まるぞう備忘録

無題のドキュメント

理不尽の縁。

2016-03-18 10:09:39 | まるぞう経営学

 うちのまるぞう株式会社にも沢山のお客様がおります。理不尽なお客様もあれば、なぜかうちの会社を好いてくれているお客様もあります。私などは、あ~、理不尽なお客さんはやだな~。これらの取り引きがなければいいのに。と、つい思ってしまいます。いつかきっと理不尽なお客がいない未来が来るに違いない。そのように心の中では期待しています。しかしそのような未来は起きることはないでしょう。



 働きアリと怠けアリの話を思い出します。働きアリのうち2割が怠けアリだそうです。実験者がその怠けを巣から取り除いてしまうと、今度は今まで熱心に働いていたアリのうち、2割程度がまた怠けアリになってしまうのでした。つまり働きアリは常にその2割が怠けアリになるようだ。ということなのです。


 これはまるで陰と陽の割合は一定の法則のようですね。たとえば熱心に働くアリ2割、普通に働くアリ4割、怠けアリ2割の割合という感じあるならば、常にこの割合は保たれているということになります。
 なぜ一定割合で怠けアリが存在するのか。それは怠けアリにも大切な意味があるということです。おそらくそれは巣に重大な危機が生じた時に役にたつのでしょう。餌と関係ないところでウロウロ油を売っているような存在があるから、多面的に巣の周囲状況を察知することができたのでした。というような。
 表面的には無駄だったり嫌な役目だったりすることも、陰と陽のバランスをとる上で必要なことが世の中の基本でした。陰と陽のうち、陰だけを排除すると、陽のうちの半分が陰に変わって、結局陰と陽のバランスは戻るのでした。



 うちの会社のお客様もそうでありましょう。もし理不尽な取り引き先を一方的に切ってしまったら、今まで普通だったお客様のうち一定割合が理不尽なお客様に変わることでしょう。つまり顧客の中の理不尽割合は、おそらく一定なのでした。そういうことなのだと思います。
 なぜならば、それは理不尽な相手というものが、私たちの人生で重要な意味を持つからです。会社の中の上司や同僚や部下もそうです。家族や親戚づきあいもそうです。自分の周りの人間関係は2割は理不尽な関係になる。と覚悟した方が良いのかもしれません。



 もし理不尽相手と絶交したり転職したとしても、必ず自分が今持っている人間関係のうち一定割合は必ず理不尽な相手との付き合いになるということです。なぜならば理不尽な相手(暴力、犯罪、違法関連を除く)には、自分の人生にとても重要な意味があるからです。
 今自分の正面にいる理不尽な相手は、お互い理不尽演出の波長があって、理不尽の役をやってくれているのでした。相手から見ても自分は理不尽な相手、地雷の相手に映っています。お互いの理不尽の縁。
 もし前世というものが存在するとして、自分が何回も生まれ変わってきたのだとしたら、毎回の転生で積み残したその克服すべき課題が、ぐっと凝縮して私の前に理不尽な縁として現れてくれているわけです。



 老子先生が、陰と陽は同時に存在するという言葉の意味に含まれているのは、表面が苦い体験こそ、その本質は甘い(貴重)ということでもあるのですね。きっと。



おひさま、ありがとうございます。


本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
下記は静止衛星軌道上で観測される太陽からの電子密度グラフです。急な変動がある場合は地震や事故に備えて防災意識を心掛けましょう。特に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« かがみ。 | トップ | 悔し涙の経験値。 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-03-18 13:26:33
アリ×10な話と、思いました。道徳とは。たとえ心のなかでも、他人をやたらと罵ったりしない心の清らかさも、あるのでしょうね。そんな日頃の思いがなんとはなしににじみ出てしまうようなことは、ないとは思うのですが?むむむ・・・蟻のタイプに関係なく、みんなきっと、素晴らしいと思いました。
Unknown (リーマン女子)
2016-03-18 14:18:41
なるほど~とうなずく視点です。
理不尽なことって、会社内はめちゃしんどいですよね。
なかなか目の前の対処、ヘコむ自分をコントロール難しくって、ついふて腐れてます!!
完璧なんて無いですね (Unknown)
2016-03-18 15:36:01
なるほどです。子供達がまだ幼気な日々は、お姑さんが理不尽に見え 結婚して直ぐは お姑さんお舅さん優しかった時は、主人の兄嫁が理不尽に見えて、今は義両親も他界、兄嫁とも付き合い無くなり、誰が理不尽をやってくれているかは、長男です。幼気な姿は蔭もなく、何でも当たり前の大飯ぐらい。仕事をやっとしていますが、家に一銭も入れず、威張っています。次男はハードな仕事をして家庭を持ち頑張っています。5人家族、2割2割の分担です。自分の頭で描く理想は、かなぐり捨てて、こんなもの、上等上等と思える様にやっとなっています。悔いなく毎日生きて行こう。
凄すぎる まるぞうさん (Unknown)
2016-03-18 17:52:30
まるぞうさんは、スゴイです。
そう言う考えができるなんて…足元にも
私なんて。、良心に聞く前に、組織の中で渦巻いている見えない部分が見え隠れしそれらが感情になって意見や思いを言ってしまい、後で後悔…。

潰れそうな組織を一生懸命に維持しようとしているのはわかるのですが…。
見えない苦労もある事を理解しなきゃいけなかったのに。、まだまだ、自分の事を言ってる私は甘いんでしょうね。

理不尽を昇華 繰り返すことで
諦め?のような まるぞうさんは観音様
になってるのでしょうね。

なんでも、イエスではいけないし
守っていきたい、成長を一緒にみていきたい仕事もあるけど。
なかなか、難しい。

でも、言える事は私はダメダメ一杯です。
Unknown (Unknown)
2016-03-18 19:54:11
そうですね、理不尽どこでもありますよね。
僕などもよく、東京の人にはイモっぽいとか言われてしまいますが、仕事も安定してきたし、もう少し都会よりに引っ越そうかと思案中です。まあ、今の住まいも、緑が多かったり、災害時には都会よりは安全そうといった良い点もあるので、一長一短ですね。
アリは、順番に休んでいるだけ (科学的根拠)
2016-03-18 22:08:59
2割のアリがサボっているのではなく、働きアリが消耗して全滅しないよう2割ずつ休んでいるのが最新のエビデンスです。
柔軟な視点と自然なことを考えれば、目からウロコです。
謙虚な視点に気づかされた事実です。
私は、理不尽な相手とカテゴライズしているうちはダメだなあと自己反省しました。
計算道理にならない理由。 (Unknown)
2016-03-19 07:49:00
僕よりも。頭の良い存在が存在する。ず~とまえに思いました。だからほにゃららら。でいいや~と思ったしだいです。リアルな自分の妄想です。絶対勝てない存在。運かな~。
お疲れさまでございます。ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まるぞう経営学」カテゴリの最新記事