まるぞう備忘録

無題のドキュメント

ご質問頂いたことについてまとめてコメント。

2020-11-07 11:48:00 | 今日のひとり言

防災カレンダー 
■神奈川県




■徳島市


■大阪府貝塚市
■山梨県
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2020/11/05/145751#16




 陰陽の仮説とか特に最近の同行二人ツーリングの考察について。自分が観えている景色を言葉にするのはやはり難しくて。それは6万色のカラーの景色を12色のクレヨンで描くような行為に似ています。

 でも私の仮説が難しいと仰る方は、仮説に興味がお有りにあるという奇特な方ですから、何とかわかりやすく説明したいと思います。し、どういう点がわかりにくかったのか。興味あります。

 動画サイトのように小悪魔ちゃんがたくさん突っ込んでくれると、回答もだんだん焦点があって来ますが、ブログのコメント欄でのご質問はそうは行きません。
 でももし、一つの疑問について3つのご質問という形で頂ければ、その読者の方の視点や景色がこちらにもわかります。

 ということで昨日の呼びかけに読者の方からご質問を頂きましたので、その回答をいたしたいと思います。では始まり始まり〜♪

==========
自分の中の負の感情を消化させる方法について。新人類にはできるけど、旧人類なので私はわからない。けど、そっとそばにいるような事…という記事が、先日ありました。

1.そばにいる、とは、何が何のそばにいるのですか


→ 自分(とはいっても自我の方ではない自分)が、満たされなかった想い(自分のこともあるし縁ある他の方々のこともある)のそばです。


2.負の感情を消化させる方法を知る術はあるのでしょうか

→ それはゆっくり育てていくしかないと思います。

話は変わりますが、読者から教えて頂いたパンの作り方に、小麦と水だけでパンを作るというものがあります。台所においてあるこの小麦団子。自然に酵母となる菌が、偶然団子に付着してゆっくり団子の中で増えていく。そういうパンの作り方です。

でももし台所に酵母菌が少なければ、なかなか小麦団子に付着するには時間がかかります。

今回の「負の感情を昇華する想い」も、空気中に漂っている酵母に似ています。それが私の中の負の感情に付着して、ゆっくり昇華してくれる。

過去の自分に、自分は自分で良かったんだと、過去の自分自身を包んでくれる感情。その時は一瞬かもしれませんが、でも「小麦団子に付着した酵母がゆっくり増えていく」ように、一瞬でも「過去の自分を癒やす包む想い」が発生すれば、それはゆっくりゆっくり、増えていく。そのような風景です。


3.どうしても分からなければ、全体の次元の上昇を待てば、ついでに自分にもわかるようになるのでしょうか。

→ 次元の上昇というのは観えない私にはよくわかりませんが、でも「酵母菌は焦らず時間を味方にゆっくり育てる」という感じです。

自分が癒やしてもらうのではなく、自分が癒やす。もちろん過去の自分を癒やすのですが、癒やす自分をゆっくり育てる。そういう癒やしの自分が育ちやすい追い風の時節ではないかな。と思います。

==========
私も三角測量に参加させてください
・「負の想いを昇華すること」を具体的に教えて下さい。


→ これはこれから起こるだろうという仮説なので、今の時点では具体的な風景は観えておりません。

ただそれは「きれい好きな人が部屋を片付ける気持ち」に似ています。散らかっている部屋を見ると片付けたくなる衝動。きれいになった部屋をみると嬉しい気持ちになる感情。
自分や他者の中にある負の感情を見ると癒やしたくなる衝動。相手を包んであべることで嬉しい気持ちになる感情。というような。


・「中華人民共和国という国が引き寄せているもの」で「持ち上げてから落下する未来」とありますがそれについて。
かれこれ10年以上語られてきた中国は没落するという保守言論人の予想は未だに外れています。あの国の矛盾は年々大きくなってきていると思いますが、ゴリ押しのように未だに続いているので、このまま世界征服にまで行ってしまうのではないかと悲観的になってしまいます。
中国について、まるぞうさんの予想が外れるということもありえますか?


→ これは自らが「負の因子」を分割して先に昇華するようなことが無い限り、必ず「清算」は起こる。というのが私の陰陽仮説です。

ただ
・執着が強い人ほど
・その時期の生命力が強いほど

負の因子の取り立ては先延ばしになります。その間、負の借金はどんどん膨らみ、堕ちる時は一気にドン。という状態になります。

個人でも、不正で栄華を極めた人は、堕ちる時は「泣き面に蜂・悪いことはたて続く」という形で発生します。あれと同じです。

幸運な人は挫折は早めに来る。借金が大きくなる前に取り立てが来る。見た目には運がないようですが、実は幸運なのです。

極悪人ほど、負の取り立ての時期は後送りになり、大きな借金をこさえることになります。


早めに破裂した方が幸運なのですが、極悪人の場合は逆に安易にそれが許されていないような、という私の小説風景です。いかがでしょう。


・日本は平安末期から戦国時代くらいまでは、それぞれが自分の身を守らなければ行けてはいけない、今の平和ボケした私達とは違う感覚を持っていたろうと思っているのですが、目覚めることができるだろうか?自分たちの国を失う前に、間に合うだろうか?とかなり不安に思っています

→ 私の個人的な見立てでは日本人は幸運の因子貯金がありますので、間に合うと思います。ただし多少の痛みは仕方ないかなと思います。

ぬるくなっていくお風呂の湯船から出るには勇気がいりますね。あれと似ています。「いつまで入ってんの!」と怒鳴られる(ことに相当する事件)がないと出られないかもしれません。

==========
工事を頼む時に見積りをしてもらうのですが、遠くからわざわざ来てもらっておいて結局頼まないのは、裏の潜在因子はどうなるのでしょうか。因みに、お断りの電話はしません。昔、仕事でお断りの電話をした時に怒られた事があったので。

→ 相手も商売なので見積もりで断ることは問題ないと思います。
ただし(たとえ電話先で嫌味を言われても)きちんと断った方が、因子の視点では良いと思います。

仕事上の連絡については、
・言いにくいことを
・言いにくい相手に
・早めに伝える。
が、仕事の災難を小さくするコツであります。

今回のお話は「仕事上の連絡」に分類されると思いますので。


習い事の無料体験ですが、何ヶ所も体験をして結局習わないのは、陰陽の点でどうなのでしょうか。連絡をくださいと言われた場合は、お断りの電話をします。

→ 質問される時点で「まずいかな」という気持ちがおありになるわけですから、その「感覚」は大切にされた方が良いと思います。
そのお気持ちは大切な羅針盤です。

私なら
・言いにくいことを
・言いにくい相手に
・早めに伝える。
で、早めに直接お断りします。
先方が「あの方申込されるのかしら。と期待・・・」をいつまでもこちらに気持ちを向けていることの方が、よろしくないと思いますので。

それで相手が不機嫌になるのなら、それは相手の問題。
でも伝えないでずるずる引っ張るのは、こちらの問題。となりますから。


何事も安く済ませたいと思っていたのに、結局、安さを追求した為に失敗をしてしまうのは、遠くからのわざわざ見積りに来てもらったのに断った事の、裏の事象でしょうか。

→ 無料でお試しできるということは、断る心の手間賃がかかる。ということを覚悟される方がいいと思います。「ただほど高いものはない」というのは真実です。

ですから、無料をお試しする時は、断る時は、
・言いにくいことを
・言いにくい相手に
・早めに伝える。
という覚悟をして、無料体験を受ける方が、陰陽仮説の視点では望ましい。と思います。

==========
グレートリセットについて質問したものです。
私の理解力の問題かもしれませんが、ぐるぐるしている点を書いてみました。


→ 次回の動画はご質問のあったグレートリセットについて考察しました。現在さらすさんが絶賛編集中だと思います。いつもありがとうございます。


1.何をリセットするのか
もともと来年のダボス会議では資本主義の再定義がテーマだったとはいえ、リセットという言葉の持つ「間違えちゃったからやり直し」という強制感のあるイメージで資本主義がどうリセットされるのか?
公平性やステークホルダー経済、第四時産業云々ポイントとして上がっていてもそれ以前の「なぜwhy」「何をwhat」が腹落ちできません。


→ 大部分を手に入れた彼らですが、総取りするにはあと一歩。ガラガラポンのスローガンで、一気に残りを総取りする。という私の陰謀論小説です。


2.まるぞうYouTube第10回に繋がるの?
まるぞうさんのYouTubeでお勉強したせい(笑)か、公平とか平等とかを全面に押し出す主張に過敏になっています。資本主義のリセットイコール共産主義への移行…なんて短絡的な話だとは思っていませんが、あの回の3ステップがチラつきます。


→ コロナの想定外の変化で彼らはシナリオを書き換えた。9割本当で最後の1割ミスリードするという彼らの常套手段という陰謀論小説です。


3.コロナは第2波、そしてアメリカは混沌…
会議の開催は来年1月。欧州を中心にひょっとしたら日本もコロナの本当の第2波の到来で人々は深い悲しみと恐怖、先の見えない不安でこのままではダメだ!と思っているかもしれません。
方やアメリカは大統領選挙の混沌とした状況が継続中…。
まるでそれに合わせたようななんやらのリセット。
これは偶然?それとも必然?


→ 本当のリセットという大きな流れに、彼らは上手に乗っかって、最後の1割ですり替える。ことを画策していますが、でも本当の最後の最後は。という陰謀論小説です。オセロゲームと同じ。最後に一気にひっくり返る。

でも結局は一人ひとりのそれぞれの個人の生活の心持ちに繋がっていくのです。グレートリセットとは旧人類のリセットであり、私個人の生活の中の、個人の心の対峙であるから。

私個人の人生を「線」ではなく「面」で俯瞰する景色に答がある。という風景なのです。



==========
どっちにしろ、戦争をのぞんでいるのでしょうか。売電さんでもカードさんでも戦争は免れないのでしょうか。

→ 実際のドンパチ戦争になるか、漠然と庶民の生活が不安定になっていく見えない戦争になるか。どちらの要素が大きいかは、これから決まっていくと思います。

いずれにせよそれぞれの地域の人達が、自分たちが溜めた因子の帳尻を合わせることになると思います。想定して備えて腹を括る人が大い地域は、事前に小難という形で、昇華される。というのが陰陽の仮説です。

==========
ワールド・オーダーを放棄した層はグレートリセットと標榜するスローガンに準じるようですが、それは自分達の未来に希望を持ってのことでしょうか??
それとも裏舞台のやり取りを聞き入れた上でのことでしょうか??
まさか宇宙的な監視装置が働く舞台で抜け穴を確保しているということでしょうか??
何を考え、何を描き、何に辿り着こうとしているのか、少しばかりでもいいのでお教え頂きたいです


→ 彼らは単純な一枚岩ではなく、何層にも分かれる多重層です。下っ端の人達(それでも我々の社会では超上級市民ですが)は、我々には想像もつかない厳しいノルマを課せられている人達です。
でも本当のトップの一握りの人達は、それが人類の進化のためと信じている。という陰謀論空想小説はいかがでしょうか。

彼らのピラミッド。自我の誘惑に負けて悪の御用をしている(させられている)大部分の層と、確信犯的に全人類の痛みを引き受けて悪の御用の役を担っている頂点など。

==========
いま起きているいろんな刺激もそうとらえれば前向きになれるんじゃないかと思います。
旧から新にいけるかな。。


→ そこが一番おもしろい風景です。ガハハ。

==========
疑問という意味ではなくて、考察を深めてみたいということで、3つの質問というのをお試ししたいと思いました。アメリカという国についての考察で。

1.アメリカという国が背負う因果に内戦である南北戦争も含まれると思っているのですが、共和党と民主党の当時と現在の立ち位置の逆転現象も含め、どう思われますか?


→ 人類の歴史は、振り子しながら進んで行きますので(アメリカの対立に限らず)一定期間で反転していくのが自然の摂理であると思います。

日本も然り。戦後は揺り返しで反日が持ち上げられる追い風でありましたが、これもまた逆の風向きになる時節に入ると思います。


2.今回の結果を地政的に見た場合、アメリカの両端と中央部ではっきり分かれていて興味深いです。少し不謹慎かもしれませんがオセロで考えるとバイデン勝ち、でも兵法的に見ると端に端に攻めこまれると逃げ場がないなあとか、選挙人の数ではなくて土地面積を考えると赤の方が広くないか? 等々、赤と青の映像を見ながらつらつらと妙な夢想をしてしまいました。と、話がずれましたが、分断というのはアメリカの正直さを表しているようにも感じたりもして、それは良い面も悪い面もありますけど、いかがでしょうか?

→ 多くのアメリカ人は公正さを大切にしていると思います。これがアメリカの国の運命のプラスの貯金になっている。
アメリカは他国に戦争を起こして、事実上いろいろなものを略奪して繁栄をしているという負の借金と相殺している、アメリカという国の大切な財産であると思います。この公正さというプラスの貯金が。

注記)アメリカ人全員が公正だとは書いていないので、早合点(?)の読者の方々よろしくね。


3.今回の選挙結果速報値の発表で日本の報道が例えばBBCなどよりも(数の集計が)早かったことに少し違和感を感じています。例えばトランプの214人はずっと変わらないんですが、バイデン票が早くから264という数で、未だ(現時点で)BBCでは253人でして、いずれもどういう数え方なんだろうと。個人的にはバイデン票は270人にほんの少し足りないんじゃないだろうかと感じていますが、264人と聞くと270人に達するのは近しと感じるし、この時点で253人と聞くと270人にはちと届かないように感じるしと、数の主観を感じますが、まるぞうさんはいかがでしょうか?

→ 日本の各マスコミはどういう勢力の傘下なのか浮き彫りになって興味深かったです。現場で働いている人達は厳しいノルマ環境で、俯瞰して自分自身を観る余裕がない人が大部分だろうと思います。

==========
あくまで私個人の解釈ですが物凄く教えて頂いておりますよ。

1,何のために生まれてきたのかは、自分という人間と出会うため。 他者がいる事で自分が分かるという仕組み。自我から仕組みを思い出すという視点から見えてくる事がある。

2,陰陽の考え方も、半分半分の考え方も世の中を中立に見るための工夫。 この世は、強烈な念と念の引合いですよ。

3,旧人類から新人類に交代変化する理由は、変化したくなければそれでも良い。ただ、自分と人生の生き方が少し分かると、次のゲームステージに挑戦したくなる。


→ 私の小説もそんな感じです。ありがとうございます。

==========
1 なぜ3つの質問が必要なのですか?
2 二個とか4個じゃダメなのですか?
3 そっか、相手と私とその中間の視点ていう意味で3つなのですね〜。


→ コメント投稿は、会話やチャットのようにやりとりが難しいので「一つの疑問に関連して3つの質問」を頂くことで、その方の疑問の視点や風景がわかるように。です。

3点測量のように最低3箇所から測ることで位置を測定できる。という経験則から来ています。

==========
質問
1 負の思いを昇華するのがなぜ喜びなのですか?


→ 私の仮説ではこれからそういう人類に変わっていくだろうという推測です。


2 腹が立ったり怒ってる時は、負の思いが際限なく沸き上がりますが、エイっ と感謝すると負の思いは、ただの幻に思えます。本当は存在などしていない。存在させたのは自分の自我。沸き上がらない方が良いに決まっているのに、わざわざ負の思いを起こした上で昇華を楽しむ意味はどこにあるのですか?無駄な作業なのでは?

→ 「わざわざ負の思いを起こした上で昇華を楽しむ」そんなことは書いた記憶はありませんが、私の文章のどの部分でしょうか。


3 沸き上がってしまった負の思いの処置をしていくうちに、無駄なことは出来る範囲でやめようと思う。それでもどうにもならない人もどうにもならない時もあるでしょうけど。昇華するために無駄な負をわざわざ作る必要があるのでしょうか?余計な労力を使う意味は何でしょう?

→ 「昇華するために無駄な負をわざわざ作る必要」こちらも私の文章のどの部分でそのような解釈になってしまうのでしょうか。

 私の文章をなぜそういう解釈に読めてしまうのか不思議だなあと思います。

==========
まるぞうさんへ三つの質問です。

・血液型
・干支
・芸能人に例えると誰似


→ 秘密で〜す。

以前ある場所を訪問したことを翌日記事にいたしました。すると読者の方から「自分も同じような時間にそこにいた。あの場所にいた○○の男性はまるぞうではなかったか」とコメントを頂きました。そも方の書いた容姿風貌はまさに私でした。

ということで、私が誰に似ているかということも(もともと書いていませんでしたが)書かない方がいいなと思っております。

==========
では、3つの質問について質問をお願いします。
1、どのように質問したら良いか?
2、質問が4つ以上になる時はどうしたら良いか?
3、一つの記事に関して、バラバラの質問3つでもよいのか?


→ 3つの質問を頂ければ、その方の疑問に対する視点と風景がこちらも理解しやすいためです。形式は問いません。4つ以上でも勿論構いません。

もちろん質問は1つでも構いませんが、その場合は回答の誤差が大きくなると思います。

==========

 ご質問頂いた方々。ありがとうございました。
 今後も疑問に思ったことについては、ご質問頂ければ幸いです。ご質問は3つ以上頂ければ回答の誤差は少なくなると思います。


おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
バイデン氏自ら「我々は有権者詐欺組織を作った」と発言!?
https://www.visiontimesjp.com/?p=10351

私が書き込んだ表現は、その時の印象を表したものですが、間違っているとも思いません。

→ 情報ありがとうございます。下記のようなサイトもありました。
https://note.com/kaopy85/n/n0b8cb8157dd5

情報は玉石混淆ですね。

==========
ouTube「上念司チャンネルニュースの虎側アメリカ大統領選挙開票速報その15戦いは別次元へシフト?」BBCの見解では裁判になると票の数は関係ないそうです。

→ 今回の上念さんは特に参考になりますね。

アメリカ大統領選挙開票速報その15 戦いは別次元へシフト?トランプ氏、最後の最後の当選可能性を探ってみた!│上念司チャンネル ニュースの虎側
https://youtu.be/0d2dtRMz7qw

==========
日本のあるジャーナリストが、数多くの怪しい投票用紙はじつはチャイナ製のニセモノで、本物の投票用紙は仕込みがされていて、GPSで追えるようになっていると自身のチャンネルで発信していました。

→ この手の噂はソースを確認する嗅覚が大切であると思います。よろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。


コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時事ネタと3つの質問。 | トップ | 夜明けの前はしばらく暗いの... »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再質問です (たま♪)
2020-11-07 13:01:56
①まるぞうさんが負の思いを昇華した時は、ああ、やっと終わった、という感覚ではないのですか?
私は面倒なことが消えていって、ああよかったです。一難去った感覚です。
喜びというのは、発生する物事に対して使う言葉だという感覚があります。
しんどい出来事が終わった時に喜びはありますが、まずはしんどい出来事が発生することが先だと思います。
負の思いを昇華する目的が喜びなのではなく、負の思いが消化したことによって、「結果的にホッとして喜びになる」だけではないのでしょうか?

②他人のしんどい出来事が発生する状況に対して、「喜びである」と書かれると、しんどい出来事自体を喜んでいるニュアンスに受け取れてしまうのです。
まずは負が生まれる、しんどい出来事があって始まる話に対して「喜びである」という感覚はまるぞうさんのどこから出てくるのでしょうか?

③「昇華するために無駄な負をわざわざ作る必要」はないですが、喜びである以上、理論的に負の出来事が存在として発生しなければ存在が不可能な喜びであります。負の出来事の存在が絶対前提であることに疑問を感じました。
個人的には負の思いを昇華することが喜びでなのではなく、負の思いをできるだけ発生しないように生きるのが新人類で、発生させてしまっても最短で昇華しようとするのが新人類なのではないでしょうか?と思いました。

Unknown (Unknown)
2020-11-07 13:09:47
読者さんとのしつもんについてのやりとり、読み応えがありました。後ろに書いてあった上念さんのチャンネルについてなんですが、今回ジョネさんはお通夜の様な気持ちを抱えながら、感情論に陥らずに公開情報に基づいて、冷静に現状分析をしようとしている姿勢に好感が持てました。投資している身としては左右いずれかに偏るわけにもいかなかったんでしょう。一部の人から批判もあったらしいけれど、そんな声には左右されなかったですね。多くの保守系言論人は民主主義の終わりだ!不正だ!チャイナに世界を牛耳られる!と感情のままに叫ぶばかりで、実のない発信内容が多かったです。混乱した時ほどその人の人間力?胆力が出るのかもしれません。カードさんは次の次元に進んでいる訳だから、こっちもいつまでも地上波テレビ並みに感情論でグダグダするのは、現実を見誤りかねないので危ないですね。
極東有事 (Unknown)
2020-11-07 13:13:36
今回の大統領選挙について田中宇(さかい)氏が面白い見解を言っています。
宇氏はどっちかというと左寄りですが。
https://tanakanews.com/
米民主党の選挙不正

要はトランプがわざと負けてるふりをしてるという事です。

しかしどっちでもアメリカの分裂と内乱は避けられず、極東有事にならないかと自分は日本と台湾を心配します。


Unknown (Unknown)
2020-11-07 13:34:53
見積りと無料体験について、回答をありがとうございました。
見積りを頂いて返事をしていない会社が二つあり、一つはかなり前にお願いをしたものなので、今回は返事はしない事にします。
もう一つも少し前の話なのですが、こちらはメールで返事をしようと思います。
ありがとうございました。
Unknown (たま♪)
2020-11-07 13:50:35
質問書き直します

①負の感情を出さないことが喜びなのではないのですか?

②人間だから、完全に負の感情がなくならないかもしれない。でも、最短で切り替えれることが幸せへの近道で喜びでの近道なのではないですか?

③「昇華する”行動”」を喜びとする意図を教えて下さい。難が去った状況に対する喜びはわかりますが、負の感情が存在しないと「昇華する行動」が出来ません。
「わざわざ負の思いを作る必要はない」のであれば、昇華する”行動”が喜びである必要もないのでは?と思うのですが。

災難を昇華することは生きていく手段で、結果的に幸せになるための手段であって。結果的な喜びをもたらす手段であって。
”手段自体を幸せ”とするまるぞうさんの意図がわからないのです。
Unknown (Unknown)
2020-11-07 18:14:38
まるぞうさん 有り難う御座います。
そして面白いです。笑っちゃった処もあります。喜寿になった、一応高齢者のばぁばですが生きているのが楽しいです。つい二ヶ月前迄は涙がでて仕方がない日があったのですが。
曇り空は草引き日和で、ちょっと土を掘るとミミズが顔を出したり、一匹のハエが右手にまつわりついたり、黄蝶蝶がとんでいたり、小さな畑に癒されています。十数年前に亡くなった二人の母も父亡き後、手元足元の生活を愛おしみながら生きて居たんだろうなって、やっと親の気持ちが分かる様になりました。私も精一杯自分なりに愉しみたいと思っています。
世界情勢などにはからしき疎いので学ばせて頂きます。宜しくお願いします。
Unknown (どすこい)
2020-11-07 18:24:37
ご回答ありがとうございました。
また、他の読者様たちの質問を読み、皆様の深い考察に驚きましたし、勉強になりました。
Unknown (きょうのこ)
2020-11-07 20:10:45
まるぞうさん、こんばんは。3点への回答をありがとうございます。

アメリカという国を見ながら我が国を考えていく中で、振り子の法則ということ、良い因果悪い因果の蓄積率、恣意的な見方を排除しながらの国の行く末の捉え方ーーーということを再確認できました。

今回の選挙結果の個人的な感想ですが、「トランプ票が現在でもこんなにあるんだな」「この状況下でもバイデン氏は圧倒的な勝利が収められないんだな」というのが率直な感想です。なかなかそういう視点で掘り下げた記事は見かけませんが、アメリカの正直さが9.11後のような極端な方に傾かず(その前は真珠湾かと)、はっきり二分されたという結果に、一概には言えませんし誤解を恐れずに言いますとある意味、国も進化しているのでは? と感じる面もあったりします。私もアメリカの国の多くの人の公正さを信じながら、この国を見ていきたいと思っています。
Unknown (Unknown)
2020-11-07 22:57:23
まるぞうさん、また面白いこと始められましたね。
と言いますかお仕事なさりながら、こんな沢山の質疑応答すごいです。有り難う勉強になります。
私が一番わからないのは自分です。人に訊ねるのは怖くもあります。だって人様は思いがけないことを仰るからです。私の知らない私、どれだけ自覚してないんだろうな。聞きたいような聞きたくないような?(^ω^)
でも人様の仰ることが悪意でなければ、それは本当のことかもしれませんね。私は私を誰よりも多角的に見れないんですものね。でも人様の私への印象を伺って、そのように受け取られたのか気を付けようとだいぶ周囲に気を使うようにはなりました。過去に一度だけ、知り合いから言われたことでショックで泣いたことがあります。その仰ることが本当のことだとわかったので泣きました。怒りはわきませんでしたので、私には大事なことだったんだろうな。
逆に怒りで暴れたくなったこともあります。それはどうなんだろか?その人とは絶縁してしまいました。すべてのひとの言葉が神様からのメッセージだと思えたら、すごい強かになれるかもしれません。
でも私は狭量で器が小さい人なので、そこまでいかないと思います。でも人様の反応やご意見、昔よりはあまり気にならなくなりました。恐い人だと思ってましたと言われた時も、そう、私は恐いんですよって笑えるようにはなれました。人にどう見られるかは平気になれました。落ち込んだり怒りで眠れないみたいなことはなくなりました。それだけでもよかったとホッとしています。諦めてくれて有り難うね私、ですね。
まだ何日も前の記事を追いかけて拝見しております。まるぞうさんの記事は楽しみです。何時も有り難うございま~す。
11月のヨーロッパ (三月の桃日和)
2020-11-07 23:48:23
再度のロックダウンで欧州全体、世の中の気分が落ち込みまくりです。そもそも11月に入ると日照時間が激減し、空は暗い雲に覆われるか、または10メートル先がやっと視える濃霧が立ち込めてるか、という毎日が続くので皆軽いウツ気分になるのです。そして今年は再度のロックダウンがこの時期に。
春のロックダウンはみんな力を合わせてなんとか乗り切った!のに、此処へ来て「お先まっ暗・もうアカン」の空気が蔓延中です。小さなことにピリピリし、他に怒りをぶつける、という空気が出来上がっていくのは自然の流れなのかもしれません。アジア人への差別がSNSなどで拡散されているから気をつけるようにと、在フランス日本領事館からのお達しは私の元にも届いてます。スイスは今のところは、そのような兆候は無いのですが、大きな街などで私は1人では公共交通機関を利用しません。特に閉ざされた空間、地下鉄などは避けています。一つ救いと言えば、前回と違いお店は開いているので(スイスの場合です)、クリスマスの煌びやかなウインドー装飾などは例年通り。これが人々の眼で見るオアシスになっていて、お店で買い物をする人の足は途絶えないのです。これでなんとかまた乗り切って欲しいなと思います。
オキシメーターのおかげで入院できた親族は、まだ集中治療室から出て来れませんが、気分だけは立ち往生しない様に毎日キッチンで何か作ってます。最近好評だったのは、長ネギのマリネ。醬油麹を乗せて出したらあっという間に完食されました。まるぞうさんレシピも時々覗いてます。さて、今日は何作ろう?やっぱりカレーかな。
まるぞうさんに訊いてみたい質問、あったような気がしたのに、今ではサッパリ思いつきません。食事の下ごしらえをしてるとあっという間に夕方に〜。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事