まるぞう備忘録

無題のドキュメント

右コーナー左コーナー。謝罪してもらうこと。

2021-11-10 08:46:26 | 陰と陽の理論





謝罪してもらうと傷の半分が修復される。

相手から強く否定されたり攻撃されたりして心に傷を負うことがあった場合。自分の心は「哀しみ」という感情でその傷を静かに癒していく。そのように考えました。

その時、もし相手から謝罪があったとすると、その心の傷はその時点で半分ほど修復されます。という私の心の風景です。

あなたを強く否定・攻撃した相手が、今はもうあなたを否定・公的していません。過去否定・攻撃したことも間違いでした。取り消します。という上書きによって、あなたの心の傷はその時点で半分修復してしまいます。



相手から言動によって心が傷ついた場合、相手に謝って欲しいとこちらが願うのはこの理由によります。
謝ってもらうことで、私の心の傷の半分が今修復されるので。この辛くて痛い想いの半分が消えるのであれば、謝って欲しいな。そのように願うのは当然のことであります。



相手が謝らないケースは半分だから。相手に期待せず自力で癒やす。

ただし相手がきちんと謝ってくれるかどうか。これも半分半分の世界であります。
たとえば相手の魂が未熟であるがゆえに、あなたを傷つける言動をしたのであれば、やはり短い期間であなたに謝罪をする可能性は低いだろうなと想います。

しかし相手の魂がきちんと熟成した方で、何かの誤解や思い違いなどであなたを傷つけてしまった場合。この場合は事実が判明した時点であなたに「ひどいこと言っちゃってゴメンナサイ」という態度になるでしょう。



相手が謝罪してくれるかどうか、私の心の痛みが今半分に減らせてもらえるかどうか、は相手の魂の成熟度による。確率半分半分。
ですから私は基本的にはそこは期待しないで待っている程度しかないかな。と思っています。

相手が謝罪してくれればラッキー。しかし謝罪がなかったとしても、私の心は哀しみという癒やしのモードにもうすでに入っていますから。少々時間はかかるかもしれませんが、私の心はもう自分で自分を修復することになります。

ずっとずっと後になってから、またこれも意味があった。私の魂は1つ深い暖かさを知ることになった。とわかる(かも)しれませんが、それは今は関係ないことです。今は私の心を静かに癒やしたいです。



これ以上傷つけられないように自分を守ること。

だから私達は、やはり自分を傷つけようとする相手を遭遇してしまった時は、これ以上傷つけられないように、自分の心を守ることは大切であると思います。

自分一人では解決出来ないことも少なくないでしょうから、
・法律の専門家
・心の専門家
などの扉を叩くのを躊躇しないで頂きたいです。

とくに右コーナー苦手(自分が我慢すればいいんだという癖)の方は、抱え込まないで、周囲や専門家に相談して頂きたいです。
相手はあなたの罪悪感や義務感で、あなたを縛ろうとするかもしれませんが、あなたの心の奥底の「それは違う!」という直感と嗅覚を信じて頂きたいです。よろしくお願いいたします。

そういう社会の仕組みを使うことで、その人があなたを傷つけることを止めることが出来る。傷口が広がらないように止めることが出来る。

相手が謝罪するかどうか(あなたの傷口の半分が癒えるかどうか)は半分半分であるので、期待しないで待ちましょう。どちらにしろ私の心はすでに哀しみという癒やしに入っていますから。



相手を許せない気持ちはわかります。が一旦。

私にこれほど辛い痛い思いをさせて許せない。その気持もわかります。その点に関しては、裁きの天使の領分です。きっちり落とし前はつけますから、ここは一旦神様預かりとして、そのまま深追いしないでください。騙されたと思って、一旦神様預かりとして頂きたいです。

あれ、天使が二人いたはずだけれどな。
裁きの天使はどこにいったのだろう。
と思いつつ、まずは癒やしの天使により、心の傷の修復が最優先です。
許せない相手に対して、ご自分の心を焼くのは、ちょっと待って。
一旦待って。まずは傷を静かに癒やしましょう。
というのが(未開社会に伝わる)二人の天使のお話です。

フラッシュバックの怒りとフラッシュバックの哀しみ。
これは心の傷が癒える正常な過程ですので。
それらの感情。
抑えつける必要もなく燃え上がる必要もなく。
そのフラッシュバックは今回もすぐに収まりますので。
今回も動揺することなく、
静かに自分の心のそばに寄り添って頂きたいと思います。大丈夫。

理由のない涙や
理由のない怒りは
大切です。だから大丈夫。



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
読者さんのコメントに地震の1秒前に察知と有りましたが私そうです。私の場合は5~10秒前に有ります。神戸市に住んでますがそれが不思議と阪神大震災の時は全くもって有りませんでした。被災地のまんなかにに居たのにです。何の役にも立ちませんでした。

→ おそらく直下型の場合は、身体が感じる前兆波と建物に被害をもたらす横揺れ波の時間差がほとんどないからだと思います。

震源地から離れるほど時間差が生じるので、事前に目が覚めることが起きやすいのではないかなあと思います。

ということは直下型にも備えるにはやはり普段の防災備えが大切ということになるでしょうか。

==========
そこで他を許す自分を許しますって許可を自分に与えるみたいな。
あと静観ってよく目にしますが。全部あなたに委ねますってことよね。あなたを信じてるにも繋がるかな。

→ コメントありがとうございます。
私の心の風景では、自分の心の奥底の自分の声に耳を傾けるということです。結局知っていたのだから思い出すという言葉に近いです。



==========
救急隊員の方が駐車をしたかどうかを聞くのは、それだけ駐車後の救急搬送が多いという証拠ではないかと想像します。
駐車の福か、それとは関係なく本人の体質や持病から来るものかで対応が変わるのではないでしょうか。

→ なるほど。そういう可能性も高いですね。コメントありがとうございます。

==========
良心が疼くとか、以前に
まるぞうさんと私の間に「信頼関係」が構築されていなかったことが、一番の要因かと思われます~。

→ 私の言うことは本当かな。と疑いの気持ちで読んで頂くとありがたいです。
100個のうち1個でもお役に立つことがあれば幸いです。
99個は私の思い込みの世界の風景なのです。ゴメンナサイ。

よろしくお願いいたします。

==========
私は首都圏在住です。311の時にはそうでもなかったのですが、
最近、どうも天候異変があると体が鉄板に押し付けられたみたいに圧を
感じます。(地震だけじゃなく台風の来る前も) 昨日コメントの載った時間を見ると2時近くでその30分ぐらい前に福島で震度4の地震がありました。
今日は比較的軽いですが、昨日は朝から重かったです。
サインだとおもって気をつけようと思います。

→ 情報ありがとうございます。はい。要注意で静観させて頂きます。

==========
ふたつだけ確認をさせて下さい。
まるぞうさんがコメント欄に直接コメントされるときは、必ず名前を名乗っていますか?またあえて名乗らない事はあるのでしょうか?

→ はい。私がコメントする時は必ず名乗ります。アンノウンでの投稿はありません。

今回のシリーズは当初の予定では5回程度でした。右コーナー2回。左コーナー2回。まとめ1回。
それが想定外に長くなっているのは、コメント欄(多数の非掲載コメント含む)の流れから、この考察は今の時期必要なようです。私が思う以上に深堀りが必要なようです。(私の思い込みの世界の話です。すみません)

このシリーズは、前半コメント欄が荒れました。荒れないように掲載コントロールをすると、今度は(長年の読者でも私が匿名で投稿したと勘違いするような)なりすまし投稿に変わりました。興味深いです。

このような背景をみても、このシリーズは、私が当初想定したより、もう少しだけこのシリーズは続くかもしれませんし、或いはある日突然「もう出し切った。終了。」と終えることができるかもしれません。



最終的な結論の意図が引き延ばされているようないつもと違う感じがしたので、コメントしたい事はありましたが全部見送って、静観していました。

→ 正しい感覚だと思います。ありがとうございます。
私は10年以上毎日ブログを投稿していて、読者からのコメント投稿は(非掲載を含み)社会の水面下の動きと連動しているように、肌で感じていました。しかしながらここ最近の動きは今までと違うようです。(私の個人的な心の風景)

==========
無事に退院できるかな?私に寄り添いながら今度こそ!

→ 100個のうち1個でもお役に立つことがあれば幸いです。コメントありがとうございます。

==========
毎月125億円が分配される権利を無料で差し上げます。

→ 詐欺です。丸めてゴミ箱にポイです。

お金を貰ってくれる人を募集しているのではなく、
甘い話につられてネギを背負った鴨を募集しているのです。

==========
妊活していた職員より、妊娠のお話がありました。職場の皆で飲んでいるヨモギ茶は、体が温まりす。これからの季節には、良いですよ。

→ 良かったです。ヨモギ茶のお話もありがとうございます。

==========
東芝、三分割なんて嫌ですわ~。
外資に買われてしまいますやん。
日本の会社で、安全保障を担っているのに、国が守らなければ、いいようにされてしまいます。
どうにかならんものですかねー。

→ 本当に。

==========
結論を急がない方が良いのですね~。夫から本当に離婚したいと言ってきた時に対応したら良いでしょうか。

→ ・こちらからは何かを切り出さない。(それが相手にとって言質をとるになるから。言葉尻をとらえられないように。)

・相手から切り出したことについては、早急に返事はせず弁護士さんに一旦相談して、ご自分で選択して相手に回答すること。

ではないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

==========
皇室に台風(現実の台風ではありません)が来てるので地震には気をつけましょう。???!!

→ コメントありがとうございます。地震に注意。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする