日の記事、なるほどなと思いました。
私は、最近、人間の身体の全細胞一つ一つに神様がおられるのは、本当なんだと思うようになってきました。
体は真実を知っている、という本なども過去に読みましたが、あまり実感は湧きませんでした。
でも最近は、身体の声を聴く、感じです。
だからといって、持病が治るわけではないのですが、自分の身体を自分のものと思わずに、客観的に大切にするということができたらなと思います。
Unknown (今日もありがとうございます)
2021-07-18 11:09:24
暑いですね。今、草刈り作業の休憩時間です。
こうして汗だくになるのもたまには良いです。でも、年々暑くなってきます。田舎ですが。家の周りでも、木を切った方が多いです。嫁に来た頃は扇風機だけで暮らせたのに。まるぞうさんのおっしゃる通り、地球が人間を選別する時代になりつつあると思います。人間はもっと謙虚にならないとねぇ。
Unknown (May)
2021-07-18 11:09:47
まるぞうさん、彼の正体を教えて下さり、ありがとうございます。
私も若い頃、下町商店街の神社に夢中になっていたクチなので、まるぞうさんとは恐らく面識が
あると思われます。でもあの世界に違和感を抱き、元の世界に戻れて良かったです。恥ずかしながら、
私はかなりかの世界にどっぷり浸かったので、彼らの正体も見てしまいました。本家のブログに出会わなければ、
命まで取られていたかもしれません。助けてくれたご先祖さまに感謝です。
まるぞうさんのブログもいつも楽しみに読ませて頂いておりますので、これからも末永く宜しくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2021-07-18 11:32:33
キッチン爺ぃや元国務長官。のリンクはデマかもしれません。
2009年のスピーチは2つのみhttps://www.henryakissinger.com/speeches/page/2/という情報もあります。
中立公平
Unknown (Unknown)
2021-07-18 11:35:36
まるぞうさん、こんにちは。
こちらの読者様が貼って下さった in deepにはまりました☆ って言ってもメルマガは登録しません☆ 節約第一ですからぁ~。

in deep の著者さんはなかなか面白い方ですね。恐怖を煽ったり、自分の意見を押し付けたりしないところが好きです。思わず人物についても調べてしまいました。
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201707_post_13747/

まるぞうさんはオカルト好きだから当然知ってらっしゃったのかもしれませんが、私はオカルト系の話があまり好きくないので、今回初めてハマりました。

それで一番興味を持ったのが下記のURLです。

https://indeep.jp/vaccines-are-the-preparation-for-the-great-biological-warfare/

今はもう戦時下なんですね。
ワクチンそのものには、健康な人であれば害はそこまではない。そこがポイント。
よく デマだとされている 「2年で全部死んだ猫達」も、ワクチンそのものに殺されたのではなく、普通にあった別のウィルスに感染した際に、ワクチンによって過剰反応するように設定された、自分自身の免疫に殺されたていうことですもんね。

つまり、ワクチン接種者の数が増えたところで、別の軽いウィルスをバラまけば、ワクチンを打っている人だけを殺すことができるってわけですよね?

私が殺したい側であれば、実際に命を奪う用の軽いウィルスは、時間が経って、皆がワクチンを忘れたころにばら撒きます。ワクチンとの因果関係を証明することはできません、別のウィルスで死ぬのですから。これならば、国も製薬会社も後で賠償金を払わなくても済むわけです。

なので、オリンピックが終わったくらいでは情報は表に出てこない気がしてしました。
確実に殺すのであれば、皆が忘れたころにウィルスばら撒きますもん。

等と書くと、打ってしまった人を怖がらせるだけになってしまいますね。

in deepでも、血流に気を付ければ大丈夫等の記事があります。打ってても打ってなくても、ビタミンD、亜鉛(納豆等)が大事だとか書かれていました。

ビタミンDはパンデミックが来たら、薬局で売り切れたりしないか心配なので、今からコツコツ買っておこうかな、と思います。

な~んだ、こんな心配無駄だったじゃん、ビタミンDの備蓄なんていらなかったー^0^ ってなるといいな、と思います☆
Unknown (市井の愚人)
2021-07-18 11:53:32
いつも有難うございます。
有難いことに職場では接種についての同調圧力もなく、助かってます。
やらないの?という質問についてはアレルギーがあって…というと納得してもらえるのも助かります。
ただ、若い子が接種についてやった方がいいから、と言って受けることを決めていることに心が痛みます。
熱くやめた方がいいというのも、語るのも、側から見るとヤバい人に見えますしね。
若い子たちには機会と縁があれば、不安があるから受けたくない、という気持ちを静かに伝えるようにはしてますが…。
なかなか、難しいですね。
後遺症の事を言われたらどう答えれば (ハラミ)
2021-07-18 12:03:27
こんにちは。いつも本当に参考になる情報をありがとうございます。

枠デマの解説ありがとうございます。
我が家では息子と娘にワクチンを打って欲しくないので、主人と二人で常々子供たちに説得を続けているのですが、私たちが参考にしている情報と、子供らがYouTubeなどで好んで見ている動画などが違うので、その辺の意識のギャっプに話が通じない事が多く苦労してます。

娘が最もしっくりきたというのが中田敦彦さんの「多くの人が打つことによって集団免疫ができるのだから、個人的に嫌とかではなく大きな目標に向けてボランテイア精神で持って若者も協力する。」という意見。

息子が参考にしているのは有料会員にまでなって聞いていたDaiGoさんの「ぶっちゃけ僕は打っても打たなくてもどっちでもいいんです。打つメリット、打たないメリットを考えてそれで決めればって話。ちなみに打たないデメリットとしては、実際にコロナにかかった場合の後遺症のことはみなさん考えてないんですかね。後遺症が残る可能性はかなり多いようですよ。」という意見。
それからしばらくしてDaiGoさんはモデルナのワクチンを打ちました。これは彼を信頼している若い人たちに、「ワクチンを打つメリットが勝ったんだな。」という暗示を強烈に与えたと思います。

ボランテイア精神の旺盛な娘はユニセフなんかにも寄付するタイプです。そのお金が回り回って何に使われているのかわからないよというと嫌な雰囲気になり「それでも困っている子供達に数割が回るのならいい。」と言わしめてしまいました。毎月寄付しているようです。そういえばこれもワクチン費用の寄付でした!

息子も昨日法事で帰省した時にも「俺はやっぱりコロナの後遺症が怖いな。」と言ってましたから、今後打つつもりかもしれません。

娘の方はまだ同居しているので、今後も粘り強く話し合っていくつもりですが、息子は数ヶ月に一度しか帰省しません。それでも年に数回返ってくるだけありがたいです。
次に帰ってくるのはお盆です。それまでにコロナにかかって残る重篤な後遺症のリスクに勝る言い訳を勉強中ですが、このジャンルに関しては意外と情報がありません。
私も今勉強中ですが、まるぞうさんならば息子にどういう意見を言って論破されるのでしょうか。

なお、申し遅れましたが、息子も娘も自分の気持ちでは「打ちたくない派」です。それなのにこれほど多様な誘惑があることに怒りを禁じ得ません。

我が家の中だけでなく、多くのご家庭でご苦労があることと思います。うちは私と主人の想いが一致していて本当にありがたいと感謝しています。
Unknown (神無月)
2021-07-18 12:56:15
→ 911の時は目的のために自国民を犠牲にしたという陰謀論の世界ですね。

確かに米国民の犠牲はそれなりに有りましたが、ユダヤ人はビル崩落の日は休み?だったと読んだ記憶が有ります。
陰謀論的には、事前にその日は休むように指示を受けていたと考えてしまいます。

深州が世界の人口を半分程にしたいとしたら、911の犠牲者とは比べものにならない程の犠牲者が生まれます。
イスラエルの人口は900万人程ですので、将来400万人以上がワクチン接種の犠牲になる?
それとも解毒剤のような、ADEを中和する秘薬を持っているのでしょうか?

確かに世界は2つに分かれようとしていますね。
死んだら終わりの無神論者、神の名を利用している信者側と、生命は自然(神)と一体で有り共存共栄の道を歩む事が道理と考える側でしょうか?

我欲煩悩に邁進する方々か、自然から受けた恩(恵み)を自然に恩返しする心の方々か。
どちらの方の懐が深いか、神心に近いかでしょうか。

5、6年程前でしょうか、日月神示を研究されている方が、そろそろ世直しが始まるので、身魂磨きに励む事と借金など無きようお金を綺麗にしておく事を言われていました。

世直しの切っ掛けが天変地異か世界大戦かと想像していましたが、ウイルスによるパンデミックは予想していませんでした。

まるぞうさんがよく言われている、備えれば大難が小難に変わる法則ですが、ワクチン接種で備える側と未接種で備える側と同じ備えでも、答えは大きく違うのかも知れませんね。

世界中で大規模な洪水が起きていますが、人類自慢の現代のバベルの塔も崩壊するのでしょうか?
.
御礼と中立派 (Unknown)
2021-07-18 13:20:42
まるぞうさん
本当に何時も真摯な情報感謝です。
でも、最近の動き少し心配です。このブログは中立派ですよね。それを明確に打ち出しませう。
鹿先生も最近は工夫を凝らし、最後の最後まで聴くと真意が解ります。
今有る枠の消費期限が8月末が多いので兎に角ノルマ達成に必死です。(冷蔵庫4℃で30日okした時から品質等二の次でしょうが。)

このブログを楽しみにしている方の為に長ーいお付き合いお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事