まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【同行二人ツーリング】 私とは誰か。7

2020-10-17 11:32:59 | 陰と陽の理論

防災カレンダー 
東京都足立区から西方向


名古屋市から東北方面*


*本ブログへの転載了解済み御写真



(前回まのであらすじ)

まるぞうの仮説の小説の宇宙観
・本来の私
・生命潮流(生きている変化)
・無数の夢の世界(固定化)


まるぞう「ご質問の魂について。その前にあと一つだけ。今回は神について考えてみます。

 生命潮流。生命力の働きは本当に神々しいと思います。ですからこの生命潮流の流れを神と感じた人はいると思います。
 日本古来の感じ方。自然の中に八百万の神がいる。私達は太古の昔から、生命潮流=神聖なる自然に神聖を感じていました。」

「じゃあ、自然潮流。これが神なのですね。」

「私達の身体の中にある自然潮流の核。生命です。わたし号のエンジン。お預かりしているこの「生命潮流の核」を神と表現することもあります。私達は神の一部をお預かりしている。と。身体が生きるというのはそういうこと。

 だから私達が死ぬということは、この生命が核が身体を離れるということ。生命の核が離れると、身体は只の有機体のカタマリとなります。その瞬間から無数の微生物たちが、この有機体のカタマリを分解し、そして自然の中に還していく。

 あなたにお貸ししていた身体も返して頂きますよ。ということですね。

 でも私達の身体。有機体のカタマリなのになぜ腐敗が怒らないのか。それは私たちの身体の中に「生命潮流の核」をお預かりしているからなのです。」

「私達の身体の中に神が宿る。ですか。なんかありがたいなあ。身体を守ること。大切に扱うこと。健康に気を配ること。自分が生きている間、レンタルしている間は、身体=生命潮流の核を大切にしないとね。という感じが何となくわかる気がします。」

「生命潮流という壮大なエネルギーの流れ。これは自然にできているわけではありません。やはりある『意志』がこの潮流を維持している。この『意志』を神と感じる人達もいる。

 生命潮流は、生まれ、育ち、死ぬ、そしてまた生まれるという三拍子のワルツです。変化しながら脈動するというのが生命潮流の本質です。

・創造の神
・調和の神
・破壊の神

 生命潮流のワルツを三柱の神に例える人達もおります。やはりこの方たちも宇宙の真理を肌で感じる人達だったのだなあと思います。」

「へえ。じゃあ、ヤハウェっていう神様はどれにあたるのでしょう。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教のご本尊でしょ。」

「生命潮流を守ろうという意志。それはいろいろなサイズで網の目のように働いている。

 たとえば家系を守ろうとする意志。日本人は御先祖様が守ってくださっていると感じている。それも生命潮流の意志の現れであるし、
 たとえばその家系の集合体である民族を守ろうとする意志。もともとヤハウェとはユダヤの民族を守る意志だった。旧約聖書の頃の話ね。」

「え〜。またわかんなくなったよ。御先祖様って亡くなった人達だよね。亡くなった人ってアカシックレコードの中で存在している想念の世界。固定化された夢の中で記録されている人達だよね。
 なんでそれが生命潮流の一部で子孫を守るのさ」

「親が我が子を守ろうとする愛情。これが生命潮流のエネルギーの発露の一つです。その『子供を守ろう』という想いが子供たちを守るバリアのようになって覆っているかのように。
 そして特に(男女を問わず)母性の強い方の想い。その方は亡くなっても。その母性の愛情の想念は生命潮流の一部となって子供たちを守る。そんな心象風景です。」

「へえ。死んじゃったら、アカシックレコードの固定された夢の世界に固定化されて記録されるだけだと思ってた。」

「私達が生きているというのは、いろいろな意志やエネルギーの交点の現象ということ。だから期間限定。
 その人生が終わると、またいろいろな意志やエネルギーの一部に溶け込んでいく。

 たとえばその時、自我の部分はアカシックレコードに記録され固定化されるでしょう。
 しかし母性の愛情は、生きているという現象だから、生命潮流に還っていく。この世を離れたばかりだとその愛情の主の人格が残存している。そういうこともあるのではないでしょうか。」

「なるほど。愛情の部分は生きている。死んだあと固定化されないで生命潮流に還っていく。ふうん。面白いね。」

「そしてもう一つ。本来の自分。根源の存在の一部である本来の私。これを神と表現する人もいる。

 神話の一番最初の神様。無の世界。あるいは混沌とした世界。この宇宙の始まり。
 根源の存在が、自分自身を観るために。自分自身を知るために。この宇宙を観ようとした。
 自分とは何か。私は誰なのか。それを深く深く戻っていくとそこに還る。本来の私こそ神の一部である。そのように感じる人もいる。」

「それ考えると怖くなっちゃうんだよね。結局暗闇の中に無限の間一人ぼっちであることを思い出しそうで怖い。思い出したくない。」

「最初は誰でもそうです。自我が自分と思っているから怖くなるんだよね。でも自我の視点だけでなく本来の私の視点でこの世を観ることができると、多分感じ方も変わっていくでしょう。
 私はまだそんな心境ではないので、仮説です。でも多分大丈夫。ヒントは愛情の海。」

「何だ。まるぞうさんもわかんないんじゃない。結局。」

「はい。私の狭い人生経験から類推される仮説の小説の物語の風景です。
 
 あと神の話に戻りますが、固定化された自我の記録。アカシックレコードの小宇宙を神と言っている人達もいる。
 ある特定の宗教の人達なんかはそんな気がします。彼らが言っている死後の世界って、絶対あれだよなあ。って。」

「よく街で勧誘している人達がいますね。」

「そのあたりの話はこの辺で止めますが、つまり『神』といってもその人が何をもって神を感じるかは人それぞれ。

 だから人と神の話をしても噛み合わないことが多いのはこの理由。
 自我が強い人ほど自分の神像にこだわる。「神を信じない。神はいない。」とこだわる人も同じ。

 というところでお待たせしました。ここまで前置きです。」



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
この世を支配しようと企む悪魔、ルシファーたちも同じか…
このお話もまたいつか企画して下さい!

→ こあくまちゃんという方もそういうお話が好きなようです。
参考サイト:陰謀を隠すなら陰謀論の中!
https://youtu.be/M-6VqlxlgYo

でも、宇宙人であろうが、地底人だろうが、異次元人であろうが、悪魔であろうが、根源の私が自分を観たかったという想いのあらわれであるということ。本質は私達と同じ。そして生命を持つ存在であるのなら、生命潮流という三拍子のワルツの脈動の一部であるということ。本質は私達と同じ。

誰もが同じルールの中で「描いている」ということであります。本来の自分に戻る旅。誰もが観たこともない絵。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 【同行二人ツーリング】 私と... | トップ | 【同行二人ツーリング】 私と... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-10-17 12:24:02
神様は自分も信じてるし、別にキリスト教でもユダヤ教でも余程の危険な血をみるオカルト宗教以外でもひとの思想信条は別に…ですが。まだ勧誘はかまわない。
ただ都合いい使われ方するのが嫌なんです。おそらく、まるぞうさんも同意してくれるでしょうが、神に願ったらお金が儲かる。運の要素は確かにあるけれど、多くの人は馬鹿野郎、働けよでしょう。病気なっても神が治癒してくれますも、馬鹿野郎、病院いけよでしょう。で犯罪あったら神が裁きます。馬鹿野郎、警察行けよですが、その警察と司法の面が法律と立証の難しさで中々、報われるのは窃盗などの軽犯罪の一部で、そこだけ「神の試練です」や「被害者の自我のせい」で一致して流されてしまい泣き寝入りに持ち込まれるのが嫌なだけです。
Unknown (たま♪)
2020-10-17 12:47:50
人様のブログでまるぞうさんと異なる自分の考えを書いても良いのか迷いますが、神様の話はわりと好きです。そこまで大きく異なってもいないかな?とも思うし。

自分は、大元の根源の神様は愛情の海だから、ご先祖様もいずれ、愛情の海に帰っていくと思っています。ただ、その途中に、気になる子孫に影響できる段階で留まることが可能な人も居るだけというか。逆に言えば、全員、おひさまに帰る前に留まらなければならない段階があるから、悪い思いも子孫に影響してしまうというか。


根源の一部であるということを認識するということは、ご先祖様がいずれ帰って溶けてしまう場所を、生きながらにして感じとっているだけで、結局は根源の神様もご先祖様と同じ存在であるというか^^

破壊の神様に関しては、変化が必要な人類に対して、悪役を演じて影響を起こす役割を演じきっている役目をもっているのかな、と思ったりする程度で。

生命の息吹自体が、ずっと感謝し続けることで成り立っているから、生命の波動は、感謝の波動である神様として、一般人にも感じやすいのでは、と思うのです。
もともと神様は感謝し続ける存在だから。

凡人の自分は、悪役演じて破壊の役目を生ききるとかいうストレスフルな神様を祭るよりか
ただ、ずっと感謝し続けている🌞のような暖かさを感じる神様をお祭りする方が、気楽かな~^^日本人だし^^

という気持ちになることは多いです。

でも、スサノオの神様の凛とした空気も好きっちゃ好きです。
どうでもいいかもしれないけど (たま♪)
2020-10-17 13:38:15
生命の息吹が感謝の波動 と書いたのは
正確には 生かされている感謝の波動でした


生かされていることへ感謝し続けると、結果的に神様と同じ波動になって、生命の息吹も神様なんだ、と腑に落ちるていうか。
Unknown (SHO_KO)
2020-10-17 17:13:06
まるぞうさん、更新ありがとうございます。
・「鬼滅の刃」放送・配信情報
https://kimetsu.com/anime/risshihen/onair/
まるぞうさん、アマゾンプライムからご覧になれます。
アニメシーズン1(全26話)は結構なボリュームですね。※漫画版の7/全23巻までの内容だそうです。
Unknown (Unknown)
2020-10-17 18:24:35
私の周りにも学術会議みたいな人はいっぱいいます。70代で元校長や大企業の元役員などで年金を30万円以上も貰いながら餅さんはダメとかいつも日本の悪口を言っています。まあ戦後によく働いてきたことには尊敬しますが、老後に日本に生まれてきてよかったと気づけないのは残念ですね。
Unknown (青い)
2020-10-17 22:57:25
まるぞうさん、こんばんは。今日の記事は、さすがに何回か読み返しました。でも、やはり瞳にジワンジワンとくるものが。そして感想は、感激です。よくぞここまでポップに開示してくださった、という意味も含めです。自分が今までひろい集めた哲学、真理も宝物ですが、まるぞうさんの仮説は実にわかりやすく、全てはわからないなりに、しっくりきます。心が動いたのは、「日本古来の感じ方」と「母性の愛情」のところー自我の部分はアカシックレコードに記録され固定される〜愛情の部分は生きて〜生命潮流に還っていく、です。それと「愛情の海」です。愛情の海、その海を、美しいと眺めるだけでも、素敵だと思います。 失礼します。
Unknown (記事を読んで…part5)
2020-10-18 01:10:36
こんばんは、まるぞうさん☺
本日もまるぞうさんの記事を読んでまた色々と考えました。
私たちは「私」という神様を乗せて(乗って頂いてる)、「私の人生」というロードを走っているのですね。
「期間限定」だから…だから一生懸命に生きないと、ですよね!
そして良心に恥じる事無く、どれだけ生ききるか、一生懸命取り組んできたか。
そこが重要。
お金とか名誉とかそんなレッテルは要らない。
等々・・・まるぞうさんの本日の記事から派生して再確認致しました。
ありがとうございます。

こあくまちゃんもお好きな陰謀論観ました!
(チャンネル登録していたのに逃してましたー!)
また記事もYouTubeも続きを楽しみにしています!
こあくまちゃん2号より




Unknown (Unknown)
2020-10-18 08:49:35
いつもありがとうございます。
すみません、本題とは違うのですが、お許しください。
大阪都構想の件です。
気になるのは、
1.大阪都構想という住民投票だが、大阪都にならず、大阪市がなくなり、投票権は、大阪市民だけ?!
2.大阪市がなくなれば区長4人が誕生。
大阪市廃止で特別区になれば、隣接市は「住民投票無し・議会の承認」で特別区に移行可能になる。とTwitterで読んだが、
まさか、本当にそうであるなら、他の市民にとっても、非常に重要な投票になるはず。
区長は、特別区から選ばれるとしたら、特別区に絶大な権限が集中するのではないか。今の大阪市と比べてものにならないくらいに。

他にも、大阪維新が出しているグラフは、再検証の必要ありだと思います。
私は以前大阪市に住んでいて、今も勤め先は、大阪市です。
大阪市の企業にも投票権があればいいのにと、大阪がとても心配です。
Unknown (Unknown)
2020-10-18 11:04:03
50代で実母を60代で夫の看取りを自宅でしました。近しい人の最期を覚悟をしながら寄り添えた時間は貴い人生経験となっています。最後は神様の計らいでしょうか、殆ど苦しまず逝きました。自分の身体さえもこの世に残してあの世に帰ることを子供や孫に身内ゆえに鮮烈な印象を与えられたと思います。まだ幼い孫達には「じぃじは目には見えないけれどじぃじからはあなた達は見えてるよ」と言ってると、あるオモチャのロボットをじぃじにしようと決め、遊びにじぃじも参加してます。先日は「ばぁばね、家でもじぃじにお線香したよ」と言ってくれた時は嬉しかったです。毎週末にオモチャをいっぱい持って遊びに来る孫達の行く末をあの世の夫とこの世の私で一緒に見守ってゆきましょうねと心で念じています。歳とる程にご先祖様になった身内が多くなりましたなで、あの世がそう遠い処とは思わなくなりました。色々な経験をする事は耐え難いことも受け入れられる心を育ててくれるように思います。
Unknown (Unknown)
2020-10-18 11:21:55
氏神様は敬えるけれど、DTのまっちゃんもコントしてたけれど宗教の本質がSMで神の本質がドエスな所が嫌なのですよね。だからたまに神は善悪を判断しないことから大きな神のシナリオの為なら多少の犠牲も、罪やらちょっと汚い面も「神をより引き立てキリスト意識をだすための大事なお役目」として肯定されて、平気で犠牲やドエスな事を出来てしまう事から、たびたびニュースになる面もあるのだろうと思います。愛なく合意や同意のないSMはただの拷問であるという言葉に納得です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事