まるぞう備忘録

無題のドキュメント

3回目。躊躇する人。突き進む人。

2021-11-21 10:26:28 | 今日のひとり言

防災カレンダー
21日。 14時13分月の最遠から3時間後。

高知県中部から西方向(立つ雲)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/11/19/111316#16



ワクチン「希望せずから接種へ」心変わりのワケ
第5波感染拡大が「接種意向」に与えた影響とは
2021/11/21 8:00
 村松 容子 : ニッセイ基礎研究所保険研究部 准主任研究員
・・・
希望なしの人が「予約・接種」に踏み切った理由
・・・
不安に感じる割合は、9月調査では、順に59.1%、48.1%と、いずれも4ポイント程度上昇した。国内の感染状況を考慮すると、新規感染者が多かった時期であり、身近に感染したことを見聞きした人が増加したと思われるほか、当初指摘されていた「三密(密閉空間、密集場所、密接場面)」を避けていても感染をする人が出ており、改めて感染不安を感じたものと考えられる。
・・・
この3カ月間は、自宅療養中に死亡した事例や、救急搬送ができなかった事例が多く取り上げられ、重症化しても治療が受けられない懸念が広がった。7月調査で接種を希望していなかった人の中で、適切な治療を受けることへの不安を感じた人がワクチン接種に向けて行動をおこした可能性がある。
・・・
https://toyokeizai.net/articles/-/470408?page=3


社会の不安が一気に加速した8月9月期。

 7月時点でワクチンを打つ意思がなかった人も、9月までの間に約半数が接種(または接種予定)となりました。

 この時はやはり感染拡大への社会不安が一番大きな理由であったということが調査でわかりました。

 私も私の周りも接種しなかった人はいずれもイベルメクチンの備えを持っていた人でした。もしイベルメクチンの存在がなければ、やはりワクチン接種に傾いていた。という可能性が高いです。
 実際は感染しなかった人が大半でありましたが、何かあった時にイベルメクチンがあるという心の支えが大きかったのでしょう。



治療薬の認可は接種しなくても良いかもという心の支えに。

さてこれから始まる3回目接種ですが、抗体カクテルを始めとして治療薬の認可も予定されています。

これでイベルメクチンの存在を知らない大半の国民の人たちにも、「すぐに接種しないで様子見する」という力強い後押しになると、ニッセイのデータが示します。良かったです。



「前回副反応がきつかったんです。だから・・・」

 また同調圧力についても、2回接種した人は「前回副反応がすごくきつくて。治療薬も認可されることだし、私は3回目はもうちょっと様子見かな」と周囲に言えることが出来ます。

 前回は、接種しないと思っていても、半数の人は接種する流れになってしまいましたが、3回目は難易度が下がっている。そのように言えるかもしれないですね。(残念ながら大勢の方が犠牲になった上でのことですが)



走り出したイノシシは自分で気づくしかない。

 ワクチンは積極的に打つべきだ。と信じている人はそのまま突き進んで頂くしかなさそうです。

 それは若い恋愛の過ちに似ています。あの人と結婚すると不幸になるよ。周囲はわかっているのに、当人だけは目に蓋されたように突き進んでしまう。
 周囲が説得しようとするほど、世間が反対すればするほど頑なに不幸な結婚に突き進んでしまう。

 同じようにワクチンを打つことが自分の身体に良いと信じている人とは、決して口論討論説得しないことを強くお勧めします。

 何も言わず無関心を装っていれば、ひょっとしたら自分の身体の中のサインから「ワクチンひょっとしたらやばいのかも」と気づく可能性がありました。1%ぐらいは気づいた可能性はあったかもしれません。

 しかし説得しようと周囲が働きかけをしたとたん、その小さな炎は説得の強風でかき消されます。1%の希望が0%になってしまう。



 現時点では静かに見守りたいと思います。あと数カ月後の日本社会の風景です。
 よろしくお願いいたします。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今日は義理の妹達が、亡き義母にお線香をあげに来ます。ばあちゃん喜ぶだろうな~。義母が施設に入る前に、出歩いてしまったり、私の事も誤解があったりいろんな事がありましたけど、過ぎてみればあっという間ですね。大変で苦しいと思っていたあの頃が懐かしいですよ~。今は大切なのですね。

→ 良いお話ありがとうございます。喜んでいらっしゃったと思います。

==========
「不適切なURLまたは禁止ワードが含まれているため、投稿できません」
と出て投稿出来ません。???

→ もし当該コメントをメールで送っていただければ、確認いたします。

ohisama.maruzo@gmail.com

==========
村上先生の論文、紹介して頂いてありがとうございました。
 組み換えタンパク質型なら安心というのは、大きな希望であり、それを待っていると言えるのは、科学的な言い訳になりますね!
 ただし、「9月までは言えた」ということは、開発、販売に大きな圧力がかかることが予想されるのですね。恐ろしい金の亡者がいるのですね。

昨年も11月までは「長期的にはまだわからないことがあるので、ハイリスク以外の方々はワクチン接種様子見も」と普通に専門家が普通にテレビで言えていました。ということです。
たった1年前なのに、もう遠い昔です。

年明けから、3回目打て打てキャンペーンが始まったら、またこういう意見は封じられるのではないか。という私の個人的な懸念です。

村上先生の記事内容を見て「まだこういう意見が発信できるのか」と日付をみたら9月発信だったか。ということでしたので。

==========
息子は某大手の工場で働いてますが来年の1月からワクチンを打っていない人は会社に入れないと言われて仕方なくワクチンの予約をとりました。
本当は打ちたくないのに、自分の意思ではどうにもならないので仕方ありません。どうか何事も無く無事にすむ事を祈るばかりです。

→ ワクチンで作られる血液中の無数のスパイクはチクチクと血管を傷つける。だからスパイクが身体の外に排出されるまでは、血管血流に強い負荷がかかる運動などは控えるように。

スパイクが血管を傷つけると、異物として固まらせられるのが血栓になるから。

だから少なくとも数週間以上は、血管血流に負担をかける運動は避け、水分を多く摂ることが大切であると素人ながらに思います。

スパイクチクチクとはイメージであり正確な医学説明ではありませんが、打ったところが筋肉痛になるでしょ。それが血管でも起きているようなものです。血管は痛みを感じないから。血栓が出来るまで本人にはわからない。ということです。

==========
そして息子とワクのことで喧嘩した話をする中で、まるぞうさんの言葉を使わせていただきました。
「現時点で遺伝子ワクチンは治験中で危険か安全かわからない、だから様子見している。ワクチン全てを否定してるわけじゃないよ」と言ったら
「よかった~実はお母さん宗教っぽくなってて○○(息子)と心配してたんだよ、怖いよねって」ホッとしてました。

本心はワクは全般に否定的なのですが
あえてそう言いました。

→ 良かったです。お知らせくださってありがとうございます。
北風ではなく太陽でした。ありがとうございます。

==========
またちょっと潮目が変わった雰囲気を感じてます。
実はまたfb投稿でちょっとだけ情報提供で、5歳から決まりましたが、私は厚労省のページを定期的に確認して、データを見ると、安易にデマとか言えない、ご家族の心境は大変だと言うこと、そして2月まで時間はあるから、学校や親同士で接種どうする?なんて話し合いはせずに、自分で情報集めて自分で決めないと後悔するかもしれないです。と言う内容を載せてみたら、反応が今までよりありました。
皆んな自分じゃなくても知人で、とか副反応で重篤があるようです。
ちょうど、新聞などでも取り上げるはじめましたね、テレビで一瞬、PCR検査で陽性だったら、他の死因でも、なんてものもゴールデンで観ました。
メディアはいつもの政府への責任誘導かもしれませんが。おかしいぞ、なんか?と考えてる人が増えた空気です。噂話では、都内の大家さんが10何人亡くなったこんなに一度に亡くなるなんて、と言ってたらしい、とか超過死亡で言ったら実際のデータ以上のことが起こっているのだと思います。亡くなった方の為にも、なんとか頑張らなきゃです。

→ 3度目の正直ならぬ3回目接種の正直。実際に自分の身体に起きた反応で、あれっ思う方も多いことを心から願います。御自分の身体の警告を受信できる方が一人でも増えますように。

津波が来る前に高台に避難できますように。1回目と2回目は防波堤で防げても、3回目は乗り越えてくる津波かも。と。

==========
自分が打つかどうかよりも、
人の心配をされている皆さんは、
きっとポイントが貯まるのでしょうね~(笑)

→ ここを読みに来てくださっている大半の奇特な読者の方々がそうであると思います。ありがとうございます。

==========
では、もう一つお考えをお聞かせ下さい。カーボンニュートラルを発信する事で世の中は技術革新が進むのでしょうか?CO2を排出しない化石燃料に替わるエネルギーって実現するのでしょうか?(原子力の議論は別として)

→ これほど急速に化石燃料廃止に舵をとるのであれば、間に合うのは現行の第三世代原子炉による発電を主流にするしかないと思います。

==========
前々職は美容関係で来店する女性客にメイクをしてました。それが楽しかった。お客様には必ずこれは!っていう美点があって、でもご本人はまったく気付いてない。なぜ知らないんだろう?って不思議でした。
ある方からは目のメイクを依頼されました。でも私としてはその方の眉毛の下の眉丘骨とメイクが合ってないので、眉からさせていただきました。思った通りその方の眉は骨にそって描くとその方の印象にピッタリの華やかな印象に変わりました。綺麗な人なんたなって惚れぼれしました。神様はちゃあんとデザインしてるんだなと思いました。

自分が自分のことを知らないなんて勿体ないです。良い所も悪い所もね、あまり知らないのかもしれません。見つけたいですね。見つけてさしあげたいですね。

→ 良いお話をありがととうございます。うむ。本当に。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする