まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【実験】 本能の危機を察知できるか。番外。

2020-08-13 10:15:20 | 陰と陽の理論

防災カレンダー 
13日。新月週間。




改めてご冥福をお祈りいたします。

 ネットの動画サービスで「沈まぬ太陽」というドラマを観ました。日本航空がモデルとなった小説を原作ということで「どれどれ半沢直樹も今週からは日航モデルのシリーズになったし、観てみようか」そういう軽い気持ちでした。

 しかし実はこの「沈まぬ太陽」は物凄い長編で、ドラマでも20回というものでした。キャストも豪華。舞台となった60年代70年代の街並みファッションの再現の緻密さ。そしてパキスタン、イラン、アフリカなどの海外ロケの壮大さなど、WOWOWがかなり総力をあげた作品でありました。20回を一気見するほどの迫力あるドラマでした。

 この原作は3つの話。本当に日航にあった出来事をベースに一人の主人公の人生の話に再編成しています。1つ目は労働組合委員長だった男性が約10年間中東やアフリカに島流しされていた実話。2つ目は日航ジャンボ機墜落事故の実話。3つ目は日航を立て直すために日航の会長になったカネボウ元会長の奮闘の実話。

 しかし圧巻は2つ目の日航ジャンボ機墜落事故がベースの話。そして奇しくも昨日は35年前その事故があった日でありました。お盆の初日。迎え火の日でありました。

 この小説は実際に日航で起きた出来事をベースにしてはいますが、あくまでフィクションです。このドラマを観て「日航はこういう会社だったのか」と判断するのは短絡的でしょう。
 しかし、墜落事故によって遺族たちが感じた悲しさや怒りや諦めきれない想い。思わず涙して見入ってしまいました。改めて犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。合掌。














© wowow




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさんより、えずきは、生霊とのコメント有難うございました。ご意見伺いたいのですが、咳き込むのはどう思われますでしょうか?私は、じぶんに関するよくない話など、話題にされているのか、波長?感覚があってしまっている時かな、と、思ったりしております。もし宜しければご意見宜しくお願い致します。

→ えずく時、人から強く恨まれているのだろうな。と感じるのはあくまで私の主観です。私は零感ですので。
ただそれをキッカケに自分に謙虚さが消えて人を傷つける言動があったのではないか。折に触れて省みることが大切だと思います。
咳き込むことも。実際それが本当であったかどうかはわかりませんが、自分を省みるキッカケになるということです。
自分が省みること半分。気にせず相手にお返しすること半分。と思います。

==========
世界中の土が健康を取り戻す日は来るのでしょうか。
化学肥料などに頼らない使わない、自然と共にある、太古の農業に戻ると良いですね。

→ 土の中の微生物の力を借りるの半分。化学も力を借りるの半分。半分半分なら地球はそれを許してくれると思います。

==========
社長が取るに足らないことと言って切って捨てる出来事も昔からいる社員にはそうは見えません。

→ 逆にハンドルを握る社長の運転席からしか観えない景色もあるのです。社長の景色半分。社員の景色半分。

どちらにせよ、どちらの立場にせよ、挫折正しく受け止めていくと、熟成味噌になる。というのが私の経験で得たことです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
画像ライブラリ

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 【実験】 本能の危機を察知で... | トップ |  【実験】 本能の危機を察知... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-08-13 11:47:40
まるぞうさん
もう35年になるのですね。
私の息子が生まれた年ですので、あの衝撃は忘れられません。
4人の生存者が居た事は本当に救いでした。
ニュースも新聞も謎ばかりでした。
様々な本も数多く出版され、読み漁りました。
まるぞうさんの昨年の記事のお陰様で、プラザ合意の犠牲者であった真実を知りました。
情報が自由に受け取れる良い時代となり、
たいていの国民の知る所となりました。
当時、情報発信しようとた多くの方々も犠牲になられています。
日本の為に犠牲になられた、多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

渡辺謙主演の「沈まぬ太陽」は、当時主人と真剣に観ていました。
山崎豊子さんの三部作の一つ。
名作ですからAmazonプライムにありますね。
観たくなりました。


昭和平成と隠せておけた事も、明らかになる様に思います。
日本も世界もより良くなる為の、膿出しの時ですね。
時代の流れなら、
私自身の膿出しも必要ですね。
俯瞰して内省し、家族と感謝の気持ちで過ごしたいと思います。

昨晩の迎え火の時間は、正に黄色い黄泉の世界でした。
お盆の風習がちゃんと続いています。
日本良い国ですね。


Unknown (今日もありがとうございます)
2020-08-13 12:33:11
「沈まぬ太陽」旦那と見ました。二人で涙しました。
事故で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
Unknown (晴天)
2020-08-13 15:12:31
微生物の集合体が梅の塊なのに忘れているだけかなあ?
Unknown (Unknown)
2020-08-13 15:55:15
あるジャーナリストが、8月は悲しいことが多い月だと話してました。確かにそうだと思いました。大きな災害や事故の中でも特に悲惨なことが8月に集中している気がします。8月というのは何か特殊な月なんでしょうか。お盆というのは遥か昔にムー大陸が沈んでしまった事に関係する、というような話を聞いたことがありますが、8月というのは何だか辛い月です。
Unknown (Unknown)
2020-08-13 17:46:20
まるぞうさん いつも読ませて頂き有り難うございます。
かつて山崎豊子さんの原作は夢中で読みました。
最後の最後まで報われずに終った主人公の無念を思うと私は未だに悔しいです。読後この物語はほぼ真実を描いたのであろうと感じました。
主人公は労働組合長の任を無理矢理押し付けられます。この実直な男はそれぞれの現場のあまりにも過酷な勤務体制を知り改善を測ろうと動き出します。このままでは飛行機が堕ちると会社に掛け合い、主人公は会社から疎んじられる程に正すべきを正そうとした為にアフリカへ左遷となり長い失意の時期を過ごします。でも主人公への周囲の信頼は篤く多くの味方を得て裁判に勝ち日本に戻る。
そこでかつて主人公が懸念した通りの事故が起きはじめるのですね。
文中には様々な人物が登場しますが、そのどれもがフィクションとは言いがたいものを感じました。
もちろん物語の全てが事実とは言いきれませんが、逆にこの物語の中に作者が描き切れなかった、もっと酷い現実があったのではなかろうかと強く印象に残るものがございました。
犠牲になられた皆様のご冥福を心より御祈り申し上げます。
Unknown (今回は匿名で失礼します)
2020-08-14 01:11:05
まるぞうさん、いつもためになる記事をありがとうございます。世の中がこんなに大変になっているなかで、様々な気付きやヒントをブログを通して学んでいたはずなのに、 私は人生最大のやってはいけないことをしてしまいました。
懺悔と二度とやらないという誓いを込めて、こちらにコメントすることをどうかお許し下さい。
ここ数ヶ月、家族とぶつかることが多くありました。子どもが3人いますが、高校生と中学生の反抗期。そして私は更年期障害。反抗的な態度が半端ではなく、私はご飯と洗濯をするお手伝いさんなのかしら…と落ち込むことも多いです。そんな中、今日は立て続けに腹の立つことが起こり、夫と子どもで私をあざ笑うかのような反応で、ずっと我慢していた堪忍袋の緒が切れてしまい、家にいるのが苦痛でたまらず、出ました。
向かった先が、ス○ットでした。元々嫌いではなかったですが、ギャンブルですし痛い目にあったこともありやめていました。
コロナ渦で、1番避けていた所なのに、何かがプチンときれてどうにでもなれ!と向かってしまいました…。4時間ほど滞在して、27000円も負けました。マスクをつけ、消毒をいつもより念入りにし、つばのひろい帽子と眼鏡もかけて、手袋をつけて打ちました。そこまでして打ちたいのか、自分?と情けなくなりながらも打ってしまいました。でも、滞在している時間、一度も楽しいとは思いませんでした。何をしてるんだろう、でもあの子たちもひどかった。お店もコロナ対策してるしもう今日はいいやっ。
…でも。打ちながら泣きました。まるぞうさんやもう1つのブログでたくさんのことを学んでるのに、ブチ切れた先がパ○ンコ屋だなんてやっぱりダメだよ。ここまで頑張っていたことが全て台無しになるような、一気にマイナス因子を自ら迎えに来たようなことをしちゃ、と。
帰宅して、夫には行ってしまったことを正直に話しました。金額は控えめに話してしまいましたが…。
今日はみんなもひどかったから、許したくないけど許す、お前も大変だったよなと言われました。
怒られなくて、ますますやったことを後悔しています。

もう二度と、ギャンブルには手を出しません。

備蓄物を購入したり子供たちに夏休み出かけられない分おいしいものを食べさせたくて取っておいた大切なお金。それを私の怒りで使ってしまいました。悔やんでも悔やみきれません。

長くなってごめんなさい。
また今から出直して、まっとうな生活を送れるように必死に頑張ります。今後もこちらのブログで勉強させて下さい。

すみません、個人的な懺悔を書いてしまって。
あまりにも情けなく、帰宅してからやってしまったことの大変さに気付き、恐ろしくなってしまいました。

それこそ、今日出かける時に、行ったらダメだよというサインがあったかもしれません。怒りと悲しみで我を忘れて心を取り乱していました…。

心から猛省します。

くだらないコメントです。もちろん、不掲載でも構いません。
Unknown (Unknown)
2020-08-14 07:39:51
まるぞうさん、読ませていただいてます、ありがとうございます。
沈まぬ太陽は単行本読みましたが、読み進めるほどにつらくなり、つらすぎて、途中で読むのをやめてしまいました。

教えていただきたいのですが、
『ほんとに危険だぞ!』と、『注意しなさいよ~』は、どう見分けたら良いですか?
先日息子たちが夏休みに入ったので、ずっと行きたがっていた川に行きました。コロナなので日帰りで県内の川にしました。
行く前に、私は両ひざを交互にぶつけ(今までにない位の内出血しました)、長男は自転車で転んで手の親指を怪我、次男は転んで柱にぶつかりおでこにたんこぶができてしまいました。
これは、行かないほうがいいってことかな、と思いましたが、子供たちは楽しみにしているし、夫は、夏休みどこにも行けないんだから行こうと言うし、私も子供たちに川を経験させたいので、注意して行くことにしました。
川に到着し川原を歩いている時に、近くにいた小学生が大きめのゴツゴツとした尖った黒い石を投げてきました。私たち家族の間を通り、次男の奥に落ちました。次男がギリギリでした。あたっていたら結構な怪我だったと思います。
これだったのか?ご先祖さまが守ってくれたのかな?
でも違うかも、まだかも、本当に気をつけなさいということなのかも、と思い、それからは気を張って家族を見ました。
そして、何事もなく無事に帰宅させていただいたのですが、これは、おぼれる可能性がある危険だぞ!が、注意することで無難になったのでしょうか?
ご先祖さまと川の神様が守ってくださったんですよね。
子供たちは川から色々なことを学んだと思いますし、なるべく色々なことを経験させたいのですが、
本当に行かないほうがいい『危険だぞ!』は、どう判断したらよいですか?
申し訳ありません。よろしくお願いします。
Unknown (うさぎのロン)
2020-08-14 08:27:25
記事をありがとうございます。
お盆休みで、少しだけ帰ってきた看護師の子供の話しなのですが、何故かその日自分が担当した患者さんの容態が急変し、大慌てする様な、不思議な間の悪い事が一カ月ほど続き、とうとう医院長先生から呼出しを受け、お祓いに行くように言われたと言っておりました。 子供曰く、同じベットで寝かされた患者さんの容態が急変すると思っているようでしたが、ベッドを祓ってほしいとは言えなかったそうです。 人は、自分の人生をある程度設定して生まれていると、私は説明出来ない確信を持っていて、間の悪さも含めて自分が設定してきたタイミングなので、それをを信頼し、受け止めようと覚悟できる事が悟りかなあと考えています。

記事に戻って、日航機123便の事故については、真実が解明される事が鎮魂の一歩になるように感じています。520名の命を以て同じタイミングに高天原山の尾根で(御巣鷹山と云うには、個人的に、もう違和感があります)何が起こったのか、それを知ることで誰かの御蔭様だと皆が謙虚に思えると、それが鎮魂だと考えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事