まるぞう備忘録

無題のドキュメント

令和の優しい人たち。

2022-10-03 08:39:51 | 今日のひとり言

防災カレンダー

茨城県行方市



電離圏全電子数観測
https://aer-nc-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/AMAP/




令和時代=人類進化の前兆。

 私が育った昭和世代と、今の令和世代の変化を観察すると、これから世の中がどのように変わっていくかを想像することが出来ます。

 まず一つに令和世代の特徴は物欲が少ないということです。これはZ世代(1990 年後半〜2010年生まれ)の特徴と言えます。そしてこれは日本だけではなく他の先進国も同じです。
 そしてこのZ世代の特徴は少子化でもあります。これも日本だけではなく他の先進国も皆共通しています。

 次に令和の時代は「優しい」時代でもあります。昭和の時代は○○ハラが普通でありましたが、今では誰もがもう「〇〇ハラ」を犯さないように。そのような感性の柔らかな時代です。

 これは人の心の痛みが自分の痛みとして感じる人が多数になったということでありましょう。人の心が傷つくことを避ける「優しい時代」であります。

・物欲が薄れる
・人の痛みを自分のように感じる

 これが令和世代の特徴ではないかと私は個人的に感じています。そしてこの変化を観るとやはり人類は「次の世代」に変わる前兆じゃないか。と思います。特に日本だけじゃなく、他の国も同じような傾向がある。



進化をくぐる課題。

 ただ、世の中の現象は「陰と陽」が同時に発生する。良い変化だけではない。それに伴う人類の課題も浮き彫りになっているように思います。それは。

1,少子化
 これは今の世代の次の世代あたりで振り子の振り戻しが来ると思います。私は人類の種の本能にお任せして良いと思います。適正な人口。地球の大自然とバランスがとりながら。

2,生存本能の薄れ
 9割の人が「優しい人」になった結果残りの1割が「頭にのる人」になる。
 これは国家間でも個人の人間関係でも同じ様な傾向になるでしょう。

 この頭にのるとは「騙される人が悪いルールの人」とか「私は正義だクレーマー」などの人たち(国家や組織含む)のことです。

 人類は「優しさ」と同時に「強さ」のバランスも求められる。
 令和の時代はまず「優しさ」から始まっています。そして次には「優しいけれども強い人」「柔らかいけれども強い人」「本当の大人の強さを持つ人」になるという課題。陰と陽のバランス。

 たとえばそれは、国際的には紛争に対して。きちんと戸締まりする国家。優しいことと無防備は全く違うということを知るかどうか。
 たとえばそれは、個人の人間関係についても。頭にのる人と大人の距離感を保つこと。場合によっては大人のNOで遮断できること。



生存本能の再確認。

 また人間関係だけでなく、生きる環境も一度厳しい状況をくぐるという課題も残されているかもしれません。これはここ数万年人類が生き抜いてきた困難さです。
 一応人類のご先祖様たちがクリアして来た環境でありますが、次の人類になる人達への再試験です。

・食糧と気候と感染症という厳しさの中で生き残る生命力。

 こちらも試験期間はそれほど長期とはならないでしょうが、しかし誰もがその厳しさを一度は体験して、生きる本能を思い出すことになる。
 しかし本能は全ての人類の中にある(ただ忘れていただけ)なので。。。

 たとえば人間の中にはサーチュイン遺伝子という若返り遺伝子があるそうです。摂取カロリーが少ないと(空腹を感じ期間が長いと)この遺伝子のスイッチが入ると言われています。
 同じ様に人間の中にある「進化の遺伝子」をオンにするためには、無菌培養の箱から出る体験(人間が自分の中の生存本能が思い出す体験)が必要という仮説メモです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさんが提唱しているお米のローリングストックは危ないんじゃないかと思いました。かといって10年分を備蓄するのは無理な人が多いです。多分これは加工品でも同じです。詰みましたね。

→ どなたも無理せず出来る範囲の上限の備蓄が望ましいと思います。
よろしくお願いいたします。

==========
同様に魂の目的地に向かう為、上り電車に乗るも下り電車に乗るも、各々の魂の学びに必要な目的地に向かっているだけであり、そこに善悪優劣は関係ないのではないでしょうか。

→ はい。その通りと思います。

この記事は、もし将来過度なクレーマーに遭遇し、自分自身の心を痛める方が現れた時に、大人の距離感を維持するための一つの視点として述べました。

これからしばらくの時期(半世代ほど)は、そういう人が増える社会の土壌だという予想です。ただし大局的にはこの読者の方の視点に戻ると思います。
よろしくお願いいたします。

==========
記事を読んでて、アイタタタタタとなっています。○| ̄|_
特に優等生じゃないけれど、スマホやパソコンやテレビ画面などから世界を見ながら、なまはげのようになっている自分を自覚しています。ゴらァアアアーと。特に最近。
そして、振りかざすのは画用紙でつくった包丁ですと。自分南無。

→ コメントありがとうございます。読み解いてくださってありがとうございます。
実は、SNSを眺めていて、「反ワク」とか「保守」という自称の方の中に、極端な人が散見されるのに悲しく思っております。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (玲玲)
2022-10-03 09:33:07
今の男の子って本当優しいんですよね。公園で久しぶりに息子を連れていって、すべり台怖がってる息子にこうやって足をやれば大丈夫って教えてくれたり(歳聞いたらまだ一年生でビックリ)シーソーやってたら違う男の子達が、僕重いから乗ってあげますよ、と楽しませてくれたり。そのシーソーしてる時に3人組の男の子が息子と遊んでくれてたのですが、シガレットチョコの空箱でお前のタバコだろ、とふざけてたんです。投げ合って。それを見てた息子が真似して、草むらに投げちゃったから、私がつい出しゃばって、ゴミはゴミ箱にー!と息子に行ってゴミ箱に入れたんです。
そしたら速攻で3人組が「ゴミ、すみませんでした、有難うございました!」と来てくれて、おばちゃんは慌ててごめんね、この子が捨てちゃったから、言ったのですが、今の子すげ〜なとかなり尊敬してしまいました。
うちの地区は学校の先生が赴任したい地区No. 1らしく、子供を叱ればすぐ謝る素直な子が多く荒れないと言われてる場所ですが、それでも家から車で出る時も自転車の中学生が歩道で止まって待っていて、行っていいよ、と言うと会釈して通ってくれたり、もう魂レベルで違うよね、と痛感しております。
いつもありがとうございます。 (Unknown)
2022-10-03 09:55:46
今日は、職員・職員家族が体調不良で3人お休みしています。済の方ばかり・・・。
なるべく、納豆やみそ汁、海藻を食べるように伝えて、職場ではヨモギ茶をいつでも飲めるようにしていますが、心配ですね。
出来る事をしていきます。
Unknown (たま♪)
2022-10-03 10:06:02
>これからしばらくの時期(半世代ほど)は、そういう人が増える社会の土壌だという予想です。

そうなのですか。

ネットで正義を極端に振りかざしてる人は、匿名だから出来る小さな人間で、現実世界では大したことしないのでは?と思うのですが。
ネットで吠えているだけの方々に関しては、こちらがそれを見なければ簡単に逃げられるので、実害はほぼゼロです。(私の場合ですが)

もし、もしこの手の方々が現実世界で大したことをするとしたら、集団ヒステリーとして集団で暴動を起こす、とかでしょうか。


ただ、そうなった場合、○○行きの電車がどうだとか思っている余裕はなさそうです。(命の危険と接しますので、逃げられる人は逃げられるし、逃げられない場所でやられれば逃げられない)

そうならないためには、やっぱり、穏やかな磁気を自分が日々出していくことが大事なのかも、と思いました。
Unknown (Unknown)
2022-10-03 15:51:15
<無理しない>は深い。
まさかまるぞうさんからこれを聞くとはおもいませんでしたよ。
R氏からコメント欄で<無理しないの言葉を聞くたびに微妙な違和感を覚えざるを得なかったからです。
麻賀多神社のすぐそばにある宗吾霊堂は10万人の飢餓に苦しむ人々を救うために自らが犠牲になった人のお話です。大無理をなさった人のお話です。場所的に言っても神社の近くにあることから同じ神域にあると思います。だから霊堂を過ぎて神社に参拝するたびにあの大杉にお前は何をしてここに来たのかと問われるような気がしました。

はっきり言って私はあんなキリストみたいなことはとてもできないです。
だからいつまでたっても自分は輪廻転生の渦をぐるぐるまわるだけなのかな
とも思いました。
でもある時、ふと思ったのです。宗吾のような生き方は尊敬するけれどあんな風に一人の人が犠牲になって大勢を救うというのは本当は神様は望んでいないんじゃないかと。時代的に見てあれしか宗吾は人々を救う道はなかったんだろうけれど、本来はみんなで何とか助け合うというのが神様の望む道じゃないかと。

無理しないというのは努力を放棄するという意味ではなく、無駄であっても
ぎりぎりまで努力することを指してるし、それ以上のことは天に任せるということを指しています。
そしてそのギリギリの努力とはいったい何なのかをひとりひとりに違った形で天は問いかけてるように思います。
Unknown (きょうのこ)
2022-10-04 07:40:38
まるぞうさん、おはようございます。

最近ことさら感じたことでーーー。
天候の変化が極端じゃないですか、昔からゲリラ豪雨はありましたけど。やばいのは線状降水帯。先日の400ミリ超降雨には青ざめました。そんな極端な現象を目の当たりにして、これは地球さんの正常に戻ろうとする意思の反動じゃないかなと。
そんなことをつらつら考えながら、ここ最近の一連の現象を並行して見た時、これは、この国の成長過程におけるバリ(金属等の加工時に発生する突起)のようなものではないかなと、特に明治以降においての。

もう心が痛くなるのでなるべく見ないようにしてましたが、最近のニュース等は。たまたまネットニュースで見かけてしまった、もう書くのもイヤなことですが、それを見てしまってから1週間くらいは、ぬおおおお〜となってました。月見バーガーの季節ですのに。
気持ち的には、実家の蔵の中のどこかにある鎧とか冑とか引っ張り出して、的の前に立ちはだかり御盆かなんかで1本1本跳ね返してやろうかと、矢を。結構マジ気味でした。なんちゅうことしてくれてんねんと。しかも死者に向かって、なんという。。。

なんとも言えぬものが心の中で吹き荒れながら、あの一部分の現象も半目でジーッと見つめていくと、戦前戦中戦後と、この国の歩みとともに右に振れながら左に振れながら、その都度のバリの発生も必然のように、ふと感じるに至りました。私だって第2次ベビーブーマーのバリですしね。昔携わっていた工業系雑誌編集で取材した下町の町工場のバリ取り職人さんがおっしゃってましたが「バリは取るんじゃない、磨いて研磨するんだよ」と。

正常に戻ろうとする地球さんを、お日様は常に暖かく、時に激しく光をそそぎ、夜になれば月が見ている、というのが、この度平常心に戻れた私の帰結点でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。