まるぞう備忘録

無題のドキュメント

防災の備え。今一度。

2021-04-25 10:27:42 | 防災情報。

防災カレンダー
東京都稲城市(彩雲)。


東京都西部から西方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/04/20/210013#13

神奈川県三浦市(月輪)。





大地震の時に家の中で起こること。経験者が教える「本当に役立つ備え」とは
ミモレ編集部 2021.04.25
・・・
家屋が倒壊してしまってはどうしようもないのですが、家の中でケガをしたり死亡するケースの多くは家具の下敷きになってしまうことです。今回の地震では、SNSで、倒れそうな家具を押さえたという話を見聞きしましたが、これはかなり危険な行為です(経験者として断言できます)。

家具や大型家電は何十キロもの重量がありますから、逆に自身が下敷きになったり、足に落としてケガをする可能性が高いです。被災直後は救急車などの手配ができませんから、なるべくケガを避ける必要があります。倒れた家具は後で直せばよいですから、基本的に放置すべきでしょう。
・・・
逆に恐怖心から家具にしがみつく人もいると思いますが、危険ですからやめてください。
・・・
地震が発生した時に外に出る行為については賛否両論があるようです。倒壊による被害を防ぐという点では意味があるのかもしれませんが、基本的に筆者はやめた方がよいと思っています。宮城県沖地震ではブロック塀が倒れて下敷きになる事例が多く見られましたから、外は危険がいっぱいです。電線が切れて落ちてくる可能性もありますし、最悪の場合には陥没などのリスクもあると考えた方がよいでしょう。
・・・
ライトも必須です。可能であれば部屋の中心部に、停電すると自動的に明かりが付くタイプの非常用照明を付けた方がよいでしょう。夜間に地震が発生した場合には、懐中電灯にたどり着くまでが大変ですし、ケガをするリスクも高くなります。非常灯が自動的に光るようになっていれば、被災直後の安全性は格段に高まるはずです。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80452


 このように定期的に防災の情報がいろいろなメディアに掲載されるのは、本当に良いことだなあと思います。

・グラっと来たら家具は抑えず倒れるままにすること。
・家具が倒れてこない場所を作ってそこに避難すること。
・倒れそうな家具は日頃から倒れ防止の備えをしておくこと。
・夜中の非常灯を用意しておくこと。寝室、居間、廊下。
・被災後ガラスから足を守るスリッパなどの用意。

定期的に防災の備えを見直したいです。



おまけ
善と悪のひっくりかえりについて考察してみた。





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
写真の下に書かれた言葉に誤変換が…

→ ご指摘ありがとうございます。修正したしました。^^;

==========
来日当初は外国人的な顔立ちなのに、何年も日本で暮らして日本語を話していると、日本語のお顔になってしまうのか、優しくて穏やかな表情になってきます。思考や感受性だけでなくて、話す時に使う筋肉とかも違うんじゃないでしょうか。あしやさんとか特にそう思いますね。

→ 面白いですね。コメントありがとうございます。

==========
どう考えてもGW中の緊急事態宣言や、夜8時以降の消灯など腑に落ちません。
しかし、平和な日本に、ある日突然空襲があるかもしれないと考えると、ありえなくもない。

→ 念の為。消灯とは看板等の消灯で、街頭など治安上必要な灯りも消すということではないです。閉店時間の消灯ということです。

確率半分で、何もしなくても東京都の感染者は爆発しない。微増。
確率半分で、東京も大阪のように再び感染爆発する。

どちらになるかは誰にもわからない。ただ確率半分で、再度爆発が発生した時に、なぜGW前に強い対策を行わなかったのか。あの時期はまだ抑え込むチャンスだったのに。と「あとからすればよかった論」が噴出するであろうと思います。

・大阪で感染爆発が起きていたから、東京感染爆発も想定できただろう。
・変異株が増えていたから、東京感染爆発も想定できただろう。
・GWは人手が増えるのは自明の理だから、東京感染爆発も想定できただろう。

その未来では、医療崩壊した東京をみて、人々はそのように主張することと思います。なぜあの時、もっと強い対策を国や都は実行しなかったのか。防げたはずなのに。人災だ。と。

災難に対しては、備えて何も起きなかった。というのが一番幸運なことだと思います。
たとえ「備えたのに何も起こらなかったじゃないか」と非難する人がいたとしても。

==========
 日本語の母音に鍵があるようですね。まさに母の音。環太平洋に母音文化があり、ハワイ語もその一つ。アロハ・オエ。古くは南はミクロネシアの方、北はぐるっと回ってアメリカ大陸まで続いていた。
 虫の声を声というのも、母音文化は音楽も言語脳で聴くから。邦楽は言語脳で聴き、西洋音楽は音楽脳で聴くという使い分けを、日本人は器用にやっている。
 心理的にも影響は大きく、幼い頃に日本語で育つと日本人の考え方になると。

→ 外国に生まれ住んでも、日本語の響きに何か「懐かしさ」を感じる人は、かつて母音文化に縁があった方なのかな〜。と思ったりします。
コメントありがとうございます。

==========
日本のアニメのDVDを鑑賞する時は、必ず日本語設定でフランス語の字幕をつけて観る!吹き替えキライ~!日本語聴きたいの!と言う家族がいました。亡き夫の妹です。長らく一人暮らしで訪日どころかおそらく国内旅行すらしたことが無い人でしたが、日本語のトトロや魔女の宅急便、言の葉の庭、などに夢中でした。彼女が亡くなって一年経ちますが、最後に一緒に映画館へ観に行ったのは「君の名は」でした。もちろんフランス語字幕付きでの日本語ヴァージョン。・・観終わったあと、ボゥとした顔で「このお話凄い。観れてよかったわー」と言ってくれました。その後、彼女は「君の名は」のブルーレイ、しっかりゲットして家で再び観てると喜んでました。言葉が解らなくても日本語を聴きながら心を旅行させてたのかもです。
確かに耳触りの良い・悪い言語ってあるなと、長く暮らしていると思い当たるし、喋る言葉が精神構造を作っていくとも思います。私は彼女と気が合いました。桃棒と彼女と3人でお茶を飲んだり食事をしたり・・楽しかったです。

→ コメントありがとうございます。ご冥福をお祈りします。
そして優しい言語の文化に生まれて来れて、今回は随分幸運な人生コースだったな〜。と改めて思います。ありがとうございます。

==========
旦那さんとBSテレビで「シン ゴジラ」を初めて見ました。形態を変えて行くゴジラ……。
ゴジラに対し「ごめんなさい」と涙が出ましたよ。

→ コメントありがとうございます。この次に上映予定のシン・ウルトラマンも日本に対する自然からの警告が含まれていると思います。大きな災難になる前に、多くの日本人がそれに触れることになるのは幸運だと思います。ありがとうございます。



==========
英語がからっきしだめで、日本語脳の私には、何とも、いつも、この手の内容は、一人勝手に嬉しくなります。
海外の言語が異なる方が、日本に住んで、日本人のようになるのは、日本語であるというのは、過去にも聞いたことがありました。
また、虫や生き物の鳴き声を、雑音ではなく、感情移入できるのも、日本語脳がゆえとか。

→ 日本語脳は情緒脳。次世代の人類への鍵。そのような空想未来小説があるかもしれませんね。コメントありがとうございます。

==========
通りで日本に長く住んで日本語を話す外国人はたとえ目が青くても
何故か違和感がなくなり日本人に同化してる見えるのはそういうことなんですね。

→ ですね〜。

==========
今は予約無しで太陽の塔に入れるそうです。
写真を送ってくれました。
塔の中は、母性回帰という表情では無くも、人類発生の様子や、DNAとか、回廊の最後?始まり?には太陽さんがデン!と居て、その太陽は青と金色で面白いです。

→ 1970年に私も中に入って驚きました。まだ観られるのは感動ですね〜。

==========
もし、不謹慎ならまるぞうさんのご判断で不掲載でお願いいたします。

→ 情報ありがとうございます。

==========
専門外ですが、半分半分の理念に沿ってあえて反論ばかりを並べてみます。
ぜひ皆様各自で両面を見てご判断を。

→ コメントありがとうございます。
冷静に判断される方が本当にありがたいです。

本当の国士さんとは、厳しい般若の顔と同時に、母性の顔もお持ちの方だと思います。それが日本だから。

==========
黒川伊保子著「日本語はなぜ美しいのか」

母音語の使い手による対話と、子音語の使い手による対話は、潜在的な意味において、まったく異なる行為なのである。
前者は、融和するための手段としてことばを使う。仲良くなる方法を探るのが、対話の目的なのだ。話せば話すほど、意識は融和していくので、意味的な合意はさほど重要ではない。心安らかな語感のことば(親密な大和言葉)をどれだけたくさん交わしたかに、感性状の意味がある。
後者は、境界線を決める手段としてことばを使う。境界線のせめぎ合いが、対話の目的なのだ。話せば話すほど意識は対峙するので、意味的な合意と、権利と義務の提示、絶え間ない好意の表明が必要不可欠となる。
この違いに気をつけないと、日本人は外交に失敗する。

何千年も続く、豊かな自然が、私たちに、融和する母音語をもたらした。
一方で、融和して共存する日本人の特性は、日本語という母音言語がもたらしているとも考えられる。
なぜなら、前出の角田忠信博士によると、DNA上、日本人とまったく無関係でも、日本語を母語として育つと、母音を左脳で聴くようになることが確認されているからだ。
たとえば、アメリカ人の子どもでも、縁あって日本語で育てば、母音で音声認識し、融和型の対話をして生きていくことになる。当然、自然と融和し、機械とも調和するのだ。
環境は言語を作り、言語は人を作る、のである。

→ 本当に大切な大切なことを仰っていると思います。教えてくださってありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 日本語という魔法。 | トップ | 感情の媒体としてのお金。 »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コビコビ)
2021-04-25 11:51:43
NH●ニュースは日本国内の世論を戦争肯定に誘導する目的であのような報道していたということですか⁉︎ショックですがお返事くださってありがとうございます。真ん中からなるべくブレないように冷静に注視します。
職場に来日9年の北朝鮮との国境の省出身の人がいますが、向こうでは強く振る舞わないと負けてしまうらしいです。
国に残して来た老親をえらく心配してました。高齢者を騙すなんて多いそうです。日本の女性は優しいともよく言ってました。どこが優しいのか疑問だったので聞いたけど母国の女性はとにかく強いって。そしてその人は本当にハングリーで職場では出世してます。日本語も上手だけどやはり言葉はきついです。でもサッパリした方です。とにかく自己が強い。
以前から日本に長期滞在してる外国人、金髪碧眼でも顔つきが日本人みたくなってる人が多いのは日本語の使う筋肉のせいだと勝手に思ってましたが、同じ考えの方がいらして嬉しいです。日本人は口を横に大きく伸ばしたり、歯医者さんの治療時みたいな口の広げ方で話さないと思います。あと、アジアで多い咀嚼音も殆ど無いですね。(もぐもぐ、ズルズルはありますがクチャラー音は親に注意されるので殆どいない)外国人から見ると表情に乏しく何考えてるかわからないかもしれませんが穏やかに見えます。おっと、褒めすぎかな?笑
Unknown (SHO_KO)
2021-04-25 13:59:10
まるぞうさん、更新ありがとうございます。
・鹿児島 桜島 爆発的な噴火 大きな噴石や火砕流に警戒を 気象庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210425/k10012996341000.html?utm_int=news-ranking_social_list-items_002
Unknown (Unknown)
2021-04-25 16:56:10
まるぞうさんは、GWはどの様に過ごす予定ですか?私は、全く予定がありません。
Unknown (今日もありがとうございます)
2021-04-25 17:28:20
「シンウルトラマン」見てみたいですね。まるぞうさん、コメントをありがとうございます。YouTubeも拝見しました。頭が良く支配したい方々(人間か?)より、昔から自然を敬い、助け合って来た人間側で質素に生きたいです。本当の自分は知ってるような気がしています。
Unknown (Unknown)
2021-04-25 18:22:57
食料、トイレットペーパーなどの備蓄や家具の固定はしています。食器棚の上に乗せていたコンロ、ホットプレートもおろしています。でも地震がいざ来た時に身を守るものを全然用意していません!ヘルメットとか、安全靴とか、もしくは靴底の貫通を守るインソールとか。その前にスリッパもないです(^^;;
行動する順番を紙に書いて貼っておくなどもしておいた方がいいのかな、と思います。まずは深呼吸します。
善と悪との戦いグルリンパは自分自身の中でもあります。自分は善で悪くないもん、相手が悪だから全部相手のせいだもんって心境の時の自分ってホントに善⁉︎100%純粋でなければならない自己中心的で排他的な善に愛はないです。
私が書いた事で。 (さっちゃん。)
2021-04-25 18:39:13
深田萌絵さんの質問に金美齢さんが返答されていました。金さんなら、必ず返答してくれるとおもって嬉しかったです。私が深田萌絵さんの名前を書いたので検証されています。実体験の中から戸籍の大切さや警察の対応などを教えてもらいました。どっちも解釈できるます。しかしこの先を知りたいです。
深田さんと白川さん (さっちゃん。)
2021-04-25 21:35:19
「深田萌絵氏の藤井一良氏に対する背乗りスパイ疑惑事件にWILLはどうかかわったか」で、まとめがありました。大変だろうけど、この方の先行きが知りたいです。Twitter白川司 「これは背乗りスパイと戦った一匹狼のITビジネスアナリストの話である」
Unknown (Unknown)
2021-04-25 23:38:48
まるぞう動画を見ました!最近取り上げていたアニメネタをしっかり取り上げてくれていて楽しかったです。でもイデオンの映像がチラッチラッと出るたびに、胸がウグッと辛くなりました。でも今の人類はそこで止まっている訳にはいかないと思ってます。もう今回の人類は失敗する訳にはいかない!と心にギュッと思ったりしてます。鍵は母性かな。とてつもなくIQの高い人々が、人類削減計画を実行してるのは何でだろう?と思ってたんですが、動画内でまるぞうさんが、母性が足りない、みたいな事を解説していてやっぱり!と深く頷きました。地球全体、人類全体の為かもしれないけれど、IQ以前に人として核になる部分が何かしら欠落してるんじゃないでしょうか。与える一方の太陽と、地球上の大自然の恩恵を最大限に受けて、更に搾取しておきながら、自分たちの中では母性を育むことが出来ない可哀想な人達かもしれないですね。彼らも人類の進化の為の必要悪なのかな?でも、生きてるうちはそれで良いかもしれないけれど、もし死んだ後も自分の心が無くならずに生き通しだったとしたら、とてつもない後悔で無限ともいえる期間を苦しみ抜きそうな気がします。こういう考え方は日本人的かもしれないですね。
Unknown (Unknown)
2021-04-26 10:50:33
人口削減は単なる〇虎―みたいな選民思想なら許せなくなりますが、ある意味、100億なので。そして今まで自然のみだったアフリカなども携帯の基地局含め、凄く発展してますよね、BRICSが叫ばれた後、注目されたのはアフリカだったことは覚えています。そうなると「物理的」に全てが資本主義な国なら資源的に立ちいかなくなるとは思いました。オンデマインドで「セブンシスターズ」という近未来映画みました。その映画が人口爆発問題をテーマにした近未来サスペンスでしたが、その政策を薦める事が優生学から来るというより、本当に資源と地球環境の問題。100億皆、節制して資源を廻すか、別のエネルギーを開発するか、またそのエネルギーの奪い合いにならないか、テラフォーミングは隕石などの万が一の衝突の懸念だけでなく、人口問題を解決するにはそうなってくると思います。いつも矛盾がでるのはもちろん「命は大事」だけれど、増えすぎたらどうするの?身勝手に命を奪うことはともかく、生かして幸福に「生涯」を送れるのか?
ただ生かすのでなくQOLの問題もでてくると思います。皆、殺す事、死なす事はタブーなので、寿命を延ばす、不老不死の技術開発、皆、教育と発展を世界をネットワークで繋げて世界の全ての子供に教育をがグローバル層の理想でもあるとは思います。その時に増えすぎた人口に対しての資源問題考えると奪い合いにならないためには他の星を開拓し人口半分うつすか、配給制のような形で出来るだけ平等に資源を節制しながら使うか、別のエネルギー開発に期待するか。母性が足らないのではなく、地球を母と考えたら、母性に従って動いてる人らかもしれないという見方もできます。そのあたりのタブーは語らず、セブンシスターズのラストは、一応、人口削減計画していた女性施政者は悪として裁かれるのだけれど優生学に基づいてというより死なす時は徹底して苦痛をなくすなど配慮もあっただけに一応はメデタシでも「問題そのものは解決しない」ままという複雑な想いを残すラストでした。そこを説明しないまま前向きなとモラル的な言葉だけで色んなSF的な技術を薦めるから不安が残るのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

防災情報。」カテゴリの最新記事