まるぞう備忘録

無題のドキュメント

思い出すことの考察。頭と心の詩。5

2022-01-10 10:29:55 | ──

防災カレンダー
東京西部
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/12/30/162946#12

大阪市。


徳島市。(立つ雲)




動画:「うつ」から回復した人の特徴
#うつ病 #早稲田メンタルクリニック #精神科医 #益田裕介
https://youtu.be/OHMWpKN0-aw

この精神科医の方は、うつから回復した方には3つの特徴があると言います。とても興味深い3点です。



1,自己理解(長所・短所)

 長所や短所を合わせて自分のことを理解出来るようになっているということです。

 これは樹海の迷人(まよいびと)の助けと似ています。
 真っ暗な樹海の中。まっすぐ歩いているつもりでも少し曲がっている。まっすぐ歩いているはずなのに、いつの間にか同じ場所に戻っている。
 歩いても歩いても同じ場所に戻っている。真っ暗闇の森のの中。

 でも「自己理解」とは自分が樹海のどこにいるか。を知ることです。
 「自己理解」とは「自分が認めたくない部分を認める」ということも含まれます。
 しかしそれでも、自分が同じところを堂々巡りするのは嫌だ。もう嫌です。私は真剣にこの樹海から抜け出します。

 そういう方は「自己理解」の扉を開けようとする。ということでありましょう。

・自分を否定していた方は、自分の長所について初めて認めるかもしれない。
・他人を否定していた方は、自分の短所について初めて認めるかもしれない。

 この精神科医の言う「うつから回復する方」の特徴の1つは、自分のことを理解し始めた方。ということです。



2,他者理解(社会理解)

 他者理解が進むと何が起きるか。というと「他人への期待」が(いい意味で)なくなっていくということです。

・他者に過剰な期待があったから、他者に腹を立てていたわけです。
・他者に過剰な期待があったから、裏切られたと恨むことになっていたわけです。

 他者への理解が進むと、期待することがなくなると、腹が立つことも、恨むこともなくなっていく。
 ああ、社会はそういうものだと、自分自身で納得できるように自然と変わっていく。

 他人に期待している人は、常に他人から裏切られるという孤独感。ただでさえ暗い樹海をぐるぐる歩いているのだから、辛い風景であろうと思います。

 でも他人に過度な期待をやめるようになると、風景が変わっていく。



3,しなやかな思考

 うつが回復していく人の特徴は「ゼロイチ思考」ではなくなっていくということです。興味深いです。
 この精神科医の方は「しなやかな思考」と表現していますが、なるほどなあと思います。

・意地悪だった人は優しい言葉をかけられるようになる。
・自分が我慢して自分を否定してた人は「違います」「私は嫌です」ときちんと伝えられるようになっていく。

 ゼロかイチか。ではなく。真ん中の道を歩くようになっていく。
 真ん中の道を歩いていけば、樹海は脱出出来る。




おまけ1
オミクロン株、子どもの重症化示す兆候確認されず=CDC
REUTERS 2022年1月8日3:05

[7日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は7日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染によって、ワクチン接種の対象となっていない5歳以下の子どもが重症化している兆候は確認されてないと明らかにした。
・・・
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-cdc-children-idJPKBN2JH1FQ


 日本が降伏すると決定した時。最前線にはその情報は伝わらず、特攻のゼロ戦はたくさん飛び立っていました。感染拡大防止には役に立たない薬液なのに入居者様を守らないとと思い込んで特攻する方たちの風景は悲しいです。












おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
5日夕方から寒気がしたため、その日は早く寝たのですが翌6日に39度の熱が出たため、会社から休んで良いからPCRを受けるよう指示がありました。
そのPCR検査を受けた翌日に結果が出て、陽性となりました。

→ 情報ありがとうございます。もしオミクロンの軽症・無症状であれば、どのような経緯で保健所に連絡されるのだろうということを知りたかったのです。
コメントありがとうございました。

==========
新しい年が明けてもう早くも10日になろうとしています。私は57歳になるのですが、年賀状を親戚や旧友に出しておりまし毎年来ていた旧友から半数以上きませんでした。これは私は今流行りの断捨離というものの対象になったのかしらん。まあ、そういうお年頃だものね。と感じました。少しさみしいけれど私も少しずつ手放していかなきゃとおもいました。

→ 今年は特に少ないかもしれないですね〜。

==========
やはり復讐心そのものを手放す方向が良いように思うのですが、どうでしょう

→ 正解はないので、頭がいろいろ試すところに意味があると思います。

ここに書き留めているのは私の個人的な風景であります。

==========
でも、見えない世界をリアルに感じられるほど、見える世界の一瞬一瞬が(善悪関係なく、というか善悪の判断をせず))輝いて見えるのかな。と思いました。

→ コメントありがとうございます!

==========
まるぞうさんが言う、「後は天にお任せする」という心境になるには、今の自分にできること全てをやりつくし、もう、何も残っていない、本当に文字通り「万策尽きた」状態のときにたどり着く心境なのかもしれないなと思ったりします。

→ 本当にその通りと思います。コメントありがとうございます。

==========
なにひとつ内情しらず勝手に「一般的な話を人におしつけてアドバイスをこの人に求めたわけでも何でもない。

→ コメントを公開するというのは、そういう刺激も発生するということなので、しばらくは非掲載の方が良いと思います。(投稿してくださるのは構いません。)

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 思い出すことの考察。頭と心... | トップ | 思い出すことの考察。頭と心... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-01-10 10:46:58
医者ならその後の結果に責任が持てる
「こころ」という医者でさえ取り扱いまちがえる分野を、文字だけではただでさえ、誤解が発生するのに、なんの後の結果が悪くても自己責任になるのだから、責任がとれないなら、それなら迂闊にさわらないでほしいが私の持論です
Unknown (玲玲)
2022-01-10 10:55:04
これは前からそうなのだろうな、と思っていたのですが、インフルエンザが流行って無いですね。https://twitter.com/takeuchikumiffy/status/1480077659015356417?s=21
外国人実習生の組合管理団体の営業さんと話していたのですが、その人はPCRは死んだ菌も残る(汗)って言い方をしていました。
何故かと言うと、違う地区の実習生が10月にコロナ罹患で12月に実習終えてインドネシアに帰国してPCR検査したら陽性反応で、10月に罹患した時も10日自宅待機後は保健所からPCR検査をしないでくださいって言われたそうで、死んだ菌(菌じゃなーい)が出るから、って話をしてきました。

元気な陽性者も沢山いるそうですが、インフルエンザの可能性でもPCR検査が優先されたら、コロナのウイルスが感染状態じゃなくても出るかもしれないし、どのみち対症療法なことは変わらないですが。本当に変な世の中ですね。
もし熱が出たらインフルエンザ検査してください!って自分で内科で言うのもありかもですね。
Unknown (Unknown)
2022-01-10 12:07:02
まるぞうさんに質問させて下さい。

>ここに書き留めているのは私の個人的な風景であります。

上記のようにまるぞうさんは書かれていらっしゃいますが、下記について、まるぞうさんが自分でそのような状態だったことがあるのでしょうか???


>自分が同じところを堂々巡りするのは嫌だ。もう嫌です。私は真剣にこの樹海から抜け出します。

>ただでさえ暗い樹海をぐるぐる歩いているのだから、辛い風景であろうと思います。


まるぞうさんは、樹海をぐるぐると歩いているように感じたことがあるのかも???
と思ったら、もういいや、と思いました。



私が思うに、本当に本当に最悪の状況に陥った人は、辛すぎて自分の状況を樹海に例えることは出来ないと思うのですよね。

まるぞうさんから個人的に「あなたは樹海を歩いている」的な事を言われた時に、本格的にむかついたのは、他人の不幸を樹海に例えて揶揄している、、、と感じてしまったからです。

でも、まるぞうさん自身は、自分の経験を樹海に例えることで慰められてきたのかな、と思ったら、別に私を揶揄していたのではなくて、善意だったのだろうな、と考え直せるなあ、と思いました。

樹海に例えることで慰められる場合というのは、良い意味で自分に酔うことで、災難に遭った自分を昇華するというパターンだと思います。

でも、自分に酔うことも出来ない災難の場合、樹海のような死に隣接するものに例えられると、「他人の不幸を物語仕立てにして楽しむんじゃねー」という反発をくらいます。

アンノウンさんが「現実として認識してほしい」と何度も言っていたのは、私と同じ気持ちかもしれないな、と思いました。

ただ、私はまるぞうさんに個人的に口出しされたのは数年前の話であって、
まるぞうさんがブログに書いているのは、他人に干渉するつもりではない言葉なのだと思います。
Unknown (今日もありがとうございます)
2022-01-10 12:28:34
この三連休中、台所の使っていなかった食器等、たくさん処分しました。昨年暮れは、仕事で心の余裕がなかったので出来ませんでした。今もトラブルは解決したのではないのですが、要らない物を処分する事により、心の中も冷静に整理出来つつあります。ジムも残業で行けないから、辞めて家で少しの時間運動する事に決めました。ジムで友達を紹介して欲しい、栄養補助食品の購入を勧められていたのが、少なからず負担になっていたのです。まるぞうさんの記事を読ませて頂き、改めて私は断りにくい性格と認識しましたよ。
Unknown (Unknown)
2022-01-10 12:36:09
まるぞうさん~、今回は
「思い出すことの考察。頭と心の詩。4」
ではなく
「思い出すことの考察。頭と心の詩。5」
ではないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2022-01-10 13:00:50
樹海はわりと例える人多いですけどね。樹海で迷うのは誰でも想像できますから。
今日の精神科医ですが、精神科医もワクチン同様、いやもっとトンデモな人がたくさんいます。あと、良心的な医者は診察しない病気の発言には非常に慎重になります。読んだ人に我田引水されても責任を負えないから。精神疾患は千差万別なのです。
ところでまるぞうさんは引用が多いですね。いつかまるざうさんの本当の心を聞けたらいいなあと思います。「俺も昔はなあ‥‥」ではなく、不様でもいいから、今のまるざうさんの心を素直に書けば鼻持ちならさが薄れると思いますが、虚栄心がそれを邪魔しますよね。誰にでもあるからわかるけど、もったいないです。
Unknown (dashi)
2022-01-10 13:11:31
まるぞうさん、こんにちは。
こどもの福祉施設で仕事しているものです。
ついに施設利用者で陽性の人が出て(遅すぎたくらいですね)これから全職員が検査となります。
受験生を抱えているので正直ドキドキ…ジェットコースターです。はじめての体験にドキドキしている自分がいます。
最悪を想定してなんとか乗り切っていきたいと思います。
Unknown (Unknown)
2022-01-10 13:23:51
関係ない話ですが、母がNHKよく見るので、いま映画なのかドラマなのか「スパイの妻」ってやってますね。
黒澤明さん映画らしいです。近年、NHKて比較的、さりげなくこのへんの時代の話よくするなとは感じます。
Unknown (Unknown)
2022-01-10 13:36:51
>樹海はわりと例える人多いですけどね。

はい。迷っている人をバカにする目的で例える人は多いです。(本人はバカにしている本心に対して無自覚ですが)
Unknown (Unknown)
2022-01-10 14:40:48
私も、まるぞうさんに同じ質問をしたいです。
よろしくお願いします。

>下記について、まるぞうさんが自分でそのような状態だったことがあるのでしょうか???

>>自分が同じところを堂々巡りするのは嫌だ。もう嫌です。私は真剣にこの樹海から抜け出します。

>>ただでさえ暗い樹海をぐるぐる歩いているのだから、辛い風景であろうと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

──」カテゴリの最新記事