まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【国家破産】オリンピック中止で日本が世界中に支払う賠償金。

2020-03-19 09:23:12 | 今日のひとり言

防災カレンダー
神奈川県三浦市





安倍首相の苦悩。

WHO 東京五輪に関する勧告は拒否か 海外報道 「日本が決定を下すべき」
デイリースポーツ 2020.03.18

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、開幕まで5カ月を切った東京五輪の開催が不透明な状況となる中、最終決定権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から「勧告に従う」と委ねられた世界保健機関(WHO)は、決定的な勧告には否定的であることが17日、分かった。16日付けのナイジェリア有力紙「THIS DAY」などが報じた。

 同メディアによると、WHOのタリク・ジャサレヴィッチ報道官は「イベントの中止をアドバイスするのは、WHOの仕事ではない」とし、「意思決定の責任は日本国家当局にあり、日本がリスクについての評価をした後、日本が決定を下すべきだ」と述べたという。WHOの役割は「ガイダンスの提供、リスク評価とサポートに限られる」とした。
https://www.daily.co.jp/general/2020/03/18/0013201820.shtml


 ダイアモンド・プリンセス号の案件と似ています。米国の運営会社も船籍を持つ英国の会社も一切だんまり。日本が善意で感染者を調べて入院させるも、いつの間にか日本政府の対応が悪い。と日本国内を含む世界中のメディアから叩かれたのは記憶に新しい。
 国際社会は契約社会。日本社会のようには甘くない。賠償リスクが絡む時は、人の良い人から獲物に喰われるルール。



五輪開催。驚くべき契約内容。

 オリンピックが中止になった時の賠償責任はどこにあるのでしょうか。
 オリンピック開催に関して東京都とIOCが締結した「開催都市契約」を見てみましょう。長文ですが重要なので掲載します。

66. 契約の解除
a) IOC は、以下のいずれかに該当する場合、本契約を解除して、開催都市における本大会を中止する権利を有する。
i) 開催国が開会式前または本大会期間中であるかにかかわらず、いつでも、戦争状態、内乱、ボイコット、国際社会によって定められた禁輸措置の対象、または交戦の一種として公式に認められる状況にある場合、またはIOC がその単独の裁量で、本大会参加者の安全が理由の如何を問わず深刻に脅かされると信じるに足る合理的な根拠がある場合。
ii) (本契約の第 5 条に記載の)政府の誓約事項が尊重されない場合。
iii)本大会が2020 年中に開催されない場合。
iv) 本契約、オリンピック憲章、または適用法に定められた重大な義務に開催都市、NOC または OCOG が違反した場合。
v) 本契約第 72 条の重大な違反があり、是正されない場合。
b) IOC が本契約を解除し、本大会の中止を決めた場合、(IOC がその単独の裁量で、緊急の措置が必要ないと決めた場合)次のように進行する。
i) IOC が上記第 66 条に定める事由が生じた、または生じている(または合理的に生じそうである)と判断した場合、IOC は、書留郵便、テレファックス(確認用コピーを書留郵便で送ることを条件とする)または配達証明付きの国際宅配便で、開催都市、NOC および OCOG に対し連名でおよび/または個
別に通知し、当該当事者の一部またはすべてに対し、IOC が特定した事由に開催都市契約 第 32 回オリンピック競技大会について、その通知の日付から60 日以内に是正または改善するように求める権利を有するものとする。ただし、IOC が通知を送付した日において、本大会の開会式までの残余期間が 120 日を切っていた場合、上記の 60 日の期限は通知送付日から開会式までの残余期間の半分に減らされるものとする。
ii) 上記 b)項ⅰ)に従って通知が送達された後、IOC が確認した事由が、b)項ⅰ)に記された期限内に IOC が合理的に満足するように是正されない場合、IOC は次に、さらなる通知をすることなく、開催都市、NOC および OCOG による本大会の組織を即座に中止し、すべての損害賠償およびその他の利用可能な権利や救済を請求する IOC の権利を害することなく、即時に本契約を解除する権利を有するものとする。
理由の如何を問わず IOC による本大会の中止または IOC による本契約の解除が生じた場合、開催都市、NOC および OCOG は、ここにいかなる形態の補償、損害賠償またはその他の賠償またはいかなる種類の救済に対する請求および権利を放棄し、また、ここに、当該中止または解除に関するいかなる第三者からの請求、訴訟、または判断から IOC 被賠償者を補償し、無害に保つものとする。OCOGが契約を締結している全ての相手方に本条の内容を通知するのは OCOG の責任である。


国内の感染は何とか収まるだろう。だが。。

 まずオリンピック開催の可否を決めるのはIOCであると定められています。まあマラソンの札幌移転の件も然り、そうだろうとは思います。開催都市はIOCにお金を貢ぐ存在であり、IOCに逆らうことは出来ないという契約に見えます。

 今回のCOVID-19パンデミックは「 IOC がその単独の裁量で、本大会参加者の安全が理由の如何を問わず深刻に脅かされ
ると信じるに足る合理的な根拠がある場合。」に該当すると考えられます。

 この時IOCは東京都やNOC(日本オリンピック委員会)やOCOG(オリンピック組織委員会)に「60日以内に改善・是正するように勧告」します。
 おそらくこの勧告は3月末に出され、期限が5月末とされる可能性が高いと言われています。

 日本国内の感染であれば、その頃にはだいぶ収束していると考えられます。ただしWHOが定める「4週間新規感染者が認められない場合」には間に合わないかもしれませんが。

 問題は欧米などの海外です。おそらく5月末はまだ感染ピークの国は多数残っていることでしょう。
ということは「期限内に IOC が合理的に満足するように是正されない場合」となり得ます。この場合はIOCは即オリンピックの中止を決めることが出来ます。



中止に関する世界中全ての損害賠償は日本が支払う。

 そしてその場合「開催都市、NOC および OCOG は、ここにいかなる形態の補償、損害賠償またはその他の賠償またはいかなる種類の救済に対する請求および権利を放棄し」ということは、オリンピック中止に関わる損害は、IOCに請求することは出来ない。ということです。
 そのうえ「ここに、当該中止または解除に関するいかなる第三者からの請求、訴訟、または判断から IOC 被賠償者を補償し、無害に保つものとする。」ということは、オリンピック中止によって、IOCが訴えられた場合は、君たちが全部責任をもって対応してね。IOCは知らないからね。ということです。

 たとえば各国の放映権など。オリンピック中止になったおかげでこんなに損害が出たぞ。ということをIOCに訴えれば、東京(事実上日本)が払ってくれるんだって。ということになります。

 それどころではありません。



当のIOCが日本に損害賠償を求める可能性。

36 責任-オリンピック競技大会の開催取り消し
1. NOC、 OCOGおよび開催都市はオリンピック競技大会の組織運営と開催に関して各自で、 または3者そろって結んだ約束に対し、 連帯して、 かつ各自で責任を負う。 ただし、財政的な責任については、 開催都市と OCOGの両者が連帯し、かつ各自で負うものとする。 このことはとりわけ規則 33 付属細則により与えられる保証から発生する可能性のある、 両者以外の関係者の責任に影響を及ぼすことはない。 IOC はオリンピック競技大会の組織運営と開催 について、 なんら財政的な責任を負わない。
2. NOC、 OCOGあるいは開催都市によるオリンピック憲章違反、 IOCの規則や指示の不履行、 または義務違反があった場合、 IOCは開催都市、 OCOG、 NOC によるオリンピック競技大 会の組織運営を取り消す権限を有する。 この取り消しはいつでも行うことができ、 即時有効となる。開催取り消しにより生じる損害に対する IOC の賠償請求権は保証される。開催が取り消された場合、 NOC、 OCOG、 開催都市、 開催都市の国、 その政府、 その他の公的機関、 または都市、 地方、 州、 県、 その他の地域、 あるいは全国レベルのその他の関係者のいずれも IOC に対し、 いかなる形態の補償も要求することはできない。


なぜ日本政府と東京都は「開催」を言い続けなければならないのか。

 もし東京都やNOCやODOGが契約違反となるような行為をした場合は、IOCがおまえたち(事実上日本政府)に賠償を求めるからな。となります。

 安倍首相も小池都知事も「オリンピックは出来ないかも」という本音を発言したら、それがIOCによって言質がとられるという事態になりかねません。
 日本や東京が開催に関して発した「コミットメント」については遵守する義務があります。まだ中止が決定していない時点で日本政府や東京都の代表が「だめかも」という発言は、コミットメント違反と取られかねません。隙がある弱いものからむしり取るというルールですから。

 トランプ氏はオリンピックの1年延期を発言しましたが、この開催都市契約には「本大会が 2020 年中に開催されない場合」も契約解除の該当項目になっています。
 来年開催になった瞬間、契約解除条項は発動して
・東京都、NOC、OGOCはIOCに対する賠償権利は全て放棄し
・かつ世界中からIOCになされる賠償を全て責任を負う。
という事態になります。


日本が世界中から損害賠償を求められない可能性。

 国内の損害だけならまだ何とかなるでしょう。問題は世界中のハゲタカたちが難癖をつけてIOCに賠償を殺到させて、東京都、NOC、OGOC(事実上日本政府)が肩代わりすること。
 その賠償額の合計は裕福な資産家日本をも破産させる額となるかもしれません。だいたい訴訟というのは天文学的な数字をふっかけるものですから。それが世界中から無数のハゲタカたち。

 それを回避するためには、最低限
・日本国内の感染は5月末までに収束しているとWHOが判断できるまでに収まっていること。
・東京都とNOCとODOCと日本政府は招致時のコミットメントの通り、IOCの中止宣言まで「完全実施」を唱えていなければならない。
が条件となります。

 それでも海外の状況がひどくてIOCは「日本のせいじゃないけど他国がみんな無理そうなんでやめるわ」と決定したら、事実上日本政府が中止に伴う世界中の全ての賠償の責任を負うこととなります。でありますから、

・少なくとも感染が収まらない地域(おそらく欧米の大半の地域)の観戦客は入国させられない。
・少なくとも同様に上記の国々の選手は1ヶ月前にオリンピック村に入り、2週間は隔離し陰性であること。
・少なくとも屋内競技に関しては、無観客試合とする。

などの条件でもオリンピック開催が実現できれば、日本は幸運だったと言えるでしょう。



お願い。

 法律の専門家の読者の方へ。
 上記は法律素人の私の見解です。もしその解釈は異なるよ。という部分がありましたらご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。



■首相官邸へのご意見
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
■安倍首相のFacebook
https://www.facebook.com/abeshinzo
(Facebookの仕組み上、コメント投稿時は投稿者の名前も公開されます)
■自民党への安倍首相応援コメント
https://ssl.jimin.jp/m/contacts?_ga=2.247766276.2038314964.1501028960-2110744341.1501028960





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
この世界は幻想なのか
ブログの内容と違いますが、
まるぞうさんの興味があると思いまして。
無印良品のコラムです。
お時間があったら読んでみてください。
https://www.muji.net/lab/living/200318.html

→ ありがとうございます。後編の壮大な叙事詩に期待ですね。
ブラックホールは上下からものすごい勢いでガスを放出しています。吸い込む一辺倒ではない。
古いものを吸い込むと同時に新しいものを放出している宇宙の特異点なのです。うむむ。

==========
私は森友学園についてよく理解していません。
森友、安倍、のワードだけが染み付いて何が問題なのか、よくわかりません。佐川さんは私にとってニャーワードでした。
お花畑にまだ片足突っ込んでいるので安倍さんは悪くないように思うけどじゃぁ誰が悪いの?誰が嘘つきなの?という感じです。

→ 経緯は以下です。
・籠池泰典という男性が学校を建設しようとして払い下げ国有地を購入。土地から産廃ゴミが発見されたので、その撤去費用分については値引きが行われた。
・籠池男性と安倍昭恵夫人に面識があったため、不当な値引きがあったのではないかとマスコミが報道。野党の攻撃によって国会が長期間空転することとなる。
・国会対応にあたった財務省は、都合の悪い部分の文書を改ざん。しかし国交省に残っていた原本から改ざんが発覚。財務省の指示で改ざん作業を行った近畿財務局男性が責任を感じて自殺。
・改ざんされる前の原本にも昭恵夫人や安倍首相が土地売買交渉に関与した記述はなかった。

リスク管理の視点では都合の悪い情報ほど早めに出すことが重要です。しかし財務省はお役人の本場だけあって、表面上のリスクでさえとれなかった。保身。彼らは文書を隠蔽改ざんするという判断を下した。しかもそれは隠したり改ざんするほどの内容でもなかった。逆に正直に提出した方が問題の収束もずっと早かったし、自殺者も出すこともなかったであろう。という事件です。

==========
「2-3mの会話でうつること、医療関係者もマスクの再利用を考えるように」は続けて書いてしまったので、誤解を生みますね。

→ 失礼しました。


PCR検査やインフルエンザの検査のために、咽頭や鼻のぬぐい液を取る時は、N95マスク、ゴーグルかフェイスシールド、手袋、予防衣を着て、換気の良いところで採取することになった(当初はあまり注意喚起されていないかった)ので、そのような準備ができないところでは、検査は危険です。(N95マスクも不足しています)これらの検査ではマスクを取った感染者が咳をする可能性があり、ウイルスが医療者に直接、または部屋中に飛び散り、しつこく残ることになります。それは次の患者さんも危険に晒します。

→ そう。検査自体が危険な行為であることを認識している人たちがどれほどいるか。と思います。

==========
末期癌の宣告は辛いと思いますが、余命で残され人生を見直せるだけ、突然お亡くなりになるなる方よりは幸せなのかも知れません。

→ 同意いたします。自分の死期を覚悟しながらこの世を去ることの方が幸いであると思います。

==========
G7の報告では、安倍総理の辛そうな表情から、察してくださいと、伝わってきます。
世界中が武漢ウィルスで辛い時に、オリンピック開催は。。。
今はまだ、真相を言えないのですね。
安倍総理が疲労困憊なのが心配です。

→ オリンピックは事実上中止が決定。でもその時日本政府が世界中のハゲタカ相手に賠償をすることとなる重責だと思います。


311の時の政権は本当に酷かった。
森大臣は、本当の事を仰ったと思います。
それを隠蔽したい為に、攻撃する浅ましさに驚きます。

→ 野党が攻撃するということは、そういうことだと思います。このご時世でも野党はこんなことしか出来ないということを、多くの国民が冷静に観ていると思います。

==========
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336671000.html
甲府の中学生が手作りマスク600枚を寄贈

→ すごいお話です。ありがとうございます。

©NHK

==========
文脈的にまるぞうさんは安倍総理は無実だと仰ろうとしているとお見受けします。
官僚の「忖度」の方向が誰を指しているかはだれがどう見ても明らかなのですが、なぜまるぞうさんはそれでも総理の無実を信じられるのですか。

→ 財務省理財局長の指示による文書の改ざん。それは日本の大企業で散発したデータ隠蔽と同じ構造です。

担当者にとって
・正直に公開した方が得なのか
・隠蔽した方が得なのか
という判断となります。

一般社会においては「自分の良心を取る」という方は多いと思います。特に日本社会は。
しかし減点主義で自然淘汰されたエリート組織においては、自分の良心よりも保身を選んだ人が残る可能性が高いわけです。一般社会とは構成される人材層に違いがある。

当該理財局長においてもこの計算が働き「隠蔽した方が得」という判断になったのでしょう。霞が関官僚において自分が属する組織は霞が関です。永田町ではありません。

行政トップである大臣も数年で交替。そもそも次の選挙で落ちたら政治家でさえただの人。そのような霞が関の住人にとって、永田町は本当に守るべき相手ではありません。大臣が変わろうとも政権が変わろうとも、自分がいる場所はここ霞が関なのです。

組織の閉鎖性が隠蔽体質に変わる。

安倍政権は歴代政権の中でも政治主導と言われます。それでも財務省の人事は実質事務次官が握っています。
(「官僚人事、誰が決める:官邸主導で何が変わったか」https://www.nippon.com/ja/currents/d00433/ )

実際理財局長が改ざんしない原本を提出しても、安倍首相や麻生財務大臣や菅官房長官が、理財局長を更迭することはないでしょう。実質その権限もない。そもそも改ざんしないで正直に公開してくれた方が政権にとって100倍良かったぐらいだから。
しかし減点主義の霞が関の組織の評点として、決してプラスにはならない。おそらくマイナスとして評価される。理財局長はそのように計算と判断を行ったのでしょう。

霞が関の理論としては永田町の関与を排除したいことでしょう。倒閣の亡霊たちと共鳴するかもしれません。しかし私は一国民として物申す。
今回の新型コロナで判明したように、日本丸が激動の嵐に突入してしまった時代においては、霞が関の「縦割り前例主義」は船を沈没させる。

霞が関の論理を押し付けられて、良心を持った方が亡くなられたのは本当に残念で心からお悔やみを申し上げます。しかしそれと「日本丸の舵取りを霞が関の縦割り前例に戻すべき」とは全く別の話で危険なすり替えです。

==========
チェスンシルと朴槿恵の事はスルーされますか…

→ 私の意見は下記サイトの記事と同じです。

朴槿恵・前大統領の二審有罪判決を淡々と眺めるしかない理由
新宿会計士の政治経済評論
https://shinjukuacc.com/20180824-02/
「朴槿恵(ぼく・きんけい)前韓国大統領といえば、2016年9月頃に発覚した、いわゆる「崔順実ゲート」と呼ばれる疑惑に対する「市民団体」からの「ろうそくデモ」による圧力を受けて退任させられた人物として有名です。

この「崔順実ゲート」とは、当時の韓国の朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領に対し、長年の友人である崔順実(さい・じゅんじつ)氏に国政の機密を漏洩していた疑いのことです(※余談ですが、私の目には今ひとつ「確たる証拠」が見当たらない点については、日本の「もりかけ問題」と似ているかもしれません)。」


==========
あ、あと辻本清美と菅野完についてもスルーですよね

→ 特に書くべきことはありません。

==========
どうしたら自分を変えられますか。

→ 結果を急がず一歩ずつしかないです。一日一歩。三日で三歩。三歩進んで二歩下がる。ワンツーワンツー。の中に真実があるのです。大丈夫。

==========
安部首相の、この国の首長としての、如何ともしがたい、五里霧中の中を敢えて進まなければならない気持ちも共有できればいいんですけど。お亡くなりになられた方のご冥福を祈るばかりですが、しかしだからといって、その全責任が一首長に向かうものでしょうか? その逆方向、安倍さんが取り組んでいる全ての仕事を肩代わりできる者はいないでしょうに。感情論と現実論は分けて考えないと。まあ私も含めて、一個人の日常生活上では難しいことではありますけど。この国の良心を信じるのみです。

→ 同意いたします。ありがとうございます。

==========
エリートトップの心の闇。
2018-03-16 09:00:40 / 今日のひとり言
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/38426d8c2774bc92f1ce46850d8216fe

時事小説。
2018-03-10 11:03:52 / 今日のひとり言
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/17fdced143bbb319da17a76b77b61f44

→ ありがとうございます。


・gooブログの検索機能(パソコンでしか見られない・使えない)を使ってます。
左側のメニュー一覧から、まるぞうさんのプロフィールの下にある
□検索 ←これを使ってます。「このブログ内で」で検索。

→ こちらもありがとうございます。m(_ _)m

==========
逆に聞きたい。
コロナで大変な時期に、なぜモリカケにそこまでこだわる??
大局をみよう。
あなたの人生に具体的にどう関係してきますか?
何に憤りを感じているのかな?

→ 人の心には誰でもイドの怪物が潜んでいます。しかし人によってはその怪物に対する攻撃力が過剰になってしまう症状があります。サイトカインストームのように。
その人は心の中のイドの怪物を外側の人間に投射し、その人間を攻撃し始めます。
その人は誰もいない空間を指さして言います。「あのイドの怪物を倒せ」と。しかし私達にはその怪物は見えません。一体その怪物はどこにいるのでしょう。
「お前たちの目は節穴か。その席に座って青白い邪悪な顔をしてこちらもうかがっておろう。」
しかしその席には誰も座っていません。その人は亡霊を観ているのでしょうか。そう。自分の中のイドの怪物という亡霊を。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合は、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (93)   この記事についてブログを書く
« 苦しい自分がみえないこと。3 | トップ | 2020お彼岸ですね。 »
最新の画像もっと見る

93 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-03-19 10:56:53
うわー。。。
最大のババ引いちゃったんですね。。。
実はこれがあっちの人の刈り取り方法だったりする???

これも塞翁が馬で過ごせますように。。。
Unknown (Unknown)
2020-03-19 11:04:58
まるぞうさんこちらの書き方が悪かったんだごめんなさい
スルーしますか、はどこでも相手されないからここで吠えることしかできない方に向けて返事は期待せず呟いただけですので。
参考になる記事のご紹介ありがとうございました。
テレビでもこの件に絡めてアベが責任とって辞めると言ったシーンが放送されていて、今こそ打倒アベ!の空気を作ってるのがもう不快で仕方ない。
人の死を悲しむふりしながら、弱者の味方のふりをしながら、いつもいつも利用してる…。
Unknown (北のおばちゃん)
2020-03-19 11:52:38
休校措置やイベント自粛等々…。
なるほど…。そういった事情があったのですね。

世界は本当に怖い。

確かに今までの日本では、生き残りは難しい。

もっと、賢く、したたかにならないといけないのですね。

まるぞうさん記事にしてくださりありがとうございます。

(元教員の親戚が、突然の休校に対し暗に安倍政権への批判をこぼしていました。現実はまだまだ厳しいですがミジンコの出来ることから頑張ります。)
Unknown (ぽんすけ お礼)
2020-03-19 12:45:48
お〜!とてもわかりやすくありがとうございました!!
お手間取らせて恐縮です。
まるぞうさんすごい。

もしオリンピックが中止になったら…
これもお花畑脳の希望ですが、
慈悲で賠償を求めない国、寄付してくれる国、出てきたりしないかなぁぁ
中止にしても賠償しなくて済む方法ないのかなぁ…
お金欲しさに中止にさせたい国もあるんでしょうかねぇ
Unknown (Unknown)
2020-03-19 12:45:49
今日の記事とは関係ないのですが、私は時々「月刊ムー」を読んでいるのですが、松○照○氏の「大世見」という記事があり、今回のウイルスの件を確か予言していたのがあったよなと記憶していて、昨日家中探して、つい先ほど見つけて再度記事を読み直しました。 2019年2月号の記事で「新型インフルエンザが発生しパンデミックが宣言される⁉️」というタイトルでした。「…それは大気が大きく変化しているからです。とくに中国の大気汚染は、都市部のなかでもネズミ出やすいような環境下において、深刻なウイルスをつくりあげていくでしょう。そうした環境で暮らす人々は病院にも行けず、新型ウイルスと戦う免疫力もないために、ひとたび広がりはじめたら驚くようなスピードで感染が拡大していきそうです。「フェーズ6」この数字が見えています。それほど遠くない未来、パンデミック宣言が出されて世界中を震撼させるでしょう…」 ただただ驚いているというのが今の感想です。
Unknown (Unknown)
2020-03-19 12:46:02
本当になんてこった、と思います。もしウイルスから五輪中止、多額の賠償支払いまでが一連の計画なら‥物凄い筋書き。でも一方で時代は変わりつつありお金によって炙りだし、なんて話も聞きます。あっち側の筋書きと炙りだしが同時進行なら、これはこれで緊張感のある事です。なんか色んな価値観が変化していきそうな感じがしますね。
Unknown (ぽんすけ)
2020-03-19 12:57:45
でもそもそもオリンピック中止になる可能性の原因は、コロナで、中国で、爆発的に流行した国々の国民の予防対策の意識が低かったせいなんじゃないの、と思っちゃいました。責任取ってよ!って思っちゃう。
Unknown (神無月)
2020-03-19 13:21:49
先ず、オリンピック開催が危うくなった大元の原因は、武漢ウイルスの拡散ですよね。
中国政府は必死に責任を逃れるために、ウイルスの発生を米軍の責任にしようとフザケた理屈を言い出しました。
国際社会が、中国の責任を追及すればよいのです。中国政府が本来の加害者のなのだと思います。

森友の件は、マスコミは虎の尾を踏んだのかも知れません。
非常事態で国民の生命と財産を守る為に、未知のウイルスと日夜戦っている最中に、突然モリトモを浮上させ、総理の、「関わりが有れば辞任する」の答弁シーンを繰り返し放映。

野党も嬉々として追及モードに突入。国民の現状など素知らぬ顔です。
マスコミの在り方が国益に沿わない存在として、法改正が有るかもしれませんね。

モリトモの個人的解釈です。
国有地のタダでも売れないいわく付き土地を、少し値引きして学園に売った。「ラッキー!」
所が、ゴミが大量に出た為、大幅に値引きした。「バレたか!」

野党がドヤ顔で近畿に乗り込み、強権と恫喝で担当を問い詰める。
指示された改ざんがバレそうになり、担当者は追い詰められる。そして・・・

霞が関の闇の一部なのでしょう。
.
Unknown (Unknown)
2020-03-19 13:25:10
もし中止になった場合、庶民の暮らしにどんな影響があるのか?気になります。。
Unknown (Unknown )
2020-03-19 13:43:37
まるぞうさん、ありがとうございます。まるぞうさんに(お)を付けてしまい、ひとりで爆笑でした。気が付いて良かった。ところで、オリンピックのひどさに絶句。誘致したのは誰だ。もう、オリンピックは辞めて、世界陸上とかワールドカップとか別々にした方がいいと思う。ラグビーのワールドカップのあんなに盛り上がるんですから。どうする、アベニャン。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事