まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【メモ】身体の自分自身に意識が合うと気持ちが良い。

2023-03-19 09:30:40 | 今日のひとり言

防災カレンダー
19日。新月週間。

奈良県(ねじれ立つ雲)
熊本県(ねじれ立つ雲)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2023/03/16/100113#16

鹿児島県。(ねじれ立つ雲)




電離圏全電子数観測
https://aer-nc-web.nict.go.jp/GPS/QR_GEONET/AMAP/




何時間も静かに立っているだけで身体が至福を感じるエピソード。

 かつて「昴」というバレエを題材にした漫画がありました。当時私はこの話が好きで何度も繰り返し読んでおりました。その中で、ある世界トップクラスのバレリーナのお話がありました。

 普段の練習の後、彼女は自分の家に戻ったあと、また自宅で彼女はバレエの練習をします。
 でもそれは練習であって、練習ではないかも。

 それはただただ、数時間、バレエの基本のポーズのまま静止している。というものでした。
 しかしその一つの静止ポーズの中に、彼女は没入し、至福を感じる。
 毎晩。



自分自身の身体に意識をあわせる。

 私は最近チベット体操という体操を再び始めてから、この昴のトップバレリーナのエピソードをいつも思い出します。
 この体操は、6種類の簡単な呼吸法と身体の屈伸から成り立っています。
 しかしこの屈伸と呼吸の組み合わせは、とても計算されたものであります。

 この呼吸と屈伸によって、身体の気の流れがゆっくり変わっていくのを感じます。
 以前は、ただただ回数をこなすだけの文字通りの「体操」でした。
 朝の忙しい時間の中、できるだけ早く回数をこなしたい。
 そのように「体操」をしていました。



 でも今は少し違います。
 これは自分の身体という「お宮」に対する「儀式」なのかもしれない。
 自分の身体の中の気の流れに意識をしながら、この単純な5種類の屈伸と呼吸を繰り返す。
 気を感じながらというところがポイントです。
 だから同じ体操でも、その日によって、時には早く、時にはゆっくり。場合によってはしばらく静止したまま。自分が身体をどう感じているか。それに合わせて動きます。
 そう。自分の身体の気の流れを感じながら、身体を曲げ伸ばし、息を深く吸い、深く吐く。



ZONE(セルフ2)の入り口。

 この私の意識は私の肉体と一体になる。というのは気持ちが良いです。
 運動選手が体験するZONEとはこの先にある世界なのだろうと思います。



 時間限定でお借りしているこの大切な肉体と意識を一つにする体操だから。この体操は「儀式」と呼ばれているのだなあと思います。
 身体の中の各部位のお宮に気を通す。それは参道の掃除をして、そして本殿にご挨拶をする行為と似ているかも。自分の身体を敬い、自分の身体を大切にする。気持ちが良いなあ。



「還元します」

 10年前のチベット体操と今のチベット体操の違いはもう一つあります。
 6つの体操(儀式)が終わったあと、少しだけ静かに座ります。
 瞑想なんて大それたものではありません。ほんの短い間です。
 自分がこの体操で得られるものを、自分の周囲に還元します。という想いです。それは誓いに近い。なんちゃって。

 でもね。これを想うと私の身体が喜ぶ。そんな気がいたします。
 だからきっとこの想いは大切なんだな。そんなセルフ2のメモ。






おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
一生懸命、正義のために生きようと必死。順調のような気もします。驚く事ばかり。本当に凄い最前列ですよ。

→ これから更にびっくりどんとびっくらぽんが起きたとしても、やじろべえの波乗りで乗り切りたいと思います。

今は本当に誰でも簡単に「思い出す」ことが出来る時代に突入したなあと思います。
読者の方々。よろしくお願いいたします。本当に。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。