まるぞう備忘録

無題のドキュメント

大自然の声が聴こえる言語脳

2015-10-08 10:15:34 | 日本人からの伝言

 日本人の脳は、自然の音を言語脳(左脳)で聴くと言われています。虫の音だけでなく、動物の鳴き声、風の音、波の音、川のせせらぎ、これらの音は「言語的に意味がある音」として、日本人は聴くわけです。しかし他の国、他の言語の人たちはこれらを意味のない雑音としか耳に入りません。

 日本語脳だと自然の音は、雑音ではなく、自然の言葉に聴こえるということです。他の言語の人たちは、同じ言語の人間の社会で暮らしていますが、日本人は人間だけでなくあたかも自然の精霊に囲まれて暮らしていると認識されているということになります。といっても日本人である私は目に見えない精霊なんて見たことはありませんし、精霊の言葉なんて聴いたこともありません。しかし意識下の脳の処理としては、意味がある音、意思がある言葉として、無意識に捉えていたということです。

 そういわれれば、日本人は西洋人のように大量の木を伐採して山を切り開いたり、海や川を埋め立てるのに、漠然とした抵抗感があります。そうそう、地鎮祭と言って土地の精霊におことわりする風習は今でも続いています。それは私たち日本人は自然の中に、私たちと同じ存在を感じているということであります。その自然は、精霊と呼ばれたり、神様と呼ばれたり、水木しげる氏のマンガのような妖怪と呼ばれたりするかもしれません。私たち日本語脳は自然を私たちと同じ意思あるものと捉えます。

 私たち日本人が他言語脳の人たちと異なり、自然を畏れ敬うのも同じ理由でありましょう。たとえば荒れ狂う大嵐は、ただ気圧が低くて大気が急激に流れ込む現象には思えません。日本語脳の人には、大いなる空の精霊が大気を震わせて大地を踏み鳴らしているように感じられることでしょう。

 またあるいは自然とは母なる恵みであります。日本人が生む出す性質、母性を強く持っているのは、母なる自然に包まれて生活している。と意識下に感じていることと深い関係にあるように思います。日本語脳とは、日常生活の自然の中に母なる愛情を感じられる人たちであるといえます。

 そう。自然言葉とは母音のことです。日本人は自然言葉を聴くことができる文化であったため、私たちの言葉には全て母音が含まれることになりました。脳科学者の方々は、日本語全てに母音が含まれるから、日本語脳は自然の音を言語脳で処理すると唱えます。しかし恐らく因果関係は逆で、自然の声を聴いていたからこそ、人と人の会話にも母音がふんだんに含まれるという文化が保たれたのではないでしょうか。

 母音とは大自然の言葉であります。面白いことにヘブライ語は子音しか表記しません。たとえば、maruzoという言葉はmrzと書きます。母音とはその場の生きた音でありますから、文字として記録しておくのは、子音だけで充分だったのかもしれません。はるか昔々の古代のイスラエルでは。しかし現代では母音は雑音と扱われ、子音だけが重要であるという脳が人類の大半を占めています。母音=自然の声=雑音。と脳で処理される言語体系。

 さてもう一つ、面白いことに日本の古来からの音楽についても、日本人は左脳=言語脳で処理します。しかし西洋音楽は日本人でも右脳=音楽脳で処理します。日本人の古来の音楽とは母音の音楽であり、楽器を使って大自然の言葉で話していたということであります。

 毛利氏が、大気圏を出て宇宙に入る時には、何とも言われぬ良い音楽が毎回聴こえると仰っておりました。雅楽のようなバロックのような。と。私は、毛利氏は地球と宇宙の端境で、母音の大自然の声を耳にされていたのではないかと思います。地球もまた太陽という大母性の磁気の海に浮かんでいる青い精霊であります。



おひさま、ありがとうございます。
(静止軌道衛星上の太陽電子束が大きく乱れていますね)



本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三つの心 | トップ | 創造性が尽きない理由。うむ。 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母は偉大だ (Unknown)
2015-10-08 12:08:56
ノーベル化学賞のチャールズ・ペダーセンの母親が日本人ですね。
総譜 (ばばです)
2015-10-08 12:36:13
まるぞうさん、毎日ありがとうございます。本日の記事を読んで、太陽からの電子密度のグラフを見た途端、胸がギュンとなり涙ぐんでしまいました。グラフは太陽が発した楽譜・スコア。その音が地球の上空で鳴り響いているように思いました。
Unknown (Unknown)
2015-10-08 13:55:34
左脳で言葉を喋れん猫の気持ち考えてくれ。たまたま♪起きた酷い事件じゃないよ。地域住民、警察は察知しよう。神戸の二の舞はふまん。皮膚感覚は人の100%鋭いんよ。痛いに決まっとろう。たまたま♪なんかどうでもいいはない。偶然にこそサインがある。だろう
納得です (藤紫)
2015-10-08 15:01:29
記事アップありがとうございます。
私はまるぞうさんの記事を読むと心が落ち着いて安定します。これも虫の音が雑音に聞こえないことと通じますね。音や言葉の響きや雰囲気が心に鳴動します。日本人らしい日本人が減ってきている寂しさを感じることが多くなりました。私も然りです。まるぞうさんの記事は薄らいでしまった日本人の心を優しく呼び起こしてくれます。ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2015-10-08 16:14:58
ブログ記事更新有難うございます!
YouTube動画で、日本好き、日本語を勉強している、在住していた事のある欧米人がコメントに「~それでも日本人にはなれない」コメントを見掛けます。
彼らのなかでどのような定義が"日本人"なのかはわかりません。
でも、単純に考えて"日本人になりたい"といってくれるのは嬉しいと思ってますが。
Unknown (三月の桃日和)
2015-10-08 20:10:03
まるぞうさん、いつも記事をありがとうございます。
今日の記事は日本人からの伝言、のカテゴリーでも良いのでは?
これ、訳しても良いですか?
質問 (東遊亀)
2015-10-08 20:23:52
記事に全然関係ないことで誠に申し訳ないのですが…例の「GDP600兆円」
消費税増税を放棄すれば可能と思います。しかし、消費税を増税すれば、絶対不可能と思います。
丸山さんは、どのようにお考えですか。
桃さんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2015-10-08 20:54:28
翻訳お願いいたします。カテゴリーも変更いたしました。
東遊亀さんへ。 (まる(=・3・=)ぞう)
2015-10-08 21:01:11
消費税をなぜ上げなければならないか。は、いろいろ謎が多いように思います。本当はどんどん円を刷ればいいのですが、そうすると円の価値が下がるのでこまる人たちが国際的にいるのではないかと思います。なるべく薄く広く日本人から富を収奪したい人たちが国際的にいるのではないかと思います。
日本を守るためには、そういう人たちにお金を払う決断も必要なのかもしれません。安全はお金で買えるうちは安いものです。
ただ安倍さんは、国際的な大きな事件などが起きない限りは消費税は予定どおり上げるといっているのは、逆の意味かもしれません。多分◯◯だから、消費税は先伸ばしになると思うよ~。と。
スマホ質問お礼 (Unknown)
2015-10-08 22:23:18
お忙しい中アドバイスありがとうございました。容量は大きめにしようと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本人からの伝言」カテゴリの最新記事