まるぞう備忘録

無題のドキュメント

クリエイターの核 (富野由悠季編)

2021-04-13 10:27:23 | 今日のひとり言

防災カレンダー
青森県八戸市から南方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/04/12/105010#18

東京都杉並区から北西方向
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/04/12/105010#18




その人の心の中にある世界観(善と悪)。

 昨日はエヴァのニワカ考察を書きました。一般的に原作者監督が脚本を書くにあたって、コアになるのはその人の世界観です。
 その人が世界をどういうように観ているか。それは後天的に得られたものも半分でしょうが、先天的にその人が才能とともに持って生まれた世界観。そういうものがコア(核)になります。

 そのコア(核)とは。それは特に「善と悪の関係」です。



庵野氏の世界観。

 エヴァの世界では、敵は使徒と呼ばれる正体不明の生物(?)です。突然空中から現れて、街を破壊し多くの人を殺し自然を破壊しまう。その正体も目的もわかりません。
 本当に不意に現れて、破壊していく。という存在です。

 これが庵野監督の世界観なのだろうと思います。敵は正体不明で突然現れる。
 それはこの内側の世界が自分と自分のコピーだけで成り立っていることと関係があると思います。
 群衆を描いてもそれは森やビルの風景と同じ。血の通った人間ではない。きっと庵野監督の本質のところでは、他の人とはそのように自分と交流することのない風景の一部として観えているのだろうな。
 そしてその風景の一部から突然、自分を襲ってくる正体不明の存在が現れる。

 エヴァに賛否両論があるのは、そういう世界観に共感できるかどうかで2つに分かれるのだろうと思います。



 庵野監督が尊敬する二人の巨匠。宮崎駿氏と富野由悠季氏。この二人の世界観もまた対照的で興味深いです。
 今回も中年アニオタの話が続きます。ご了承ください。



偶然観た最終回に腰を抜かす。

 富野由悠季氏といえばガンダムを創った人として有名ですが、彼の本当のクリエイティビティ(創造性)が発揮されたのは、その2年前に作られたロボットアニメです。
 その当時の私は高校生で子供向けのロボットアニメなんて幼稚なものと思っておりました。ただたまたま観たその最終回に、本当に驚き腰を抜かしました。

 主人公は神(ジン)ファミリーという一族の一人の少年。彼らの御先祖は本当は宇宙人。母星をガイゾックという敵に襲われかろうじて地球に避難してきました。何百年も前のことです。
 しかしそのガイゾックが今度は地球を襲い始めたのでした。神(ジン)ファミリーは、御先祖様の言い伝えに残された巨大ロボットや宇宙船を蘇らせて、そのガイゾックから地球を守ることになったのです。



 ところが、ガイゾックが地球を狙うのは神ファミリーがいるからだ。お前らは地球から出ていけと地球人たちは神ファミリーの迫害を始めます。





 主人公たち神ファミリーは、地球人から誤解され迫害されながらも、毎回生命を掛けて地球を守る。きっといつかみんなが理解してくれる時が来る。少なくとも今は自分たちが地球を守らなければならない。と。

 そして最終回。宇宙空間に浮かぶ敵の本拠地に神ファミリーに突撃します。一緒に地球を守るために闘ってきた神ファミリーのメンバーたちが次々に特攻して生命を落としながら。





 迫害を受けながらも地球を守るために闘ってきたファミリーのメンバー。父や叔父たちも特攻で次々亡くなったあと、主人公の男の子は最後の最後たった一人で敵の正体と対峙します。そこで明かされる真実。



 ガイゾックの正体とは宇宙の平和を維持するために作られたコンピューターシステムだった。その惑星に悪がはびこるとその悪の元(人間)を滅ぼし宇宙に悪が拡散しないようにするシステムだった。
 御先祖様の母星がガイゾックに襲われたのはその惑星に悪がはびこり始めたから。そして今地球も同じ様に悪がはびこり始めたからガイゾック衛星が人間を掃除にしに来たのだ。と。

 ガイゾックが悪だと思っていた主人公。実はガイゾックが平和の守り神。御先祖様や地球人が悪だった。。。

 そんなことあるわけない。主人公はガイゾックの衛星を破壊し、そして主人公は絶望の中地球に落下していくのだった。

(鬱)

しかし最後、浜辺に打ち上げられた主人公。そして大勢の人たちが彼の周囲に集まってくる。ゆっくり目を覚ます主人公。(完)











悪は善で善は悪。

 最終回に善と悪が入れ替われる結末は、海のトリトンというアニメ作品で現れました。原作の手塚治虫氏の話にはない、富野氏のオリジナルです。
 彼はそこに更に「誤解され迫害される主人公たち」という要素を追加し、自分たちが立ち上げた日本サンライズの一番最初の作品としたのでした。

 その後、彼はガンダムで脚光を浴び、イデオンで迷走の罠に入ってしまいますが、この「予算も時間も人もない」という最高の条件で創られたのが、このロボットアニメでした。(予算と時間と人が与えられるほど人の創造性は劣化していきます)
「ないない尽くしで創られたザンボット3こそが富野氏の最高傑作です。ガンダムなんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのです!」



富野氏の心の核の風景。

 富野由悠季氏の世界観。
・悪は善である。善は悪である。
・地球を守るものが誤解され迫害される。
・流浪する主人公たち。

 これが彼の心の中の風景のコアです。ザンボット3以降の富野氏の作品にも垣間見えます。
 そしてこれもまたユダヤの世界観だなと思います。私個人の感想です。



 明日は宮崎駿氏の世界観(善と悪)を考察します。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
その内このアニメがAKIRAと同等の予言書だと解るでしょう。都市伝説で述べられたコンパスと定規だけではない救世主の片鱗。知り合いからつけたとされる碇という名字。その偶然の姓とキリストの普遍の関係等。古来から決定されたこと。

→ 楽しみにしています。

==========
・鹿児島 トカラ列島近海で地震相次ぐ 気象庁が注意呼びかけ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210412/k10012969251000.html
・気象庁
https://www.jma.go.jp/bosai/#pattern=earthquake_volcano&area_type=japan&area_code=010000
→地震情報(一覧表)で最近30日間に発表された地震情報で頻度や規模など確認できます。
短時間の間に頻繁に地震が発生。4/10~これまでに最大震度4の地震を4回観測【4月12日11:14現在】
・〔地震〕トカラ列島近海を震源とする地震相次ぐ(4/12)←こっちの方が分かりやすかった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/797c5d03bf06315d324331c5855fa9246be333f6

・インドネシア東部と東ティモールの大雨被害 死者200人超に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210412/k10012969271000.html
・インドネシア・ジャワ島でM6.0の地震、7人死亡
https://news.yahoo.co.jp/articles/211b1bf644e1a0226d4e2cc94bdd4cbcf4dd6dbd

→ 情報ありがとうございます。

==========
庵野監督の心の世界だというまるぞうさんのコメントがよく分かります。ですが、これが世間に受け入れられたという所に興味があります。

→ 共感出来る人がたくさんいらっしゃったということだと思います。

==========
私もなんかいつもエヴァに違和感があったのですが、
序破Q.シン
と続けて見てやっとわかりました。

庵野監督の自分に向き合った後の答えがあります。そしてまるぞうさんの感想が知りたいです。

→ コメントありがとうございます。観るかどうかはまだ未定ですが、参考になりました。

==========
時期的に調子が悪い時はゆっくり家で休めたのでわずかな濃厚接触者(家族)も陰性でコロナを広めてはいない認識ではありますがそれでも申し訳ないという気持ちがあり大変落ち込みました。今回、多くの人の優しさ、医療従事者への感謝を強く感じています。
忘れず、同じように人に優しくしたり感謝の気持ちを表しそれが伝染していくことで世界は変わると本気で思いました。

→ コメントありがとうございます。

==========
やはり、奥さまの安野モヨコさんの存在が大きく関わっているのでしょう。お釈迦様が行き過ぎた修業で死にそうになっていたとき、乳粥を飲ませてくれたスジャータみたいに。肉も魚も食べず、スナック菓子ばかり食べる監督に色々な野菜を食べさせてお世話やいて。監督も愛情と言うものに気付いて、ぽかぽかしだしたんじゃないかなぁ。自分の中だけで、ぐるぐるしていたものに、着地点というものを、ようやく創ることが出来たのだと思います。
誰の中にもある、親子の葛藤。碇ゲンドウが荒御魂で、渚カヲル君が和御魂。対するシンジ君。
とりあえず、旧約聖書の外伝を日本に知らしめた伝道師ということには間違いないでしょう。

→ 本当に。奥様の存在は実は一番重要であったのではないかと思います。

==========
経歴から、かなり中共に詳しい方の様です。色々あげておられるので、ご覧になった上で、判断なさって下さい。
https://mobile.twitter.com/S10408978/status/1380448671393742851

→ 情報ありがとうございます。京都市はこの有限公司に何を許可したのでしょうか。そこが肝心だと思うのですが。
景観を守る条例の中の何を許可したのでしょう。

=========
自分はヱヴァ好きですよ。
ずーっと見てきてシン・でようやく大風呂敷がたたまれました。
序、破、Q、とかみさんと一緒に見に行ってます。
シン・はもう途中からかみさんボロ泣きで2.3日浸っていました。
あれは庵野さんの好きなようにやって好きなように終わればいいんです。
自分は納得しました。

シン・エバは上映時間が長いのでトイレに注意です。
自分は前の日からあまり食べず、当日も朝から水分を取らず鑑賞しました。
自分達と同じプレミアムシートに小学生が沢山いましたが入れ代わり立ち代わり
トイレに行ってました。

→ コメントありがとうございます。参考にさせて頂きます。

==========
登場人物のカントクくんはオタクですね。まあモデルの僕がオタクなので、そりゃ必然なんですけど。
いわゆるオタクの内包的特徴を挙げると、内向的でコミュニケーション不全、つまり他者との距離感が適切につかめないとか、自己の情報量や知識量がアイデンティティを支えているとか、執着心がすごいとか、独善的で自己保全のため排他的だとか、会話が一方的で自分の話しかできないとか、自意識過剰で自分の尺度でしか物事をはかれないとか、ナルシスト好きだとか、肥大化した自己からなりきり好きであこがれの対象と同一視したがるとか、攻撃されると脆い等々、とかくネガティブイメージの羅列になってしまうのですが、そこらを有りのままに描いているのがいいですね。幻想としてのオタク像ではなく、真実の姿を分相応に描いて世間に示しているとこが好きです。

→ 本質を仰っていると思います。奥様との関係の部分も参考になりました。
情報ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« エヴァンゲリオンという夢の... | トップ | イベルメクチン途中経過。 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ザンボット3 (inek)
2021-04-13 12:36:27
何処かで聞いたような設定の何-んと深い内容のアニメ。早速Amazon primeでコツコツと見ていきます。
ちょっとだけ聴いてもガンダムより、興味深い感じ。ガンダム見て余りピンと来なかったので富野監督の作品は見てませんでした。
日本のアニメと漫画は本当に深い内容の物が多いですよね。子供用にカモフラージュしてるけど大人でも唸る内容多し。
海外での人気も解ります。
Unknown (Unknown)
2021-04-13 12:56:03
善が悪、悪が善。
難しい問題ですねー。
子供の頃にこのアニメを見ていたら、そのインパクトは計り知れないですね!

日本の人口が少子化で1億人を切るのは、一般的には悪だと言われてますが、ここは私は善と捉えています。むしろ3000万人くらいになれば良いなと思っています。だから移民政策は論外です。日本の自然と文化を愛する人が3000万人くらいで生活できる国土が私の理想です。外国人でも愛してくれるのであればもちろんwelcomeです。

しかし陰謀論に出てくる深州が「実は善だ」とするのは、自分の中では2割くらいです。全くの悪とも思いませんが、善とも言い切れません。半々には少し抵抗があります。自分の中では悪寄りです。

しかし、「善が悪、悪が善」は頭の体操としては、面白いです。一般的に悪とされるものが実は善ではないかとシュミレーションしつつ、決定は横に置いています。
Unknown (薫風亭奥大道)
2021-04-13 13:23:10
いわゆる「セカイ系」と言われる作品群の魁がエヴァだと言われていますね。主人公の危機感がそのまま世界の危機と直結しているという奴。ですから、まるぞうさんの解釈は適切でしょう。と、偉そうにいってみる(笑)。
ザンボット3は岩手では放送されなかったので未見ですが、ガンダムは第1話の衝撃が忘れられない。セリフがそれまでのアニメとはまったく違っていました。説明台詞がほぼ排除されており、「ミノフスキー粒子」、「モビルスーツ」などの用語が、当たり前のこととして説明なしにセリフに組み入れられていたのは、当時としては斬新でしたね。アムロの初登場シーンは全然かっこよくない。最初のセリフが「ハロはいつも元気だね…」と覇気のないもので、こんな主人公今までのロボットアニメではいなかったですもんね。
それがガンダムに乗った途端生き生きし始めるという機械オタクぶりだし、善と悪に明確に分かれていないという点も、シャアのキャラクターを見てすぐに分かったし、当時としては出来るだけリアルな「戦争」を描こうという意図が感じられて、これはとんでもないものが始まった!と感じたことを強烈に覚えています。
ザンボット3は見たことがないので何とも言えませんが、少なくともガンダムが「飾り」というのは言い過ぎですね(笑)。ガンダム紛れもない歴史的傑作です。
「ザンボット3とは違うのだよ、ザンボット3とは!」(ランバ・ラル風に)
すいませんねえ、いつも異議ばかりで。
でもそうなんだから仕方がない(笑)。
Unknown (みきぷる)
2021-04-13 15:41:18
まるぞうさんの此処で「海のトリトン」!語られるとは。
 アニメからトリトンに入り、トリトン同好会、という大学生中心だった会にも入っていました(私は小学生でしたが)。
 初めて見るアニメのセル画は、とても美しかったです。
あとから手塚先生の原作漫画「青いトリトン」を知りました。
なぜか、こちらの方に更にひかれました。
「海のトリトン」は画質が段々粗くなり(裏番組のライオン丸に負けたそうです)。
最終回は仰る通り、トリトン側が、まるで悪、ポセイドン側は善(被害者)?で終わりました。
納得できないファンが沢山いました。
でも富野氏、とは、そのような(真実の?)世界観を既に子どもアニメに描かれていたのね。
私は子どもでしたが、それはそれであり、終わり方が良くないとは感じませんでした。
ただトリトンやピピやイルカ達が、はるかな海の彼方に去って行くのは寂しかったなぁ。
Unknown (Unknown)
2021-04-13 16:12:14
エヴァはごめんなさい本当入り込めないし何故か落ち込みます。シンジくんの思春期の不安定さ、性の目覚めとか…ふぅ
明日は駿監督ですか!苦手なものもありますが基本はファンです。
ハウルの〇〇を奪ったのは荒地の魔女だとか、駿さんと鈴木さん、おじさん達の悪ノリ裏話は苦手笑
相談させてください (まめ)
2021-04-13 17:07:30
まるぞうさん、今日はスマホの事で相談させてください。

お世話になっている高齢の男性が、少し前に初めてスマホを持たれました。
動画を沢山ご覧になるようで、月額使用量が大きくなり困っておられ、
みかねてお話しを聞かせていただきました。

私はマイネオを使っているので、そちらか、以前まるぞうさんがお薦めしておられた「アハモ」への乗り換えを
お手伝いさせていただこうかと思っていたのですが、改めて調べてみると、
「日本通信SIM]という会社の「合理的スマホプラン(月額税込み2178円、20G、通話70分)」
という物の存在を知りました。

とても魅力的なプランなのですが、知識不足で人様にお薦めしてよいものかの判断がつきません。

もしよろしければ、まるぞうさんのアドバイスが頂ければ嬉しく思います。

お忙しいとは思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。


契約回線:au

契約内容:ピタットプランG LTE(S)+通話定額ライト 

スマホ機種:AQUOS sense3 basic SHV48(auにて購入)

検討中の格安シムとプラン
日本通信SIM 合理的スマホプラン
https://www.nihontsushin.com/plan/plan20gb.html
Unknown (Unknown)
2021-04-13 17:08:34
古今東西、いかなる組織においても完全なる一枚岩と言うのがまず存在しない事からわかるとおり、国別での敵味方判断はお花畑すぎる。
いわんやグローバル資本と言う国境を越える組織が存在する現在においてをや。

ロシアが必死にシリアやウクライナ方面できな臭さを演出しているにもかかわらず(本来なら2正面でアジアを構う余裕なんぞなくなるはずなのに)、米軍のインド太平洋シフト、そしてクアッド成立からの英仏独による戦闘艦のインド太平洋派遣。
フリゲートしか持たないオランダまでも何故か派遣決定。
戦後処理の利権にありつくには体裁だけであっても実績が必要ですからね。
各国とも本格的な派兵の前に実地訓練が必要でしょう。

難民の問題があるし、東欧や中東でのドンパチを嫌がるのは各陣営の共通の認識なのかもしれない。
結局生贄はやっぱり中華(香港or台湾or最悪日本)なのかなぁ?

国内に目を向けるとイージスアショアの計画が不自然に撤回されたのも、地元住民や自治体の説得に手続き上時間のかかる地上配備は間に合わない(船なら2年)という判断なのかもしれない。
イーグル改修問題も金銭的な問題と共に納期の問題があるのかもしれない。
ASM-3(改)の完成を待たずに、わざわざ過渡期のASM-3Aの量産を決定したのも気になる(年間製造数量には限界があるので数を確保するには時間が必要)
ここ2、3年はともかく、その後の雲行きは非常に怪しく感じる。

米国ではあれほど中共と仲の良い民主党がトランプ政権末期から何故か議会では一致して反中共の決議を繰り返していましたし(敗戦国内に自国資産があればあるほど参戦の大義名分も戦後処理にも有利)。

中共と深州(のバック)は必ずしも敵同士ではなく、戦争を起こすために計画的に着々と出来レースの手順を踏んでいる様な気がします。

政治的な陰謀論はなかなか虚実の判断が難しいですが、軍備は予算にも製造にも訓練にも配備にも時間が必要でありかつ公開されるので、今後を占う上では比較的有用だと思っています。

いずれにしても現実の世の中、そう単純に敵味方として白黒付けられない。そういう意味では半分半分。
あー、もっと注目を集める事により小難で済むといいなぁ。
皆さん、モリカケやら会食騒動が必要ないとは言いませんが、安全保障にももっと注目しましょう!
ハエ (さっちゃん。)
2021-04-13 18:08:19
私の地元のローカル番組でハエを繁殖させる会社を紹介していました。深刻な日本産ハチ不足をハエで代用するためです。農家が受粉のため代用し、会社は成功しています。リポーターが「ハエがかわいく見えてきました」と感想を言っていました。今、嫌われているハエが農家を支えています。
Unknown (Unknown)
2021-04-13 18:51:41
ザンボット3知らなかったです。というか、ロボットアニメ全般観ていないです。幼少期に観たとしたら深層意識に影響しそうです。なかにはトラウマになる人もいそう。大人になれば消化出来るのかな。その前に忘れてるか。

何気なく見知ったことをどう受け止めたかの積み重ねが結構自分の価値観を作っていたりするので、人だけでなく出会いって不思議だなと思います。受けとる側の心境で解釈はそれぞれなのも面白いです。

たまたま最終回だけを観て腰を抜かしたまるぞう少年が年月を経て考察をブログ記事に書いてくれた。(熟成完了⁉︎)ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2021-04-13 19:51:03
トリトンはきちんと見た事がないので分からないんですが、ザンボット3とイデオンを思い返してみると、まさに迫害され続けてきたユダヤの民の事を思い出してしまいます。映画のイデオンなんて特に、もう一回見てと言われても怖くて見れないです。TVの本放送のエンディングでも、たった一つの星に捨てられただの、終わらない旅だの、救いようの無い悲しい内容の歌詞でした。でもそんなイデオンが庵野監督は好きなんですよね。迫害、流浪の民、善と悪が逆さになる、エヴァの中の旧約聖書を思い起こさせるシンボルなど、日本の天才クリエーター達は、なぜユダヤの民を連想するような事を作品にしたんでしょうね。ユダヤと日本は表と裏、兄弟みたいなもの。だからでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日のひとり言」カテゴリの最新記事