まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【防災備蓄】 御米の備蓄についての考察6。納戸を除湿すれば1年もつ?

2022-09-21 09:49:45 | 防災情報。


意外は方向性に?!

 このブログは「書き始めた時の構想ストーリー」が「書いているうちに結末が全然別物になる」という現象が良くあります。
 今回の御米の備蓄仮説もそうなりそうです。当初私が想定していたとは、全く違う内容になりそうです。書いている私本人が驚きです。



柿渋袋が転売されている理由。

 その前に柿渋袋についてちょっとだけ書いてみます。
 昨今は柿渋袋は品薄で、転売目的の人たちによって10倍の値段が付いていることもあるそうです。

 このことは何を意味するかというと「御米を備蓄しなきゃ」と危機感を持ちはじめている人が急増している。ということです。
 転売ヤーによる柿渋袋値上がりは問題ですが、備蓄をする人が増えることは良いことだと思います。備えあれば憂い無し。備蓄する人が増えるほど、実際それを使うはめになる災害の可能性は遠ざかる。というのが私の人生経験論です。



柿渋袋の備蓄効果。

 柿渋袋は常温で3年持つというふれこみの製品もあり人気です。ではなぜそんなに保存機能が高いのか調べてみると主に次の2つの理由のようです。

理由1:虫を寄せ付けない
柿渋成分の塗布することで外からの虫を寄せ付けない効果があるそうです。通常の紙袋だと虫によっては食いちぎって中に侵入するが、柿渋袋はそれを防ぐ。ということです。

理由2:通気性
柿渋袋は湿気を通すので、袋の中の湿度が高くなると袋が呼吸して湿気を外に逃がすそうです。これにより袋内の湿度が下がり、常温でも虫やカビの発生を抑える。ということです。

なるほど〜。でもということは、こういう問題もあるということです。

問題1:内からの虫は防げない
虫は外からとは限りません。御米に虫の卵が混じっていることもあります。柿渋袋はすでに御米に混ざった虫の卵は防げない。あくまで外から袋を食い破って入り込もうという虫だけのようです。

問題2:高湿気の部屋の保管は危険
通気性があるということは、袋の中と袋の外の湿度はほぼ同じに保たれるということです。ということは、袋の外が高湿気だと、袋の中も高湿気になるということ。
もし梅雨時の押入れのように湿度が70%を超える場所に保管すると、当然通気性のある柿渋袋の中も70%に近い湿度にあがることでしょう。



クラフト紙米袋との差異。

 ということは、通常のクラフト紙米袋との違いは「外からの虫の侵入」これだけの差のようです。
 私がインターネットで農家の方から御米を購入する時は20キロのしっかりとしたクラフト紙米袋に入ってきます。紙袋といっても分厚いクラフト紙が二重となっており、頑丈でありながら通気性も十分あることでしょう。



 我が家のようにマンションの納戸での保管であれば、外からの米喰虫の侵入はまず心配はないです。ならばわざわざ高い転売柿渋袋を購入することはない。
 納戸には除湿機を置いて、湿気だけ気をつければ、クラフト紙米袋のままでも玄米は1年間は持つのではないか。




コクゾウムシの生態:
お米につく虫は基本的に無害とされていますが、衛生的にも気持ち的にも、発生しないように何か対処をしておきたいものです。 コクゾウムシはもちろん、メイガを含め虫は気温20℃くらい、湿度60%以上から活発に繁殖することが分かっています。
(引用元:https://www.gohansaisai.com/fun/entry/detail.html?i=647#:~:text=%E3%81%8A%E7%B1%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%8F%E8%99%AB,%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&text=%E3%82%B3%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%AF%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%8D%E3%82%93%E3%80%81%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%82%92,%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82


カビの生態:
カビが活動し始めるのは、湿度60%を超えるあたりからといわれています。 湿度70%の状態が続くと数ヵ月、80%以上が続くと数週間でカビが発生するともいわれます。 カビを防ぐには、湿度60%以下をキープしておきたいところです
(引用元:https://www.google.com/search?q=%E3%82%AB%E3%83%93+%E6%B9%BF%E5%BA%A6&oq=%E3%82%AB%E3%83%93%E3%80%80%E6%B9%BF%E5%BA%A6&aqs=chrome..69i57j0i512l7.2376j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8




ということは納戸を除湿すれば良い?

 梅雨時から秋の長雨シーズンにおいて、納戸の湿度が60%を超える時期は、除湿機をかけて湿度を下げると、虫やカビが発生しづらい。

 調べてみるとシャープのプラズマクラスター除湿機は、A4サイズの接地面積という小型でありながら、梅雨時でも部屋の湿度を50%くらいには下げる機能があるようです。
https://jp.sharp/joshitsu/products/cvl71/



1年(ひと夏)保存できればいいのなら。

 もちろん常温保管ですから夏は30℃を超えますし、除湿機を設置しても梅雨時や夏場は50%くらいの湿度まではあがります。ですから保冷庫のように5年や10年保管ということは難しいでしょう。
 しかしまるぞうローリングストック方式では1年もてば良いのです。ひと夏、カビの発生を抑えれば良いのですから、
・クラフト紙米袋+除湿保管
で行けるかもしれません。



クラフト紙袋のまま除湿納戸で備蓄する。

 まるぞうローリングストック方式は
・半年ごとに半年分を購入し、1年間保存してから食べる。
という繰り返しです。

 ただ半年ごとに、脱酸素袋や柿渋袋に詰め替えるのはおっくうであることが欠点でした。
 しかし納戸に除湿機を置いて、湿度が60%を超える季節だけ除湿するのであれば、クラフト紙米袋のまま保存できるのではないでしょうか。

 ただし日本はこれから冬の季節です。関東では乾燥の時期なので、「クラフト紙袋の常温除湿保管」で玄米ひと夏超えの実験結果が出るのは1年後のブログ記事での検証となります。

つづく



よくある質問
Q:柿渋成分は外からの虫だけじゃなく、カビも抑えるのでは?
A:柿渋成分そのものはカビは抑えないようです。あくまで外からの虫対策のようです。

参考サイト:柿渋は カビが生えるし ゲル化する
https://kaokudensyou.hatenablog.com/entry/2015/10/11/221100




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
お米はネルパックや柿渋撥水袋、ドライアイスなど様々なものを試しました。しかしやはり湿度や温度の壁は難しく、食べることが困難なものとなりました。
現在は玄米保冷庫が高価なため、ストック用の冷蔵庫(上開き)を購入し真空パックの玄米を保管しています。

乾物は真空にして保管しており、枯節や椎茸、コンブ、カチリなど物産店、業務用スーパーはスーパーよりお安く手に入っています。なかなか真空パックがうまくいかないものもありますが、お米をメインに保存するならばオニギリにする事を基本に他のものを揃えました。なのでツナ缶やノリなども備蓄しています。
醤油、味醂類は瓶で購入し、クロネコさんには申し訳ないのですが、地震を考え焼酎ワイン用梱包材を購入して保管しています。
お味噌梅干しは自家製、ラミジップという保管用の袋に入れています。味噌用のバルブ付きのものもありますが、メルカリで小分け販売がありますのでこちらを利用すればお値段が抑えられると思います。私は出来上がったものをこちらにいれていますが、熟成もこちらの袋を利用している方もいるので、仕込み→備蓄という感じです。
あとは、水耕栽培用の栄養剤、針と糸、個人輸入で自己判断にはなりますが抗生剤(外傷時)、通常の薬局で塗るタイプの抗生剤など備蓄しています。
皆さまの参考になれば幸いです

→ 情報ありがとうございます。
ストック用の冷蔵庫のメーカーなど参考に教えていただければ、参考にされる読者の方もいらっしゃるかもしれません。よろしくお願いいたします。

==========
備蓄米シリーズ、興味深く拝見しました。
私は以前から、白米の真空パックを一年分くらいストックしています。
白米の真空パックも、いくつかの業者さんを試しました。残念ながら半年くらいで虫がわいてしまったお店もありました。
今買っているところは、とりあえず一年以上でも、大丈夫みたいです。無洗米ですが、製造時に水を使わない無洗米なのだそうです。
私も1年半でチャレンジしてみたいです。
保管場所はふつうのフローリングの部屋で、直射日光だけは避けています。夏でも常温です。
持ち麦混ぜて炊くとおいしいです。

→ 情報ありがとうございます。真空パックで虫がわくというのは、真空の袋の状態でも虫が動いていたということでしょうか。それとも米びつに移してから数日してみると虫がいたということでしょうか?
もしよろしかったら教えていただければ参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。

==========
・日本の南を新たな熱帯低気圧が北上か、シルバーウィーク後半の3連休に影響も 9/20(火) 17:14
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20220920-00315975
シルバーウィーク後半の3連休も熱帯低気圧の影響が心配されます。今後の最新情報と動向を注視したいです。

→ 今回の14号が幸運の結末でしたから、次の大型台風では油断する日本人が多いことを懸念いたします。がんばれ〜。

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。