まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【同行二人ツーリング】 ハンドルは私に預けられている。

2021-05-11 09:17:23 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
11日。新月週間。

東京西部から北東方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/05/11/090605#20




潜在意識は何といっている?

 潜在意識を上手に使って願望を叶えましょう。そのような成功本が世の中にあります。手にとったかたもいらっしゃるかもしれません。

 確かに潜在意識というのは非常に強力ですので、それを上手に使いこなして、人生の成功者になりたい。そのように思うのも無理はありません。
 しかし、ほとんどの場合それは失敗します。その方法をやり始めても途中でやめてしまいます。
なぜか。
 それは潜在意識の方が表面意識より力が強いから。表面意識が潜在意識を自在に利用しようとすると、必ずどこかで無理がかかるから。それで、なんとなくブロックがかかってやめることになります。

 本当はそのアプローチは逆なのです。
 表面意識が潜在意識を操るのではなく、表面意識が潜在意識の声を聴くこと。これが本当の人生の成功の近道。

 ここで言う潜在意識とは、心の奥底のもう一人の私のことであります。良心とも言える。心の中のお天道様とも言える。将来自分が他界したあとの自分自身の視線であるとも言える。

 その心の奥底の私の声とは人生の羅針盤です。
 ですから、表面意識の私は、その羅針盤を操縦するのではなく、羅針盤が何と言っているか。その声を聴くのが、人生の成功。私たちがこの人生で何をしたかったのか。どういう風景を観たかったのか。それを教えてくれる羅針盤です。



心の奥底の声は耳が痛いぞ。

 しかしその羅針盤に耳を傾けるのは、最初はちょっと難しいかもしれません。なぜなら羅針盤の声は耳が痛いことが多いから。

それはたとえば
「あの人にきちんとNOと言います。」かもしれないし
あるいは
「あの人にきちんとすみませんと謝ります」かもしれないし
あるいは
「あの人にきちんとありがとうございますと感謝をする」かもしれないし
あるいは
「日の当たらない仕事でも手をぬかず続けよう」かもしれない。

 表面意識それぞれは「それがやりたくないから、悩んでいるんでしょうが〜」と思いますが、もう心の奥底の自分は「それが人生の成功の一番の近道だよ」とささやいています。



いつの間にか人生の風景が変わっている。

 でも勇気をもって、一歩一歩。自分の心の中の「耳の痛い声」を聴いていくと、いつの間にか、自分の観えている景色が変わっていく。
 それは登山に似ている。最初は背の高い森の中を登っていくだけだったけれど、きがつくと、見晴らしのいい場所に遭遇する。
 あれま。いつの間にかこんなに登っていたのか。



私の心の奥底は他の人の奥底と繋がっている。

 自分の心の奥底の声が聴こえるといっても、それは別の誰かが話しかけてくるようなものではありません。もしそんな現象が起きたらそれは正反対。要注意です。専門の先生に相談するべきことです。

 心の奥底の声とは言葉じゃない。でもそれはナントナクそれがそうだという漠然としているけれど、これがそうだという確固たる確信のことです。
 自分の心の奥底の声がを感じれるようになると、他の人の心の奥底の声も感じることができるようになる。なぜか。それは自分の心の奥底の声もその人の心の奥底の声も同じだから。同じ良心だから。そうか、人の心の奥底ではみな繋がっているというのはそういうことだったのか。



本人が一番お気の毒。

 だから、自分の心の奥底に声に耳蓋をしているのに悩んでいる人については「がんばれ〜。でも本当はやっぱり逆方向だよ。それ。」と思いますし、

 自分の心の奥底の声に耳蓋をしてブイブイ言わせている人については「お気の毒。」と思います。ブイブイに傷つけられている方は本当にお気の毒ですが、そのブイブイ本人はもっと気の毒です。

 なぜなら自分が近い将来必ず迎える他界の時。その時ブイブイ言わせていた人は必ず相応の痛みを受け取ることになるから。
 誰もが心の奥底の自分に戻る。その時。自分が傷つけた人の分だけ自分が痛い思いを感じるから。という個人的に私が思っている心の風景です。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
安楽死法案を真面目に議論したらいいのに、なぜか執着させることにこだわって、もういいです、この世は…には足掻きなさい、それは駄目ですと語る人が多いけれど、それは宗教概念からくるものですか?

→ 心の奥底の自分「因子の負債を返すチャンスをようやく手にして生まれてくることが出来たのだから無駄にしないで。辛いのはわかるけれど、ここで自分で降りないで。また長い長い後悔の暗闇に残ることになるのはもう嫌だよ。」

心の奥底の自分は、本当に自分が一番聴きたくない声をささやきます。だから私は自分の心の奥底の声(良心の声)は大嫌いです。

という「大嫌いな相手と二人旅」が人生の本質という風景はいかがでしょうか。

==========
そうやって相手をコントロールしていくんだな。
思想って怖い。
…と改めて思いました。

マインドコントロール恐るべし。

→ 自分の都合の良いように善悪の境界を構築して、相手に有無を言わせない方法です。

最近の流行はパリコレですね。弱者の立場を装って強者になることではなくて、パリの流行のファッションのことです。(なんのこっちゃ)

==========
IOCから日本への賠償請求
少なくとも開催都市契約の中に、根拠を見たことがありません。
従って青天井か否かを含めて、その存在自体が不明です。

→ 下記をご参照ください。
「36 責任-オリンピック競技大会の開催取り消し
(略)
2. NOC、 OCOGあるいは開催都市によるオリンピック憲章違反、 IOCの規則や指示の不履行、 または義務違反があった場合、 IOCは開催都市、 OCOG、 NOC によるオリンピック競技大 会の組織運営を取り消す権限を有する。 この取り消しはいつでも行うことができ、 即時有効となる。開催取り消しにより生じる損害に対する IOC の賠償請求権は保証される。」

東京都や日本政府はオリンピック開催に向けて努力することをIOCに約束し誘致したのですが、IOCは開催を支持すると発言している中で、東京都や日本政府が「やっぱ出来ません。降ります。」ということは、義務違反と主張できるでしょう。
IOCがやれると言っている間は、東京都も日本政府も「やります」としか言えない事情です。

参考過去記事:【国家破産】オリンピック中止で日本が世界中に支払う賠償金。
https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/e/712364dbd633824aad3a55d4a3f23c99

==========
お手数ですが、このスライドの5枚目 1918 H1N1 influenza pandemic のグラフをみて。これは「すべてのpandemicの母」って言われてる有名なグラフで、人類が初のウイルスにさらされたら、「わくちゃん無しなら大体こんな感じで3回の山が2-3年ぐらいくるわよ」っていうのよ。

https://37b32f5a-6ed9-4d6d-b3e1-5ec648ad9ed9.filesusr.com/ugd/28d8fe_1ca60c7d40d141b89dbf26c7afb9f50b.pdf

2回目の山は大きくて若者も沢山かかるんだけど、これは初めてのインフルに自分の免疫が訓練出来ていないから起こるのよ。特に若者って初回は自然免疫で抑えてインフルにかかってない人も多いからね、一回目で作戦練ったインフルちゃんが少し手を変えて2回目に再アタックしてくるの)、この2回目の山の後、多くの人が自然の自己防衛システムの訓練が出来て3回目の小山の後はだらだらと普通の感染症になってたわ。

今回のころちゃんも、だいたい、わくちゃん打つ前は良く似た経過をたどってたわね。でも今回はわくちゃんをすごいスピードで作って、イギリス、南アメリカ、ブラジルなんかで夏の終わりから治験したでしょ。(この三か所から大きな変異が出現は偶然?:訳者の声)その上、大規模にキャンペーンで世界中でうちだしたから、しばらくはうった国は感染が一時期急増してるでしょ。日本の場合もそう。(先行接種始まってから、フタコフ゛らくだ様の急増ですね:訳者の声)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html
その後、多くは感染者が一度落ち着くんだけど、わくちゃんのお陰っていうのは早急よ。特に日本なんか、未だほんの少ししかうってないんだから。人の動きと感染動態はそんな単純な物じゃない。また、パンデミック時は、ころちゃんが市中にうようよいるから、かかる人はかかって、自然免疫の強い人はかからない、かかってるけど無症状のひと、これらに落ち着いて次第にピークが下がるのよ、自然にね。自然の感染過程でも無症状感染者が無自覚スプレッダーになるんだけど、自然の場合は数もそこそこでしょ。その内みんな優秀な自身の自然の免疫が応用力持って対応できるから、山は下がって次第に小さくなる。で普通の感染症に数年でおちついてたわ。
でも、今回は違う。わくちゃん打った人もスプレッダーになってる可能性があるから、人工的な侵襲が加わる人類初のケースになる。打てば打つほどその後に山がくる。やがて下がって、落ち着いてる間に免疫不十分者から変異株が、でまた、それに対応するわくちゃん開発。きりがないわね。もう訳わかめに、、、。
もう一つ、やっかいなのは、今打ってるのが1年前の初期株に対するわくちゃんて事。初期タイプにめちゃくそ強力な抗体価をつけると、自然の本来の応用の利く免疫反応は抑制されるの。だから亜種が来ても体は初期株しか見てない。よそ見中の迎撃手なんか突破は簡単よ。だから、2回打ったら、アフちゃんタイプに8倍もかかりやすいの何で?なんて報告がでる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/430242e9f84211144adb9c1f186dfee06741f37b

→ 翻訳情報ありがとうございます。大変参考になりました。

==========
精神疾患で苦しむ親族や友人がいたため、同情と共に、頑張って欲しいという気持ちはありますが、ではどうすべきなのか。理想と現実はどうしても食い違ってしまいます。

→ 経営者の判断の問題だと思います。現場にしわ寄せがいく問題になりがちですが。しかしいずれにせよ難しい問題だと思います。
コメントありがとうございます。

==========
少数派に気づかない日本は悪いみたいな。

→ 世界で流行っているパリのファッションですね。

==========
昨年かかった人
昨年自然にかかって治った方は自分のしっかりとした本来の免疫で対応出来る可能性高し。自然感染の場合、抗体価が暫くして下がるのは、亜種が来た時、過去の記憶に拘りすぎず臨機応変対応の賢さのためかも。現に軽症の人は抗体価が低く、重症は抗体価が高くなる。
再感染の方はご自身の免疫が弱っている可能性は?発酵食品、ビタミン、睡眠、適度な運動、心配しないで心でいってみては?整腸剤には中年以降はビオチンを併用を試してみて。
折角、自分の自然免疫を鍛えてるのに、ゴリ押し遺伝子タイプを無理矢理入れるの勿体ないです。それも同じ初期型のものですよ。

→ コメントありがとうございます。

==========
普段弱者に寄り添うはずの自称リベラルが。何やってんだ

→ 自称リベラルの方の本性は「自分が強者になって人を支配する」ですから、弱者に寄り添うのは見かけだけ。今流行りのパリのファッションにのっかています。

本物のリベラルの方は違いますが、そういう方はそういう声の上げ方はしていませんです。

==========
 動画の感想です。やはり究極的に善悪の判断基準は神。神だけが人間や物事の善い悪いの判断が可能と思いました。
では神とは、まして神の意思/意志とは?これは人の数だけの、答えのない答えがある事でしょうね。

→ 心の奥底の声。羅針盤。

でも耳が痛い言葉なので、それを避けて、外にある神様の言葉(?)を都合よく解釈して言い訳にするというのが、これまで多くの人類一人ひとりが繰り返してきたことだと思います。

==========
憲法改正案、97条の基本的人権の項目が削除されるのをご存知ですか?
https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/pamphlet/kenpou_qa.pdf
ソースはこちらでよろしいでしょうか?

→ 97条は削除していますが、基本的人権については11条に述べられています。
「国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利である。」

97条を削除したことをあたかも改正案が基本的人権を削除したような内容だと勘違いするようにに誘導する人たちがいるということでしょうか。

==========
全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

憲法は国家権力を制限し、国民の権利自由を守るものではないのでしょうか。
国民が憲法守れになっちゃってます。

→ 憲法とは国家も国民も含め、その国に住む人達が「自分たちの国をどのような国にしたいか」という目指す姿を文章にしたものだと思います。

ちなみに「憲法は国家権力を制限し」とはどなたの言葉でしょうか。ソースはありますか?

==========
ああいう思惑を一人の選手に向ける輩の末路って。南無としか感想はありません。

→ 私の心の風景も同じです。南無です。お気の毒。

==========
「キャリー・マディ医師が伝えるワ◯◯ンの真実」という動画がありますので、是非検索してご視聴ください。

→ こちらですね。情報ありがとうございます。
https://youtu.be/4WybpDpjy3A

==========
相手を思い遣る心があるのが日本人であり、それもない人間は日本で生きていく意味はないのではと思います。

→ 多くの大多数の日本人は日本人の心を持っていると思います。

==========
人から悪行と思われている行為でも、本人が悪行と認識していない人は、認識して罪悪感を感じた人よりカルマとしては軽くなり罪が軽くなるのでしょうか?

→ 心の奥底の心。その声がなんと言っていたか。

多くの場合は、心の奥底の声に蓋をして、表面は悪行とは思っていないことではないかと思います。

==========
接種済みの人達は「もう接種済みだから」と胸を張って「だから大丈夫よ」と言わんばかりです。そして「あなたは打ったの?」が口癖です。この州にいる限り肩身の狭い思いをすることになりそうです。

→ 数ヶ月の様子見だと思います。

==========
ヤマトの国の古代イスラエルの血を引く縄文の民たちがさまざまな災いを
ナンとかすり抜けながらヤマトにとどまり守ろうとする。モーセのような
強大な指導者はいないけど、ここでは一人一人が守りびと。異邦人でも日本が好きな人はと受け入れる。
…でも侵略者たちを上回る知恵と勇気が試されている。苦難の末に新しい国ができて行く...かもよ。

→ コメントありがとうございます。エデンの園に戻る旅ですね。

==========
でも、創造主は、一人なのでしょうか?

→ 一人ひとりの心の中に答がある。 という風景はいかがでしょう。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (34)   この記事についてブログを書く
« 【加速】 人は自分の意思で自... | トップ | 【mRNAワクチン】 トゲトゲ... »
最新の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-05-19 23:51:44
付記)
良心の声に蓋がされて、自分では何が正しいのか分からなくなっている、、、
という意味のね。

でも自分がされたら怒り狂う人だから、あの人は。
本当はわかっているのよ。
Unknown (Unknown)
2021-05-19 23:45:20
家庭を持つ○倫願望の主婦にも正にこのことが言えますね。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 13:35:24
まるぞうさん
ドラゴン桜を見てますか。
パート2が始まりました。
〜バカとブスは東大へ行け〜

三話も、良かったですね。
主人と二人で見て、覚醒されました。

人を叩く事で優越感を感じるのは、馬鹿だからだ。
世の中の実態や仕組みを知らない、物を知らない馬鹿だ。
いま、世界は疫病や天災で、経済が麻痺している。 
もう、かつての常識は通用しない。

世の中は自由だ
国民は平等だ
差別なんかひとつもないと、刷り込まれた。
だか、現実は、そうじゃない。
どんなに努力しても、力を振り絞っても、
本質を見抜けなければ、権力者と同じ土俵にすら立てない。

何の疑問ももたず
何も調べず
何も知らない
ただ、ひたすらに制度に従い、働き続け、
税金を払い続ける国民であって欲しい。
その方が国にとっては都合が良い。
ホンネは、国民には、馬鹿のままでいてもらいたい。
馬車馬であって欲しい。
ルールを作っている奴らは、この状況が美味しいから、こういう仕組みにしている。
〜一生騙されて
一生高い税金を支払い続ける〜
誰がこの仕組みを作ったのか、
その本質を見抜き、自分なりの答えを出せる力をつけろ!
その時、初めて、馬車馬から人間になれる。

勉強は、この国で許された唯一の平等だ。
搾取されるだけの人間になりたく無ければ、
不満ばかりの人間になりたく無ければ、
勉強しろ。

良いドラマでした。
しみじみとみました。

今朝さっそくニュースを見て、
主人と「このニュースの本質は何か」を、話し合いました。笑
馬車馬でいてはもったいない。
疑問を持って、
自分で調べて、
自分なりに、本質を見抜く力を持ちたいと、しみじみ思いました。

まるぞうさんのブログとお仲間のコメントは、本当に勉強になります。
改めて、感謝申し上げます。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 09:47:38
少しお邪魔します。
障害と一括りにすると難しくなりますね。脳が当たり前や思いやりへの感謝を理解出来るかどうかによるのかと。障害や制度以前に理解できてそれをしない、まるぞうさんがよく言われる半分をお互いしないから問題が起きるのかなと。結局はどんな人でも人間性が大事になるのかなと想像します。
現実世界には全ての人に色んな種類の差があるので、もしかしたらこの世では諍いを全く無くすことは不可能なのかも知れないと思うこのごろです。
Unknown (竜宮乙姫)
2021-05-12 09:12:34
まるぞうさんを論破することで、ここに集う私たちも貶めたいのでしょうか?
全盲の弁護士、わきまえない女、A新聞、お察し案件ですね。
Unknown (unknown)
2021-05-12 08:01:21
車椅子問題は、努力目標です。その目標は正しいと思う。でも性急で、強引なやり方がひどい。人員配置にそんな余裕があるはずなく、4人も集合させて、本来の部署は手薄になったはず。他の乗客が危険に陥った可能性だってある。
 どうせ、本来はそんなことしなくていいはずって言いそうですね。。事故にならず良かったです。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 06:19:44
>レストランで「本当はあなたに食べさせたくないんだけど、今回だけ特別に食べても構わない。どうぞ」と言われて、食べるごはんは美味しいですか。


階段しかない、夫婦で切り盛りしているようなレストランに忙しい時間帯にわざわざ行き、下まで迎えに来て、前日までに予約してないけどコース料理を食べたい、30分前には席の予約したんだから。と要求して、お店の人が搾り出した妥協案を渋々受け入れてあげたけど、後から食べ○○などでこき下ろすみたいな印象を持ちました。(批判ではなく、そういう印象を持っただけです。誤解なら申し訳ありません)
障害者、健常者関係なく社会で平等の恩恵を受ける為のマナーは守りたいものです。 


でも、この件のおかげで、弱者であることを政治利用する人たちもいることが公になってよかったです。伊是名さんはそういうつもりではなかったとしても(!?)そういう印象を与えてしまったことはもう取り返しがつきません。(社○党常任幹事…)
どんなに頑張って主張をしても、結果、障害者、健常者を対立させてしまっています。障害者とかかわる健常者の声にも耳を傾けて欲しいです。健常者のくせにそんな権利を主張してはダメですか?

(わかり合えないとわかっていながら不毛なことを長々と書いてしまいました、コメント増やしてしまってすいません、住む場所を分けるしか解決しない気がする)
Unknown (Unknown)
2021-05-12 05:05:06
どちらの人権を優先する?

架空のお話です。

①JR職員
車椅子ったって電動車椅子だぞ?何キロあるんだ?
しかも階段だぞ?
腰やばいから拒否できないのかな?
運送屋じゃないし、業務に重量物の運搬があるなんて聞いてないよ。
怪我をするまで泣き寝入りするしかないのかな?
俺たちに人権はないのかな?
落として壊したらどうなるのかな?100万円とかするんだよな?会社の保険使えるのかな?
派手な抗議をしなけりゃ状況は変わらないのかな?

②産業医
「職場における腰痛予防対策指針」
男性:重量制限はおおむね体重の40%以下
→60kgの男性四人だと96kgまで
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034et4-att/2r98520000034pjn_1.pdf

努力義務のみとは言え、労災で争うと負けるリスクがあるのでこれに従って下さい。
え?無理?人権をなんだと思っているんですか?

③例の車椅子
写真とカタログを見比べると、見た目は明らかに「リフト機能付き」(座面が持ち上がっている)&「大型バッテリー搭載」足の下部分までバッテリーが飛び出している)。
https://www.asahi.com/edua/article/13162758

カタログでは標準バッテリーの状態でさえ105kg or 108kg。
http://www.saitokobo.com/wp-content/uploads/2019/08/レルミニスペック19年.pdf

だけど所有している本人が「約80kg」と言っているので、カタログが間違っているに違いない。もしくは特注品に違いない。

④よかった
階段を運んでもらっている時は、荷物の入ったバッグを複数付けたままだったので更に重たかったと思うけど、電動車椅子は80kgしかないからセーフ。
よかったよかった。
https://mobile.twitter.com/izenanatsuko/status/1378535246841274371/photo/1

⑤俺たち人権派
100kg前後の重量物を人力で、しかも階段を移動させるような事を放置してはならない。

電動車椅子の大きさ・形状から考えて、5人以上で運搬する方法も難しい。

人権を守るためには重量級の電動車椅子を人力で階段を上下させる事自体、選択肢から除外すべきだ。
人として当たり前の権利だ。

。。。サービス提供者も障がい者も、お互いに少しずつ歩み寄って共に幸せになれるような社会を作っていきたいですね。
あぁ、多くの人は実践してるか。
Unknown (250389)
2021-05-12 03:15:28
沢山の段差や凸凹、不足感を思いやりみたいなもので、ピースをうめていけたらいいなぁ。。と思ったりします。心のうえのバリアフリーといいますか。。なんなら手を加えすぎず、足りないままの場所も残っててくれたら人の気持ちが入る場所にもなったりして。助け合ったり声掛け合ったり微笑みあったりしながら関わって行くことを見たい存在もいるのだろうなぁと勝手ながら思ってます。
Unknown (きょうのこ)
2021-05-12 01:55:52
まるぞうさん、深夜遅くに失礼します。

潜在意識を操ろうとすると表面意識である自我が増長(暴走)する、というのが私が感じたことです。潜在意識に関する本を手に取った一人でありまして、その昔。

出発点はユングの「偶然は意味ある符号の一致」という、集合的無意識に対する興味でした。ただユング心理学は難しく、そのうちアラヤ識(また集合的無意識としてアラマ識)に行き着いたのですが、そのうち気づきましたのは、何かを成就するためや(まったく無かったとは言い切れませんが)自我を強くするために深層意識とはなんぞやと探求したいというわけでなく、私にとってはむしろ自我を小さくしたい、といいますか(そして自我を小さくしたいと思うとこれまた大きくなるんですよね、やっかいなるかな)。潜在意識に取り込まれたいというのでもなくて。

かといって自我がないとやってけませんしこの世では。ともあれ、潜在意識を意識すればするほど、表面意識も大きくなる感じがしてしまいには自分を勘違いしそうで、自然とそういう探求法から遠ざかっていきました。集合的無意識に対する憧憬のようなものは変わらずありましたが。

それから10数年経ってあの道を知り、「自我と真我の差を取る」という視点にしっくりくるものを感じました。幸いなるかな。むろん簡単ではないし、すぐにジャック(私の天邪鬼の名前)が矛盾を指摘してくれるんですけど、余計なお節介にも(ーー;)

余談が過ぎましたが、「潜在意識の声を聞く」。心にメモ致します。声の聞ける状態であるよういろいろ努力するのが自我の喜びと感じられれば、少しは差が取れるかな、などと。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 01:18:02
「障害者ががまんすることで均衡が保たれる社会に異を唱えているのであり」

あなたは、正義感のある良い青年ですね!

法学部の学生さんでしょうか?司法試験を目指されている方でしょうか?あるいは身内や知り合いに障害者の方がいて、悔しい想いをしてきた方なのでしょうか?

ご説ごもっともです。

しかし社会では苦労するように思います。まぁ、それもまた人生。だんだん苦労しながら丸い石になります。ただあなたの真面目さを利用しようとする人もいることを頭の片隅に入れておかれた方が良いかなと老婆心ながらに思いました。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 01:08:33
ボッシュ博士

勝手ながらボッシュ博士関連で感想をいくつか。。。
あと、ビデオのフットボールに例えた解説はあまりにも酷い内容なので今回はスルーさせて頂き、ボッシュ博士の主張に対してのみコメントします。

①自然抗体 or 自然免疫?
免疫抑制的な働き(免疫破壊?)をすると言っていますが、自然免疫に対するものなのか自然抗体に対するものなのかがよくわかりません。ご存知の方がいらっしゃったら情報共有して頂ければ幸いです。
なお、ばらまいたお手紙を見る限り「provide for long-lived suppression of their innate immunity」とあるので自然免疫っぽいのですが、ビデオだとIg-Mがどうの、と抗体っぽい話もしています。
ttps://www.dodychiro.com/wp-content/uploads/2021/03/Geert_Vanden_Bossche_Open_Letter_WHO_March_6_2021.pdf

※このお手紙を見る限り、免疫抑制の機序については説明がありません。単に「変異株になると抗体による免疫システムを突破されやすくなる」「だから自然免疫も抑制される」としか言っていないように思われます。

※HPのQ&Aでもなぜ免疫抑制が起きるのかにかかる話は出てこないようです。
ttps://www.geertvandenbossche.org/faq

※仮に免疫機能が「破壊」された場合、長期的な副反応がどうこう言う以前に、日和見感染症で短期間に死者が続出するものと思われます。

※人工的な抗体という意味かもしれませんがmRNAワクチンで作りだすのはスパイク蛋白の一部分(これが抗原となる)であって、抗体そのものを直接作り出す訳ではありません。


②変異株の出現促進?
ボッシュ博士はワクチンを接種するとワクチンに耐性を持った変異株の出現を促進すると主張しています。
耐性菌でも基本は同じだと思いますが、より正確にはワクチンのある環境下では耐性を持ったモノだけが生き残り耐性のないものが淘汰されていくということだと認識しています。
つまり、ワクチンの接種そのものが変異株の出現を促進するのではなく、変異株が生き残りやすい環境を提供するだけと考えます。
一方、新型コロナウイルスは一本鎖RNAウイルスということもあり、ワクチン接種の有無にかかわらず変異は一定割合で常に生じています。

したがって、変異株の出現をなるべく抑えるには全体数を減らすほうが効果的と考えます。
つまりワクチンが一定以上の効果を示しているならば接種を続けたほうが良いということになると思います。

③変異株への対応
仮にワクチンの効き目が悪くなってきた場合であっても、変異株に効くワクチンを別途製造すれば特に問題はありません。
種が変わるような大変化でもない限り、変異したスパイク蛋白にあわせてワクチンを製造することは、少なくともmRNAワクチンなら短期間で大量に製造することが可能です。
原理上、狙ったたんぱく質を自由に発現できるので変異株のアミノ酸配列が判明すればすぐにでも大量に製造可能です。

④NK細胞ワクチン?
お手紙の最後は、「私が開発しているNK細胞ワクチンを使えばすべての問題が解決する」旨の内容でしめられています。
数多くの医薬品メーカーを渡り歩いてきたので、今開発中のワクチンの宣伝でしょうか?それとも資金獲得狙いでしょうか?

⑤無症候性感染の拡大
変異株出現促進の根拠の一つとして、「ワクチンによって症状のない感染者が増え感染を広げる」という主張がありました。
症状のない患者における変異株の出現率が上昇するということではなく、あくまでも感染者数が多くなることによって変異株が増えるという理論のようです。

つまり、感染者数を抑えることが出来れば問題ないということになります。
まだデータが不十分ですが、ファイザーのワクチンなどでは感染予防のデータも少しずつ出てきたので、蓄積を待ちたいと思います。
またベクターワクチンについては、アジュバント(自然免疫増強剤)が添加されているので、こちらも今後の研究結果を待ちたいと思います。

⑥変異すると
ワクチンへの抵抗が高まることがありますが、これは感染性を高めて生き延びるつまり種の保存のための自然の摂理です。
同様に一般的な進化の方向性としては感染性が高くなるほど毒性は弱くなります。
宿主を殺すのは自殺行為なので、最終的には共生の道を選ぶのが一般的です。
仮にワクチンによって抵抗性(感染性)が高まった結果毒性が下がるのであれば、共生の道に繋がるかも知れません。

ワクチン第二弾、第三弾を製造する際にはあえて感染力の強いウイルスには効果が弱い(毒性の強いウイルスには効果が高い)ワクチンを選択するという戦略(撲滅ではなく共生を選ぶ)もありだと思います。

※新型コロナウイルスは人獣共通感染症であり一般的に撲滅は非常に困難。

⑦個人的には
自然抗体(自然免疫ではない)なるものの臨床への影響(効果)を示すデータがあるならば非常に興味があります。
また、mRNAによって誘導される抗体がIg-Mを無効化するなど免疫系を抑制する働きがあるならば、確かに免疫システム全体が機能低下してしまうので大問題です。
しかし、いずれも具体的なデータが何一つ示されていません(定性的な理論すら見つかりませんでした。抽象的な「infection pressureが高まる」という表現ばかりです)。
免疫抑制にかかる具体的なデータがあるならば速やかに示して頂きたいところです。

「自然放射能は安全だけど人工放射能は危険だ」と同じレベルにならなければいいなと思っています。

※最近のボッシュ博士の主張を見ると免疫抑制のトーンが薄れ、無症候感染者の多さと新型コロナウイルスの変異の速さを二大理由としているように見えます。
ttps://37b32f5a-6ed9-4d6d-b3e1-5ec648ad9ed9.filesusr.com/ugd/28d8fe_1f93bcf9dc634708b385006154a597c6.pdf

個人的には、「高リスク群にはワクチン接種推奨、それ以外には非推奨」派です。
Unknown (北のおばちゃん)
2021-05-12 00:28:12
伊是名さんの件で、皆さんのコメント参考になります。
コメを見て思ったこと。

権利は、理論上はみんなどんな人も平等に手に入れられることになっているけど 、実際問題として有限で限りがある。

①私はこれとこれと、後、それもほしい。
言わなきゃもらえないんだから。
そして、あなたが持っているものは全部ほしい 。だって当然の権利なんだもん。

②私にもほしいものはたくさんあるのだけれど、今、あるのはこれだけなのよね 。
うーん。どうすれば、ちょうどよく、半分こできるかな?
一緒に考えてくれる?

①は、ほしいものが手に入っても当然。だって権利なんだから。
②は、ほしいものが手に入ったら、何だか、自然と「ありがとう」って言っちゃう。
 
‥‥とこんなことが頭に浮かびました。
Unknown (Unknown)
2021-05-12 00:25:24
まるぞうさん、今日もありがとうございます。
明日も心の中のお天道様が曇らないように気をつけて行こうと思います。皆さんと繋がっていると思うと嬉しいですね。
Unknown (なのみーな)
2021-05-11 23:38:58
ワクチンは効く、について、私は抗がん剤のことを思い出すのです。
抗がん剤は効きます。ただ、効くの意味が、医師と患者では違うのです。
効くというとき、患者は体調が良くなる(治る)ことを期待します。しかし、医師は腫瘍がちいさくなることとか、マーカーの数値が良くなることを効くと言うのです。
だから、効くからと抗がん剤の投与を了承した患者は、絶望的な具合の悪さ(しかもそれが一生続いたりする)を抱え、一時はがんが縮小したとしても多くはまたひどくなりました。そしてある日突然医師からもう治療はできないからホスピスへ、と手を離されるのです。
医師は治るとは一言もいってません。でも限りなくそう思わせるような話術を使い、専門家として当然のように術後抗がん剤を勧めてきます。
亡くなる頃には、こんな結果になるなら抗がん剤はしなきゃよかったと悔やむ人が多かったです。そもそも欧米人の体格を基準にした標準量は日本人には多すぎます。
体力のある人ならともかく、自分は抗がん剤で簡単に死ぬ側だわと思い、断ったとき、医師の圧は相当なものでした。そこまで言うなら、と迷いもしました。
でもその直後、偶然同じ医師のおすすめの治療で死ぬ思いをし、再発もしてしまった、背格好の似た女性から直接話を聞き、これはなんと言われようと絶対にやってはいけないと思いました。

この経験があるためか、今話題のワクチンも同様と胸の中の警報が鳴るのです。
予防接種で日常生活が立ち行かない程度に具合が悪くなると思ってます。
コロナに罹らない(かもしれない)と、一生続く不調、を天秤にかけたら、とても受ける気になれない私です。

だから週末に接種予約をしている米寿の父の、考えが変わらないかなあ、と思っています。
せっかく今、元気でいられるのです。残り少ない命をなんだわざわざ不調にしたがるのか。その辛さは、なってからでは取り除けないというのに。
これまでの生活をしていればコロナに罹らないでやり過ごせるのに。
Unknown (たま♪)
2021-05-11 23:14:00
制度がないと感謝さえ出来ないような人間にはなりたくない。

>障害者ががまんすることで

障碍者以外は全員我慢していないとでも?


これ以上は平行線。
もうやめます。
不掲載でも構いません。
Unknown (2021-05-11 15:59:18)
2021-05-11 22:15:17
あと、「結果的に介助してもらえたのだからいいじゃないか」についてですが、よくないです。
それは支援を受けられるかどうかが、そのときの支援者の状況や気分で左右されるからです。きちんとした制度と人権意識に支えられた、安定的、絶え間ない継続的な支援でないと意味がありません。

この意見に対しての答えは、先日の全盲の弁護士・大胡田誠氏のインタビューのこの部分をお読みいただくとわかります。


ーーーーー
ーー最終的に目的地である来宮駅についたのに「乗車拒否された」と主張することは正しいのでしょうか。

大胡田:主張には、正当性があります。JRのサービスの内容には、単に場所を移動させるだけではなく、快適に列車を利用させることも含まれると考えます。本件では、結果的に介助が提供されたわけですが、小田原駅のやりとりの段階では、来宮駅での介助を拒否していたという事実は無視できないと思うのです。

レストランで「本当はあなたに食べさせたくないんだけど、今回だけ特別に食べても構わない。どうぞ」と言われて、食べるごはんは美味しいですか。

JRが提供するサービスには、移動と、それに至るプロセスも含まれていると思います。

差別解消法の「対応指針」で、国交省は、鉄道事業者として「障害者からの申し出を把握したら、できるかどうか検討・調整しなければいけない」と定めています。

「伊是名さんはわきまえなくていい」全盲弁護士が受け止めた「捨て身の覚悟」
4/13(火) 19:09配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/90431fec1da719613b3a7dc74696ff57a16eb8fd
ーーーーー

レスが多いのでひとつひとつお答えができませんが、だいたい反論は同じ内容なので、「人権を守られるために感謝をすることが条件になることは制度上ない」というのは私の意見ではなく事実であることを繰り返し述べておきます。

異論のコメント者に対する答えは、大胡田弁護士の記事にすべて書いてありますよ。

これまで読んだ反論のなかには、定められた制度を名実ともに実現するためのご意見は残念ながらなかったです。反論のための反論で、その反論の通りにすると、障害者と健常者の享受する権利の差が埋まらないのです。
障害者ががまんすることで均衡が保たれる社会に異を唱えているのであり、伊是名さんを擁護しているのではないことも再度申し添えます。

伊是名さんだけではなく大胡田弁護士も同じようなことを訴えていますね。そこをよく読んでいただきたいです。長文が嫌なら読み飛ばしていいですよ。

池江璃花子選手についてですが、私もちょうど考えていました。でもここでそこまで言及すると話が広がりすぎますので。象徴的ではありましたね。
Unknown (パイナップルナッツ)
2021-05-11 21:49:34
毎日の記事、参加になります。ありがとうございます。
質問、よろしくお願いします。
成功への道、潜在意識の心の声ですが、
耳が痛いなと思う声と、普段から嫌だとなと思っている心。これの差がわかりにくいです。
例えば耳が痛いなと思う内容は、私はデジタルが苦手で、お客様からデジタルの質問があると上手く答えられなくて、注意を受けることもありました。これはもっと勉強しなくてはいけない耳の痛い内容と捉えているのですが、会議や、プレゼンなどは苦手で、一番嫌いな内容です。
これも、やはり心の奥の声では、準備をして逃げずに受け入れるのがいいのでしょうか。
私は、勤続三十年を迎え、あと十年で定年ですが、
美容関係の仕事のため、若い方が多く、50歳以上はほんのわずかしか働いておりません。60歳を過ぎても働ける仕事を探して、美容の仕事は引退し、准看護師を目指そうかとも考えているのですが、表面意識で今の仕事の嫌な内容が、本当は結局は良い事なのか、心の奥の声の見分け方がまだ、わかりません。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 20:47:32
単純化すると「クレクレくん」か否かに思えます。
障害者だと人数がすくないので自分ごとと考えづらいですが、
雇用保険で考えてみます。

雇用保険はそれこそ、労働者にとって当たり前の権利と思われています。権利意識の強い人は、「雇用保険は半分会社が負担して当たり前じゃん』となりますが、果たしてそうでしょうか?労働法の雇用保険法を知ってるのか?と噛みつかれそうですが。。。

しかし雇用主が半分負担するのを当たり前と捉えるか、感謝すべきと捉えるかは人に依ると思います。
クレクレくんなら、当たり前の権利ですが、私はこれも感謝した方が良いと考えます。(まるぞうさんの考えは知りませんし、あえて表明する必要もないと思います)コメント欄が荒れるでしょうから。

ここはまるぞうさんの備忘録ですから、今後まるぞうさんが障害者となったときに、権利を主張してしまわないように自制を込めて記載されてるのだろうなと思います。クレクレくんにはならないぞと。違っていたら済みません!
まるぞうさんは、もっと深く考えてそうだから、違ってる可能性高いですが。。。
Unknown (SHO_KO)
2021-05-11 20:23:48
まるぞうさん、更新ありがとうございます。
本日の自由なオススメ
・『信心婆さまと欲深和尚しんじんばさまとよくふかおしょう』― 青森県 byフジパンHPより
文章でも読めますが、上段の再生ボタンを押すと朗読で聞くことができます。
親子でなくても、単純作業や移動中BGMとして聞いてみるのもおすすめの日本の昔話いろいろ。たまには目を休め、ゆったりとした朗読に耳を澄まし想像の世界にひたってみてはいかがでしょうか(^^)
https://minwa.fujipan.co.jp/area/aomori_041/
これは掲載お願いします!! (たま♪)
2021-05-11 20:13:54
私は、社会福祉にわりと興味があります。
大学も社会福祉系の大学に行こうか迷いましたが、結局違う学部を選んでしまいましたが。
ですので、北欧やカナダのようなバリアフリーが普通に進んでいる国に興味はあります。
ただ、そのようなバリアフリーが進んでいる国であっても、事前に連絡は当然必要なようですよ?

https://article.auone.jp/detail/1/3/6/7_6_r_20210423_1619123282414411

私も、カナダのバンクーバーのように車椅子の人が普通にどこでも行ける社会は理想だと思います。(カナダでもバンクーバーだけですよ?田舎まで全部バリアフリーだと勘違いしないで下さい)

バリアフリーにはお金も労力がかかるのです。これが当たり前だ!剥奪しやがって!と声高に言われると、社会福祉自体に興味がなくなってしまいます。こんなイヤなヤツのために何かを考えるなんてイヤだよって初めて思いました。

今まで、バンクーバーとか北欧のように、日本でも、もっと障碍者の方の暮らしを良くしたいという話を聴いたり調べたりするのは好きでしたけど。

人権人権!剥奪剥奪!って叫ぶコメントを読んで、初めて、もう福祉について考えるなんてイヤだ!!!って思いました。

社会福祉に興味があって、どうにかしたいと思っている人間であっても
それが当たり前だ!と叫ばれるとやる気がなくなるのではないでしょうか。
まるぞうさんが何度も、逆効果だ、車椅子の人達が迷惑を被っていると仰ったのが、まさにその通り!って思いました。

バリアフリーなんて、都会のお金持ちの駅でしか出来なくて当然です。
後進国では車椅子で塗装された道路さえないように。
日本には、塗装されていない道路だってまだまだあるわけです。田舎のおじいちゃんおばあちゃんが歩き辛い道だってあるわけです。

田舎の人間には塗装された道路などいらない、そんなことより全ての駅でのバリアフリーだ! みたいな自己中心的な身勝手さを障碍者の人がするのならば、

だったら障碍者の方への福祉じゃなくて、老人福祉に力を入れよう みたいな気持ちになる人の方が多いと思います。
(極端な例を言えばですけど)

車椅子の方が好きな場所にラクに行ける社会は良いと思いますが
同じように、老人介護問題も大事な事だし、
小さな子供や、病気の子が安心して暮らせることも大事です。
全部大事な事です。

税金も予算も限りがあります。
そんな中で、自分の希望ばかり「当たり前だ」と主張していたら、通るはずのバリアフリー計画でさえ、頓挫しかねないと思いました。
Unknown (あともう一つ、連投ごめんなさい)
2021-05-11 20:08:40
>伊是名さんや私のような意見を持つ人達を「エセ弱者」と誹謗しているだけでしょう。
これはまるぞうさんに申し上げにくいのですが、良心や感謝を謳うブログで、自分とちがう意見を持つ人が真剣に話しているのを「弱者の立場を装って強者になる」とスティグマを刻み「パリコレ」と揶揄するのは、誠実ではありません。

池江さんの事はどのように思われますか?
自称リベラルは、車椅子の方を応援してますが、反面池江さんに対してはなかなか酷いことを言ってました。
これだから自称リベラルは弱者を利用して世の中を思い通りに動かそうとしてる輩、と私は感じてしまう。
車椅子の方に政治が絡んでたとなると…
弱者の立場を装い強者になる、の言葉のまんまじゃないですかね。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 19:03:44
>障害者も健常者と同じレベルで移動が自由にできるようになるにはどうしたらいいとお考えなのでしょうか。
まるぞうさんではないのにすみません。
健常者で病気、障害者の支援を受けられないと書いた者です。
駅の問題ですと、国営ではなく私営なんですよね?違ったらすみません。
税金で何とかしろーとできないので、車椅子の方を応援します!と主張されてる方々が駅に寄付をするとかどうでしょうか?
反感は買いましたが、応援する方もいるのでその方達で支援を、というと冷たく思われるかもしれませんが
あと、お金配りの前澤さんにアピールしてお願いするとか?
でも今後車椅子の方はこの駅を利用されますか?
他の車椅子利用者は今後この駅を利用しますか?
よくよく考えて、やはり車移動が妥当だという結果になるのでは?と以上、アンポンタンな偏差値低い私の考えでした。
私は病気で…動ける事が当たり前で感謝なんか意識してなかったのは事実ですが
突然、このように動けなくなるものです。
感謝の強要という言葉が印象に残りますが、自分自身で強要、感謝に目覚めなければと今一生懸命なんです。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 18:47:36
擁護ではないといいながら長文でずっと擁護してる方がいますが、障害者だけが特別感謝しなきゃいけない訳じゃないんです。健常者も同じです。
私達生きる人全て同じなんです!
私は健常者ではありますが、病気でこの車椅子の方より行動範囲は狭いです…ても障害者とは言えない、支援もない。
とにかく特別感謝しなくてもいいという時点でおかしいな〜?としか思えないんです。
どんなに長文で主張されても、単純に感謝しなくていいという時点で同意できません。
Unknown (unknown)
2021-05-11 18:04:05
 マインドフルネスの本を書いたものですが、4回ほど前にその著書紹介の下に、出来る後輩に対しての嫉妬なんか書いて、まるぞうさんにお返事頂きました。もっと試練が待ってるというような?その節はご返答、ありがとうございました。

その事についてはまだ、咀嚼できておりませんが、自分のその時のコメントを今読むと自我バリバリだったなぁと思いました。それがこの本を成功本みたいに見せてしまってたら申し訳ないです。

自我なのか、無意識なのか、はたまた、親から受け取った自我を内在化させたものなのか、区別つけにくくて、自分の事を理解するのは本当に難しいです。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 17:39:53
障害者が合理的配慮を受ける代償として感謝をする必要はないと私も思いました。
感謝をしなくても人権は守られるのは当然だと思いました。
健常者の日常当たり前のことが障害者だけ感謝をしないと受けられないのはおかしいと思いました。
健常者は当たり前でよくて障害者だけ感謝しろと言うのはおかしいと思いました。
自分は障害者目線から一歩も動かず、健常者に障害者の基準を押し付けている状態はおかしいと思いました。
どうしたら障害者が健常者に感謝せずとも自由に移動することが当たり前に出来るようになるのかな。
やむを得ず法律で縛り、支配することでしょうか。そうすれば感謝はせずとも合理的配慮を受けられます。
違反すれば罰せられるので、障害者の方に感謝をされなくても皆ルールを違反しないよう慎重に対応しますね。感謝をしてくれる障害者の方がいても、感謝なんてめっそうもございません、そういう決まりですからと淡々と対応します。税金が上がっても皆が平等になる為ですから普通に働くことが出来ない障害者の為に一生懸命働いて払います。健常者であることは申し訳ないことですから障害者の方に納得して頂けるまで尽くします。あ、でも健常者の当たり前のことが出来るようになれば平等の立場で働けるのか。というとややこしいので、とにかく不便な思いをしている障害者に寄り添う気持ちを忘れずに、法律が整備されるといいなと思います。感謝はされずとも思いやりは持ちたいと思います。
災いを避けようと過剰な反応 (Unknown)
2021-05-11 16:13:32
結局、新興の感染症が広まりパンデミックをおこした場合、ある程度の人が感染してしまわないと落ち着かない。
過剰な刺激はスーパーバグの出現を呼ぶかもしれない。最大限感染予防しながら過ぎ去るのを待つ。
仕方ないで注意して数年過ごすしか無い。
准教授の理論に納得。著書面白いですよー。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 15:59:18
何度も言うのは心苦しいですが、障害者が合理的配慮を受けるために感謝を代償とする必要はありません。

感謝とは、自分の内面から湧き出る、あるいは感謝したいと望むものであり、他人を裁いたり評価するために感謝を持ち出すのは違います。

駅員への感謝を暗に強要する人は、まず自分が毎日駅を利用するたびに、階段の上り下りができることに深い感謝を実感しているのでしょうか。
当たり前のこと、ふつうのこととして意識にも上らないのではないでしょうか。たまに何かきっかけがあり感謝することはあっても毎回はないと思います。そしてそれは自然なことだと思うのです。
感謝をしたほうがいいに決まっていますが、それをしないからといって罰当たりとは誰も言いません。感謝するもしないも、それはその人の品性の問題であり、その品性があるかないかで人権が守られたり阻害されることはあってはならないのです。

健常者の日常当たり前のことが障害者だけ感謝をしないと受けられない恩恵になることがおかしい、ということです。

まるぞうさん、伊是名さんを批判する人達は、健常者は当たり前でよくて障害者だけ感謝しろと言っているのでしょうか。
もしそうではないとしたら、障害者も健常者と同じレベルで移動が自由にできるようになるにはどうしたらいいとお考えなのでしょうか。
そこがスッポリ抜けているんです。
伊是名さんや私のような意見を持つ人達を「エセ弱者」と誹謗しているだけでしょう。

これはまるぞうさんに申し上げにくいのですが、良心や感謝を謳うブログで、自分とちがう意見を持つ人が真剣に話しているのを「弱者の立場を装って強者になる」とスティグマを刻み「パリコレ」と揶揄するのは、誠実ではありません。

世の中は残念ながらこういう行為に満ちているので仕方がないとは思いますが、私にはできないことなんです。

議論すべきだという読者もいましたが、その読者は青い芝の会や伊是名さんの行動をパフォーマンスと批判していました。しかし民主主義がまともに機能していないからこそ、彼等はああいう行動しかとれないのだという現実をお忘れのようです。
話し合いで解決していれば、彼等がああいう行動をとる必要もないのですから。
自分は健常者目線から一歩も動かず、障害者に健常者の基準を押しつけている状態が有史以来続いている証です。
権利を訴える当事者やその支援者を「弱者を装う強者」と勝手に決めつける思考こそ傲慢だと思いませんか。
そういう人達が世の中にいるのは事実ですが、それがおまえだと決めつける、その思考は傲慢だと思います。ほんとうに良心がそれを許しているのか、私は問いたいです。
人の人格や魂がどうなのかを決めるのは神しかいません。

まずは、どうしたら障害者が健常者と同様に生活がスムーズにできるようになるか、そこを焦点に考えてみてください。伊是名さんの主張も一連の問題も肝はここです。伊是名さんの人格を貶めるようなことはやめた方がいいです。彼女の人格がどうであろうと、彼女の権利は守られるべきです。念のために言うと、あれが伊是名さんではなくてもだれであっても、です。それが日本の法律と制度になっているのですが、残念ながら機能していないのです。こういう人々の準拠枠が支配しているからです。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 14:55:27
連続投稿申し訳ありません。
先程の接種後の自然抗体破壊体内メカニズムについての動画ですが、先程のリンク先で不可ならば、こちらで見れると思います。

https://twitter.com/jimakudaio/status/1391025022525870085?s=20
Unknown (Unknown)
2021-05-11 14:48:55
接種後の副作用のメカニズムとその後何が起こるかについて、世界的プログラムディレクターの動画です。
このような経歴の方が顔出しで、文字通り全てを賭けての発言をされています。動画が上手く貼れていると良いのですが・・・。

https://odysee.com/@jimakudaio:9/HighWire%EF%BC%9A%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%83%A8%E5%8A%87%E3%81%8C%E9%96%93%E8%BF%91%E3%81%AB(%E5%AD%97%E5%B9%95%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%89%88):5
Unknown (unknown)
2021-05-11 12:26:00
そうですね。世に溢れる強く願えば成功するみたいな本は、自我を増強して、潜在意識の声を無視することになりかねませんね。

ちょっと前に精神科医の藤井英雄著「マインドフルネスと7つの言葉で自己肯定感の高い人になる」というのは、成功本とは違い、無意識の声を聴く本であると、私は解釈しました。今ここに生き、自分と他者を肯定する、感謝する。そこに具体的な願望を書き連ねるという事はありません。

ここら辺、まるで逆な事が起こってしまいがちですね。今日の記事で再確認できました。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 12:09:53
こちらも参考になりますか?
instagram.com/tv/COrQnkdjVcK/
Unknown (Unknown)
2021-05-11 11:36:11
賢い話し方ができる人が多いこの場所は本当になんなんだよ 落ち着くなぁ

2ちゃんねる全盛期と違い、ネット上での話し方も皆穏やかになり嫌な気持ちになることも少なくなりましたが
でも中には口調は穏やか風でも自分達や自分の事を正当化するだけの意見を難しげに何故か上から目線で言う人もいて
そんな場所に自ら入り込まなければ良いだけなんだけれど、昔とは違った意味で怒りが湧き上がる時があります。
そんなおかしなこと冷静に述べるんじゃないよ、周囲を洗脳させようとするんじゃないよーって。
このブログやコメント欄とは関係ない話です。

私は馬鹿だからたまにやけになってしまうけれど、そんな時はここでのまるぞうさんの語り、みんなのコメント見ると妙に落ち着きます。ここも色んな人がいて性格も考え方もバラバラだけれどそれでも落ち着きます。
いつも早く更新されないかなと来てしまいます。そして以前より自分も冷静に自分自身を省みることが出来るようになり生きやすくなりました。ありがとうございます。
Unknown (北のおばちゃん)
2021-05-11 10:32:55
>………理想と現実はどうしても食い違ってしまいます。

→ 経営者の判断の問題だと思います。…


私も今現在同様の問題を抱えています。(以前相談していただいた方で、まあ程度は違うと思いますが…。)
まるぞうさんの返答にやっと答えを見出した思いです。

私が出来る対応は色々試しましたが、やはり精神的、肉体的負担は自分が思ったより大きかったです。

出来ることはやってみたし、これ以上の対応は自分の限界を感じているので、判断は経営者に任せて少し距離を取って様子を見てみようと思います。

コメントをくださった方、まるぞうさんありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事