まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

時事ネタ3題。

2021-01-02 12:06:02 | 今日のひとり言

防災カレンダー
2日。庚の重なり日。




時事ネタ1 ゼロイチのリスク。

【CROSSROAD】リン・ウッド弁護士インタビュー 米国人は自由を堅持する


 上記の動画は1時間もあるので、是非観てくださいとお勧めするものではありません。ただこの動画を観て、初めてリンウッド氏のお話をじっくり観ました。なかなか危険で胸がドキドキしました。こういう方なのか。うむむ。



免疫が強すぎると味方を攻撃し始める。

 日本も同様の時期がありました。隣国3国からとマスコミや政界そして教育の現場から日本というものが崩されていた時期がありました。安倍首相という奇跡の人材がこの時期日本のトップで護られたからこそ、本当に日本は紙一重でくぐり抜けることが出来ました。
 もうマスコミがどんなに安倍首相をバッシングしても、国民の約半数が安倍首相を支持するところまで、ようやく成長しました。

 もちろん手放しで油断出来ることは出来ませんが、でも私の個人てじ主観では、振り子の振り返し地点は過ぎました。まだ振り子の揺り返しは非常にゆっくりしたものです。
 しかしこれからは日本を貶める人たちが興隆することはない。ゆっくり沈んでいくという大きな因子の流れが始まっている。というのが私の主観の風景であります。

 さて、安倍政権が「日本を貶める流れ」を逆転させるために苦戦していた時期です。(まだ数年前ですがもう遠い昔のようです。)
 当時はネットの動画の保守の論壇は重要な役割でありました。当時からゼロイチの危険性がありましたが、毒を持って毒を制す。その毒も必要悪でありました。

 ただしゼロイチの毒はサイトカインストーム(免疫が過剰で自分自身を傷つけること)を発生させます。過激な免疫で味方どうしで攻撃し始める段階に進みます。



白を突き詰めると黒が現れる。ように出来ている。

 リンウッド氏のインタビュー動画を観て、当時のドキドキを思い出しました。今のアメリカは峠の分岐点でありますから、毒には毒の意味がある。毒を持って毒を制す。
 しかしゼロイチの毒が強すぎると、次はサイトカインストームに移行するよ。と私の心の中で呟いてしまう。



 黒の中に白い点がある。白の中に黒い点がある。黒と白が入れ替わりながらグルグル回る。
 邪なるものを排除し聖なるものを突き詰めると、その聖なるもののの中に邪なる黒い点が生じる。
 この文明何千年もの間に何度も繰り返された風景。真面目に突き詰めるほど魔に堕ちる穴が拡がるというトリック。うむ。



時事ネタ2 隠された邪悪に日が当たる。振り子の時期。

2021年の全国奴隷制および人身売買防止月間に関する宣言
ホワイトハウス 2020年12月31日

人身売買は、米国および世界中の人々に影響を与える人間の尊厳に対する恐ろしい攻撃です。それはコミュニティを引き裂き、犯罪活動を煽り、米国の国家安全保障を脅かします。全国奴隷制と人身売買防止月間中、私たちはこの忌まわしい悪を根絶し、犠牲者と生存者を支援し、人身売買業者に彼らの凶悪な犯罪の責任を負わせるという私たちのコミットメントを再確認します。
・・・
そのため、私、アメリカ合衆国大統領のドナルド・J・トランプは、憲法とアメリカ合衆国の法律によって私に与えられた権限のおかげで、2021年1月を国家奴隷制と人身売買防止月間として宣言します。 、2021年2月1日の自由の日の年次観察で最高潮に達します。私は、業界団体、法執行機関、民間企業、信仰に基づくおよびその他の市民社会の組織、生存者と支持者、学校、家族、およびすべてのアメリカ人にあらゆる形態の現代の奴隷制を終わらせる上での私たちの重要な役割を認識し、あらゆる形態の人身売買を終わらせ、防止することを目的とした適切なプログラムと活動で今月を観察する。

その証人として、私はここに、私たちの主の誕生から2020年目の12月31日、そしてアメリカ合衆国の独立の年である245の年に手を差し伸べました。

ドナルド・J・トランプ
https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/proclamation-national-slavery-human-trafficking-prevention-month-2021/


 今回の大統領選の真実を突き詰めていくと必ず出てくる「エプスタイン島」という単語。
 そのような隠された邪悪さに日の目が当たる時期に差し掛かっているように思います。振り子の揺れ戻し。隠されていたものが、オモテに出る時期。
 ただしそのためには大いなる努力と労力が必要とされるのはいつものことです。毒も効果的に使うと役に立つ。

https://twitter.com/OSAISENMAN/status/1338911206552178689
 二人の会話。ヘドが出ます。(怒り)



時事ネタ3 トランプ大統領に再選して頂きたい最大の理由。

アメリカの軍事コメンテーターのマイク・アダムス氏の話です。
現在、トランプの司法戦略は、常に法廷で「負ける」ことを想定していたことが明らかとなった。これは、司法制度全体が機能不全に陥り、絶望的に腐敗していることを宣言するための理由を収集するためであった。これにより、軍事法廷を開くこと、そして最終的には腐敗した裁判官たち(連邦最高裁判所のロバーツ判事を含む)を逮捕することに道筋を開くことになる。・・・(中略)・・・

こうしたことに加えて、トランプは静かに大統領令13818を1年間延長した。・・・この大統領令は、人権侵害に関わった者——これには小児性愛者たちを含む——に対して、重い懲役と処罰を政府が行うことを可能にしている。

本日時点で、リン・ウッド弁護士が行なったツイートにより、私たちはジェフリー・エプスティーンがまだ生きていると知らされている。エプスティーン(またはエプスタインとも発音される)は、米国上院議会や知事職にいる小児性愛者たち(そしてロバーツ判事などの連邦最高裁判事も含む)についての情報を全て持っている。もしエプスティーンが生きているとすれば、それは、トランプが彼を殺害されることから保護していたことを意味する。そして、トランプがエプスティーンにディープステートの小児性愛者たちに対する証言をさせるために協力を得ていることをも意味する。

もし1月6日に、トランプが連邦議会でスピーチを行い、エプスティーンが存命であること、そして彼が小児性愛者である上院議員や下院議員たち全てに対して証言するだろうということを明らかにし、そしてトランプがこうした小児性愛者たちや子供たちを人身売買してきた人たちに対して大統領令13818の威力を全開にすればどうなるだろうか?これは形勢を一変させることになるだろう。もしこのような情報が公開されれば、100人以上の連邦議員が辞職するという仮説が成り立つ。

私たちは、これが現実の計画なのかはわからない。しかし、これは一つの可能性ではある。トランプは、もし1月20日にホワイトハウスを立ち去る計画であるのなら、なぜ大統領令13818を1年間も延長したのか?明らかに、彼は立ち去る計画ではない。それどころか、彼は裏切り者たちを起訴する計画なのだ。

トランプはまた、ジョー・バイデンがチャイナとウクライナから様々な賄賂を受け取った、腐敗した犯罪者であることを示す証拠も公開する可能性がある。トランプは、連邦議会の前で、(ジョー・バイデンの)銀行記録を公開し、バイデンは翌日に逮捕されるだろうと宣言し、そして連邦議員たちにもし彼らがアメリカという国に対するこうした犯罪行為や扇動罪に加担すれば、彼らもまた逮捕に直面するだろうと宣言することもできる。

1月6日に正確に何が起きるのか、私たちにはわからない。しかしこの日は何か大きなことになる。
・・・
https://bonafidr.com/2021/01/01/


 今のアメリカはこのような隠された邪悪さに日が当たる時期に差し掛かっているというのが、私の陰謀論小説です。
 人類が本当に次の段階に進化するのであれば、生みの苦しみとして経過するべき難関であるように思います。

 でも行き過ぎサイトカインストーム。という中道の挑戦であります。この数千年。今まで何度も繰り返された失敗。
 それは聖なるものを突き詰める場所に、邪が入り込む隙間が出来てしまうというトリックへの挑戦。
 たとえばキリスト教カソリックの最も聖なる場所に、もっとも隠された邪悪さが巣食うということ。排除するほど正反対なものに栄養を与えるということ。
 だから私達の今度こその挑戦。中道のハンドルは、注意深く。何かをゼロとして排除しようとする時は、正反対のイチに栄養を与えているということ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
喪主って・・サバコだったかイワシ一緒に開いたお母様ですか?花火大会やお盆で腹抱えて笑った。読んだ途端にそう思いまして ご冥福をお祈り申し上げます。

→ 覚えていてくださってありがとうございます。

==========
掌広げたようなもの、トナカイの角、スペースシャトル、FIFA のトロフィー、蛸足……もう何でも出てくる。ここは何の製造工場かっ!ってつっこみ入れたくなるくらいあらゆる形の長芋だらけ。困りました。弱りました。こんなのJAに出荷したらお金にならない。逆にお金取られちゃう。贈答用の長芋がなかなか貯まらない。贈答用の長芋が出てこないと我が家は今年は暮らしが……そんな事態ですよ。何が原因かわからないのが困る。我が家だけじゃなくてこの地区全体がそんな状態だったようです。今年はどうなることか……。

→ 生産者がネットで直販するというのも一つの選択肢ではないでしょうか。

参考サイト:農家はネット販売するべき?メリットとデメリットを整理
https://kgarden.jp.net/pltop/advantages-and-disadvantages-of-online-sales
個人農家がネットで野菜を売る!フリマアプリの販売方法も解説!
https://aqcg.jp/farmers-sell-vegetables-online/

もしリスクヘッジとして選択できるならば。

==========
まるぞうさんの説かれる半分半分やゼロイチも言葉の彩ですので、直球に受け取りますと矛盾も生じます。
量子的には、ゼロの状態、イチの状態、両方の状態が存在しますし、世は波のようなアナログでも有り、正解の存在しない世ですので、半分の意味も人それぞれで有り、まるぞうさんの半分と私の半分は大きく違うのかも知れません。
1対9や9対1でも半分半分です。

→ コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

==========
・カラフルな魔女の物語~角野栄子85歳の鎌倉暮らし「魔法のワンピース」1/2(土)Eテレ午前6:00~6:25
・  〃  「いたずら描きとさんぽ」1/3(日)Eテレ午前6:00~6:25
「魔女の宅急便」で知られる作家・角野栄子さん85歳。日々の暮らしを生き生きと心地よく変える魔法とは?
概要:https://www.nhk.jp/p/ts/8ZVV54RR1Q/

→ 情報ありがとうございます。興味深く拝見しました。

==========
逆の視点を思い出す事。分からなくなったら、自分のクセの逆をやってみよう。。。という事かな。

→ 自分がもみ消したい耳が痛い警告の中に「それ」があるというのが私の経験論です。今年もよろしくお願いします。

==========
私も昨年は怒涛の年で、人生で初めて喪主を努めました。とにかくなんとしても無事に納骨をと無我夢中でしたし、その後のいろいろな手続きも落ち度のないよう頑張ったつもりですがいかんせん慣れてないことで。でも、旅立った者の日頃の整理整頓ができていたので、なんとかスムーズに手続きできた感じです。

→ 自然のペースで無理なくゆっくり歩くこと。正解とは?正解とは自分のペースのこと。だから大丈夫。故人のご冥福をお祈りいたします。

==========
以前、ブログにも時折アップされていらっしゃったので、御存在を気に掛けていました。

→ ありがとうございます。

==========
まるぞうさん、お返事の件了解しました。
日を改めて書いてみます

→ よろしくお願いいたします。

==========
まるぞうさん、ペンスがトランプ大統領を、裏切ったという、情報が書いてありましたが、まるぞうさんの考察を聞かせてください。

→ 腹を括って見守りたいと思います。大丈夫。

==========
看護師として昨年は思った以上にお看取りも経験させていただきました。多くの患者さんと接していて、自分の最期の覚悟も噛み締めつつ、過ごしています。この歳で看護師になってよかったです。今年もお仕事がんばります。

→ ありがとうございます。

==========
まるぞう様ならよくわかるかと思う記事を貼らせていただきます。私には難しかったですが、とにかく疫病が夏にはおさまるといいなー。
https://note.com/yubais/n/n349ab986da42

→ 情報ありがとうございます。私からも。
参考サイト:新型ワクチンに二種類ある
https://youtu.be/Oja6SA83QgY

mRNAワクチンの副作用
https://youtu.be/yRBvwiPtfr0

==========
そして自分の中で、立場の弱い人が立場の強い人に立ち向かう時、立場の弱い人がさらに弱い立場の人を守る時、自分や自分の大切な人が加害者になった、もしくはなりそうなのを止める時はゼロイチやゼロイチに近い(1:9だったり2:8だったり)姿勢でないとむずかしいのかなぁ~と思いました。

→ コメントありがとうございます。中道の難しさのポイント。薄皮一枚の部分だと思います。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 2021年。1月1日。 | トップ | 【保存版】 人権弁護士の探し... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (to)
2021-01-02 12:55:49
まるぞうさん 寛大なご判断感謝致します。
米さん コメントお待ちしております。私的なことだと思われますので、アップ出来る限りで結構です。お時間がかかっても結構です。
ありがとうございます。

本当は私のコメントがスルーされるのではないかと怖くて見れずにおりました。
昨日、本日のお二人のやり取りを拝見して、これでもしかしたら解決出来るかもしれないと希望がわいて来ました。

ありがとうございました。
Unknown (神無月)
2021-01-02 13:46:38
トランプ大統領が戒厳令等の軍を動かさずに、憲法法律に則り不正を正す戦略には、トランプ氏なりの中道を目指しているように感じます。
国内の分断を可能な限り抑える為の、大人(英雄)の対応だと思います。

日本が民主党政権で崖っぷちに追い詰められ、首の皮一枚で、安倍総理の誕生で踏みとどまった姿に、今のアメリカの姿が重なります。
日本は世界の雛形と云われています。
日本で起きた事が時間差で世界に現れるようです。
終戦時、不法移民を多く受け入れた事で、日本が苦しめられて来た姿が、今、欧米が移民で苦しめられているわけです。
日本がバブルに踊り弾けた姿は、まもなく訪れる世界金融のバブル崩壊に現れるはずです。

願わくば、核攻撃を受けた経験を世界が受ける事は避けたいものですね。
.
Unknown (Unknown)
2021-01-02 13:52:45
お正月休み中、職員の一人より「来年度もよろしくお願いいたします」と連絡がありました。この方が他の職員を批判する度に、真摯に向き合って指導してきました。ついに、まわりの方々と上手く行かなくなり、転職を考えていたようですが、ここで頑張って欲しいと思っていました。私は逃げません。ずっと向き合って行く覚悟がありますよ。お休み明けからまた忙しくなりそうです。
Unknown (tch)
2021-01-02 16:03:55
保守論壇の人々の話は、コロナ拡大以降は自然と見なくなっていました。なんか飽きた。
しかし、東かがわ市の話が出てきたように中共の侵略は続いているので、まだまだ役割は残っているとも思います。
情報発信がお仕事の方々は、何かを発信しなければならないので、黙る・待つ・保留する等の選択肢が取りにくいのかなとも思います。討論をすれば負けられない立場でしょうし。
ゼロイチが本当に怖いのは、思考を飛ばして行動に出る時だと思います。極端になりやすい。歴史で思うのは515や、226事件とか。
あいつは黒だ。黒を消せば全部が白くなる!という感じだったでしょう、実行犯たちは。実際には相手は黒ではなかったし、本人たちも白ではなかった。これもゼロイチ手法で操られていたんですね。
今の世の中は、、、資本主義が行き着くと共産主義に変わる、とマルクスも言いましったっけ?違ったらスミマセン。米国で共産主義を支持する若者が多いのも、左教育の影響とはいえ、時代の揺り返しなのか。ソフトな変化を望みます。
…リン・ウッド氏の動画、流し聞きます。
Unknown (Unknown)
2021-01-02 16:22:24
「中道の難しさのポイント。薄皮一枚の部分だと思います。」記事と併せて、読んでいてドキドキしてしまいました(汗)
ご返答していただきありがとうございました。
Unknown (kikehi)
2021-01-02 20:17:40
まるぞうさん
いつも拝読しております。
時事ネタをありがとうございます。
奴隷制度、人身売買は、エプスタイン事件の前からネットでは、飛んでも話の陰謀論のように話題になっていましたね。まともには信じられずでしたが、本当に、仲間になるための契りみたいで、現実にあるということに驚かされます。
トランプ大統領が、米国国民ファーストの政治、権力者は愛国者であるべき、世界の国家が各国ファーストになれば争いではなく、世界が調和する。その様な世界秩序を掲げて、演説をされました。
これは、神武天皇が語った八紘一宇そのものです。八紘一宇は、国家を治めるものが治める範囲の人びとを家族のように大切にする国家作りをするというのが、本来の意味のようです。
江戸時代の藩主や地主、聖徳太子の和をもって尊しとなすという国家観、プラザ合意後に日本企業に襲った株主資本主義に支配される前の日本企業の社員を家族として考える経営というのは、まさしく、八紘一宇の考え方から来ています。
日本人は、トランプ大統領の話されていることを初めてのこと、理想論と思わずに、日本、日本人のDNAとして思い出し、普通に語られる世の中になって欲しいと、あくまでも、個人的に思っています。
補足 (蓮華の葉の上のカエル)
2021-01-02 21:10:02
11年間3本供養してまいりましたが、改めて自身の良心を手本として生きていく決心をした次第です。 
toさんへ (長いです) (米)
2021-01-02 22:07:53
toさん

あけましておめでとうございます。
今日のコメント拝見しました。かなり心がナーバスになっている状況なんですね...
toさんの受けた人権侵害被害がどの分野なのかわからないので、一般論と私の経験からのお話が混ざった情報提供となりますが、その中から使える情報を選んでいただければと思います。

1.いい弁護士の見つけ方
★探す
★面談
2.行政の無料相談と弁護士会の法律相談を勧められない理由
3.どうして弁護士を頼むのか
の構成になってます。
長すぎるので、分けて投稿しますね。

1.いい弁護士の見つけ方

★探す

いちばん強力なのは運と縁とタイミングと情熱なのですが、これは個人差があるためここでは除外します。
口コミも、人権侵害を受けている人は他人と断絶していることが多いため除外します。
それと、自治体の無料相談と弁護士会の法律相談も除外します。理由はあとでお伝えします。
そうなると、ネットがやはりいいと思います。

ひとつは弁護士検索システムを使う方法です。

日弁連のひまわりサーチ
https://www.bengoshikai.jp/

弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/search/


ここでご自身の条件を入れて探すわけです。
もうひとつは、私の体験もありますが、弁護士の体温や考え方を知って自分に合った先生を探す方法です。

・SNSやブログなどで人権問題に熱く取り組んでいる弁護士を見つける
ツイッターなどで閲覧目的だけのアカウントを作って検索窓でキーワードを入れると複数出てくるので、弁護士達の発言を辿るのです。

・Googleで自分の条件のワードを入れて候補者をあげる
こんな感じです↓

弁護士 人権 toさんの住む都道府県 +侵害の具体的なワードがあれば、たとえば性被害 パワハラ DV 人種差別 障害者差別 ネット被害、村八分など

どうして都道府県を入れるかというと、受任後の打ち合わせは弁護士事務所まで行くので交通費が節約できるからです。

・複数候補があがったら、弁護士の活動や発言をネットで追い、ふるいにかける
最終的に2~3人に絞れた段階で、法律相談の予約をとります。

・もしtoさんが経済的に困っていないなら、予約のときに言われた料金を払ってください。
toさんが困窮者であれば法テラスが使える先生かどうかを予約時に確認してください。
相談は1回目は無料とか弁護士によって料金システムがちがうので確認してください。

・重要→その弁護士の、弁護士会で所属している委員会を、できれば確認
弁護士は必ず弁護士会のどこかの委員会に所属します。たいてい自分の専門分野です。
toさんの人権侵害が性被害でしたら男女共同参画関連の委員会、職場の侵害行為なら労務関係の委員会、障害者なら障害者委員会、職場でセクハラ、など分野が被ったりどことも判断できなければ人権擁護委員会に所属している先生がいいと思います。ネットの誹謗中傷被害とか過去の過ちでいつまでも差別を受けているのであれば(犯罪歴とか不倫とか)人権擁護かな..... 委員会の名前は弁護士会により若干変わります。

弁護士の公式サイトのプロフィールに所属が書かれていることもあればいないこともあります。その場合は弁護士会か弁護士事務所に聞くしかないですね...

★面談

・事前準備として、これまでの経緯を書いて、可能なら面談前にメールで送り、無理ならば当日文書を持参する

面談時間の節約のためです。当日はどうしても感情的になって話がまとまって冷静に話せなくなったり話が飛んだりします。

・証拠となる資料があれば持っていく
写真、メール、録音、プレゼントなどです。
あと、自分のメモや日記も証拠能力ありますよ。犯罪事件でも警察が欲しがりましたから。

・弁護士と、自分の気持ちを観察する
面談の最中、先生と話していてなんとなく落ち着くか、頼りになる感じがするか、先生とご自身の心の状態を観察してください。
これすごく大事です。
最終的にいちばん解決できそうな先生を決めて依頼します。
2.行政の無料相談と弁護士会の法律相談を勧められない理由 (Unknown)
2021-01-02 22:08:31
まず弁護士の立場に立ってみると、ほぼ当番意識です。稼げないから。
もちろん弁護士が当番をないがしろにしているのではないと思いますよ。でも人間義務感でやるのと自分が納得してやる気でやるのとでは全然ちがいます。

さらに、ここがお勧めできない最大の理由ですが、人権が得意な先生に当たるとは限らないからです。というか相当低いです。
人権の相談がしたいのに当番が土地建物の先生とかざらにあるのです。
はっきりと人権意識のない法律屋の先生もいます。

そして、最悪なのがその先生が合わなかった場合でも、人権に強い先生の紹介はしてくれないということです。
つまり、目の前にいる先生が受けるか受けないか、選択肢は向こうのゼロイチ。

無料か有料かのちがいだけで、弁護士会の法律相談も博打であることは変わりません。
弁護士会によってちがうかとは思いますが、ほんとうに商店街のガラガラポンと一緒なんですよ。
専門外の弁護士がほとんど当番意識で受ける相談は、もう最初から負けゲートに入っているのと同じだと思うんですよね....

もうひとつの理由はまたまた後述します。
3.どうして弁護士を頼むのか① (米)
2021-01-02 22:09:39
toさんはどうして弁護士の探し方をまるぞうさんにご質問されたのでしょうか。
おそらく自力での解決は無理だと見極めをつけられたからだと思います。

そして、侵害行為を受けている場から逃げるのをよしとしなかったからだと思います。
逃げることはひとつの解決方法です。逃げるのに弁護士は要りません。
でも逃げたくない、あるいは何かの事情で逃げられない、あるいは、今逃げてもまた新しい場所で同じ事が繰り返されるだろうと予測している、こういったご事情かなと思います。

私が弁護士を自分で見つけることにこだわるのは、上に書いたこともさることながら、自分が信頼できる有能な弁護士を何人か雇って、ほんとうに気持ちが楽になったからです。勝率もほぼ全勝でした。

状況は変わらないのに、弁護士に任せるととても気持ちが楽になり、仕事も休んでいたのがちゃんとお弁当まで作って出勤できるようになったり。
信じられないことに「私が選んだこんなに有能な先生が取り組んでくれているのだから負けても悔いなし!」とまで感じられるようになりました。

「私が自分で選んだ」

この自信が自分を支える力になるんですね。これがもう一つの理由です。

無料相談だとこうはいかないと思います。善徳貯金でものすごい出会いになることもあるかもしれませんが、だれにどの程度の徳と運があるかなんて私にはわかりませんし、私からすると博打になるのでお勧めできないのです。

そもそも、被害がほぼゼロイチなのにどうして被害者が逃げの一択なのでしょうか?

子どものいじめでも大人の職場のいじめでも、本人の意志を無視して支援を勝手に決められてしまうことが当たり前になっています。
よく「逃げていいんだよ」と言って保健室とかフリースクールに被害児童生徒を誘導する、あるいは被害生徒に転校や退学を勧めるじゃないですか。

でも専門家がよくよく聞き取り調査をしてみると、ほとんどの被害生徒は「いじめがなくなれば学校に行きたい」と言っているそうです。
悪いことをしていない、一方的ないじめに遭っている子どもの意志を尊重するのであれば、被害生徒に「逃げていいんだよ」ではなく加害生徒にいじめをやめさせるか加害をやめるまで学校にこさせないか、どちらにしても加害者に働きかけないといじめはなくなりません。
これは斎藤環医師だけではなく、たとえば女優の春名風花さん(はるかぜちゃん)も提言しています。

大人の職場もそうです。被害者はなんの落ち度もないのに「逃げていいんだよ」という美辞麗句で被害者の本来の居場所から追い払うことをしてしまっているのです。
「いじめがなければ今の部署にいてがんばりたいです」
大人も同じ気持ちの人が多いそうです。でもなぜか自殺や休職や退職は被害者。
加害者はそのまま居場所に居続けます。
弁護士や弁護士会は、本来のその人の居場所=居るべき場所・居たい場所にいる権利を守るために働くのです。
これを被害当事者が自力で守るのは至難の業だと思います。


前回のコメントでも言いましたが、人権救済はみんながやりたがりません。警察も裁判所も行政も地域も、個人も。
みんなが「個人の人間関係には自分は立ち入れない」と避けるんですね。
だから被害者が制度の谷間に落ちやすい。

また斎藤環医師も言っていますが社会はどうしても「あなたにも原因があるのでは」と半々を相手を責める道具に使うのです。
たとえば子どもが同級生から臭いと虐められる。その背景には親のネグレクトでお風呂に入れない事情があった。
臭い原因はお風呂に入らないからであり、その奥には虐待があります。
原因は本人サイドにあっても責任を本人に帰していいのか?という問題が出てきます。
原因と責任をどうも社会一般的に同一視してしまっているきらいがありますね。

解決方法は、家庭での虐待をやめさせること、本人がお風呂に入れるようにすること、そしていじめる側への斎藤医師の提言するルールを課すなど、ちゃんと視覚化できるのに、なぜか自業自得論自己責任論になっていくので解決を見ないばかりか本人が苦しみすぎて最悪死を選ぶようになってしまいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事