まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【加速】 人は自分の意思で自分を分けている。

2021-05-10 09:35:08 | 今日のひとり言

防災カレンダー
10日。新月週間。


【記者の目】池江璃花子に「苦しいです」と言わせた おぞましい匿名の圧力
日刊スポーツ 5/9(日) 9:07配信
・・・
「とても苦しいです」。

その一文に、心から血がにじみ出ていると感じた。

7日夜に池江がSNSに文章を投稿した。SNS上で「代表辞退」「五輪中止表明」を求める声が届いたという。開催に賛成するのも反対するのも個人の自由だ。だが匿名で自分に都合がいい意見を、20歳の現役選手に無理強いすることが許されるはずがない。

池江は、負けず嫌いで前向きな性格だ。4年以上担当するが、取材現場でもそうだ。必ず質問者の目を真っすぐ見て答える。SNSでもつらい心情を発することもほぼない。思いつくのは19年3月、抗がん剤治療が始まった直後の「思ってたより数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」ぐらいだ。そんな池江に「とても苦しいです」と言わせる、匿名の圧力がおぞましい。

池江は闘病中、家族に1度だけ「死にたい」ともらし、深く後悔している。何よりも命が大事であることは身をもって知っている。だからこそコロナ禍の東京五輪を俯瞰(ふかん)した時、葛藤が生まれることは想像に難くない。そんなジレンマを抱えた20歳の心を、筋違いな意見の押しつけが無慈悲に責め立てた。

そもそも東京切符は目標のパリ五輪前に思いがけず手にしたものだ。しかも池江は「ないなら次に向けて頑張るだけと思っています」としている。五輪を開催してほしいと主張しているわけでもない。

そしてもちろん五輪開催は1人の選手が決められることではない。

【水泳担当=益田一弘】
https://news.yahoo.co.jp/articles/5164b8640eb2ec96780b1b167da2e9a3b7c5b05f




心と心の距離がかつてないぐらい狭まった結果。

 昭和の時代なら、このような意見は郵送で送られたことでしょう。しかし今の時代、誰もが自分のスマホから、お金も手間もほとんどかからず匿名で直接相手に自分の意見を届けられるようになりました。

 ここまで人と人との心の間の物理的制約がほとんど取り払われたのは、今まで人類の歴史が始まって以来ではないでしょうか。
人と人の心がすぐそばにある時代となりそれが更に加速しています。



人は自分で二つに分かれていく。

 この結果何が起きるか。

 人の二分化に加速がかかっている。というのが私の仮説です。

 池江選手は、今回の件で本当に苦しい思いをしていると思います。彼女を間近で観続けていたであろう、この日刊スポーツの水泳担当者の方が発露しているとおりだと思います。

 そして池江選手の対応を観ると、本当に彼女は更に立派だなと思います。大人の対応。魂の大人です。



自分がどちらかに行くか。人は自由意思で決められる。

 人は二分化しているのは、天や神が分けているのではない。人が自分の意思で自分自身を立て分けている。そしてその傾向はこれから更に加速していくであろう。というのが私の個人的な心の風景です。



補足
 オリンピックを中止する場合、それを決断できるのはIOCだけです。
 東京都や日本政府には中止するという決定権はありません。もしあるとしたら一方的に開催契約を破棄する選択しかありません。
 そしてもし東京都や日本国(実際はJOC)が開催契約を破棄した場合は(あるいは東京とやJOCに契約遵守の努力がみられないとIOCが判断した場合は)
・IOCは東京都とJOCに(青天井?)賠償金を請求することが出来る。
・世界の第三者がIOCに賠償を求めた場合は、東京都とJOCが(無条件に)その賠償を肩代わりしなくてはならない。
というのが、公開されているオリンピック開催の契約内容です。

 もし私がIOCのブレインであれば、国際世論を煽って東京都や日本政府から開催契約を破棄するようにしたいだろうなと思います。
 だから東京都や日本政府にオリンピック中止(契約を破棄させて賠償金をたんまり支払わせる)を求める運動をしている人たちは、本当にありがたいことです。



おまけ
善と悪の境界線はどこ?


善と悪の境界線を考察するための思考実験をしてみました。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
一部の障害者は健常者におもねるからよけいややこしくなっちゃいます。

→ これがそのおもねってる人たちですね。
https://youtu.be/YqkgUypN2ZU

私は今回の騒動で一番迷惑しているのが、実は車椅子生活をしている方たちだと思います。残念ながら彼女が社会に投じた石は車椅子の方々に当たってしまっているようです。発言力という神様からの贈り物がおありなのに勿体ないことです。

==========
接種を拒否せず受け入れたとき、自分の命や身体へのリスクを考えましたが、周りに与えるリスクが減ったわけではないことを知り、接種したら安心していいなんてことは全然無いのだなと受けとめています。
かえって、これからこそ基本的な予防行動習慣と生活習慣を心掛けなければと思いました。

→ 2019年型のウイルスであれば、周囲への感染を抑える効果もあるようです。ただ2021年型のシンウイルスであれば、そもそも論という可能性がある。そのように私は個人的に思っています。

==========
チャイナのロケットの残骸の落下地点があちこちに変わっています。

→ 世界中大勢の人が注目しているならば、無難な場所に落ちるだろうと思っておりましたが、その通りになって良かったです。

ただし中国には国際駆け引きの思わぬ失点になりました。中国にとってはよくない前兆だと思います。

==========
鉄道会社のインフラ整備をという大局も踏まえての彼女の行動だったと思います。何もしなければ現状の不均衡が続くのですから。健常者の観点だけで障害者をタクシーに追いやるのはちがうと思うしタクシーを利用できない経済状態の障害者も多いのでは。障害と貧困はたいていセットです。

→ 不公正不均衡を正すように声を上げることは(少なくとも私のブログ記事と、貼り付けた動画と、このコメント欄では)非難されていません。

多くの人から協力と理解を得るには方法があったのでは?と思うだけです。
特に日本人は(他の地域の人と比べても)共感性が非常に高い人達なので、強い非難は逆効果。感謝の言葉と態度は何倍何十倍も効果的です。日本人の心に響きます。
という私の個人的感想です。

==========
バリアフリー化したくても、すぐにできない箇所もあるんでしょうが、少しでも改善されたらいいなと思います。私も母親が病気になってから「あら、ここ階段だけか。。。」とかよく思います。

→ 健常者ではなかなか気づかない視点です。改善されるべき点であることは間違いはないです。

==========
個人的には prof・Nemuro氏の投稿、車椅子乗車拒否の一考察が面白かったです。

→ 冷静で説得力のあるお話です。お知らせありがとうございます。

参考サイト:車椅子「乗車拒否」の一考察
https://note.com/prof_nemuro/n/nfaa510348412

==========
憲法改正案、97条の基本的人権の項目が削除されるのをご存知ですか?

→ ソースを教えてくださいませ。

==========
「車椅子乗車拒否のニュース」コメント欄を読んで、自分の意見は多数ではないのか、と驚きました。

→ 同じ方が繰り返し投稿している可能性もあるので、投稿数=多数とは限りません。日本人はサイレントマジョリティ(物言わぬ大多数)の傾向もあるでしょうし。

この投稿欄は社会の縮図の面があると私はかねがね感じておりまして、今回もいろいろな方からコメントを頂いて、本当にありがたいと思っております。

「JR拒否された車椅子女性」を弁護されたコメントの方もありがとうございました。非常に参考になりました。

==========
緊急事態宣言が出ているあいだに、伊勢神宮に参拝することは、やはり悪いことでしょうか?

→ もし私は私の家族であれば、自家用車やレンタカーを借りて、食事も車内で食べるような配慮をするのであれば大丈夫ではないかと判断します。

==========
車椅子問題も同じ事を言うのに批判という形で言うのか、感謝で言うのか、の違いだと思います。私はずっと最近のまるぞうさんのテーマ、感謝をすると感謝が反るという、ブーメランに賛同します。批判しないと改善しないと思い込んでる方々多いですね。伝え方が9割と思いました。

→ コメントありがとうございます。
今回いろいろな方からご意見を伺い、人は社会の中に生きていると思っていますが、実は自分の心の中の空間に生きている。ということが改めてわかりました。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (37)   この記事についてブログを書く
« 車椅子乗車拒否のニュースで。 | トップ | 【同行二人ツーリング】 ハン... »
最新の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-05-10 10:29:44
今日も、納得の記事でした。
確かに、自分の意思で、自分を分けてますね〜
私は、
愛や思いやりのある方向に進みたいと、
しみじみ感じました。

まるぞうさん、ありがとうございます😊
Unknown (北のおばちゃん)
2021-05-10 10:51:13
GW中にABEMAで期間限定無料だったので「亡国のイージス」という映画を見ました。

映画を観た感想は、ざっくりいうと
「(自分や、組織が)目的を確実に果たすには相手の思考をコントロールすることが最も確実なんだあ…。あー怖い怖い。」
でした。

どんな人や組織にも、弱いところは必ずあって、時間をかければその小さな穴からいくらでも大きな穴にできるんだな。
そうやって相手をコントロールしていくんだな。
思想って怖い。
…と改めて思いました。

マインドコントロール恐るべし。
Unknown (Unknown)
2021-05-10 12:01:14
開催都市契約

①IOCから日本への賠償請求
少なくとも開催都市契約の中に、根拠を見たことがありません。
従って青天井か否かを含めて、その存在自体が不明です。

なお、第51条は一時留保金の取り扱いだと認識しております。
また第9条は、契約解除(中止)以外の場合の日本による肩代わりを定めた条文だと認識しています。第66条と異なりIOCによる故意や重過失を除外しているように思われます。

②日本による肩代わり
ご指摘のとおり無条件でIOCの肩代わりをする契約だと認識しています。
なお条文を読む限り、誰が言い出そうがこの内容は変わりません(IOCによる決定しか手続きが規定されていないので事実上IOCのみが中止決定出来る)。

(開催都市契約第66条抜粋)
理由の如何を問わず IOC による本大会の中止または IOC による本契約の解除が 生じた場合、開催都市、NOC および OCOG は、ここにいかなる形態の補償、損害 賠償またはその他の賠償またはいかなる種類の救済に対する請求および権利を 放棄し、また、ここに、当該中止または解除に関するいかなる第三者からの請 求、訴訟、または判断から IOC 被賠償者を補償し、無害に保つものとする。OCOG が契約を締結している全ての相手方に本条の内容を通知するのは OCOG の責任で ある。

③日本からの中止要求
少なくとも組織委員会からの中止要求は出来ないものと思われます。
(開催都市契約第71条)
71. 予測できない、または不当な困難
本契約の条項により、OCOG に影響する本契約の締結日には予見できなかった不当な困 難が生じた場合、OCOG はその状況において合理的な変更を考慮するように IOC に要求 できる。ただし、当該変更が、本大会または IOC の何れに対しても悪影響を与えず、 さらに当該変更が、IOC の行使する裁量に委ねられることを条件とする。IOC は、当 該変更につき考慮、同意または対応する義務を負わないことが理解され同意されてい る。

また第5条違反の恐れがあるので、政府や東京都、JOCによる中止要求も事実上不可能な気がします。
(開催都市契約第5条)
5. 政府およびその他の当局が行ったコミットメントの遵守の保証
開催都市、NOC、および OCOG は、政府ならびにその地方および地元の当局が、政府お よびかかる当局による本大会に関して行った、立候補の誓約を含むすべてのコミット メントを遵守し、実行することを保証するものとする。このコミットメントには、パ スポート(またはそれに相当する書類)とオリンピック憲章で言及しているオリンピ ック ID 兼アクレディテーションカードを持った人物の開催国への自由な入国、本大 会に関係する公共サービス、施設およびユーティリティーの提供など、財務上および その他の支援を含む。開催都市、NOC、および OCOG は、本大会におけるイベントを開 催するその他の都市がすべて本契約の条件を完全に履行し、遵守し、OCOG の監督と管 理の下でそれらに関連する義務を実施することをここに保証する。開催都市、NOC、 および OCOG は、これらすべての他の都市が本契約の条件および条項を完全に遵守す ることに責任を負い、保証するものとする。
返信お礼 (Unknown)
2021-05-10 13:12:08
まるぞうさん
解説掲載感謝いたします。医療従事者に説明しても理解してくれる方が少なく、国が言ってるのだから大丈夫やろ。外国は減ってるって言ってるしー。イヤイヤ、そうじゃない所もあって、ミシガン州は、、、など言おうものなら変わり者扱いです。全く考える事を拒否で日々で背一杯。

ここからは昨日の追記です。ここからは非掲載も可能です。
(超意?訳 わくちゃん天才専門家のサイト その2)
これは、今年の3月にワクチンサミットで発表のスライドなんだけど、
お手数ですが、このスライドの5枚目 1918 H1N1 influenza pandemic のグラフをみて。これは「すべてのpandemicの母」って言われてる有名なグラフで、人類が初のウイルスにさらされたら、「わくちゃん無しなら大体こんな感じで3回の山が2-3年ぐらいくるわよ」っていうのよ。
https://37b32f5a-6ed9-4d6d-b3e1-5ec648ad9ed9.filesusr.com/ugd/28d8fe_1ca60c7d40d141b89dbf26c7afb9f50b.pdf

2回目の山は大きくて若者も沢山かかるんだけど、これは初めてのインフルに自分の免疫が訓練出来ていないから起こるのよ。特に若者って初回は自然免疫で抑えてインフルにかかってない人も多いからね、一回目で作戦練ったインフルちゃんが少し手を変えて2回目に再アタックしてくるの)、この2回目の山の後、多くの人が自然の自己防衛システムの訓練が出来て3回目の小山の後はだらだらと普通の感染症になってたわ。

今回のころちゃんも、だいたい、わくちゃん打つ前は良く似た経過をたどってたわね。でも今回はわくちゃんをすごいスピードで作って、イギリス、南アメリカ、ブラジルなんかで夏の終わりから治験したでしょ。(この三か所から大きな変異が出現は偶然?:訳者の声)その上、大規模にキャンペーンで世界中でうちだしたから、しばらくはうった国は感染が一時期急増してるでしょ。日本の場合もそう。(先行接種始まってから、フタコブらくだ様の急増ですね:訳者の声)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html
その後、多くは感染者が一度落ち着くんだけど、わくちゃんのお陰っていうのは早急よ。特に日本なんか、未だほんの少ししかうってないんだから。人の動きと感染動態はそんな単純な物じゃない。また、パンデミック時は、ころちゃんが市中にうようよいるから、かかる人はかかって、自然免疫の強い人はかからない、かかってるけど無症状のひと、これらに落ち着いて次第にピークが下がるのよ、自然にね。自然の感染過程でも無症状感染者が無自覚スプレッダーになるんだけど、自然の場合は数もそこそこでしょ。その内みんな優秀な自身の自然の免疫が応用力持って対応できるから、山は下がって次第に小さくなる。で普通の感染症に数年でおちついてたわ。
でも、今回は違う。わくちゃん打った人もスプレッダーになってる可能性があるから、人工的な侵襲が加わる人類初のケースになる。打てば打つほどその後に山がくる。やがて下がって、落ち着いてる間に免疫不十分者から変異株が、でまた、それに対応するわくちゃん開発。きりがないわね。もう訳わかめに、、、。
もう一つ、やっかいなのは、今打ってるのが1年前の初期株に対するわくちゃんて事。初期タイプにめちゃくそ強力な抗体価をつけると、自然の本来の応用の利く免疫反応は抑制されるの。だから亜種が来ても体は初期株しか見てない。よそ見中の迎撃手なんか突破は簡単よ。だから、2回打ったら、アフちゃんタイプに8倍もかかりやすいの何で?なんて報告がでる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/430242e9f84211144adb9c1f186dfee06741f37b

私はわくちゃんは十分有用だと思ってる。けど、使い方と時期を間違えてはいけないのよ。
まとめです~
市中にころちゃんがうようよいる状態で、キャンペーンでイケイケどんどんでは、newタイプのころちゃんを呼ぶだけ。打つのは今の状況ではだめよ。「わくちゃんは正しいものを正しい時期に」が大切。
打った人は今は良くても今後newタイブにてこずるかも。特に強力なのを打つほどに、、、。

Unknown (Unknown)
2021-05-10 13:30:00
障害者に対する配慮。とても難しかったです。3月まで2年間、精神障害者の方と同じ条件で働いていました。以前も責任ある職場で働いていたそうですが、突然何週間も何ヶ月も、引き継ぎもなしに休んでしまいます。欠勤中の仕事を代行しても「すみません」の一言で終わってしまいます。年20日の有給休暇が保障され、同じお給料ですが、責任ある仕事を任せられないので、私が仕事を割り振り、出来ない分もフォローしました。自分が頑張らないとと、余り休まず気を張っていましたが、次第に精神的なストレスの方が大きくなってしまいました。

何人も年300時間以上残業する忙しい職場で、それでも障害者の人権を尊重していく事は大変です。していただいた仕事に感謝していますが、誰も精神疾患に至った経緯も知らず、会話をした所で、何か神経に触れば何日も欠勤してしまいます。気候の変化で自律神経がおかしくなるとの事で、季節の変わり目にも何ヶ月か欠勤します。誰に対しても人権を振りかざし、自分のやり方を押し通そうとするので、周囲との軋轢も大きく、それによってまた何週間も休む事になります。

自分も心療内科へ通った経験があり、精神疾患で苦しむ親族や友人がいたため、同情と共に、頑張って欲しいという気持ちはありますが、ではどうすべきなのか。理想と現実はどうしても食い違ってしまいます。
昨年かかった人 (Unknown)
2021-05-10 13:47:48
昨年自然にかかって治った方は自分のしっかりとした本来の免疫で対応出来る可能性高し。自然感染の場合、抗体価が暫くして下がるのは、亜種が来た時、過去の記憶に拘りすぎず臨機応変対応の賢さのためかも。現に軽症の人は抗体価が低く、重症は抗体価が高くなる。
再感染の方はご自身の免疫が弱っている可能性は?発酵食品、ビタミン、睡眠、適度な運動、心配しないで心でいってみては?整腸剤には中年以降はビオチンを併用を試してみて。
折角、自分の自然免疫を鍛えてるのに、ゴリ押し遺伝子タイプを無理矢理入れるの勿体ないです。それも同じ初期型のものですよ。
Unknown (Unknown)
2021-05-10 14:07:33
基本的人権

勝手ながら自民党の憲法改正案について一言。
個人的には、仮に問題にするならば「基本的人権そのもの」がどうのではなく、「そのために努力してきた成果である」と言う歴史を記載するか否かだと思います。

①基本的人権は憲法第11条
基本的人権は現行法でも第11条で定められています。
なくなっているわけではありません。

なお改正案第11条では、現行法の基本的人権が国民に「与えられる」という表現について、国民の「権利である」と断定形に変更しています。

②与えられるものではなく当然の権利
基本的人権は当然の権利であり与えられるものではないと言う考え方から、第11条の表現は変更されています。
第11条が改正され当然の権利とされれば第97条で改めて永久の権利などと定める必要はないかと思われます。
この件に関しては自民党のQ&Aでも説明されています。
ーーーーーー
人権は、人間であることによって当然に有するものです。我が党の憲法改正草案でも、自然権としての人権は、当然の前提として考えているところです。
ただし、そのことを憲法上表すために、人権は神や造物主から「与えられる」とい うように表現する必要はないと考えます。こうしたことから、我が党の憲法改正草案 11 条では、「国民は、全ての基本的人権を享有する。この憲法が国民に保障する基本的 人権は、侵すことのできない永久の権利である。」と規定し、人権は神から人間に与え られるという西欧の天賦人権思想に基づいたと考えられる表現を改めたところです。
さらに、我が党の憲法改正草案では、基本的人権の本質について定める現行憲法 97 条を削除しましたが、これは、現行憲法 11 条と内容的に重複している(※)と考えた ために削除したものであり、「人権が生まれながらにして当然に有するものである」こ とを否定したものではありません。
※現行憲法の制定過程を見ると、11 条後段と 97 条の重複については、97 条のもとと なった総司令部案 10 条が GHQ ホイットニー民政局長の直々の起草によることか ら、政府案起草者がその削除に躊躇したのが原因であることが明らかになっている。
ーーーーーー

③まずは議論
賛成でも反対でもまずは議論が必要だと思います。
野党の妨害で審査会が3年も停止していた事は民主主義への挑戦と思われても仕方ない程の暴挙だと思います。

自民党案に拘らず広く議論されればいいなと思います。
Unknown (Unknown)
2021-05-10 14:28:33
Twitterで批判してる人達を見ました…おぞましい、と思ってしまいました。
池江、と呼び捨てにして…普段弱者に寄り添うはずの自称リベラルが。何やってんだ
Unknown (Unknown)
2021-05-10 14:56:39
白血病とかメンタルの病気とか、そういった個人情報をオープンにしていると、赤の他人からも無遠慮に絡まれたりすることがありますからオープンにするか迷いますね。

それはそうと、イーサリアム4000ドル突破。機関投資家が買いを入れてるらしく、破竹の勢い。

ここからは買いづらいけど、どうなのか、年内8000ドルぐらい行っちゃったりして。ビットコもまだまだと言われてますし・・・。

とりあえずメジャーな通貨だけ少し買っといて放置しとくだけでも、市場にマネーが流れ込んでいるから儲かりそうではあります。

立派な人でも案外みんなお金好きだったりする。でも、そのほうがある意味では人間らしいとも言える。
人間らしさを毛嫌いする潔癖のような有徳の士?には違和感を感じることも。中道が大事。
Unknown (Unknown)
2021-05-10 15:18:21
 動画の感想です。やはり究極的に善悪の判断基準は神。神だけが人間や物事の善い悪いの判断が可能と思いました。
では神とは、まして神の意思/意志とは?これは人の数だけの、答えのない答えがある事でしょうね。私が神の意思という言葉からパッと浮かんだのが、モーゼの十戒でした。人類に共通する、良心が守るべきものであろうと思われます。でも10のうちの最初の1と2、唯一神信仰や偶像崇拝の禁止は現代では各国、各民族によってかなり違いますね。

動画では究極選択のお話からの、善悪の本質を思考されていました。まるぞうさん、《何かをしなければならない》という時、結局は善悪の問題なのかもなぁ、と感じ。

何かを選択する時。するか、しないか。
それは善なのか?悪なのか?その判断は自身の内在する神に聞け、という教えも聞きます。はい、正しいと思います。しかし自我の思いと内在する神の思いを混同しそうになる事さえある、いや、内在する神の声が聞こえなくなりそうな事さえある、私の様な未熟な人間には、これが時に難しかったりします。迷います、苦悩します。

何か究極の神様の意思というものを基準にし、その上での良心への問いかけをし、選択をしたならば。(これは宗教が必要だとか、何か信仰を持っていないと人間は駄目なんだー、などという事を言っているのではありません)

最期に、こあくまちゃんとは意見が違うけれど《木の葉一枚が落ちる事》、私はそれにも神の意思を感じています。落ちた葉が川に落ちて流れていくのか、風に吹かれてどこかへ行ってしまうのかー。そこに大自然の、神の一息吹の表れを見る思いで昔から美しい神の意思を感じていました~~。
長くなりましたが、つらつらと感想を書かせて頂きました。まるぞうさん、こあくまちゃん、いつも為になる記事と動画を有難うございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事