まるぞう備忘録(=・3・=)

無題のドキュメント

心を守る命綱についての考察。

2021-01-18 07:51:20 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
18日。中潮。観音日。




捕虜たちの心をくじく作戦とは。

 ある捕虜収容所です。厳しい捕虜収容所の生活。しかし彼らに朗報がもたらされます。来月の〇〇日にみんな釈放になるぞ。
 捕虜の皆は喜びます。とうとう故郷に帰れるんだ。と。

 しかし当日〇〇日に新たに発表になります。残念ながら〇〇日の釈放は延期になった。半年後の〇〇月〇〇日に。

 捕虜はみながっかりしますが、頑張って半年待とう。そのように励まし合います。しかしその半年後の釈放も当日延期されます。

 これを何回か繰り返すことで、捕虜たちの心が折れていく。心をくじくために行われた方法であったというお話です。


 ただ厳しい捕虜の生活だけなら、多くの人は耐えられたことでしょう。
 しかし一度「〇〇日後に釈放される。この苦しみから逃れられる。」と希望を与えて、そのあとドンと突き落とすショックには、人は弱いのです。



心が折れなかった人の共通点。

 そのような過酷な条件でも耐えられた精神の人は、釈放に過度な期待をしない人でありました。

 もし釈放されるのならそりゃ嬉しい。しかし本当に釈放になったらその時喜べばいい。
 もし釈放がガセネタならそれなら仕方ない。とにかく今はこの厳しい捕虜の生活を一日一日刻むように生き延びるだけだ。

 そのような心持ちの人は、強いです。厳しい捕虜生活も耐え抜いたでしょう。

 人生の中で誰しも叶って欲しい願いはあることでしょう。
・その願いが叶えば嬉しい。
・しかし叶わなくてもまあ仕方ない。
・自分はいつものように淡々と人生を刻んで生きるだけだ。

 そのような心境の人は、長い人生の中で、叶いたかった現実を引き寄せていくことでしょう。
 一見不遇に思えることも実は小難で済んでいた昇華だった。塞翁が馬だった。という形で、本当に心の中で望んでいた現実を、一歩一歩引き寄せていることでしょう。



強く願うほど願いが遠ざかる人。

 しかしその願いが強すぎて「叶ってもらわないと困る」と心の中で悲鳴を上げる場合。もうその人は薄皮を突き破ってあちら側に行ってしまっています。

 そんなに強く一つの願望に依存しちゃ危ないよ。願望が叶うも叶わないも半分半分。そんなに強く依存したら、叶わない半分の時に心が折れちゃうよ。薄皮を破ってあちら側に行った方たちを見るとそのように思ってしまいます。



命綱が心を守る。

 だから「この願望さえかなえば自分の人生は幸せになる」そのように、一つの願望に人生の一発逆転を賭ける人ほど危うい。それは命綱なしに高所の綱渡りをするようなものです。

 だから一つの願望に自分の人生の幸せを賭けるような綱渡りをするのであれば、せめて命綱をつけて頂きたいと思います。

 命綱とは?
 それは「その願いは叶わなくても仕方ない。その場合はこれまでのように淡々と一日一日を生きるだけだ」と思うこと。これが命綱になります。



必ず逆転。塞翁が馬になるように出来ている。途中で折れなければ。

 この世は陰と陽の振り子のリズムです。毎日の淡々とした努力は必ず幸運を呼んでいます。厳しいく見える人生も必ず、厳しい境遇に相応したプレゼントがもたらされる。

 9回の裏では必ず逆転が起きるから。それまではしたたかに生き延びて頂きたいです。3回のオモテぐらいで心を折らないで頂きたい。9回裏の逆転劇まで、「命綱を離さず」淡々と刻んで頂きたい。

 苦しい時ほど、一つの「一発逆転」の願望に賭けたくなる気持ちは誰でも同じでありますが、苦しい時ほど「命綱」をしっかり結んで頂きたいと思います。

 「その願い。叶ったら嬉しいけれど、叶わなくても仕方ない。今までどおり淡々と一日一日を刻むだけ。」



金メダリストがZONEに入る時。

質問「願いは強く思った方が叶うのではないでしょうか。」

考察「はい。それは正しい。ただし薄皮を破らずこちら側にとどまる限り。です。

 『叶ってくれないと困る』という悲鳴=薄皮を破ってあちら側に行ってしまうと、『強く願うほど願いは遠ざかる』という現象になります。薄皮を破ると想いの力が逆転してしまうのです。

 逃げるものほど追いかけてくる。「叶ってくれない現実」が追いかけてくることになる。」

質問「ではオリンピックの金メダルの選手は?彼らは強く願ったから金メダルがとれたんでしょ。」

考察「メダルとれなきゃと強く願うほど、メダルは遠ざかる。薄皮を破ってあちら側にいってしまったら。

 メダルをとった選手はZONEに入っている。『メダルをとらなきゃ困る』という悲鳴の呪縛から逃れた時。自分の自我が消えて、自分自身が競技そのものに一体化した時。何万回と同じ練習を繰り返したその努力の積み重ね。自分自身が自分自身の呪縛から離れて、淡々と繰り返してきた努力と一体化した時にZONEに入る。」



 よその国の大統領選ですが、叶ってくれないと困る。という悲鳴を上げた人たちから心が折れていく様をみると、改めて命綱は大切だな。と思いました。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
アースアライアンス情報によりますと、

→ コメントをくださった方は、御自分の嗅覚を信じて投稿されたでしょうから、問題はないと思います。が、いちおう「見えない世界の情報」は常に取り扱い注意。というコメントをここで書いて残して置きたいと思います。

「アースアライアンスの情報だから真実」「ワシントンの広報(なぜ機関名言わないの?)からの情報だから真実」ではありません。自分の嗅覚が本当に大切なのです。
それが真実かどうかを決めるのは、私達の心の中の自分自身の嗅覚。だから嗅覚はいつも中道であるように心掛けることが必要であります。
一発逆転の願望に依存せず、常に命綱を忘れないことも、自分自身の嗅覚の中道を保つためであります。

・陰謀小説だから全部嘘。ではない。
・見えない世界からのメッセージだから全部真実。ではない。

半分半分からスタート。薄皮を破らないように細心のバランスをとった「自分の心の嗅覚」が羅針盤です。

==========
まるぞうさん、今日もありがとうございます。お昼ご飯にキャベツたっぷりのメンチカツを作りましたよ。熱々メンチに赤ワインを入れたソースをかけて頂きました。

→ 御馳走様です。ありがとうございます。

==========
今日はあの張陽さんも「サイモン、情報リリース、量子コンピューター」について触れていました。
もしかして、まるぞうさんにも何かしら接触があったりしてー(笑)

→ サイモンさんのお話は私の心の嗅覚が「面白い陰謀小説だなあ」と共感することが多いです。でも「サイモンさんが言ったから全部鵜呑みで真実」ではありません。あくまで陰謀小説として。
人の心に依存を起こさせないように注意深く話しているところが好感を持てます。

あと残念ながら私には誰からの接触もありません。Googleの検索結果が落ちたぐらいでしょうか。
あとNGワードが含まれていたのでコメントは非掲載です。すみません。

==========
まるぞうさん、こんにちは。もしよければこちら、ご参考にどうぞ。
https://m.youtube.com/watch?v=eURgzhb_9Us
【文字のみ】1月16日のアップデート サイモン 2021/01/16
またたびさんが40分もある動画を日本語に翻訳してくださいました。
すごい大作戦!です!

またたびさんのこれ以前の動画は、サイモンさんの喋りに日本語字幕をつける形でした。
それらはサイモンさんの発言のすべて細かいところまで翻訳していて
熱気や冷静さが伝わってきて、とても良かったです。
本当にありがたいですね。

→ 私もサイモンさんのことを最初に知ったのはこの方の動画でした。ありがたいです。

==========
旦那と話し合いました。
いつまでって年齢決めなきゃダメなの?俺だって母が死ぬまで世話になってたし、親ってそんなもんでしょ
だそうです。年齢とその後のことは聞けませんでした。
親が死んだらどうする?との問いには
そん時はその時だろう。でした。

→ コメントありがとうございます。大変参考になりました。

私はいくつか質問を続けますが、それは暗闇の森の中。どこに樹木があるのか。どこに崖があるのか。を測定するためのソナー(超音波測定)ですので、お許し頂きたいと思います。

普通なら失礼な質問でしょうが、ソナー(測定)のための質問です。

もし御主人の想定のように
・あなたと御主人が生きている間は、ご家族の生計をたてられる範囲内で息子さんを養う。
・あなたや御主人が他界したあとは、息子さんに自分の人生の舵取りを任せる。

という方針だと問題はあるのでしょうか。(それが良いという私の意見ではありません。ソナーとしての質問です。)

==========
民主党というか、DS側は、暴徒をトランプさん応援団に見せかけて、バイデンさんを殺害して殉職させる計画だとか。で、トランプさんに責任をなすりつける計画。1月6日の国会議事堂と同じパターン。それで、あの厳重な警備。国境にまた不法移民が押し寄せて来てるし。やり方がワンパターンかも。がんばれ米軍!
米軍の中に、謀反を起こす人がいませんように。

→ 私もその可能性はあるなと思っておりました。が、今はワシントンに2万人以上の州兵が集められ厳戒態勢になっているので、その可能性はずいぶんと低くはなったと思います。

==========
悪魔は光が当たれば消え去るそうですので、光(真実)を当てれば良いわけです。
今まで、光を当てようとした者達は悪魔に消されてきました。
今でも、容赦のない悪魔に徹底的に消されようとしています。

→ 私の仮説では
・悪魔は人類一人ひとりの心の中にいる。
・自分の中にいる悪魔を認め受け入れることが「光」である。
です。



心配な事は、追い詰められた悪魔が断末魔で何をするのかです。
破れかぶれになって、核ミサイルが飛ばない事を願うばかりです。
核のボタンを押す可能性が高いのは、悪魔側の方でしょう。

→ はい。ご指摘のとおりと思います。そしてあと有り得るのは気象兵器もですね。地球の気象のバランスが崩れ始めている時期なので、あさはかな兵器が思わぬドミノ倒しになる危険性もあると思います。

==========
今違う意味でため息。先人たちは命がけで日本を守ってくれたが、団塊の
自分たちは足元から祖国がとけてなくなってゆくような感覚,自分たちは何を守ってきたのだろう。

→ そのように護国を思ってくださる方がいることが大切だと思います。ありがとうございます。ミジンコパワー。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 【ええじゃないか】 ジェット... | トップ | 【詐欺サイト注意】 Google検... »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kikehi)
2021-01-18 10:08:51
まるぞうさん
いつも拝読しております。
「命綱」。そうですね。この表現は、はまります。
常に、大自然の伊吹と内外の国体破壊から、この国を繋げてきたもの。まさしく、「命綱」。
そして、今回は、有史としては、世界を色々な仕組みや争いをしてきた事の総決算なのでしょうね。
伏せられていたパンドラの箱を開けてしまったので。
Unknown (Unknown)
2021-01-18 10:10:21
まるぞうさま

毎日ありがとうございます。
ネットでは、政権交代や亡くなられた要人の話題が出ているようなのですが、なかなか記事にたどり着けずにいます。
某動画ページで似せ情報を鵜呑みにしてしまってから、何を信じていいのか分からなくなっています。
甘えた質問で申し訳ありませんが、もしご存知なことがありましたら、可能な範囲でどうゆう国や人たちなのか教えていただけますと幸いです。

英語のブラッシュアップをさぼってしまったことを反省です。
翻訳機能は充実してきましたが、なかなか記事を見つけるのは難しいですね。
どうぞよろしくお願いいたします。
Unknown (ありがとうございます。)
2021-01-18 10:21:48
>もし御主人の想定のように
・あなたと御主人が生きている間は、ご家族の生計をたてられる範囲内で息子さんを養う。
・あなたや御主人が他界したあとは、息子さんに自分の人生の舵取りを任せる。
という方針だと問題はあるのでしょうか。

綺麗事なしに正直に言います、私の中では問題があります。親の脛を齧る、祖父母の金を盗む、最終的に生活保護…本当にこんな人生でいいの?と悲しいです
中年になり、人生やり直そうとしてもその時にはもう就職も困難だろうし恋愛もできないだろう
今ならやり直せるじゃないかと。この思いが強すぎて彼の邪魔になるなら、考えを改めます。
旦那は問題ない仕方ない待つと言うのでしょう、この大らかな旦那も去年は息子を◯した方が良いのかとまで思い詰められていました。
Unknown (Unknown)
2021-01-18 11:28:57
具体的にどこの捕虜収容所の話ですか?
Unknown (NGワードすみませんでした)
2021-01-18 11:34:06
〜今朝の夫婦の会話から〜
私 ネットを見て「国境線に25万集結だって!!」
夫 TVを観て「駅前にフルーツパーラーの店が出来たって♪」
笑っちゃいました☆平和な日常と言論の自由に感謝です。さあ!いよいよですね。
Unknown (真っ黒。)
2021-01-18 12:03:28
大宇宙は真っ黒太陽の中も真っ黒。地球は生命を海産む深い碧
Unknown (Unknown)
2021-01-18 12:57:43
今日も大変勉強になりました。ありがとうございます。期待しすぎず、変わらず淡々とやることをやり、1日1日を過ごします。
Unknown (ぽん吉)
2021-01-18 12:59:51
いつも記事の更新をありがとうございます。

最近私はGoogleの検索でまるぞうさんのこのブログを訪れております。
他の方が指摘しておられたようにここ数日から"まるぞう"での検索結果の順位が下がっているようです。
そしてさきほどの検索ではこちらのブログを偽装した、わけわからん罠みたいなページが本物より上位に表示されていました。
これは一体。。?
取り急ぎおしらせまで失礼いたします。

まるぞうさん、こちらの読者の皆様方に感謝です。いつもありがとうございます!
Unknown (神無月)
2021-01-18 13:12:42
内に住む悪魔さんは、悪い事を行うばかりではないと思っています。
光の目に蓋をする事も悪魔さんの力。
無関心、無気力、他力本願、保身、我欲、妬み、嫉妬・・・

支配したい悪魔さんにとってベストは、完全に騙されている事、次は諦めて従ってくれることでしょうか?
悪魔さんが恐れる事は、折れた心が更に心が強くなってしまう事。
骨折した部分が強くなるように。

本当に強い人は、多くの挫折を乗り越えた人だと思います。挫折から逃げている人は弱いままなのでしょう。

1/17 散策①ワシントンD.C.緊急事態宣言下 我那覇真子チャンネル
https://m.youtube.com/watch?v=VuDyKlitRhk
45:30過ぎからの我那覇さんの日本人に対してのコメントがキツイです。
.
Unknown (Unknown)
2021-01-18 15:31:20
開放されると聞き、落胆しを繰り返した収容所の皆様のお心を想うと、このお話は身につまされます。
自分の人生には『過酷な労働条件の下で働く』という設定がありました。嫌なもの、面倒なことは極力避けて逃げる性質だったから、私が私をそのように導いたのだという気が致します。その性質のまま生きている限り、私は何も成し得ないまま人生を終わらせていたでしょう。嫌な仕事を断り続けていたら当然生活が逼迫し困窮しました。仕方なく、かなり悪条件と思われる仕事を引き受けました。そこから幾数年が経ち私は何もかもをすっかり諦めひたすら働き続けました。もういい!ここが、これが私を生かす道なんだ。余所見はしないぞ!そんな気持ちでいました。お陰さまでいつのまにか根性が太くなっておりました。何を差し出されても、まぁ、とりあえず行ってみます!と言えるようになりましたから。変われば変わるものですね。
すると不思議ですが、私が覚悟していた程は悪い現場ではありません。あれ?皆が逃げて棄てた仕事だと聞いたけど、それほど酷くは思わない。私は強くなったのかな?それとも?今はなにか不思議な感慨と安心を自分から感じます。
最近は前以て覚悟すると楽観することのバランスがうまくとれてきたような気が致します。やっとですだから今は自分に感謝しております。ガンバったよね私!勿論仕事ですから、するべきことは誠意を尽くした上でのことですが。私の行動と想い、思い残すことはないまでの働きをしようね!と思う限り、そのすべてがもたらす巡り合わせに感謝して生きて行ける、これからも頑張ったか?と私に問いかけながら巡ってくるものを怖れずたゆまず生きてゆこうと思います。読んでいただき有り難うございます。まるぞうさん、いつも有り難うございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陰と陽の理論」カテゴリの最新記事