まるぞう備忘録

無題のドキュメント

今日の風景。

2022-06-14 09:12:15 | 今日のひとり言

防災カレンダー
14日。20時52分:満月(ストロベリームーン)。

岐阜県大垣市






 それまでは、献血は「機会があればやっても良いが、なかなか機会がなくて」というスタンスでありました。10年に1度くらいでしょうか。
 しかしここ数年は「なるべく機会を作ってする」というスタンスに変わって来ております。



 400ml献血をしても、今の健康な自分の体調生活にはほとんど影響がないけれど、これで助かる人は確実にいるわけです。
普段の私の生活は、自分が生きるのが精一杯で、他の方に役に立っていると実感することはほとんどないので。せめて自分の健康な血液が他の方に確実に役に立つのなら。と思うようになりました。
 人生折り返して、あとはどのようにこの人生を着地させようかという時期に差し掛かると、そのように思うようになりました。



 私のかつての職場の先輩で、欠かさず定期的に献血をしているという方がおりました。献血はともかく普段から本当に良い方でした。
 献血会場で受付するたびにその先輩を思い出します。

 幾度かの手術を乗り切り生き延びた家族のことも思い出します。
 あの大きな手術の時も、他の方の献血の血液で家族が助かったのだということも思い至ります。
 私は幸運にも健康な身体でありますから、せめて私が代わりに恩返しをさせて頂きたいという気持ちも、心境の変化でしょうか。



 さて献血台で横たわり、自分の体内の血液400mlではありますが、看護師さんに見守れながらじっと横たわっておりますが、自分の近未来の臨終のシーンと重なります。
 実際起きる臨終の時は、場所はここのような病院なのか、あるいは自宅なのか、それともそれ以外の場所なのか。でもいずれにせよこのような静かな心境でその時が来るのだろう。そう思います。

 私は死後の世界とか見えない世界は全く観えない零感人間でありますが、多くの臨死体験では、知らない親族が迎えに来るということです。一度も会ったことがないのに、親族であるということが直感でわかるということでした。

 どなたがいらっしゃるのかはわかりませんが、その方は、献血台に横たわっている自分を観ているかもしれませんですね。



この記事は読者の方に献血を勧めているものではありません。

献血をしたくても健康上の理由で出来ない方は非常に多いことと思います。
あるいはその方の生き方の信条として献血されない方もおられるでしょう。
また献血をしたくても、やはり時間を作って献血会場まで足を運ぶことの出来ない忙しい方も多いことと思います。
そして実は献血前の問診は厳しいので、ここ数ヶ月〜数年の生活週間や渡航歴によって、NGになる方も多いと思います。

献血が出来るのはいくつもの条件をクリアできる一握りの方だけなので、多くの方に献血を勧めているわけではありません。

誰もが、生活の中で、困っている人を手助けしてあげたい、という思い遣りの心によって、廻っている。という風景でした。
循環の方々。ありがとうございます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
さつまいもの茎って炊いたらどんなお味ですか?
やっぱりさつまいもだけに茎もほのかに甘いのかな?関係ないですが、私はニンニクの芽のスープが好きです。蓮根は煮ても炊いてもすりおろしてもイケますねー。お野菜さん育ててくれて有り難うございます。って今さらながらしみじみ思う。当たり前だと思ってたぜんぶに思います。今さらごめん。

→ 作ったらレポートしますね!

==========
アスパラ仁左衛門さんで、耕作放棄地と休耕田は違うという話を見ました。耕作放棄地になってしまうと木が生えてきて、工作機械を持ってないと田んぼに戻せないそうですね。(アスパラ仁左衛門の話では、食糧難を見越して田舎に引っ越して農業をしようという人が増えているとのことでした。)

その関連で続いて出てきた動画(すみません、動画どなたのだったか行方不明)では、今現在は米余りなので、政府の生産計画は減反になっているということでした。ただし、その後を飼料米や麦を作っていれば、つまり放棄地にしなければ、また、人間用の米を作れるとのこと。農地保全の一環だと言う事でした。

だから、蓮でもいいんじゃないでしょうか?ドロドロ過ぎてだめですか?

→ 情報ありがとうございます。

==========
まるぞうさんこんにちは。
最近バリ島のアニキのYouTubeを作業の時に聞き流していますが
田中角栄さんの事をほめていた回がありました。
アニキの話はどこまで本当なのかはわかりませんが
わたしの知らない世界の一つのヒントとして見ています。
まるぞうさんはアニキについてご存知ですか?
もし思うところがあればお聞かせください。

→ 残念ながらアニキさんのことは存じ上げないです。


あと、全然別件ですが先日
保育園時代のママ友さんの畑を手伝って来ました。
雑草抜きも収穫も楽しすぎて改めて
土ってすごいなと思いました!

→ はい。土はすごいし、土はありがたいです。というのが私の感想です〜。

==========
子供たちが自然塾で週末ごとに農業の真似事してた時、さつまいものツルを持ち帰ってきて、ゆでて炒めてきんぴらにしたと思いますが、さつまいもの風味があり、美味しかったです。

→ なるほど〜。楽しみです。

==========
昭和50年ごろまでは、皆んな行楽先でもおにぎり食べて、作ったお茶とお新香。卵焼きや唐揚げなんてあったらお母さん奮発したわね、ってお家も多かったはず。本当にお米を食べなくなっちゃったし、キャラ弁なんてもうこれから一年の思い出になるのかしらん。

→ 私の近未来小説だと、みんな御米に戻ると思います。
やはり日本人には御米だと思います。太陽の神様が私達に持たせてくださった稲穂はありがたいです。本当に。

==========
日本を守るために志半ばで失脚というと、今でもポンと浮かぶのは中川昭一さんですね。ちょうど政治を真剣に見始めた頃に活躍していた政治家さんだったし、お父さんのこともあり印象に残っています。本当に可愛いお顔をしているお方でした。

→ はい。私も記事を書きながら中川氏のことを思い出しておりました。あと歴代の首相の方たち。ありがとうございます。。

==========
ちょこっと自然農
食糧危機なのに米の生産量を減らす政策について
の動画で、農地の保全について語られていました。
hを取ってもYouTubeから入力内容確認してくださいと出て、投稿できませんでした。

→ こちらですね。情報ありがとうございます。

食糧危機?なのに米の生産量を減らす政策について【食糧問題】2022年6月4日
https://youtu.be/AM3qprxxXCI

==========
田中角栄さんのことが記事になってうれしかったです。
金満政治家、というイメージが定着してしまいましたけど、角栄さんは郷土の星なんです。
大豆のことは初めて知りました。
石の裏に隠れていた功績を、まるぞうさんがひっくり返して日に当ててくださったような。ありがとうございます!

→ 田中角栄氏は本当に国士だったと思います。ありがとうございます。

==========
まるぞうさんこんにちは!
今年、化学肥料を使わず、自然栽培ち挑戦しています。
土壌の菌を育てるため、えひめAI2を使用しようと思いますが、いかが思われますか?

→ 試されるのは良いと思います。
土中フローラは腸内フローラと同じで、善玉菌も必要ですが、菌の餌も必要であると思います。同じように土の微生物たちの餌となる有機物が重要だと思います。

私もいろいろ実験中なので試行錯誤の毎日です。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (玲玲)
2022-06-14 09:38:04
蓮田、ハスの田んぼは深くするんです。蓮が根張り出来るように。米の田んぼを借りて蓮田にするお家は増えて、深くすることは出来ても浅くする方法は聞いたことが無いです。そして暗渠などのやり方も知らない人も増えた。それは心配ですが、乾田化すればなんとかなると思います。ずっと日本人は開墾してきましたし。
LED技術の野菜も出来てるし、開墾しないでお米の未来もあるかもしれない。https://www.tabechoku.com/producers/22248

こちらの会社、多分香取郡で1人の農家の人が、アレよアレよと言う間に大きな農業の企業になり、その関連会社だった気がします。
今日もありがとうございます。 (Unknown)
2022-06-14 10:12:56
今朝、蓮農家さんとお話しました。蓮も輸入品が増えてきたそうです。なるべく子ども達に安全な蓮を食べてもらいとおっしゃっていましたね。ありがたいですね。
Unknown (Unknown)
2022-06-14 10:20:56
昔献血をしようと献血前に血液をとって検査したら、血が軽いから出来ません、と何回かお断りをされてから10年以上、すっかりやなくなってしまいました。今度機会があったらやってみようと思います。
Unknown (Unknown)
2022-06-14 11:13:19
え?私は毎回してますよ献血。
前日お酒飲まなかった時だけですが。因みにわたしは決して善良ではありません。曲がっちゃって巻き巻きして右や左に行ってる明後日の方のひとです。
それがなにか?
献血ルームで看護師に見下ろされただけで自分の臨終時を想像するまるぞうさんてさ。どんだけご丈夫だったの?救急車もあんまし乗ったことない?ご無事でよかったんですね。というか
なんか可笑しいの!あははは笑ってごめん。
Unknown (Unknown)
2022-06-14 11:24:11
あ、まるぞうさん
🍠の茎どんな味か?米しましたけとね
芋農家の知り合いに聞いてみます。

それでなくても、ご多忙なんでしょ?作ってレポートまでなさらなくて結構ですから。会社経営にblogに、畑に梅干しに夕食にって休む暇ないねまるぞうさん
Unknown (SHO_KO)
2022-06-14 11:26:11
身近な現実的にできることを、できる人がやっていけばいい。
まるぞうさんなりにみつけた「確実に役に立つ」ことのひとつが献血なのですね。
ご家族に誰かがくれたお役に立てればという優しい気持ちが、恩返しという優しい気持ちになってつながっていく。教えて下さって、ありがとうございます。
だけど、大切だと思う事ははっきりと言葉にしないと伝わらないからここにおいておきますが、私にはこちらのブログは確実に役に立っていますよ~本当に!

献血は、血液型を知りたくて可能年齢過ぎた16才を迎えてよろこんですぐ行きました。
その後もずっと20代頃はよく通い、いまは時間の問題でできません。年齢が上がるほど持病やお薬の服用などいろいろな事情で献血の機会も減りますね。献血できる健康な血を維持するというのは貴重で、すばらしいことです。
ちなみに全血献血は、男性年間3回、女性は2回まで可能です。
身体への負担の軽い成分献血は血漿成分献血(24回)や血小板成分献血(12回)までできます。血を戻すので40~90分程度かかります。可能な方はぜひ!
また、成分献血1回分で役1本分の免疫グロブリン2.5g製剤が作ることができるそうです。
・赤十字の動画もへぇ~「確実に役に立つ」と勉強になります(^^)
https://www.jrc.or.jp/donation/kessho/
献血好き (なおお)
2022-06-14 13:05:08
若いころから献血好きで、10回ごとに頂ける粗品を2度もらったことがあるのが、プチ自慢です。ちなみに採血も好きです。ヘンな奴ですね。
職場の近くの公民館で年1回献血するのですが、すぐそばに「自動車大学校」という、おそらくメカ的なことを学ぶ専門学校があり、東南アジア系の男子学生が大勢通学している姿が見受けられます。2-3年前から、昼休みに献血に行くと、そこの学生たちが大勢献血の列に並ぶようになりました。学校からの推薦なのかはわかりませんが、なんだか有難いことだなと思います。私が異国に留学して、積極的に献血するかどうかわからないですから。
ちなみに、前出の粗品は、なぜかぐい飲みでした。
Unknown (最初はみみ)
2022-06-14 13:31:31
~~誰もが、生活の中で、困っている人を手助けしてあげたい、という思い遣りの心によって、廻っている。という風景でした。
循環の方々。ありがとうございます。~
心から同意いたします。日々、精一杯生きておりますが、この世は視点を変えると色々な方々の善意で成り立っている事に、改めて感謝の念と涙が込み上がってくる瞬間があります。
Unknown (ホミリン)
2022-06-14 14:17:45
さつまいもの茎ですが、実家にいる頃は当たり前のように食べていて、そのことを言うと、殆どの人に「何か戦時中みたい、そんなもの今どき食べないよ」と言われていました。私は大好きで、語弊があるかもしれませんが、細い蕗のイメージです。よく母が炊いていて、筋をとって茹でてから、油でいため、だし汁と醬油、味醂で味付けをしていました。 まるぞうさんの記事で、久しぶりに懐かしい味を思い出しました。 味と一緒に筋をとって黒くなった指まで思い出しました。  今年は作ってみます。
Unknown (Unknown)
2022-06-15 01:01:30
献血って、なんだか、生きる力をおっそわけみたいなかんじがしますね。
1回しかしたことないです。
またできるときにしたいです。
献血のこと、思い出しました。普段は忘れてしまいます。自分も救われるかもしれないのにね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。