まるぞう備忘録

無題のドキュメント

右コーナー。限界のサイン。

2021-11-03 11:24:14 | 陰と陽の理論

防災カレンダー
3日。新月週間。

多摩市から西方向。


千葉県北西部から東京湾方向(立つねじれ雲)
https://isehakupedia.hatenadiary.jp/entry/2021/11/02/194407#19

静岡市から東方向(立つねじれ雲)。


兵庫県加西市(立つねじれ雲)。


鹿児島県志布志市。





どうしてこの世は生きるのが難しいのか。

この社会を生きていくうえで、いろいろ苦しいことが多いです。

その苦しい理由は、自我のはずみ車にありました。
どんどん苦しい方向に締まっているから。
だからどんどん苦しさが増していく。

であるのなら、そのはずみ車を逆回転させれば良い。
なあんだ。そんな簡単なことなのか。

でもなんでそんな簡単なこと出来ないの?
それには2つ理由があります。



自我が逆回転を拒むから。「逆回転阻止!」

自我のはずみ車を逆回転させることは、自我を否定すること。自我の逆方向になるからです。

「自分が頑張らなきゃという人」に、「頑張らなくていいんだ逃げていんだ」という逆回転させること。
あるいは
「他人が悪いという自我の人」に、「実は悪いのは自分だった」と逆回転させること。

それらは、自分の自我を否定して消す方向の逆回転だから。だから逆回転が難しいのさ。



右回し。次は左回し。

もう1つの理由は人生は峠道。右コーナーと左コーナーが交互にくるジェットコースターだから。

だからある人にとっては左回りのはずみ車を止めて右回りにすること。でも別な人にとっては右回りのはずみ車を逆の左回りにすること。

それぞれはずみ車の向きが正反対な点が物事を難しくしている。



自我は解く方向ではなく締め付ける方向に回したがる。

・あなたは悪くない。頑張らなくていい。

という助言も

・逃げちゃだめだ。理不尽を呑み込め。もっと頑張れ。

という助言もどちらも正しい。ただし、それぞれ必要なコーナーがまるっきり逆だということ。



そうするとたとえば右コーナー苦手の人(=自分をありのまま肯定することが苦手な人)の自我にとっては、

・逃げちゃだめだ。理不尽を呑み込め。もっと頑張れ。

というアドバイスを受け取っていまうし、

左コーナー苦手の人(=上手くいかないのは他人のせいと責める人)の自我にとっては

・あなたは悪くない。頑張らなくていい。

というアドバイスを受け取ってしまう。そうか悪いのはやっぱり自分じゃないのか。あいつが悪いんだ。自分は頑張らなくていい。理不尽を押し付ける社会が悪いんだ。あいつらが悪い。

このようにどちらの人も、自我のはずみ車を止めるどころか、更に締め付ける方向にギュウギュウ回しだす。



休んでもいい時。逃げてもいい時。

右コーナー苦手の方。
何でも自分で抱え込んで、自分を責めてしまう方。
やはり苦しい時は、もう頑張らなくていいし、休んでいいし、逃げていいのです。

といったところで、なかなか自分のこととは認められないかもしれないです。
だからこんな漫画も見てみてね。
もし当てはまるようだったら、やはりご自分のはずみ車のことを考えて欲しい。

もうこれ以上、はずみ車を「自分を抑えつける方向に」ぎゅうぎゅう回さまいで。
一旦休んではずみ車を止めてから、
自分を解き放つように、ゆっくり逆回転させて頂きたいです。























引用:【漫画】鬱病になるとどうなるのか?休んだほうがいい鬱のサイン
https://youtu.be/56gdheeF5nU



つづく




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
>修羅の住人は、相手を屈服させて支配させること。それが彼・彼女の生きる意味です。

私には理解できなかった現象なので本当に目から鱗でした。
(執拗に攻撃する人の心境が今までどうしても理解できなかった…。)

まるぞうさんが言う「修羅の住人」はとても頭の良い人が多い印象をうけます。
だからこそ自身で気づかない限りどこまでも突き進んでしまうのかなと思いました。

→ 私の経験では修羅の住人には3タイプあります。

1,パワハラタイプ
「なんだお前、もう一度言ってみろ」というタイプ。
相手の要求に従って本当にもう一度言うと逆ギレします。昭和の時代に多かったように思います。

2,理詰めタイプ
理路整然とうとうとうと相手を追い詰めるタイプ。
私もこのタイプでした。
このタイプは修羅道を突き進んでいくと人相が狐や狸に似てくるかも。youtube界にいろいろいらっしゃるかも。幸いにも私はそうなる前にもう降参いたしましたわ。ワタシマケマシタワ。

3,ポリコレタイプ
最近の流行です。被害者ポジションを取って相手を支配するこの手法がその界隈では流行っています。
最近は昭和パワハラタイプが流行らなくなり、こちらの令和ポリコレタイプが主流になっている。社会の振り子です。

いずれにせよ修羅の人はそれぞれご自分の得意なワザで、相手を反論できないように縛って「支配」しようとします。ガオーガルル。

==========
今日の夜、会社の同僚が家に来ます。まるぞうさんレシピ、スパイスカレーを作る予定です。
顔を見て話すのは楽しいですね。

→ コメントありがとうございます。ご馳走様です。

==========
過去の自分に罵倒される今の自分
職場の体育系の上司、先輩を叩きのめしてのし上がり
「先に生まれたくらいで威張ってんじゃねぇーよ」が口癖の若い頃
新人を強く優秀に育ててやろうと時に強い罵声を浴びせた日々
でもどんなに罵声を浴びせようが人それぞれ個性もあり
苦手なこともある。
自分にそれを教えてくれたのはかみさんです。
歳を取り能力も落ちうっかりが増えた自分を
心のなかで一番激しく自分を罵倒しているのは
若かった頃の自分。
辛い思いさせてしまってみなさんごめん
なさい。m(_ _)m
今は若い人に何を言われても大抵ニコニコしているアラ還のおじさんです。

→ コメントありがとうございます。私も同じ風景です。(^^)

==========
自分の中で、ゆっくりと逆回転を始める、、、
何故かその感覚わかります!
私の場合は離婚体験と、職場でのパワハラ体験ですかねぇ。
精神も体もボロボロになって一回死んだようなものです。
そのあと、カウンセラーの勉強のため、半年間の講義を受けていくと、いやがおうにも自分を省みる機会が多々あり、それはもう辛かったです。
でも多分無意識にそれを望んでいたのは私なんでしょうね。半年間、自分を見つめることができました。

職場での辛いパワハラのおかげで、相性のよい同性のカウンセラーの方にもお会いすることができました。
何回かカウンセリングを受けて、自分の内面をイメージで掘り下げていっていたある日、寝入りばなに、自分の頭の前部分が、バラバラと崩れて、そのあとサクサクっとくみかえられる感覚がありました。
寝ぼけていたのかもしれませんが、私はその時、これまで積み上げてしまった自分の思い込み、自我が一回、肉体的にもリセットされたと思っています。

それまで安易に自分を責めてばかりの性格でしたが、反省はするけれどやたらと自分を責めなくなりましたし、パワハラされていた相手が怖くなくなりました。こんな人に自分がどう思われても、そんなのどうでもいいな、と。そしたら相手の態度もすぐに変わりました。
人って変われるんだなと思いました。

長くなりましたが、ここに書かせていただいたことに感謝いたします。
この場を提供いただけたこと、このブログがあること、私にとってはとても素敵なことです。

→ 良いお話ありがとうございます。
もしご自分を責めて苦しい方がいらっしゃったら、この方のようにはずみ車を逆回転させることが出来たらいいなと本当に心から願っております。

==========
素敵ですね
踊るように駆け抜けるんですね

私は右コーナーばかりを選んで生きてきました
ここへ来て3年
左コーナーの訓練を積まされています

ここへきて思うのは
ブイブイ言わせてきた私のことを
仲間だと思って誘ってくれたり同行してくれた人が常にいてくれたこと

顔から火が出る思いですが
ありがたい事だなあと感慨深いのです

左回りの訓練は本当に辛いですが
学ぶ中で思うのです
例えば
「この際だから言わせてもらいますけれど」
なんて言う「際」など
この世には存在しなかったんだな
と言うこと
言葉を大事にしようと思うまでに
50年かかるとは思いませんでした
続き楽しみにしています

→ コメントありがとうございます。右と左ははずみ車は逆回転。でも交互に来るから人生は奥深くて面白いです。

==========
そして私は勝手に、出没したアンノンさんは、まるぞうさんだと思っています。

→ 残念ながら違います。それをやりだすとミイラ取りがミイラになる気がいたしますので。

==========
まるぞうさんの性格は、我が強いタイプなのでしょうね。
10の質問でわかる【我が強い度】いつだって自分を貫きすぎていませんか?
https://uranaitv.jp/content/533237

→ 私が当てはまるのは下記でした〜。

□コンビニではあまり買いものをしない
□自分は人とはかなり違っていると思う
□集中したいときには音楽を聴く
□本を読むときは飛ばし読みだ
□プレゼントは実用的なものだとうれしい

==========
ただ、一個気になったのですが、それならば、国産ワクチンだって早く認可されてしまえば、同じように接種対象者を絞るとかをしないのではないのでしょうか?
RNAワクチンと同じように、他の国産ワクチンも「長期的には誰にもわからない」ものであるということになりますよね?

→ はい。そのように思います。

ワクチンについてはレベル1とレベル2の世界があり、

レベル1:一般的な医療の安全性の観点。
たとえばまだ第Ⅳ相試験結果は出ていないので、長期的な安全性は確認されていないとか、そもそもADEウイルスにワクチン抗体というアプローチは正しいのか。ワクチンが作る抗体が完全増強抗体として利用されないかなど。

レベル2:陰謀論の世界。
ビル・ゲイツとか人口削減とか。もろもろ。5Gとか酸化グラフェンなどの本当のデマも混ざる。

社会で人と話す時はレベル1のみ。レベル2は個人の妄想としてとどめておく。人には話さない。拡散しない。というのが私の個人的なルールです。

==========
理不尽は揉まれて大人になったり水に流したりするものではありません。それは体のいい泣き寝入りの強要です。

→ 興味深いです。

==========
一番後悔するのは自分が自分の間違いに気付いたのに、意地を張って許さなかったことやごめんなさいが言えなかったこと、本当の気持ちを伝えなかったこと!それに尽きるんだと私はおもうんですよね。

→ ありがとうございます。本当に。
私が一番怖いのは、自分自身の良心の疼きです。それは本当に小さい声なので自我が無視しようとすれば無視できるところが怖いです。

==========
こんな過去もあったなぁと、心静かに思い出せる時がくるまで、なんとかやり過ごしてみよう。と思えるような、
勇気をもらえた記事でした。

社会か厳しいし、自分がしんどいですけど、
なんとかやれそうです。
ありがとうございます

→ 絶対に大丈夫だから大丈夫です。

・コツは自我が締め付けるとは逆の方向にはずみ車を回すこと。
・そして人生にはその解く回転方向が右左交互に来るということ。
人生とはなんと生き甲斐がある旅なのでしょうかと思います。

==========
そうじゃなくて、まるぞうさんが気付くべきことがあるから、似たようなコメントが寄せられるんだと思いますよ?

 私や読者さんが、現実の不満を まるぞうさんブログに投射しているって思い込んでいらっしゃるかもしれないですけど。

 そうじゃなくて、まるぞうさん自身に「自分は弱い立場の人の気持ちはわからない」っていう謙虚さがないんだと思うんです。

→ コメントありがとうございます。良いコメントだと思いました。

==========
まるぞうさんのご自身の話、そして、高知さんのYou Tube紹介ありがとうございました。感動しました。依存症支援の番組もなんとかして見たいと思います。

→ 再放送は終わったのでオンデマンドで220円で配信されています。
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021116306SA000/index.html

==========
私は大方右コーナーよりで生きてきたと思うのですが、一方非情で自分本位になることで、精神のバランスを取ってきたと思います。その負債は、これからも返済していこうと思います。
ありのままの自分と向き合って。

→ ありがとうございます。

==========
すべて自分のせいで誰のせいでもありません。
謝らなければならない相手はもうこの世にはいません。なんてむごい結末だろう?これが私の招いたすべての結果なんだと認めざるをえませんでした。
目の前にはまだ生きなければならない逃げられない現実があり、
でもすぐにでもこの世を去りたい絶望した自分もいて。生きるって厳しいです。そこへ会社から電話がかかってきました。ちょうど私はその日からお休みで5日後の仕事の件でした。普段どおりに対応しました。暫く休もうかと考えましたが誰にも悟られたくないので5日後仕事に行きました。人生には時々ビックリするような恐ろしいことが起きますね。まるぞうさんが大きな災難の前にはなにかしらのサインがあると
お話されてましたが私は何も気付けませんでした。
でも頭殴られて気付いたことが沢山ありました。
神様が助けて下さったんだと今はわかります。そうなるまえに気付けなかったの残念ですが
神様やご先祖様が私に最もよく効く強烈なパンチで気付きを与え反省を促されたことを感謝しています。
いつも私の胸の内を聞いて下さって有り難うございます。

→ コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

==========
そうですね~、回り道せず、弁護士さんに相談して直接、旦那に要望を伝えようと思います。ありがとうございます。
微かな望みも、ないようです。二人はまっしぐらに突き進んで行ってます。
昨夜は、泣いていたのですが、今日は途中から可笑しくなっています。まるぞうさんのお陰です、ありがとうございます。

→ 応援しております。

==========
今週職場に接種調査が来ました。
12月中旬から下旬です。こんなに短期間で、MRNAとは。それも初期株での3回目。
動物実験で従来方式で抗体上がってから6回動物免疫で全滅とのおはなし、どの程度の方々が分かっているのか。TVは今日も大々的にキャンペーンです。
私は「打たない」で出します。が、殆どの周囲は撃つに!怖くて会話を避けてます。
こっそり人の少ない時間に担当部署に出そうとは思いますが、説得がありそうで怖いです。せめて国産の不活化なら70倍で4桁の抗体はないでしょう。(でもしないけど)

→ 医療従事者の方の3回目を思うと胸が痛いです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする