まるぞう備忘録

無題のドキュメント

右コーナー。左コーナー。序章。

2021-10-26 11:01:15 | 今日のひとり言


6歳の男の子のお話。

 動画で小さな男の子が母親にいろいろなアドバイスをするというものがありました。その男の子の発言は興味深い点がいくつもありました。

 たとえば地獄の世界の話です。
 地獄の住人たちは、もう地獄が苦しくてなんとかそこから這い上がりたくて、天国の光に向かって、這い上がろう這い上がろうと頑張るのですが、そういう人たちは地獄から抜け出せない。と言います。

 ではどういう人から地獄から抜け出せるかというと、地獄の中で天国の生き方をしている人だ。

 凄いな〜。と思います。とても面白いです。



多分そっとしておいた方がいい。

 ただこの動画を上げているのが男の子のお母さんだと思うのですが、いくつか残念が点があるので、このブログではその動画のURLは出さないでおきます。



右コーナーと左コーナー。

 まず1つはこの世界の半分半分のうち。男の子は悩めるお母さんに向けて言葉を伝えています。
 頑張りすぎるのは良くない。神様は真面目に頑張る人は好きではない。と言います。

 これは頑張るという意味が、お母さんの苦しんでいる状況。
 人と自分を比べて、人から認められる、人から褒められる、人から攻撃されない。このために自分の心を押しつぶしていること。これが自分が苦しい原因だよ。

 そういう方向性で努力しても神様は喜ばないよ。と伝えているんじゃないかな〜と思います。

 確かに半分の人はそうです。
 でも半分の人は、やはり自分が生まれて来ている課題を一生懸命努力して乗り越えなければならない。今がその時。そういう人も半分おります。

 峠道に例えるならば、右コーナーと左コーナーが半分半分。でも人生の季節によって、右コーナーの時期の人と、左コーナーの時期の人がいます。

右コーナー:頑張り過ぎないこと。ここで自分はダメだもっと頑張らないと。自分さえ我慢さればいいと自分の心を押さえつけると、ハンドルが逆方向。左側の崖から落ちちゃうよ。

左コーナー:人生に現れる障害や理不尽。それを乗り越える(受け入れる)ことで本当に自分が欲しかったこと(観たかった風景)が得られる。しかしここで言い訳をしたり他人のせいにして逃げちゃうとハンドルが逆方向。右側の崖から落ちちゃうよ。
短いこの人生が終わった時に、(また)後悔しきり。

 この男の子は、人生で大きい悪いことが起きる前に、小さな悪いことが起きる。それが神様のプレゼントだといいます。面白いね。
 話の内容によっては、左コーナーの話もしている。



お母さんの気持ちもわかりますが。でも。

 この動画は男の子のお母さんのバイアスがとても強いのです。3割くらいは男の子の興味深い言葉なのですが、7割はお母さんのスピ観で編集されている。

 自分のスピ観に合うように、答を誘導したり、字幕をつけたり、動画を編集するので、残念だなあと思います。

 お母さんが理解できてもできなくても、息子さんの言葉をそのまま残してもらえるといいのにな。今はわからなくても、お母さんの見解をはさまずに、そのままの言葉を記録して欲しいなと思います。

 たとえば男の子はお母さんの中にも同じ様に神様がいると言う話もあるのですが、やはりお母さんはあまりピンと来ていない。お母さんからすると、神様が自分の息子さんに降りてきて言葉をくださる。という世界観の方が好きなのだと思います。ちょっと残念。



過剰にに乗っかからないで欲しい。

 そしてこの男の子が成長するに従って、その言葉もまた神様(?)から離れて俗人に変わっていく可能性もあります。
 くれぐれも、「自分の息子には神様が降りてくる」という期待感を子供に押し付けないように。気づかれないぐらい(それでも空気で気づくでしょうが)が丁度よい。

 その男の子に年上の兄弟がいたら、更に気をつかう必要があります。



単なる成長の記録の1つとして。顔出しせず。解釈せず。

 間違ってもママ友たちに「私の息子には神様が降りる」と言ってママ友たちからの人生相談を受けたりはしていないと信じたいです。

 ただ苦しい思いをした自分が息子さんの言葉で助けられたから、同じ様に苦しんでいる人にシェアしたいという気持ちはわかります。
 その場合、もし動画に上げるのなら、動画のことは周囲には知らせず、動画には顔出しもせず、息子の言葉に驚いたり息子さんに期待をかけたりせず、ただこれは過ぎ去るかもしれない一過性の現象の記録として、ありのままを記録して欲しいなと思います。



誰もが当たり前に感じられる時代に。

 そもそも、この息子さんの言葉と同じ様なことは、もう誰もが普通にそうだと感じる時代になるでしょうから。これは特別なことではない。
 それは縄文時代やその前の時代。人間は誰もが身近に感じていた感覚。
 日本のあちこちで同時多発的に起き(始めて)いることだろうというこれまた私の個人的な心の風景であります。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
炊き出しに行きたい、とっても良く分かります。私もおにぎり名人になろうって思います。あと数年して健康でいられたら、どんな世の中でもおにぎりとお味噌汁と、蒸し芋のケータリングやったら楽しいかな?と夢を持とう。
お味噌汁に春菊入れると美味しいとかなかなか伝わらないけど、飲ませたら喜ばれるんですよね。やりたいな。

→ ご馳走さまです。ありがとうございます。

==========
先日、日帰りで平泉寺白山神社に参拝させて頂いた者です。 電車の分刻みスケジュールで、勝山滞在は1時間、タクシーの時間を考慮すると35分の慌ただしい参拝でしたが、毎年、ずっと、この白山の奥深い何年もしっかりと育っている木々、神社、この土地ならではの苔、このあと何千年も日本の神社として存在して頂きたい思いで、お札を頂く時に、私の生活のできる範囲で少ないですが、寄付をさせて頂いております。 社務所の方が白山神社のパンフレットと、石川県のほうじ茶、今年は、麻ヒモを頂戴いたしまして、ありがたいと思いました。 新しいお札は神棚にお納めしましたが、年末12月に、神棚をいつもより細かく、藁葺き屋根も埃をとって、少量の塩水で、八足台、細かい部分まで拭き掃除をして新年を迎えるので、頂いた麻ヒモも大切に、神棚にお掛けしようと思います。 もうすぐ11月ですね。色々世界も、私個人も色々ありますが、それでも一年が早いですね。

→ ありがとうございます。

==========
https://www.city.shizuoka.lg.jp/000_004108.html
冷やご飯実験ありがとうございます。記事を読んで、上記を是非紹介したくなりました。静岡民より冷やご飯の保存におすすめです。曲げわっぱよりリーズナブルなのに、高品質。冷蔵庫に入れて冷やしてもご飯のモチモチが長続きします。さすがに二日もたつと冷えきってパラパラご飯になりますが、レンチン蒸容器に入れ、蓋なしで温めると冷蔵庫に入れる前のご飯の再現度高めです。3点セット最高です。激しく同意!アラフォーからこれで充分大満足になりました。メンパにつめた日の丸弁当は本当にお日様の味です。

→ 情報ありがとうございます。タッパーではなくて、教えて頂いたお弁当箱や曲げわっぱは良いですよね。

==========
・あなたが感染して子供にうつったらどうするの。
・あんたが入院することになったら誰が子供の面倒をみるのかね。
・おまえが陽性になったら会社に報告しなきゃいけないんだぞ。

ありがとうございます。
ここまでの圧力ならば私は打ってしまおうと思います。まずは打たない努力、打った後も最善の努力を継続して行く、作戦変更ですね

→ 感染者数が激減しているこの時期に、上記のような圧力がある場合は、その人は「感染を心配している」のではなく、ひょっとして鳥居を心配しているのではないか。というのが先日の記事です。

ですから「私は鳥居はくぐらないとは言っていないの」と相手を安心させることが大切かも。という視点が一人でもご参考になれば。

いずれにせよ年末にかけて感染者数に大きな動きがある可能性は半分あるので。今は静かに様子見。波風は立てないでやり過ごして頂きたいです。

==========
最近知ったのですが玄米にもケイ素が含まれてて体内の重金属除去に役立つとのことで特に今の時制にはいいと思います。
https://macrobiotic-daisuki.jp/keisooooooo-171804.html

また辛味大根等の辛味成分であるイソチオシアネートは血栓予防効果もあるとのことでこちらも普段から食べるといいと思います。
(https://tokubai.co.jp/news/articles/4265)

→ 情報ありがとうございます。若い世代の方にも食べて頂きたいですね。

==========
さて、現実的にはあの時は人権派弁護士でもよかったのではと思います。まるぞうさんは保守だからありえない!と思うのでしょうが、今ではそのブログ主も渋々認めるように与党のなかにこそ売国奴がウヨウヨしています(ウヨクなだけに)。

→ 私は「現状が嫌」という方は、
① どうなったらいいのか(何を選べばいいのか)わからないけど、ただ現状は嫌だ
② 現状Aはダメで、Bを選択するべき。
という2つの人がいると思います。

①の方はやはりどの場所に移っても現状に対する不満はいつまでもついてくる。だから現状は嫌なのは結構だけれど、自分はどういう未来を選択するのか。この視点だけでも、大きく人生の観える景色が変わる。そのように思っています。

私は自分の好奇心からあなたは①なのか②なのかを知りたかっただけです。
「B「でも」いい」という表現をされたということ。それは「AでもいいがBでもいいという意味。でもAはダメなんですよね。明示的に(無意識的に)「Bがいい」という表現を避けたことが興味深いと思いました。回答ありがとうございました。

==========〜
もう何年も冷やごはん、食べています。
本当に美味しいんです。
家族には「変」て言われますが。
アミノ酸の量も多いのだから美味しくて当たり前?
あたたかな御飯が、ごちそうだった母世代には、全然信用してもらえません~ 笑

→ ねずさんの動画で、昭和44年までは日本人は新米より古米の方が美味しいとされていたそうです。一冬寝かせてアミノ酸を熟成させた方が美味しいそうです。

御米の好みも時代によって変わるようです。

==========
良寛さんだったら、どうするだろ、一瞬悲しくなりながらも地球や自分の周りの生き物全部大事にしようとするのかな?もうワクチンに対する主張はしなくていいんだ、と思いました。

→ 本当はワクチン打ちたくなくて、本当はワクチン打たせなくて。でもどうしても周囲の圧力でもう折れそう。そのようにここのコメント欄に駆け込んでくる方がいらっしゃる限りは。と思います。
必ず守る方法はあるはずです。

==========
冷やご飯にお茶注いでたくあん、昆布の佃煮とかね。よく母がそうしてパリポリ食べましたねぇ。
私はお茶漬けはあまり食べたことはないんですよ。
備蓄はパックご飯にノリタマと瓶入りの海苔の佃煮インスタントのお味噌汁を用意してます。
昔買っておいたカセットボンベで使えるストーブ。
煮炊き用のも二台。お水は蒸留器で今一生懸命作っています。私の備蓄品はこれだけなんです。

→ 良いですね。プラスして納豆や乳酸気漬けの発酵食品をローリングストックに加えるのはいかがでしょうか。
備蓄は
STEP1:最初の3日間を生き延びる
STEP2:電気ガス水道インフラが途絶えた一週間を生活する
STEP3:流通が途絶えた2ヶ月を生活する(電気ガス水道インフラはあり)
という3つのステップをそれぞれ想定して備えるのが良いと思います。

==========
ワクワクも「そうそう、打たなきゃね!あぁ~今週時間ないわ!来週でも予約入れるわ~」って躱し続けるのいかがでしょうかね?戦わないで抵抗しないで同調して安心させるって作戦です。ダメかなぁ?

→ 臨機応変。押してダメなら引いてみな。とにかく討論勝ち負けにならないように、柔らかくやり過ごして頂きたいです。今は一過性の嵐の時期だけです。

==========
冷やご飯美味しいですよね!そして私も炊き出ししたいです!お腹空かせた人たちに。梅干し入りおにぎりとお味噌汁は南関揚げとえのきだけ 里芋も。いろんな組み合わせ楽しいお味噌汁。

→ ご馳走さまです。

==========
奥様のお弁当やおにぎりについて聞いた者です。記事化ありがとうございます! いつも冷やご飯だとさみしいので、二食分炊いて最初はホカホカのを戴き翌日冷やご飯をと半分半分にして両方楽しもうと思います。まるぞうさんの料理記事すごくためになります。

→ 両方楽しめるの良いですね。翌日の冷ご飯は、今日炊きあがった熱いうちに水分を飛ばすことがコツです。ご馳走さまです。

==========
炊飯保存のご飯は、だめになりやすいのでしょうか。(記事、見落としましたでしょうか)
私は食べきれないと、3日目くらいまで食べてしまっています。

→ 炊飯器保存は60〜70℃なので、雑菌は繁殖しづらいと思います。ただ炊飯器メーカーは保温は1日以内にと述べているところが多いので、多めに炊けた時は冷凍保存とレンジでチンが良いと思います。

==========
冷ご飯、美味しいですよね(^▽^)/
小豆ご飯は小豆だけほじって食べてしまいます~よくお母さんに怒られてました。
私の一押しは、冷ご飯にちょっといい生卵ご飯です~?お醤油にこだわると更に?

→ ごちそうさまです。
私はひと手間かけますが、黄身と白身を分離して、白身ご飯に混ぜて(メレンゲ状)軽くレンでチン(白身のアビジンを不活性化)します。その上に生の黄身とお醤油をたらします。理屈っぽくてすみません。でも美味しいです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (26)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする