まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【貨幣のトリック】 それは誰からの借金なのでしょう。

2023-01-02 11:25:33 | 今日のひとり言


国の借金とは誰が誰に貸している借金なの?

 お金のトリックに関するメモ。

 増税の理由に「財政健全化」と言われます。
 子供たちに借金を残さないために。と言われます。

 では国の借金とは何でしょうか。
 誰が誰に借金をしているのでしょうか。

 この問題に答えられる人は実は少ないのです。
 ちょっと考えてみてください。




 あなたは何だと考える?



 正解は。このあとすぐ。

 正解は、日本政府が日本銀行に借金をしている。ということです。
 国民が借金を負っているわけではありません。
どちらかというと国債を買っている国民は貸している側です。



お金を刷ることを借金という言葉にしている。

 本来は通貨の発行はその国の政府がするものと思います。
が、現代では中央銀行が刷って、政府に貸す。という形をとっています。
 中央銀行が政府に貸し付けている。借金。という形にしています。
 日本に限らず世界のほとんどの国で。



それは個人の借金とは全く意味が違う。

 私たち個人や会社が借金するということと、
 国が自分の国のお金を刷ることを借金と呼ばされていることは、本質は全く違います。



永遠に返済が出来ない仕組みにしてある。

 個人や会社がした借金は、まじめに働いてコツコツ返すことは出来ます。借金は返した方がいい。私たちはそう考えています。

 しかし国の借金とは、それが自国貨幣の発行のことならば、永遠に返済することは不可能です。



たとえ世界中の日本円をかき集めても絶対に返済は完了しない。

 たとえば日本政府がこれまで100兆円の紙幣を刷ったとします。
 日銀に100兆円刷ってもらうので、日本政府は日銀に100兆円の謝金をした。という形になります。変ですけどそういう知恵で、世界の現代社会はそういう仕組みになっています。

 さて、日本政府はどうやって日銀にその「借金」とやらを返すのでしょうか。
 たとえば、日本政府が発行した100兆円の紙幣を全部かき集めたとします。
日本円は国内だけじゃなく世界中に散らばっています。世界中の人たちの財布から一時的に日本円を返してもらったとします。
 それで今まで発行した100兆円を集めるとします。

 でも中には火事で焼けたり海に沈んだりしたお金もあるので、日本銀行が刷った100兆円をかき集めることは不可能です。
 たとえ世界の誰もが日本円を紛失せず、100兆円分の紙幣が現存したとして、それを一時的にかき集めたとして、その100兆円を日銀に返したら、日本政府の借金はゼロになるのでしょうか。



利息分は刷らないと足りない。借金が更に増える仕組み。

 いいえ。なりません。
 なぜなら利息があるからです。たとえば利息が1%とすると日本政府は日銀に101兆円返す必要があります。
 しかし世界中の日本紙幣を集めても100兆円しかないので利息の1兆円部分は世の中に存在しません。

 つまり、日本政府が世界中の人の財布や金庫から日本円を一時的にかき集めることができたとして、そして一枚の紙幣が燃えたり紛失したりせず全て完璧に現存していたとしても、利息の分の借金は返せない。なぜなら世の中には100兆円しかないから。

 もし利息の1兆円が用立てするならば、日銀に発行してもらうしかないです。が、その1兆円は日本政府が日銀に借金。となります。

 このようにして、どんな手段を使っても、日本政府は日銀に永遠に借金が返済出来ない仕組みになっています。



本質的には借金ではないのを「借金」と名付けた理由。

 そもそも「中央銀行が政府への通貨発行を借金と呼ぶ」というところがこのトリックのミソです。
 それは本当の「借金」ではないから。



それはその国と国民をコントロールするのに役に絶つ。

 ではなぜそんなトリックが使われているのか。世界中で。
 それはその国家を永遠に「借金」という形で縛るためです。うむ。

 あなたは「罪深い」と思わせることは、その人を支配するのにとても役に立ちます。
 それと同じ様に、国家も「借金を負ってる」と思わせることは、その国を支配するのに役に立ちます。

 明治維新で明治政府が認められたのは、この西洋のトリックが注入されたから。というのも大きな理由でありましょう。
 日本銀行を設立し、日本円の発行は、政府の借金というトリック枠組みを日本に当てはめました。



「足りない」幻想を増長するのに役に立つ。

 貨幣は人類の発明です。
 これによって、私たちは更に人生の経験を濃く体験できるようになった。という発明です。

 そして知恵が深いグループが、何百年もかけて「通貨の発行は政府の借金だ」という仕組みを作りました。これで、今はほとんどの国家は永遠に返せない借金という首枷をつけられました。

 これが更に人類の人生のアップダウン体験を濃いものにしています。彼らはどこまで意識して実行したかは不明ですが。でもほとんどの人類は「足りない」首枷で生きています。



足りない世界観から充分に与えられているを思い出す過程。

 貨幣は、人生に「足りない」を生み出す「発明」です。
 本来十分与えられている人生でも「足りない」と感じさせる「発明」です。

 だからこの人生の綱渡りをバランス良く渡っていくためには
・貨幣の「足りない」というトリックのルールに従って生きるのが半分。
・本当は十分に与えられているんだと思いだして生きるのが半分。

 この半分半分が一番人生の醍醐味だと思います。


 貨幣の「足りない」トリックに100%浸かって、大切なものが見えなくなる人生、失う人生、傷つける人生、は後悔することになります。こんなトリックにかかったまま自分の命を絶つのは言語道断。

 かといって「貨幣とはトリックだから意味がない」と世捨て人のように生きることも、やはりせっかくのチャンスを自分から捨てている。

 「足りないルール」にどっぷり浸かりながら、「充分与えられている」を思い出す過程が、一番面白い。この風景が観たかった。

 セルフ1のルールにどっぷり浸かりながら、セルフ3の自分自身を思い出す過程が一番面白い。この半分半分で描きたかった。という心の風景のメモ。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
大勢の方からの新年のご挨拶ありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

読者の方から頂いた初日の出

==========
私事ですが昨年は色々な事があり、自分の心身をきちんと見てあげる事が出来ませんでした。今年は、「心身をいたわる」「ささやかな楽しみを増やす」「家族の負担を軽くする」ことをしていきます。家事掃除、もちろん仕事も頑張ります〜。心身をいたわりつつメリハリ付けて日々過ごして行けましたら最高です。

→ ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

==========
今年こそは健康の為に積み重ねた因果が起動し始めますように!!行動し続ければきっと全ては改善する

→ 大丈夫。期待しているうちは起動しにくいかもしれないけれど、期待せずコツコツは忘れた頃に起動する。という私の経験則です。だからコツコツ大丈夫!

==========
今年の「初詣」はどちらにお参りされましたでしょうか?

→ 私は冬至〜年末期間に、神棚を掃除して、注連縄を新しくした解き、氏神神社にご挨拶して古札と古注連縄を納めて、御神札を頂くことで初詣の代わりとしています。

冬至は太陽の誕生日なので事実上の新年と自分で解釈しています。人は少ないけれど、シンとした神社の澄んだ空気が好きです。
年末の初詣(?)は正式ではないかもしれませんが、私は個人的に好きです。

==========
万象の出来事への解釈を楽しく読ませていただいています。

→ ありがとうございます。アマノジャクな備忘メモですが、もしご参考になることがあれば嬉しいです。今年もよろしくお願いいたします。

==========
初詣に祓戸大神を主祭神としている神社にまいりました。ここはどういうわけか地図に載っていないのですが、いつも風が心地よく清々しく感じる神社なのです。

他県まで電車とバスを乗り継いで行きますが、村の中の静かな神社ゆえ、ついでに何かが出来るわけでもなく殆どが移動時間になります。それでも時々ただご挨拶に行きたくなるんですよね。

→ 清々しい参拝の風景のお裾分け。ありがとうございます。

==========
今年は昨年以上に挑戦課題が目白押しと予想されてらっしゃいますが、私も嫌々ながらその様な気がしてなりません。早く腹を括れる様になればいいのですが。

→ 大丈夫。頑張りましょう。
「開運」=「腹括り」
と言っても良いと思います。大丈夫。

人間の中には誰でも神様の力がお裾分けされておりますから。
・最悪を想定するとその最悪は起こりにくくなるよ。
・工数と時間とお金をかけて対策したら、代理昇華となって、その災難の因子そのものが昇華されていくよ。
・それでも起きる災難はしょうがないです。と腹を括ると、その災難は塞翁が馬になる。ピンチはチャンス。あとから振り返るとあれがきっかけになって、運が拓けた。

という仮説です。

==========
北海道から初日の出の写真が送られて来ました どうぞご覧あれ~😆


→ ありがとうございます。清々しさのお裾分け。

==========
今年は初日の出は見られませんでしたが、無事に新年を迎えられ穏やかに過ごせるようになったことなど個人的に夢のようです

→ 本当に。ありがたいお正月であります。ありがとうございます。

==========
まとめ買いの罠と。特に車で出かけるとついつい、ついで買いやせっかく買いをしがちに。

→ まとめ買いの時は、総予算をオーバしない買い物の仕方が効果的だと思います。
レジに出す時に、カゴの中身はいくらなのか予想を立てます。
その予想と実際のレジの合計がどのくらいずれているのか。毎回オーバする人は、要注意。そんなに買ったつもりはないのに、いつの間にかお金がなくなっている生活になる傾向が。

だいたい自分の予想とレジの合計がずれなくなったら、次は買い物総予算を決めて、その中で収まる買い方になるようにします。

そうなると、スーパーの心理作戦(特売セールやポイントキャンペン)にのらず、必要なものだけを買うコツを身に着けたということです。

==========
さて、サツマイモ農家としてサツマイモ基腐病について、話をさせてください。もし家庭菜園で種芋を使うとしたら、他県から取り寄せ無いことです。失礼ですが、特に西からです。種芋を使うとしたら、苗を買って自家栽培したものを使うことが基腐病の予防になります。そしてホームセンターから買った苗でも枯れ方がおかしい場合、お住まいの県の農業機関に問い合わせするか農研機構にお問い合わせしてください。

→ 私がホームセンターで買った苗は、少し高かったのですが病害対策処理が施されたものでした。基腐病を考えると対策苗が無難ですね。

==========
そして嬉しい報告です。
甥っ子夫婦が妊娠8ヶ月です。
奥さんは2回、旦那さんはもう3回とも聞きましたが、
打った後でも妊娠できるんだ!私半分勘違いしていたんだ!と、嬉しい誤算でした。

→ おめでとうございます。無事出産されますように!

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。