まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【日本政府】 インパール作戦。補足。

2021-07-31 10:12:45 | 今日のひとり言

防災カレンダー
大阪府岸和田市から関空〜淡路島方向(立つ雲)





対策1 抗体カクテル療法の認可。

 昨日の記者会見で日本政府はCOVID-19感染拡大防止において、2つの施策を発表しました。きちんとした参謀が存在することに安心しました。

 一つは抗体カクテル療法の認可です。
 これは重症化する可能性のある軽症者にCOVID-19の抗体を点滴するというものです。

 この方法は「身体の免疫システムに抗体を作らせる」というワクチン戦法ではなく、「もうすでに作られた抗体を身体に注入する」という戦法です。

 このためADEのような自己免疫疾患を引き起こす可能性は低い。ただ免疫部隊の記憶を書き換えるものではないので、再度感染する可能性はありますよ。という欠点があることになったます。しかしこのCOVID-19に関しては、そもそも「免疫部隊の記憶を書き換えるワクチン戦法」自体がどうだろうというそもそも論であります。

 とにかく軽症者(といっても高熱が出て本人は苦しい。私達の重症という感覚ぐらい)に、この抗体点滴を打つことで、多くの症例を回復させることは可能と思われます。

 日本政府の対COVID-19作戦の目的は「重症者を減らし医療体制を確保すること」でありますから、その意味で正しい。

 海外の製薬会社に多額のお金が流れるので、認められたのでしょう。
 年末に向けて、ワクチン接種した高齢者たちの抗体の有効期限が切れて再び感染爆発が起こる事態に備えて、充分な抗体カクテルの供給体制を整えて頂きたいです。

 もっとも、この療法は点滴を使用するので、入院患者しか適用できません。東京都医師会の見解のように、自宅療養者にも適用できるイベルメクチン服用も並行で進めて頂きたいです。



対策2 アストラゼネカワクチン配布。

 もう一つの施策で40代以上のアストラゼネカワクチン接種を進めるということ。とにかくファイザーやモデルナはもう在庫が乏しいから、余っているアストラゼネカを有効利用しようということです。

 ADEの発症については、mRNAのファイザーやモデルナもウイルスベクターのアストラゼネカも同様です。
 もし私の周囲が、「まるぞうさん、もうワクチン接種しないのあんただけだよ。みんな困ったって言ってるよ。アストラゼネカなら打てるんだからさ。打ってください。」
と圧力をかけられても「ワクチンとか注射って怖いんです。すみません。臆病で。」とのらりくらり時間を稼ぐことでしょう。



変異株が出現することを想定して。

新型コロナウイルスは「あと数回の突然変異で」ワクチンから逃れる恐れも ── CDCが警鐘
Business Insider 7/29(木) 8:10
・・・
米疾病予防管理センター(CDC)のトップによると、新型コロナウイルスはあとほんの数回の突然変異で今あるワクチンから逃れる恐れがあるという。

「こうしたワクチンは重症化や死亡からわたしたちを非常によく守っている。しかし、現れるかもしれない次の変異株 ── あとほんの数回の突然変異で現れる可能性もある ── がわたしたちのワクチンを逃れる恐れがあるというのが大きな懸念だ」とCDCのロシェル・ワレンスキー所長は7月27日の記者会見で述べた。
・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/4888e5b042020bed1d0849fa6d02092ec7a35d12


 私はこの可能性は高いと思う。そもそもRNAウイルスとは変異しやすいのが特徴です。感染力が高まれば、それだけ変異する可能性も高くなるでしょう。
 そして淘汰の変異からワクチンを回避する株の出現も時間の問題。

 あと数回の変異でという点は、私の想像よりずっと早いです。

 もしワクチンで中和抗体だけでなく感染増強抗体も体内に作られた状態で、中和抗体を回避する変異株が出現して感染したら。とても危険な状態になります。
 だから私はアストラゼネカワクチン接種の同調圧力を受けても、今までどおり「のらりくらり」とかわしていくことでしょう。もう少し様子を観ます。



半年後に訪れる選択。

 すでにワクチンを2回接種した人には今後次の選択肢があります。強力な変異株出現が起きた時に、
・3回目のブースターショットを接種するか。
・3回目のブースターショットの接種をしないか。

 おそらく3回目も今と同じように「何で打たないの」という周囲からの同調圧力が来ることでしょう。
 だから大臣の発言やマスコミの情報、そして周囲の圧力に従って3回目を打つのも一つの選択です。
 いや、もう前回で懲りたから3回目はもう打たないと今回こそ本気で拒否するのも一つの選択です。

 もし3回目のブースターショットを打たない選択をするのであれば、とにかく感染してもごく初期の状態で、ウイルスが感染増強抗体と結合して増殖する前に、ウイルスの体内増殖を抑えることが鍵となります。
 今回の抗体カクテル療法も短期的には効果があるでしょう。またもし「ウイルスに対して、核内への運搬蛋白とウイルス蛋白との結合を阻害することにより、ウイルスによる自然免疫抑制作用を解除し、自然免疫による抗ウイルス作用が発揮され、ウイルスの増殖を抑制する」ような薬が確認されれば、それもまた効果があるかもしれません。

 ワクチンを2回接種した方でも身体の免疫機能を出来るだけ速やかに復帰させる(という言い方は誤解を生むかもしれませんが)対応方法については、今後いろいろな情報が出てくることでしょう。ADEという言葉が世間に知られるにつれて。
 免疫機能を無理やりブーストさせる方法ではなく、元からある自然の免疫機能をサポートするアプローチについて。

 そういう情報についても引き続きこの場所で共有していきたいと思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
イベルメクチンをネットで二箱輸入してあります。でも、ジェネリックの方です。半年後を考えた場合、やはり正規の方を追加購入しておいた方が安心かと迷っています。まるぞうさんはどうされますか?

→ インドのジェネリックにはリスクもありますが、そのリスクを含めて私は受け入れています。

==========
そのインドが、イベルメクチンの投薬で感染が抑えられている事も不思議な縁を感じます。
コロナ患者が急増したインドでイベルメクチンをめぐり論争
https://webronza.asahi.com/science/articles/2021061500004.html

→ 興味深い記事です。ありがとうございます。

==========
デルタ株は空気感染なんですか?

→ 感染力が約2倍になっている理由であると思います。

参考サイト:すれ違っただけで感染!? デルタ株、驚愕の感染力が詳細分析で明らかに...?
https://www.newsweekjapan.jp/amp/worldvoice/hirano/2021/06/post-21.php

==========
データを取らないと、「テニスは自滅しないように」と言うことになかなか気づけません。。。
まるぞうさんのテニス秘伝読みたいなー。

→ 相手に点をとられても落ち込まない。自分が点をとっても浮かれない。点の増減に関係なく、自分のペースを守れるか。というのがまるぞう流です。

==========
もう、既にワクチンを二度接種済みです。
その様な方はお気の毒としか言いようが有りませんとの事ですが、自業自得で、仕方ないので諦めろと言うことですか??

→ お気の毒なのは
・ワクチンを打ったからもう自分は感染しないと信じている人。
・逆にワクチンを打ったことで自己免疫疾患のリスクが高いということ(100%免疫疾患が起きるという意味ではありません。ゼロイチではありません。)を知らない方。
です。

「そんなの知らなかったよ。事前に知っていたら打たなかったのに。」と嘆く方がお気の毒なので、出来るだけ縁ある方にはお知らせしたいです。
ただし説得するつもりはありませんので、御自分の意思で打つ方はそれぞれのお考えにお任せです。

そしてワクチン二度接種した方でも、ワクチンを回避する変異株が出現することや、免疫がブーストされているので自己免疫疾患のリスクがしばらく体内に残っていることを、「想定して」「備えている」人は、小難に抑えられる可能性が高いと思います。←ココ重要。

==========
やはり軽い咳はすることはあるけど、今のところ特にどうこうない。畑に行って毎日お天道様の陽にあたり、動いて歩くからなのか。食事や飲み物の他にも少しの運動もADEに関わってくるのかなあと思います。

→ ワクチンを接種したから全員ADEを発症するわけではなく。中和抗体以外の免疫部隊(自然免疫や細胞免疫など)とバランスが維持されていれば、体内のウイルス増殖を抑えられる。そのように症状が軽くすむ方も(ADEが社会問題になる近未来)多くいると思います。

==========
じゃあマスクしてても感染もありますか?私はワクチン打たないですが、デルタ株に感染したとしたら、症状としてでるのか、感染してても症状が出ない人もあるのでしょうか? 空気感染ってこわすぎますね。

→ 尾美会長は二重マスクが効果があると言っております。私は電車で都心に出る時は二重マスクです。

==========
ワクチンに関しては専門家でもないのに、大丈夫という人も危険という人も信用出来ません。「わからない」が正解ではないですか?

→ はい。わからない。が正解です。

「想定して」「備えて」「これでダメなら仕方ないと腹を括る」ということで、起こりうる災難を小さくすることが出来る。

「そんなこと起きないだろう」と正常バイアスで思考停止すると災難が大きくなる可能性が高い。というのが私の個人的人生経験です。

==========
永遠にワクチンを打てばADEは起きないのでしょうか?
中和抗体が減るとADEは起きる。
だったら、永遠にワクチンを打ち続ければ少なくともADEは起きないと考えて良いのでしょうか?

→ 中和抗体を回避する変異株が出現して感染すると、ADEの引金になると言われています。

ただし身体の免疫は多重砦でありますから、自然免疫や細胞免疫などと免疫がとれていれば小難で乗り切れる方も大勢いると思います。
しかし3回目のブースターショットを打てば、身体の免疫バランスは、さらに厳しい状態になるだろうというのが素人の個人考えです。

==========
それに、他の読者さんと同様にADEについて知る人・懸念する人が増えれば、量子力学にもなると考えました。
ワクした人にも対策出来ることやリスクについて、抵抗はあると思うけど気持ちを切替えて早く広まってほしい。

→ 最近旧約聖書の方舟伝説を思い出しています。

判断するのはその方の意思を尊重いたしますが、「そんなの知らなかったよ」と将来その方が後悔されないように、縁ある方に情報だけはお知らせしたいと思います。ただし論破説得はしない。判断は御本人にお任せいたします。

==========
ファイザー社のワクチンとmRANAワクチンでは何が違うのですか?

mRNAワクチンを作っているのがファイザー社とモデルナ社です。
ウイルスベクターワクチンを作っているのがアストラゼネカ社です。

どちらのワクチンも人間の細胞にスパイク脂質を作らせて抗体を作らせるという点では同じです。どちらもADEのリスクはあります。

ワクチンの懸念について2つあるのです。

1,ADEの懸念
こちらはmRNAワクチンだろうがウイルスベクターワクチンであろうが、既存のワクチンであろうが、コロナ系ウイルスについてのワクチンは概ねリスクがあります。(明示的に感染増強抗体を作らないように設計されている第一三共などはADEが抑えられるかも)

コロナ系ウイルス(SARS, MERS, COVID-19)については、そもそもワクチンというアプローチは正しいのかと私は考えています。

そして感染増強抗体を体内に残すワクチン(日本や欧米で広められている)は、ADEを起こす可能性はとても高いです。それはSARS-CoV-2の突然変異能力からです。

2,遺伝子ワクチンの懸念
こちらはmRNAやウイルスベクターなど今回新しく導入されたワクチン技術に対する長期的な体内影響の懸念です。
ただこちらは「安全」とも「危険」ともどちらも言えない状況です。従ってこのブログでは基本的には「中立」の立場です。

ただしADEについては「遺伝子ワクチンの懸念」と異なり「かなり高い確率で起きる」と思っています。CDCが述べているように、中和抗体を回避する変異株の出現は時間の問題。と思っているからです。

==========
ここまでわかっていて、どうして自民党と餅氏を応援するのか理解できません。宿主がそう言ってるから?

→ 政治とは「ではどの政党の誰に託せばよいのか」で決まります。
100点の政治家政党はありません。少しでもマシな政治家政党を選んで、そして少しでもマシな政治になるように、常に国民の声を届けることが大切であります。

「この政治家やだ」
「では誰がいいの?」
「それはわからないけれど、今の政治家はやだ」
では、政治は変わらないのです。

だからもし現状の政治家や政党を批判するのであれば、どの政党の誰に託すべきかという意見が一番大切です。

==========
 徐々に四面楚歌になりつつあります。
 今は、なんとか、仕事の忙しさを理由に、副反応で倒れることができないから今は打てない、と言って摂取を逃れています。
 これで、10月まで乗り切ります。

→ 職場の人の付き合いは10年もない。しかし自分の身体との付き合いは一生です。頑張りましょう。

==========
外国からのちょっと嬉しい情報です。日本の皆様には関係ないかもしれませんが、ヨーロッパで入手できずにおられる方々に役に立てばと思い、お伝えさせてください。

パンデミックの中でいつのまにか市場から姿を消してしまった(販売停止)イベルメクチンですが、今年の2月にヨーロッパで「イベルガレンIvergalen」というジェネリック商品名で駆虫剤として認可され、先月から販売されるようになりました。医師の処方箋が必要です。3?4錠入りで、17.48ユーロという高値です。フランスで製造されています。

→ 情報ありがとうございます。

==========
どうしてもワクワクやコロの話になると、いつも冷静な主人が、テレビのニュースを鵜呑みにする姿が私の勘に触り、私が感情的になってしまいます。そして論破できればいいのですが、出来ずにおわり、主人から変な宗教信者扱いされてしまいます。

→ 説得や論破はしない方が良いと思います。
「理屈ではなく感情的に私はあなたに打って欲しくないけれど、打つのであれば私はあなたの判断を尊重します。もし後遺症が出ても出来る限りサポートします。」という言葉の方が、有効でありましょう。

北風の論破ではなく、太陽の同意です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (18)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【日本政府】 インパール作戦... | トップ | 時事ネタ4題。 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (unknown)
2021-07-31 10:52:00
ついに来たか、な報道。
ざっくりです。
①大阪府で73歳の医療従事者が自己判断で3回接種。
五月中に2回個人医院で接種を済ませていたが抗体検査して抗体が少なかったため、配布された券で「初めて」と偽って自治体の接種所で3回目を受けた。
自治体が「紐付け」していた検査統計で発覚。現在、健康被害はない。

②鹿児島県内の感染者中、一名にデルタ株の新たな変異株を確認した。現在の免疫抗体を回避する能力を持つ可能性がある。

「ほうら、来た(故歌丸師匠の○形屋の海苔CM音声)」
Unknown (Unknown)
2021-07-31 12:46:06
いつも、知らない情報を教えていただきありがとうございます。たすかります。世界規模で大いなる実験の最中というのをひしひしと感じます。そしてビッグデータを集めている。ひとりひとりが自分の身は自分で守らないとならない時代ですね。世間もデータに行動を操作されるのにはもうウンザリしてきています。データ集めも良いのですが、人を操作するのに利用した成れの果てに、マッドにならないでいただきたいです。
Unknown (Unknown)
2021-07-31 15:04:24
個人的には尾身会長も少々偏見の眼で、最近は見てしまうようになりました。空気感染というと麻疹みたいな感じでしょうか。空気感染の恐ろしさより、麻疹ガーZ、マシン化とかくだらないシャレが浮かんでしまいます。それでも仮に空気感染としても夏場は湿気が多いから、それほどは感染しにくい気もしますし、今年の冬場、2月ごろか、まだ寒いころに変異種が神戸ででだと報道されてましたが、体が丈夫でない私の条件的にも、まだ、空気が乾燥してる頃考えても、今の感染者が増えるは国内に限っては不思議です。

二重マスクに懐疑的なのは、空気感染する麻疹のような病気は昔からあったのだから、そういった空気感染する病気に対応して、1枚で対応できる厚さと機能もって販売されてると思いますから、二重のほうがイメージ的により効果的に感じる気持ちの面のほうが強いのではないでしょうか。
念の為に二重マスクされる人に一重にしろと言うつもりはないですが、去年、河野大臣と都知事が二重マスク推奨した時に、専門家がコンピュータ解析映像も入れて、効果を検証してたので、微妙にややマスク重ねた方が効果は上がったとはいえ、数パーセントの範囲で殆ど変わらなかったと、この夏場では眩暈する人の方が多そうとも思うからです。その時に露骨だったのが、まず麻生大臣のマスクがずれてた姿をうつし、鼻迄かぶせてないと、揶揄するようなナレーションから入り、麻生大臣が「いつまでするの?これ、ペストみたいな病気かね」をまたつつくようなナレーションの後、河野大臣と都知事の二重マスクして館内に入る映像がうつされてお手本のようなお二人の言葉と共に、劣等生と優等生を比較するような言い回しで紹介し、その時がちょうど米大統領が交代された時期でしたから、すぐに政治的背景を浮かべてしまいました。
Unknown (Unknown)
2021-07-31 16:19:21
>少しでもマシな政治家政党を選んで、そして少しでもマシな政治になるように、常に国民の声を届けることが大切であります。

ここなんですよポイントは。
マシ程度なら過度で不気味な礼賛は慎むべきです。
神界から選ばれたとか(あ、これはまるぞうさんじゃなかったですね)。
あの政党はどう見ても国民を苦しめてます。外国の悪魔くん達の圧がかからない範囲での内政すら自分らの既得権益を守ることしか考えていない我良し集団です。
「まだマシだから選んでいるのだ」というのが本当なら日頃からそういう態度でいるべきです。そしてたまに、ごくたまーにいいことをしたときに、その行為を絶賛すればいいのであります。真実の絶賛が積み重なれば望み薄ですがいい政党になるかもしれないのであります。
Unknown (Unknown)
2021-07-31 17:36:22
→ 中和抗体を回避する変異株が出現して感染すると、ADEの引金になると言われています。

まるぞうさん、ご返信ありがとうございます。”中和抗体” ”回避” で検索したら国立研究所のページにたどりつきました。
追加の質問をお願いいたします。
https://www.amed.go.jp/news/release_20210705-02.html
こちらのページでは、(COVID-19回復者での中和抗体が時間と共に成熟することにより、変異株への活性と交差性が向上する)との記載があります。
つまり、「回復者」であれば中和抗体が成熟するが、ワクチンの場合は成熟しないだろう(といったまるぞうさんの考え)、という意味合いでよろしいでしょうか?実は私はワクチンを打っていない者です。私も周囲の人間も、なんとなくワクチンを打たないのですが、100%はそれで良いのか信じられないので、なんとなくのニオイだけではなく、出来れば、ある程度ADEについて理解したいのです。もしも打ってしまっているのであれば、中和抗体を減らさないために3回目を打つ人の気持ちもわからなくもない、と思って質問しました。
 中和抗体を回避する変異株について、COVID-19回復者であれば中和抗体が成熟するけど、ワクチンでは成熟しない、というのが???なのです。
 これは、動画の最初にも書いてあるとおり、まるぞうさんが何となくそう思う科学的理由のない仮説ということで良いのでしょうか?
 副反応が全くない人であれば、中和抗体が減ってADEを起こすよりかは3回目を打った方が良いのではないか?と思ってしまう考えをもしも潰していただけたらラッキーと思い質問させていただいていますm()m
Unknown (Unknown)
2021-07-31 19:11:28
検察審査会、安倍前首相と検察への不信感あらわ 不起訴不当議決
https://mainichi.jp/articles/20210730/k00/00m/010/447000c

餅「参加者から1人5000円を集め、すべての現金をホテル側に渡した」

東京地検特捜部の捜査で、16~19年の4年間で、会費収入(約1157万円)とホテル側への支出(約1865万円)の差額約708万円を餅側が補填したことがバレる

餅「秘書から20年11月まで報告がなかった。補塡の原資は自身の手持ち資金だった」

嘘を吐いてバレたら秘書のせいにする餅党のお家芸。
国民の堪忍袋の緒が切れた。
Unknown (Unknown)
2021-07-31 19:18:08
まるぞうさん、地方も大分大変なことになってきたかもしれません。京都大学医学部卒で小児科医師から地域医療の行政医師に転職され、静岡県疾病対策課の職員として連日新型コロナの県の記者会見を担当している方が、本日の会見で、県民に一歩も外へ出るなとイラスト付きのボードを使い呼びかけていました。目を疑いました。本当に一歩も外へ出るなと書いてあるのです。本日静岡県の感染者は過去最多更新の168人、累計死亡者数は156人です。専門家は感染経路が追えないことを危惧しているようです。昨日のオミ会長の答弁の時も感じたのですが、真面目すぎて怖いと思いました。自分も真面目が災いして不安定になる時があるので、人のことはいえないのですが、なんだか自分の住む地域でも狂気を感じてきました。
Unknown (Unknown)
2021-08-01 00:28:05
私だけでなく日本全体がそのような雰囲気だと感じているのですが、今回ほど勝敗を重要視していないオリンピックは初めてです。もちろん、日本が勝てば素直にうれしいですよ。でも例えば今日の柔道団体の銀も残念ではあるけれど、フランスが強かったと素直に納得しましたし、韓国に僅差で負けたバレーも必死で応援しましたが、あまり悔しくは感じませんでした。メダルが殆ど取れなくて悶々と観ていた過去のオリンピックと違って、今回はメダルラッシュだからちょっと余裕?なのでしょうか?ね。綺麗事かもしれませんが、平和の祭典だから、どの国の選手もハッピーな気持ちで無事帰国してほしいな、と。本当はスポーツを使った国と国との戦争、というのが真相?ですかね。でも、少し気がかりなのは、世界ランク上位と言われながら予選で敗退された選手の方が今回は意外に多いということ。もちろん、精神的な重圧もあったのでしょうが、ワクチン接種の影響があったのではないか、、、と懸念しています。とにかく事故なく天災などもなく無事に終わってほしいと願っています
Unknown (なのみーな)
2021-08-01 02:26:13
娘の夏休みは、無くなりませんでした。しかし外泊禁止、外出は3時間限定の措置になり、同僚たちは「ワクチン打ったのに外へ出られないなんて話が違う!」と怒ってるそうです。娘は自習室で過ごすつもりでしたが、そこの冷房が使えなくなり勉強もベッドの上でするしかない状況です。それは爆睡の夏休みになる予感しかありません。気合いだけの自粛生活だとは思うけど、そんな中でも学ぶことはあると思います。とにかくお注射回避できるならヨシです。

娘の先輩は「自分は奥さんにもお注射打たせたよ」と言い、「お前はあんまり考えるな」と無思考をススメてきたそうです。確かに無思考になるべき時はある、けど、お注射に関しては違う、と娘はわかってるみたいだったので安心しました。本勤務になる10月まではしのげそうだからそこまではがんばるとのことです。

7/29は通州事件の日でした。娘は当時の目撃証言(中国人と結婚し中国人として現地にいた日本人女性が目の前で見たことを語っていますが非常に衝撃的です)を小坪さんの?ツイートから読んでしまい、吐き気が止まらなくなったそうです。私が送ったのですが、国防に関わる者としてこの事件のことは知ってて欲しいけど、詳しくは読ませたくないと思い、「証言は読まなくていいよ」と書いたのですが、やはり読んでしまいました。しかしそれを読んで、日本人の思考が世界基準から外れていることや、今私たちが岐路にいることも、よりはっきり理解できたと言ってました。

ちなみに同じ職でありながら妹の方は全くお注射強制されてないそうです。夏休みも帰省できます。
Unknown (Unknown)
2021-08-01 02:58:04
まるぞうさん、眠れなくなって、今、官邸にご意見メールしました。ワクチン一時中止してイベルメクチン使用のお願い、です。周囲の接種者が増えていく現状と何もできない自分の無力さ。家族さえも説得出来ない素人の自分の文章に何のチカラもないことはわかっていますが。分科会の中に、誰か一人くらいワクチンに疑問を持つ人はいないのでしょうか?声をあげられないのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事