まるぞう備忘録

無題のドキュメント

まるし力学1。ゼロもイチも同時に存在している。

2022-08-13 10:02:08 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
13日。【9】




まるし力学。

 量子力学というのは興味深いです。
 非常に微小な世界では、物事はどういうように振る舞っているのだろう。
 そのように観測をしていくと

・現実はゼロとイチが同時に存在している。
・人が観ている間だけ現実が(ゼロかイチに)結晶化される。
・人が観るのを止めるとまた(ゼロとイチが混在する)曖昧に戻る。
・過去と未来はこの現実に同時に存在している。
・遠く離れたあのましょもこの場所に同時に存在している。

 様々な実験から、宇宙はこのように出来ているのじゃないか。と推測されます。
 ただ実験データをどのように解釈するのか。というのはまだいろいろな学者の仮説が出されている段階です。
 現代人が受け入れがたい仮説もあることでしょう。

 ですからここでは、「まるぞう仮説量子力学」略して「まるし力学」として考察して行きたいです。

 量子力学のまるぞう流仮説なので「まる子力学」と書くべきでしょうが、そうすると、ちびまる子ちゃんの人間力学みたいな話に読めてしまいます。ので、「子」はひらがなの「し」にして、「まるし力学」といたします。



まるし力学〜原理1
ゼロとイチは同時に存在している。

 量子力学で有名なのは「シュレディンガーの猫」というお話です。
 箱の中に猫が入っています。この猫が生きているか死んでいるかは、蓋を開けてみるまでは誰もわからない。という思考実験なのですが。



 正確には「猫が死んでいる状態」と「猫が生きている状態」が同時に存在している。蓋を開けた瞬間に(人が観察した瞬間に)どちらかが決定される。
ということなのです。



ゼロとイチが同時に存在している。

 この重要なことは、本当に蓋を開けるまではどちらも同時に存在している。ということです。

 間違い:蓋を開ける前から猫は死んでいるか生きているかは決まっている。ただ蓋を開けるまで、誰もわからないといこと。

 正しい:蓋を開けるまでは、猫が生きている状態と死んでいる状態の両方が同時に存在している。人が観た時にどちらかが決定される。



陰謀論は「正しい」同時に「正しくない」理由。

 私達は「真実は一つ」と思い込んで生きております。
 しかしまるし力学的には「事実と証明されないうち(蓋を開ける前)はどちらの真実も同時に存在している」ということです。

 陰謀論が好きな方は、陰謀論のストーリーが真実。世の中の大半の人は騙されている。そのように考えるかもしれません。しかし蓋が開けられるまでは
・多くの人が信じている現実
・陰謀論が唱える現実
この両方が同時に存在している。と考えます。



観測を止めると縞模様が復活する。

 そしていくつもの条件が重なった時(縁が整った時)その蓋が開けられ、その箱の中身を知ることが出来ます。どちらが真実だったのか。人が観察した瞬間にそれは固定化されます。ふむふむ。

 しかし時間がたって箱の蓋が閉じられると、またゼロとイチの両方が混在する状態に戻ります。
 二重スリット実験で、人が観測している時だけ縞状は消えます。しかし人が観測を止めると縞状が復活します。



一度固定化された歴史もまた再び変わる。

 私達は時々「歴史の大発見。今までの通説がくつがえる」というニュースを耳にします。
 あれは、一つの真実を私達が間違えていた。研究が進んで新しい真実を見つけた。と捉えます。
 しかしまるし力学では「一度蓋が相手決定された事実」ではあるが、また蓋が閉じられ再度開けたときに前と違った事実が固定化された。と考えます。


まるし力学〜原理2
人が観察している間は、ゼロかイチかどちらかに固定される。

まるし力学〜原理3
人が観察を止めると、再びゼロとイチが同時に存在する。

もし大事件大災害がなければ明日も考察を続けたいと思います。



二重スリット実験。

 人が観察しない時は、スリットを通る光は縞模様を作る。これは一つの粒子が右のスリットと左のスリットを同時に通過しているということ。つまり「右を通過する」と「左を通過する」が同時に存在しているということ。

 しかし人がそれを「どちらを通過するの」と観測した時点で、観測している間だけ、縞模様が消えます。それは人が観測していることで、「右を通った」または「左をとおった」と事実が固定化されるからです。






おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
私も豚肉切り落としに味醂、味噌で漬けて。ナス、ズッキーニ、玉ねぎ、エリンギ、キュウリも入れてお塩をふり3分強火、9分位蒸して美味しく出来上がりました。
お肉とお野菜を一緒に食べると丁度良い味付けになり沢山お野菜食べれて胃にも優しく時短料理のレシピ増えました。ありがとうございます

→ ご報告ありがとうございます。本当に優しい料理なのです。みなさまもお試しください。

==========
ところでメールは無事に届いていますか?動画が送れたか心配してます。

→ はい。届いております。ご報告ありがとうございます。

==========
いつも気にすることをそのまま気付かない(フリ)をしたときに限って、後で余計に面倒なことが起きる。なんであのときそこに引っかからずに通り過ぎたかな、と後悔することかありますね。

→ 本当に。
この世の出来事、私達が思っている以上に、実は私達の想念が創っているのです。というのが今回の「まるし力学の仮説」になります。

==========
蒸し料理のお話が美味しそうだったので、やってみました。
冷蔵庫の野菜に、市販のカレールーをザクザクと刻んで投入しました。
やはり、カレー粉を使っていたまるぞうさんよりは少し水を加えましたが、もう適当で(笑)
脳内鍋を水投入の時から働かせていました。
野菜のうまみが感じられて美味しくできましたが、少し長めの加熱や火を止めてからの時間は全て脳内任せでした(笑)
外食より家のご飯が好きな方なのですが、今まで下手でも料理をしてきたことが脳内を育てたかと思います。

→ 料理をするとボケにくいというデータがあるそうです。事前にいろいろ作業を組み立てる過程も良いですが、脳内鍋もまた脳の老化防止に良いと思います。
これから「脳をボケさずに生きる」ということが大切な人生のテーマになっていくと思います。


今年、梅を漬けましたが、干してなくても紫蘇を刻んで塩もみしたきゅうりと合わせても美味しいですね。
梅が…しょっぱくて酸っぱいのが気になるのでご飯と一緒に一粒炊いてみました。
かなり食べやすい梅になりますし、全体にほぐしながら混ぜても良いのですが、おにぎり用に一部のご飯にほぐして混ぜても美味しいです。
私のような昔ながらの梅干しに口が慣れない人は、調理に使うと合うかもしれないですね。

→ ご馳走さまです!

==========
もしや、お父様、丸元淑生さんの料理本を読まれていましたか。
私もいまだバイブルとさせていただいています。

→ そうなんです。父が単身赴任で自炊を始めたときに丸元先生の御本で勉強したようです。その時にまるぞうにもと私に買ってもらったビタクラフト鍋と、母が亡くなって(父が愛用していた)お鍋も一式私の台所に揃いました。大切に使っています。

==========
まるぞうさん、いつもありがとうございます。
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B08DKHF2Q4/ref=atv_hm_hom_1_c_TEdR0r_4_1

アマゾンで配信されてました。ご存知でしたらすみません。今こそ世界で翻訳上映さらたらいいなと思いました。

→ お知らせありがとうございます。本当に名作だと思います。

==========
お墓参りに行くのに、農産物直売所でお花や野菜を買ったのですが、「金まくわうり」という甘いうりが売っていたので、買ってきました。亡くなった義父母が好きでしたので、仏壇に御供えしました。食べたら懐かしい味がしました。明日は娘が帰省します。豚肉と野菜の蒸し料理を教えながら(まるぞうさんレシピ)作りたいと思います。簡単で美味しいですぬ。

→ ご馳走様です。皆様。よいお盆でありますように。

==========
最悪想定、となると、どうしても人口減少まで考えてしまいます。

→ 私の最悪想定は、この世を離れる時に自分の人生に良心に従えなかったことに後悔が残ることです。

==========
ところで、まるぞうさんは6回まで行くと最初から仰っていたのは何故ですか?

→ 私の小説では、7回目のワクチンも用意されます。ただその時には事実上7回目を打つ人は事実上いないので、6回目が事実上の打ち止めになる。という小説でした。

6回でもう懲り懲りという人か、7回目を打ちたいと切望しても接種会場には足を運べない人がほとんどになるから。怖いですね〜。

ただその前に、自分の身体の免疫(大自然の摂理という名前の神様)を信じる人が増えるといいな。と本当に心の底から願っております。


薬害イレッサ事件
http://iressabengodan.com/about/

→ 正常化バイアスが人を惑わしている。小さな警告を嗅ぎ分ける嗅覚が試されている時代。試験の真っ最中のように思います。人類進化の。

==========
このようなことを相談しても最終的には自己判断するしかないことはわかっていますがこの心のモヤモヤを聞いてもらいたく文章にしてしまいました。

→ 嘘も方便というのは大人の知恵だと思います。コメント投稿ありがとうございます。

==========
彼女は初期のコロナにもかかっており、昨年ガンを患っているので
打った方が良いのかなとは思いましたが、本人が少し躊躇していた様に見えたので、
思い切って、
「私は1回も打っていないよ」
と言いました。
そうすると友人はみるみる明るい顔になり、
「良かった。私迷っていたの。聞いて良かった!有難う。やはり止めよう。」
とても感謝されました。

→ お知らせくださってありがとうございます。本当に。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
五郎枠 (jun-fumi)
2022-08-13 11:03:15
まるぞうさんお疲れさまです。
うちの職場も現在五郎さん爆発で
正式発表していないものの現実には一部業務が回っていません。
会社として発表すればいいのにお客さんたちを事実上騙している状態です。
もともとの人手不足もあり
出勤者はみんなヘロヘロです。
そろそろ濃厚接触者を休ませるのはやめてほしいです。
職場では2回目までは圧力もあってみんな打ちましたが
3回目以降は打たないよーと公言する人も多数います。
今休んでる人は4回めまで打った人ばっかりです。
うちら夫婦は枠2回その後夫婦で感染。
その後さらにかみさん帯状疱疹。
夫婦とも後遺症と思われる頭痛と倦怠感が残っています。
これがなかなか理解されないんですよ。
失礼いたします。
Unknown (Unknown)
2022-08-13 12:29:07
現在、日本は絶賛崩壊進行中です。
→既得権益者が特に困るだけで、世の中は常に変わっています。

 「日本がダメになる」という論調を見るたびに、いつも「室町時代よりマシやん!」って思います。

室町時代に入った頃は、皇統が2つに分かれ、リアルに2人の天皇が存在していました。もし今そんなことが起こったら、本当に悲しいです。

そしてようやく荘園制も安定してきて、安心して耕作できる状態から、室町幕府が弱体化し戦乱が広がり、誰に守ってもらえば良いか分からない時代が続きます。そんな状態ですから、神宮のご遷宮も120年近く滞ります。

120年前といえば、明治35年からご遷宮がないわけです。

そう思えば、今の政策を見ていても「まだまだ大丈夫」と私は思えます。
Unknown (たま♪)
2022-08-13 13:06:46
→ 私の最悪想定は、この世を離れる時に自分の人生に良心に従えなかったことに後悔が残ること

仰ること、よくわかります。
私は体の具合が悪いと(特に頭痛)、生かされていることに感謝ができなくなります。
頭痛薬は毎月飲んでいた時期もあったのですが、不思議なことに、コロナが流行りだしてから、頭痛薬を飲むと胃が受け付けなくなって、戻すようになり、飲めなくなりました。
代わりに、葛根湯ドリンク等をわりと頻繁に飲むようになりました。と言っても、毎日ではないです。頭痛はざっくりと月に1度一週間くらいです。

具合が良い時と悪い時で、自分の精神状態が変わるので、できるだけ自分の良い状態をキープしたいのです。

そういう意味で、衣食住について、出来る範囲で快適さをキープできるように、予め準備することも、自分の良心が望むこと、なのでした☆

まるぞうさんは、どこまで準備・想定されるのか知りたかったのでした。


話は変わりますが、ワクチンに懐疑的な面がある妹ですが、
「これだけ大半の人が打って、打った人が死ぬならば、大半の人が亡くなった後に生き残る方が不幸だ。医療従事者もおらず、治療も受けられず、苦しんで生きていく世界に生き続ける方が不幸」と言っていました。ワクチンを打つことを選ぶ人は、大多数派でいた方が不幸率が低いと思っている人も多い気がします。
少数派として生き残ったところで苦労しかない、みたいな。。。

家族の恥になりますが、母にいたっては「イスラエルがさっさと5回打って、たくさん人が死ねば、検証結果になるわよ」と言っていました。
イスラエルの方々は、実験場になるのはイヤだと仰り、3回目を打つ人は減少したみたいですけど。

 人の善い日本人が、検証結果を引き受ける気になったのかな、と思うことがあります。。。
Unknown (Unknown)
2022-08-13 13:10:19
薬害イレッサ事件を初めて知りました。
実は、私の次男は小児の時血液系の病気になり、
完治を目指すべく骨髄移植をドナーを待っていましたが病状が、悪くなり臍帯血移植をしました。
しかし、再発をしてしまい副作用の少ない抗がん剤としてイレッサを勧められました。
藁をもすがる思いで承諾しました。しかし残念ながら亡くなりました。亡くなるまでの間2度の間質性肺炎、胆嚢炎…今日の今まで原病のせいだと思ってました。しかし薬害だったのですね。

あの子を苦しめてしまいました。ごめんなさい。痛かったでしょう。苦しかったでしょう。ごめんなさい。

お盆も始まりましたね。この時期に知らされた事。何か意味があるのですかね。
あの子も帰ってきますね。もう十数回目のお盆です。母は供養しかしてあげれないので、迎え団子に墓参り、そして提灯を点けて待ってます。

まるぞうさん、薬害イレッサ事件をブログに載せてくださってありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2022-08-13 14:41:01
この世界のかたすみにAmazonで見ました。 今がどんなに辛くても生きていかないとダメですね。教えていただいてありがとうございました。
Unknown (tch)
2022-08-13 18:56:25
アート&サイエンス!
私にとっては、りょーし力学が見せる世界はまさにこれです。

また近頃の個人的テーマです。
わたいはアートをしたいのに、結果的にサイエンスをやっていると気付いた。サイエンスは苦手なのに。それをすること自体は悪くないのですが、サイエンスで行くには知性以上に忍耐力が必要なのだと、日常の中で思い浮かんだ次第。

自分で散々に考察(科学?)して、こっちが正しい道だと見て踏み込んでも、周り全部が逆へ行ってしまうと、皆が戻って来るまで耐えないといけない。

芸術的に行く人は、間違いだろうが流れに合わせて踏み込んで、キリの良いところで「イチ抜けた!」をできる人。
ワクワクについて言えば、イチ抜けをする時にはその時限爆弾の解除方法も会得してしまっているとか。例えばルパン三世みたいなイメージ。

もちろん今さら駐車はしませんし、それは良いのですが、そういえば私って忍耐力は弱いなと気付いた。今はたまたまどうでも良い感じで、耐える感覚も無いから助かっているだけで。
まだまだ学ぶべき事は多い。。。
Unknown (うさぎのロン)
2022-08-13 19:57:17
台風による、記録的な大雨や水害、土砂崩れが発生しています。台風の進路に当たる東海、関東地域のまるぞうさん、皆さん、また警戒地域に当たる北陸地方、東北地方の皆さんもどうぞお気をつけ下さい。

このお盆休み時の台風、大雨が災い転じて福となる様な予感を感じながら見守っています。

オミクロンBA5、BA2.75は暫くは油断出来ません。数々の新しい医学文献から、双方は競合する感染力と重症率である事を想定し、警戒しながら、状況を見ています。個人的に、ワクチンには初めから懐疑的で悩みつつ、かといって「コロナは単なる風邪」といった見解には違和感を感じるので、出来るだけ色々な文献や意見を見聞する事をずっと続けています。 このオミクロン株になってからの変異は、不気味に感じます。

まるぞうさん、「まるし力学」の続きを楽しみに待ってます。
Unknown (jun-fumi)
2022-08-13 22:54:55
まるぞうさん ごめんなさい
午前中に投稿したんですけど
枠3回の人と書くところ
4回て書いてしまったかもです。
3回の人は結構いるけど
4回の人は職場でもあんまりいないです。
うちのら夫婦の両親、かみさんのお姉さんは
4回です。
失礼いたしました。
Unknown (すずしろ)
2022-08-14 08:43:01
ご存知と思いますが、長尾和宏先生のブログ8月8日の記事から飛べる告発動画を見ました。50分があっという間に過ぎるスリリングなものでした。

結果までは正確に書いていたけど、外部の圧力により結語の部分でひっくり返したという告発です。元論文は一年経ってしまったので、取り下げられ、結果の部分までもう修正加えられているみたいですが。

これを見て、昨日の私のそんなに論文読み込めないという発言を猛省しました。数字を隠されたり修飾されたりは見抜けませんが、少なくとも結果と結論結語の矛盾はわかります。馬鹿にされたもんです。

まるぞうさんの7月24日の山本先生の論文の中でLANCETが引用されているのですが、その結語が飛躍、歪んでいることに、違和感を感じたのを思い出しました。
 その時は結果は正直に書く、でも題名と結語を解りにくくしなければLANCETに通らないのだなと好意的に解釈していたのですが、イベルメクチンでは結語の部分が一人歩きしたのですね!

LANCETのワクチンに関する論文
結果:ワクチンの有効性が7が月以上で低下する結論:だから3回目のブースターを打ちましょう。

イベルメクチン
結果:解析においてイベルメクチンは有効であった
結論:まだ検討の余地があるので推奨されない
Unknown (すずしろ)
2022-08-14 08:59:48
念の為、7月24日の山本先生の論文の中で引用されているLANCETはこれです。勿論、山本先生は結語に惑わされず正確に引用されています。
ttps://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(22)00089-7/fulltext

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。