まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【防災備蓄】 御米の備蓄についての考察2。備蓄方法4種。

2022-09-16 10:09:28 | 防災情報。

防災カレンダー

東京西部
愛知県西三河エリア(立つ雲)
愛知県(くっきり分かれた空)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2022/09/13/092223#19


電離圏全電子数観測
https://aer-nc-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/AMAP/




長期保存するための条件。

 御米の備蓄方法について何回かに分けて考察して行きたいと思います。
 たくさんの方からアンケート回答頂きありがとうございます。読者の方の状態が把握できたので、それを前提に考えていきます。

 結論から言うと
・御米専用の冷蔵庫が用意できるならそれば一番良い。
・次善の策としては「半年ごとに1年保管の御米をローリングストック」する。
です。

まず御米の長期保存の問題は、虫とカビがわくということです。これらが発生増殖する条件は
・温度
・湿度
・酸素
この3つが重なった時に、発生増殖がしやすくなります。ということはこれらのうち一つでも断てば、長期保存の成功が高くなる。ということです。

では、長期保存の方法について具体的にみてみましょう。



1,冷蔵庫

 これは温度を低くするということです。一般的に10℃前後くらいでしょうか。
 まず、備蓄冷蔵庫を買うかどうか迷っているのであれば、備蓄冷蔵庫が良いと思います。

 また御米の保冷庫を購入された方もおりました。メーカーは長期保存は保証しないので使っていない。ということでした。でもメーカーのサイトでは「1年中美味しい御米」とうたっているので、1年ごとに入れ替える「まるぞう式ローリングストック」ならば、大丈夫だと思います。

参考サイト:MK低温貯蔵庫
https://www.mkseiko.co.jp/ls/products/ar/mc-250s-n.php



2,柿渋米袋

 これは袋内の湿度を少なくするという性質で、虫やカビを抑える備蓄法のようです。
 保冷庫を購入する必要もなく、脱酸素袋よりも扱いが簡単です。
 ただしこれは中に入れる御米と柿渋米袋を保管する環境で、備蓄性能が大きく変わると思います。

 たとえば押入れなどは湿度が高いです。梅雨時など押入れ乾燥剤を入れておくとすぐに一杯の水が溜まるぐらいです。
 柿渋袋がいくら湿度を抑えるといっても、それは保存している場所と同じ湿度にもっていくことが精一杯です。
 そして御米も、ある程度乾燥しているものなら有利でしょうが、場合によってはまだ収穫後の水分が多めの状態もあるかもしれません。そういう御米はやはり柿渋袋には不利です。

 もし湿度が低い備蓄場所を確保できるなら柿渋袋は威力を発揮することでしょう。
 私は柿渋袋は試したことがないので、その性能はよくわかりません。ネットで調べても、実際に1年以上もったかどうか。一般消費者の情報はなかなか出てこないです。

 でももし私が柿渋袋を試すとしたら、保管場所にはタンク型の除湿剤を数個置いて、備蓄場所自体の除湿を試すと思います。特に梅雨時から夏〜秋にかけて。



3,脱酸素袋(自分で詰める)

 これは実際私が試してふた夏を超えても大丈夫でした。酸素を遮断した真空パックになるので、備蓄中のカビや虫の発生を抑えられます。
 脱酸素剤というのは、100均で売っている使い捨てカイロそのものです。脱酸素袋は繰り返し使えるので、ランニングコストも安いです。ただし、この留め具は硬いです。このぐらい硬くないと1年以上脱酸素は保てないでしょう。

 通常は脱酸素剤(使い捨てカイロ)を入れて一晩たつと、中の酸素が消費されて備蓄袋はカッチンコッチンの真空状態になります。こういう状態であれば1〜2年程度の備蓄はクリアできるでしょう。

 しかし翌日になっても袋がカッチンコッチンになっていない場合は、留め方が失敗しているので、使い捨てカイロを取り替えて、留め直してください。
 私の場合、6個の備蓄袋のうち1個は失敗してやり直しました。というぐらいの確率です。ただ留め方は失敗してもやり直せば大丈夫です。

http://www.a117.co.jp/%E8%87%AA%E7%A4%BE%E8%A3%BD%E5%93%81/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/%E3%81%8A%E3%81%93%E3%82%81%E9%95%B7%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%A2%8B10.html




4,脱酸素袋(業者が詰める)

 備蓄用の御米として最初から脱酸素真空状態で購入できる商品もいろいろあります。
 たいていのものは未開封なら1年持つとありますので、まるぞう式ローリングストックで使えます。

 御米は少し割高ですが、保冷庫を購入する費用とか、あるいは自分で柿渋袋は脱酸素袋に入れ替えて管理する手間がないのは魅力的です。

 また上記の3つは玄米保管が前提ですが、こちらだと白米で購入できる商品もあるので、日頃玄米を食べない人には更にお手軽です。

 検索するといろいろ出てきます。
https://www.google.com/search?q=%E7%B1%B3+%E9%80%9A%E8%B2%A9+%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%82%99%E8%93%84&sxsrf=ALiCzsZe9K9dcQLC8D5gC1qZXKkZaxrB2g%3A1663287320867&ei=GMAjY-TCNPmE2roP7LmW2AM&ved=0ahUKEwjkrq2PhJj6AhV5glYBHeycBTsQ4dUDCA4&uact=5&oq=%E7%B1%B3+%E9%80%9A%E8%B2%A9+%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%82%99%E8%93%84&gs_lcp=Cgdnd3Mtd2l6EAMyBwgAEB4QogQyBQgAEKIEMgUIABCiBDIFCAAQogQyBQgAEKIEOgoIABBHENYEELADOgYIABAeEAQ6CAgAEB4QCBAEOgoIABAeEA8QCBAEOgUIIRCgAToECCEQFUoECEEYAEoECEYYAFDaF1jdJ2CvK2gCcAF4AIABsAGIAf8OkgEEMC4xM5gBAKABAcgBCsABAQ&sclient=gws-wiz



 では、明日は「我が家は何キロ買えばいいの?」を考えてみます。そのあと「玄米なの?白米なの?」も考えてみましょう。
 そしてこれらを総合的にみて、「我が家は4つの備蓄方法のどれにするか」決めることになると思います。



 ご質問があればコメント欄にお寄せください。よろしくお願いいたします。(つづく)




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
この説明なら納得です。
消費者にとっては円安は困るが、企業は円安で売上が上がりGDPを押し上げるということです。

→ 日本社会においては企業に勤めている人が同時に消費者の役割もしています。

・企業の利益が上がるとその恩恵を受ける消費者は(一部)いる。
・企業の利益が下がると消費者はほぼ全員ダメージをくらう。

ただしこれは円高円安の話とは違う土俵のお話に繋がります。「一部の富裕層が大部分の庶民を搾取している」という世界観を好む人がいるというお話なのですが、これはまた動画が復活したらやってみたいです。

・良心に恥じない生き方をしている富裕層。
・良心に蓋をしている富裕層。
・良心に恥じない生き方をしている庶民。
・良心に蓋をしている庶民。

ゼロイチには明確には分けられませんが、人は日々揺らぎながらこれらのクラスを行ったり来たりしています。

============
以前実家は米農家でしたが、今は田んぼは貸しており、毎年3世帯分、まとめて1年分玄米を購入しております。
保管は実家の今は倉庫がわりの木造離れ、北側の縁側で、いつも風通しをよくしております。
嫁いで35年、実家のお米を食べておりますが、古米でも虫がわいたり、カビたりしたことは1度もありません。

→ おそらく玄米保管であることと、温度と湿度がそれほど高くないこと。保存期間が1年以下だったことが理由によると思います。考えてみれば昔の日本人はそうやって御米を保管してきたわけです。

============
詳しいゴタゴタはご主人側にも言い分があるだろうし、聞いた範囲での羅列なのでよく分からないが。。。 
彼女今は1日3件の清掃作業で元気に生活しているとのことだ。
そして、今が一番幸せとのことだそうだ。

恨みを持つでもなく、今が幸せと言える彼女が羨ましくもありました。

→ 素敵な女性の方ですね。お話ありがとうございます。

============
うちは宅配生協で登録米をしています。
毎週、隔週、第○週のみ、5キロ10キロなどわりと自由に選べます。
農家さんに安定した注文ということで、少し割り引きもあったり。
東京3.11の店頭からお米が全て姿を消したときも、優先的に配達してもらい助かりました。
長期的にはなくなり減らされたり欠品になると思いますが。
生協によりいろいろ条件はあると思いますが、参考になれば調べてみてください。

→ 準備蓄として良い方法だと思います。お知らせありがとうございます。

参考サイト:【ごはん部】「予約登録米」で快適ごはん生活!
https://information.pal-system.co.jp/topics/gohanbu-yoyakumai-220404/

==========
ままじゃむさんは教訓として3つの項目をあげています。
・子どもは「置いていかれたかも」と思うと慌てて飛び出す。
絶対店を出ないように教える。
・「(親が)いない!」と思った子供は店を飛び出している可能性があるから、できるならすぐ警察に届ける。
・5歳くらいの子どもの移動距離は想像を超える。
店内で離れても、すでに遠くに行っている可能性もある。

→ 子育て中の親御さんには大切な教訓ですね。コメントありがとうございます。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛媛在住者)
2022-09-16 11:30:56
お米、以前 2㍑のペットボトルに入れて冷蔵庫保存してました。最近は常温保存で食べきるので、ペットボトル再開して常温でも大丈夫なら保存してみます。
玄米備蓄 (麦茶)
2022-09-16 14:14:04
まるぞうさん
いつも興味深く拝見しています。玄米備蓄のこと、私も調べています。
二年間にネルパックで保管した玄米は今月からその都度精米しながら食べていますが、普通に美味しくいただいています。(夏は30度以上の室内でふた夏越して大丈夫でした。)
今年の新米は5年以上保管前提で備蓄したいと考えております。
都心在住で、玄米冷蔵庫設置場所もありません。
籾殻付きの状態のお米はかなりの保存が可能との情報です。
そこで、初の試みですが、以下試してみる予定です。
柿渋ハッスイ米袋は欠品中で高値ですので、匂いがしない柿渋液と米袋を購入して自作、その柿渋2度塗りの米袋に、農家さんから籾殻付きのままの玄米(昨年2021年度収穫の乾燥したもの)を入れてできるだけ空気を抜いて保管。
保管場所は夏はエアコン使用の部屋、冬はエアコン使用しない部屋に移動させる。
季節ごと移動は大変そうですが、衣替えの感覚で10キロづつの袋でヨイショしようと思います。
問題は籾殻をどうやって取るか。精米機を3回かけて白米にしている動画をYouTubeで見つけました。本来の使い方ではないので自己責任でとおっしゃっていました。
5年後、いざこのお米を食べる時までに、籾殻を取る方法は宿題にしようと思います。
5年以内に食べる備蓄は玄米でネルパック、3年以内で食べる備蓄は玄米dツヴェリングの真空バキュームで真空パックにしてみる予定ですが、他に良い情報があれば試してみようと思います。
Unknown (SOPHIA)
2022-09-16 14:35:44
お米に備蓄特集有り難うございました。
いろいろ検討してまるぞうさんと同じ袋をアマゾンで注文しました。
コメント欄でも封をするのに苦戦するとの事。
上手くできるか心配です。

柿渋袋はアマゾンで価格が爆上がりになってました。転売ヤーが跋扈しています。
酷いですね。マスクの時と同じです。
Unknown (Unknown)
2022-09-16 15:46:36
以前、仕事帰りに本屋の前を自転車で通りかかったら、2.3歳くらいの女の子が歩道の方へとっとこ出て来たのです。親は見かけないし、前は大通り。とっさに、「どこ行くの?お母さんは?」と声をかけたら、お店の方に戻って行き、お姉ちゃんらしい子に捕まったので、そこまで見て、安心して帰って来ました。駐車場からの車の出入りも多いところですから、危なかったです。きっとあの子のご先祖さんに頼まれたんだと思いましたよ。いろんな事件をみますと、無事に成人してくれるのは奇跡だなって思います。
Unknown (Unknown)
2022-09-16 16:00:30
まるぞうさん、いつもありがとうございます。
私は東日本大震災の後から、柿渋米袋を使っています。脱酸素の袋も使ってみましたが、私の力では口をしめられなかったので、扱いやすい柿渋米袋を使うようになりました。
私はいざという時は米と塩、味噌、醤油、梅干しがあれば何とかなるという考えのもと、米農家から玄米を数10キロまとめて購入して柿渋米袋に入れて保管し、残った米は翌年に繰越しますが、毎年同じ量を購入しています。そして米はどんどん残り、今年の夏にはついに120キロ残っていました。さすがに残りすぎなので昨年の米60キロは息子に持っていってもらいました。息子にも米農家から送ってもらっているので、備蓄米にすると言っていました。
今、私が食べているのは2年前の米です。カビ臭くもなく虫も湧いていません。袋に入れる前の米と2年たった米とは食べ比べることが出来ませんが、味が落ちているにしても何の問題もなくおいしく食べることが出来ています。今年ももうすぐ新米がきますので、在庫が100キロは楽に超えてしまいますが、災害の時は古米でもないよりはましなので、近所の人に分けようと思っていますが、こんな事で役に立つことがないように願っています。
米は北側の寝室に保管しています。押し入れはカビが生えることがあるので、壁に立てかけています。今までカビが生えたり虫がわいたことは1度もありませんでした。柿渋米袋は日に干せば再利用もできますし、他の穀類も保管出来ます。私は大豆も保管しています。大豆は3年過ぎてしまいましたが、5目豆にしたら普通に食べられましたので、捨てずにとっておこうと思います。何か参考になればと思い投稿させて頂きました。
Unknown (さくらん坊)
2022-09-17 08:01:22
いつもたまになるお話をありがとうございます。
2010年に、30キロ3袋の玄米を買い、ネルパックで保存。
リビングのテーブルの下が死角で、さらに直射日光に当たらない場所があり、そこに安置して12年。
子育てに忙しかったこと、普段目につかないので、すっかりそのままになっていました。

もう絶対に食べられる代物ではないと思い、処分しなくては行けないとずっと思っていました。

まるぞうさんの記事を読み、10年大丈夫だった方のコメントを読み、もしやと思って、昨日開封して、食べてみました。
玄米の香ばしい香りがそのまま、少し水分が足りなくパサパサしているように思いましたが、とりあえず私は美味しく頂きました。

こんなこともあります、というご報告でした。

今まで忘れていたことが逆に奇跡のようだし、これから本当にこの玄米たちのお世話にならざるを得ない時間がやってくるのだなあとあまり手放しで喜ばないような複雑な気持ちです。

書かせて頂いてありがとうございました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。