まるぞう備忘録

無題のドキュメント

貧しかったけれど豊かだった時代に。

2021-11-22 08:26:57 | 今日のひとり言


「日本は貧乏が似合っている」立川談志が生前にこの言葉を繰り返していた真意
「貧乏で国はほろびない」
立川 談慶 2021/11/21 12:00
・・・
ここで談志の少年期を想像してみましょう。

育ち盛りのあの忌まわしい戦争体験が後の談志の人生にも多大なる影響を及ぼすことにもなりました。今年で入門がちょうど30年になる私ですが、今振り返るとまだバブルの余波というか、景気の良さが残っている入門当初の時期に「日本は貧乏が似合っている」「あの頃は国中が貧乏だった」と、頻繁につぶやいていたものです。

「日本は貧乏が似合っている」なんて、一見「みんなで貧乏になって廃れてしまえばいい」などという過激で厭世的な主張なのかと誤読されがちですが、決してそうではありません。これもよく言っていた「貧乏で国はほろびない。栄華を極めて国はほろびるんだ。ローマ帝国を見よ」というセリフを補助線に「超訳」すると、好景気で浮足立っている人たちに対する冷ややかな目線が光ってくる感じがします。
・・・
https://president.jp/articles/-/52044?page=2




日本人の心の原風景の時代に。

これからの日本の未来の社会は、ちょうど昭和30年代レベルの生活が落とし所ではないかと私は常々思っておりました。
ただ以前の昭和30年代と異なる点は、
・ネットによる情報社会
・100歳現役社会
という変化です。

ネットによる情報共有化は、人間の精神の進化のスピードを加速します。精神の進化は人と人の精神の摩擦で発生しますが、ネットによりそれが物理的な制限がなくなりますから。

世界的に今の若い世代が物欲を昇華しているのは、ネット環境などによる、精神の高速成熟化が進んでいるからということも理由であると思います。



また100歳現役社会。ちょっと前までは日本に住むほとんどの人がこの社会を経験すると思っていましたが、今はちょっと船の行く先は進路が少し変わっているかもしれないです。もうちょっと様子見ですね。



昭和30年代の慎ましやかだけど共存出来ていた世界。
ご飯と発酵食品の和食が中心の食生活は美味しいです。ちょっとした庭があるお家は、葉物野菜ぐらいは趣味で育てることは当たり前になるかもしれません。



手放した分=与えられる分。

質素な生活。
自分から手放したものは、相応の豊かさが与えられるのが陰と陽の仮説です。それが物質的な豊かさで返って来るのか、精神的な豊かさで返って来るのかは他の条件との兼ね合いでしょう。

しかし無理やり奪われて質素な生活に堕ちた(と本人が思っている)場合。悔しい奪われたという執着の分だけ、また奪われるのが陰と陽の仮説です。

逃げるものほど追いかけてくる。と同じように、執着するものほど奪われる。



だから同じ質素な生活レベルでも
・手放した分だけ豊かに暮らす人
・執着した分だけ更に失い続ける人

の2つに分かれる社会になるかもしれません。数年後〜数十年後の未来社会。




おまけ1
日本人。宿題クリアしてんの?と少しずつ厳しくなる社会。


日本社会の宿題。

一つは人への寛容性。やはり世の中、ジョーカーのように底辺で無視されて、生きている意味を失っている人が増えている。
そういう方たちへの寛容性。

もう一つは自分を守ること。
今回の日本人のように、自分の心の声の警告よりも、周囲の同調に合わせてしまうこと。
この2つの宿題が、本当にどこまでクリアしてんの。





おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
単純に~、理不尽な目にあっても、人が良すぎてそれを受け入れすぎて自分を失くしてしまう人に、自分を守ってね?ってお伝えしたいんだと思いますよ。
自分を守るのが下手な人に対しては、「あなたじゃなくて周囲が悪い」って言ってあげることも親切だと私は思います^^
だから、読者は地獄なんかへ行かないです。
心配して下さってありがとうございます。
大丈夫ですよ^^

→ 解説してくださってありがとうございます。

==========
やったー!県議の補欠選挙で、北里大学出身の方が出てる!まだ全部話を見てないけど、子育てなどのことに共感出来る内容。
そして科学的なコロナ対応!って書いてある!
立ち上がる人が増えてる予感。話だけ聞いてきます。
嬉し過ぎてまるぞうさんに言いたくなっちゃった。

→ お知らせありがとうございます。
3回目打て打てをくぐり抜けた人たちは、今度は昭和30年代の生活への断捨離ですね。

==========
それは「非協力的な職員が増えてしまい、運営が上手く行かなくなってきた」との事でした。何とか解決出来るよう、協力したいです。それには、半々の考え方が良いかな、と思いますよ。あたたかく行きたいねぇ~。

→ コメントありがとうございます。
・協力してくれない職員に問題があるのか
・職員に協力を促せない運営側に原因があるのか。

まさに半分半分ですね。

==========
社会の方向を決める一票をそんな暗い内容に投じなくていいように落ち着いていきたいです。

→ お気持ちはわかります。静かに観て生きたいです。

==========
たしかに今の彼女には冷たい返事だったとわたしの自己満足の気持ちを反省しています。
「日にち薬」で、今はそっとしておいた方がいい場合もあるのでしょうか。

→ 私も同じ立場であれば、そっとしておくと思います。

人生でよくある「言われた方はずっと覚えているけれど、言った方はすっかり忘れている」というパターンかもしれないので、気にしないこと。と思います。よろしくお願いいたします。

==========
わくちゃんの話をさせてください。職場は医療従事者枠です。トップはわくちゃん推しおし委員長みたいな感じです。3回目断ったら、賢い方ばかりなので見えない圧力を上手にされつつ耐えられないよ、、って、いろいろ考えてます。何も言えないまま、3回目うつんだよねって結局思いますよ。まるぞうさんの記事を読みながらも、そんなわたしです。心内つぶやかせていただきました。ありがとうございます。

→ それぞれのケースの最悪パターンを箇条書きにして。
そしてどちらの最悪を採るかを御自分で決めたら、腹を括る。が小難になるコツである。というのが私の人生経験で学んだことです。もしご参考になれば。よろしくお願いいたします。

==========
Q1 ドキュメンタリー番組や動画を良く視聴されている様ですが、苦労逆境乗り越える話関係を観る割合は全体視聴の何割を占めていますか。
※1番多い場合、それがなぜ多いのか理由を教えて下さい。

→ 番組を観終わったあとに内容がわかることが多いので、事前にはなかなか選別できないです。

話は少しずれますが、今でも印象深いのは

★ドキュメント72時間 「1円パチンコに哀歓あり」
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018087282SA000/

★ドキュメント72時間 「根室 “ほっこり弁当”冬物語」
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017083564SA000/

★「餅ばあちゃんの物語〜菓子職人・桑田ミサオ〜」
https://www.nhk.jp/p/professional/ts/8X88ZVMGV5/episode/te/7K5ZQ23XNP/

★「旗じいちゃんの生きる道〜交通誘導警備員・上野敏夫〜」
https://www.nhk.jp/p/professional/ts/8X88ZVMGV5/episode/te/LP4922L524/

(決して社会の成功者なんかじゃなく)当たり前の人の、普通に生きている姿が本当に尊い。個人的に惹かれる風景です。


Q2 ドキュメンタリーを好む理由を改めて教えて下さい。

→ 同上です。


Q3 13日(土)のおまけコーナーのスナフキン全文と画像はなぜ削除したのですか。
著作の問題でしょうか。文面残して※○○の為、画像は削除しました。でも良かったのでは。

→ 文面(ダジャレ)まで削除したのはそこまで残す必要性はなかったと判断したからです。ノリのダジャレだったので。

話は変わりますが、私達がよく知っている、虫プロ・フジテレビ版のスナフキンは世捨て人の代名詞ですが、実は原作版のスナフキンは孤児を集めて育てていたのでした。私のダジャレは消してもいいレベルのものですが、この絵は良い絵だなあと思いました。

http://repka.su/pft/2519/pic44.png

http://repka.su/pft/2519/pic46.png


Q5 自分の内側の状態をどんな感じでいっぱいにしておきたいですか。
例)「晴れやかで、機嫌よくいよう」など簡単でも、ご自由に。
どうぞよろしくお願いいたします。

→ 自分の感情の変化が一番面白いです。

ご質問が「何階の景色が好きですか」に例えるならば、「何階であっても、その上下の階の登り降りが面白い」です。

それは旅の道中と似ています。どこに行ったか。ではなくその道中でどういう体験をしたかが一番思い出に残るのと似ています。

階段の登り降りが出来るのは生きている間だけですから。

==========
女手で子育てしながら自分の身を守れるか、最近心配しています。
食料など調達できるか? 安心して眠れるのか?
まだ先の話ですが、どのような風景が予想されますか?

→ その時が来たら、ここに相談してください。一緒に考えましょう。よろしくお願いいたします。

==========
これって緊急放送をやっているのは深州

→ 進化のための篩(ふるい)。食虫植物の甘いホイホイ。逃避願望の魂を回収する。という怖い小説もあるそうです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (23)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 3回目。躊躇する人。突き進... | トップ | 大切なメッセージは隠される? »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (玲玲)
2021-11-22 10:49:11
緊急事態条項案についてすごく未接の人達が騒いでるのですが、そんなに心配することになるのでしょうか?私は少し違う風も感じるのですが、気のせい?
数年後、私の家の畑と借地、あと田んぼも余りそうなので、シェアハウスで貧乏でも子供と一緒に農家したいな、って人増えるかな?
軽油もダメになったら、鍬だよ。私もその農法だと勉強し直しだけど、皆んなで食べる分なら曲がっていようが、ブツブツのある野菜でもいいよね?
今日もありがとうございます。 (Unknown)
2021-11-22 11:34:54
そうなのですよ。運営側にも問題ありと思いますが、そこの責任者が退職の意向です。大変な状況のところ、誰が引き継ぐのでしょうかね・・。
Unknown (Unknown)
2021-11-22 12:42:02
お呼びでしょうか?
昭和40年生まれのおばちゃんです。とはいえ、九州のまずしーい農村の出なので、まるぞうさん言うところの昭和30年代の感覚だと思います。小学校に上がるまでは、家に電話はなかったし、お風呂とトイレは母屋とは別棟で、それぞれポットンと五右衛門でした
(田舎あるある話)
家をリフォームして、お風呂とトイレは家の中にできましたが、お風呂のお湯は私が毎日まきでわかしていました。親に言われたからではありません。まきを燃やすのが楽しかったから、進んでやっていたのです。今でも焚き火大好きです。今はずい分便利になりました。
私は田舎にいるので、あれこれ無くなっても、さほど困らないかな。ネット環境が無くなるのはイヤですけど。もっと高齢の世代は不自由するかもしれません。
若い世代の方々はエンジョイ派と文句たらたら派に分かれるのかな。でも、それが当たり前になってしまえば、どうってことはない生活ですよ。ゆーても、昔とまるっきり同じというわけでもないですし。ただ、都会の根無し草生活の人たちにはきついかもです。
Unknown (Unknown)
2021-11-22 12:58:17
まるぞうさんは30年代の生活の記憶がありますか?私はまるぞうさんとあまり年変わらないと思ってましたが、生まれが40年代なので記憶は40年代からです。私の記憶に残る日本より、もう少し不便なのかなぁ?
五右衛門風呂やぼっちゃん便所の記憶はあります。ただ共同井戸から水道になってました。
大家族で親戚や地域で協力しないと生活が成り立たない時代でしたし、両親は農作業で朝早くから夜遅くまで休みなく働いてました。物はなくても創意工夫で手作りして遊びを考えました。自然が身近な時代です。
私はずっと同じ家に住んでますが、周囲の環境は変わってしまいました。住宅街になってしまい庭も無い家がひしめいてます。それがとても息苦しいです。小さい頃の田畑に囲まれて、程よい距離感の生活が懐しいです。
私は不便になってもその頃の生活へ回帰するのは構わないのですが、その未来は他国の侵略がない事前提ですよね。
他国が侵略する意図さえなくすような出来事が起こらないと、安心して清貧で生きられないなぁ。
家に鍵をかけずに、夏は網戸で寝ていたあの時代は本当にすごい事です。豊かさより安心と安全の生活を取り戻せるといいなぁと思います。ネット環境だけは無くなると困りますけどね。
Unknown (Unknown)
2021-11-22 13:05:33
当時を思えば今はまだ恵まれてるとは思います。親の話では鶏は卵をとるように飼っていて、牛は農耕用、ご飯は少な目で芋ばっかり食べてて、今頃の季節から渋柿を干して冬場の御馳走だったとか聞きます。魚は魚屋さんが直接売りに来てと。一時、都会の生活から抜けて自給自足の生活を…と四国の無名の禅寺に当時も鬱が酷かったから半ば、精神鍛練のつもりで行ったのだけれど、持病の関係で抵抗力を落とす薬を飲んでいて山はとても綺麗で朝は鶏の声に起こされたのだけれど、禅の食事で食器を布巾で洗わず翌日もの食事に、1日目はよかったが初夏ごろだったから翌日気分悪くなりDrストップのような形で帰りました。情けなくて、ああ、もやしっ子。自分は便利な都会でしか生活できないんだと実感するハメになりました。
その時に豪州から来た日本文化を学びに来た男性がいて解放してくれました。またお遍路さんが一晩の限りの宿を求めて泊める寺でもあったけれど、90代なのにお遍路の恰好をして、四国八十八箇所を巡られてるで元気だなと思っていると豪州から来た金髪の方と流ちょうに英語で話すので、驚いて「元、学校の先生か、英語の先生だったのですか?」と尋ねたら「いえ…以前の大戦の頃に…」で暗黙の了解でそれ以上聞かず、随分昔覚えた英語でも覚えられているものなんだなと思いました。へたれて帰ったけれどいい体験ではあったと思います。差別をうけやすい病を抱えられた方が管理されてました。

その当時は「みんな貧乏だった」と親に聞くので、特別羨ましいやら妬みの元になる刺激が無かったのかもしれません。親は戦後生まれに近い生まれですが、あくまで親の話によると夜は月明りで皆で帰り、年上から年下まで一緒に遊び、近場の川で蓮華を積んで、虐めはなかった。楽しみは寝る前のラジオ。子供同士でその親の家に寝泊まりした。親は大変だったと思う。自分の家に帰れば近所のおじさんが勝手に入って寝転んでるのが当たり前だった。である意味寛容でもあったんだです。国道はGIっていうのかジープのった金髪の人がよく通って、声かけられたが怖いよりシャイで恰好いいなと思っが隠れた。近場の港の軍艦もよく見に行ったとお盆や、戦争時代のドラマなんて見た時にポロリと語ってくれました。ただ、今は皆が貧乏というより「2極化」だし、当時の寛容さが救いだったけれど皆ピリピリして防犯カメラにIDデジタル化で、ただでさえ「暗黙の了解」での緊張感あって不正も許さないと目を光らせてるような監視しあってるような感もあって、戦後というより戦前か戦中の雰囲気と、それであっても「二極化」はしてなかっただろうなです。

きのう、家族みなで軽いドライブでイブで御堂筋イルミネーション見てきたのですが、家族談で、今年で皆でドライブしながら見れるのも最後かも。このイルミネーションが見れる御堂筋を歩行者専用にする話があるで、中野島公会堂あたりの歩道はともかく、大動脈であるのになと話してました。難波あたりブランド店が立ち並んでいるのですが、こちらも2極化か車内から信号待ちで眺めるだけですが中ブランド店はガラガラでシャネルの店が結構人入ってて、私らも海外の人でなく黒髪だけれどこの時期でもセレブ多いの?やら話題にしてました。

たぶん、貧乏なってもグローバルに栄える東京とか同じ多国籍で金融街にもなる大阪とか、高層ビルがそびえたち一部はハイソな丘の人らみたいな人が、どうだーと見せつけるイメージもあり、戦中というより「エジプト」の映画に例えれば「エグソタス、神と王」のラムセス王みたい…の時代みたいというイメージもあります。
で、今日耳鼻科にいった時にテレビがついててニュースでフランス、パリの様子が映ってて自動車道を歩行者天国にしたで、住民からはゆっくりイルミネーションみれて有難いと賞賛とか歓迎の声ばかり。きのう、御堂筋の歩行者専用の話にした後に昨日の今日でこの話題だから、なんか胡散臭いというかもう少しゆっくりはいいが、反対の声は出ないし、ああまたSDGS系の流れですかとニュースに白けたりしてしまいました。メディア操作も感じてしまいます。樹を大事にとかいうわりに自転車道作るために台風などの安全対策にと容赦なく街路樹や桜の樹なども切っていくし、病院の袋代も有料だけれど、その金どこいくの?やら紙袋はリサイクル聞くし有料なるのは白いビニール袋だけでないの?と疑問もいっぱいです。

ローマに逆らって負けたけれどアルプス超えた隻眼の英雄でハンニバルっていましたよね。その出身地カルタゴが
割と状況的に日本と似てるとも言われます。いつかは何分割、また次の何かによって侵略、滅びるかもしれないが
時間もかかるし。王の贅沢みながら、指くわえて、逆らっても勝ち目ないと思うのもなあ…とも思います。
すごく長文になってすみません。
回答ありがとうございます。 (Unknown)
2021-11-22 13:56:19
まるぞうさん

こんにちは。先日18日に、圧力鍋についての質問2つへの、丁寧なご回答ありがとうございました!ゆっくりコトコト調理する時間は、私にもありますので、鍋購入は色々試してから検討します。言及されていた低温調理にも興味があります。リンクを貼っていただいた「植野食堂「肉豆腐by水口食堂」」、牛スジ肉の処理、参考にします。

関西出身の旦那の好物で、うちのおでんには牛スジ肉が欠かせません。が、毎回ボイル済みのお高めのものを買うのも気が引けていましたので。ありがとうございました。
大草原の小さな家 (como)
2021-11-22 14:20:49
まるぞう様
いつも記事更新ありがとうございます。
先週Huluという有料チャンネルに「大草原の小さな家」という1974-1983まで放送されたドラマがあり妻と一緒に見ました。ちょうど私たち40代、50代が小学生の頃NHKで流れていたのを記憶しています。

子供の頃の印象では自然の中でお父さんが頑張っているドラマというイメージでしたが今回見て印象が一変。10話ほど見終わりましたが、さすがはファミリードラマの金字塔と言われた不朽の名作だけあり素晴らしい内容でした。

まず当時は電気、ガス、水道もなく電話もテレビも車もない社会。お父さんが自分で家を建て家族を守って暮らします。今の時代のように物がなくても人の心はとても豊かです。子供たちが輝いていて涙もろい私は毎回ウルウルしてしまいます。現代のように好きな物が何でも手に入りスマホで気軽に情報が取れる社会が貧しく大変な時代だなと見るたびに思ってしまいます。人の暮らしに必要な物以外のものが溢れすぎているのですね。

シーズン9まであり、子供たちの成長する過程が描かれているようです。全200話なのでかなりの見がいがあり楽しみが増えました。
質問お願いします。 (yu61)
2021-11-22 14:28:54
まるぞうさん

毎日の記事の更新ありがとうございます。
以前、まるぞうさんの記事で、会社は優秀な人だけ集めても上手くいかない等の記事があったと思うのですが、残念ながら見つけることができません。お手数ですが、検索ワードなどを教えていただけませんか。息子が会社をおこしているのですが、今まさにそういう状況のようなので、まるぞうさんの記事を参考にさせていただきたいのです。どうぞよろしくお願いします。
Unknown (Unknown)
2021-11-22 15:59:02
ワクチン・検査パッケージってワク済みの陽性は暗黙のOKで、未接種の陽性にはやっぱり感染源は未接種者だ!と派手に報道され、変な濡れ衣を着せられそうな予感です。
そういえば、コロちゃんは満員の通勤電車には現れず、午後8時以降の飲食店に出没するとか言ってましたね。今回の無意味なワクパスといい、政府や分科会は本気でコロナ禍を終わらせる気があるのでしょうか。まったく呆れます。
Unknown (Unknown)
2021-11-22 16:24:11
東京の下町で田んぼでカエルの合唱を聞いて育ちました。同級生は商店を営む家の子供が沢山居ました。お菓子屋さん、お肉屋さん、文房具屋さん、八百屋さん。私は鍵っ子だったけど隣近所のおばさんが何かと面倒見てくれて髪を結ってくれたり、リカちゃん人形のお布団を作ってくれました。近くの床屋のおはちゃんはお菓子をくれた。今思い返すと本当に、なんて有難くて優しい時間だったんだろう。なんにも恩返し出来ていません。
昔をなつかしんで一度見に行ったら商店街は文房具屋を除いてみなシャッターが下りてました。みんなどこでどうしていらっしゃるのかしら?有り難うございました。たつき○さんがおっしゃってます。皆が助け合って暮らす未来図があると。みんなが貧しかった頃のあんな暮らしが再び来るのかなー。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事