まるぞう備忘録

無題のドキュメント

働く人たちの詞(うた)

2021-09-24 09:41:05 | 今日のひとり言


 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 旗じいちゃんの生きる道〜交通誘導警備員」を拝見いたしました。


 この番組は最近は本当に名もない一般庶民のプロフェッショナルが多く、私はそういう回がとても好きです。



なぜこの男性は働き続けるのか。

 今回は道路工事などの前後で、旗を振って通行する一般車を停止させたり誘導させたりする、私達が日常良く目にする「交通誘導警備員」の取材でした。その方は84歳の男性。

 私は街で自分と同じ年代やそれ以上の方が、交通誘導の仕事や駐車場の案内やスーパーの品出しなどをやられていると、明日のわたし自身だと思っております。
 人生100年現役時代となる時、身体が動くうちはこのように現場で最後まで働き続けるのが当たり前となる時代となるでしょう。

 それは多くの人の人生観が変わっていく世の中になるだろう。人生観が日本人本来のものに戻っていく人が多いから。そのように考えているからです。



働くことが罰ゲーム?

 この方は、84歳という高齢にもなって、年金ももらわず、月から金まで毎日7時間立ちっぱなしの仕事をしている。夏の炎天下も雨の降る寒い日も。ただただ。毎日通行車の誘導の旗を振る。

 カメラマンが「なぜこんな年までそれでも働き続けるのですか」と質問をすると
「お金が欲しいからだよ」と答えます。しかしそれは本心の答じゃないなとその方の表情からなんとなく伝わって来ます。

 そう。この方にとって「働くこと=生きること」である。

 そしてかつての日本人は皆そのように考えていました。しかし西洋式の経済発展と引き換えに「働くこと=罰ゲーム」と考える人が多くなりました。
 仕事が罰ゲームなら、仕事は押し付けた方が勝ちです。手を抜いた方が勝ちです。



仕事すること=生きること。

 この方は毎日重労働のあと、スーパーに立ち寄りタイムセールでお買い得の食材を購入して、夕食と翌日の自分のお弁当を作ります。
 清潔にしないと。とお風呂場で自分の使っていた旗を丁寧に洗います。お風呂場もきちんと清潔に掃除されているように見えました。



 もし仕事が罰ゲームなら、年金をもらって楽できる選択肢もあるのじゃないか。と思いますが、この方は身体が動くうちは働き続ける信念のようです。

 もし仕事が罰ゲームなら、誰もいないところでは手を抜いた方が得のはずです。
 しかしこの方は、交通量が少ない住宅街に立つ時も、幹線道路と同じ様に前後の首振り確認を続けます。
「事故は油断した時に起きるからさ」

 通行車両に止まってもらう時は、旗を挙げながら丁寧に頭を垂れてお辞儀をされていましたが、マイクが拾う声には「すみません。申し訳有りません。」そのようにその男性が口にしておりました。
 誰も聞いていないのに、毎回そのように頭を下げる男性。それは今まで生きてきた中で、最後の精算のような謝罪と感謝のお辞儀に思えました。



休みたくなんかない。這ってでも来ますよ。

 コロナワクチン接種。1度目は翌日から仕事。2度目も翌日から仕事しようとしますが、会社側から当日含めて3日休むように言われます。しかし本人は3日も休めない。休んで2日だ。3日目は這ってでも出てくる。と強く主張します。

 もし仕事が罰ゲームであるならば、1日でも長く休んでいた方が勝ちでありましょう。

 番組では編集や放送の都合からどこかの着地点を落とし所としたストーリーに仕立てる必要があります。この番組もそうです。でも編集から漏れたナレーターが伝えないられないメッセージ(彼の生き様)は、画面から伝わってくれうように感じました。



だってそれは自分自身が生きているということだから。

「この年になってまで働く場所があるってことは本当にありがたいことだよ。」

 その男性はそのように語ります。
 この方にとって「仕事=生きること」である。そしてそれは真実であります。そしてこれから100歳現役時代となって行く時、多くの人がそのような心持ちとなって生きていくだろうな。そのように思いました。



お互いがお互いのために働くことで繋がっている。

 世の中にはいろいろな事情で働くことが出来ない方も少なからずいらっしゃることでしょう。その方に無理して働けという意図の記事ではありません。

 ただこの男性のように、自分の身体が続く限り、自分の意識がしっかりしている限り、「働くことという社会の繋がり」を通して、自分自身を生きる。という方は増えていくだろうな。
 そのように思いました。

 貧しい自給自足をしながら、雨の日も炎天下の日も村人のために念仏を唱え、辻に立ち続ける孤高の修行僧のような方でした。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今はこうやってまるぞうさんの記事が毎日読めたり、コメント欄で皆さんと情報交換もできますが、ある日突然全くつながらなくなる。自分の身の周り以外で何が起きているのかという情報が入って来ない。デマがはびこって、いろいろな所で衝突やパニックが起こりそうです。
必要な情報はメモや印刷等で残しておく。非常食や薬、日用品の備蓄は今から十分手厚くしておく事が改めて大事だと思いました。

→ ありがとうございます。大丈夫。

==========
三千世界の因縁を終わらせる
宇宙の代表に選ばれたと考えると
この苦難も名誉に感じることが
できるのでしょうか(笑)

こちらのお陰で
プレッシャーも少しくらい
楽しんで行けそうです。

→ コメントありがとうございます。

==========
そもそも、ワクチン接種したってコロちゃんにかかるんだから、パスポートあったところで何の証明になるのかな?腑に落ちない事だらけ。

→ 冷静な方はそのように考えます。
しかしもう思考にバイアスがかけれれてしまう(目に蓋がされる)とそうならないのだということを、今回実体験として知ることが出来ました。

==========
こっちに行くか~。まあ、誰かのせいにしてれば楽だもんねえ、自分も昔そうだったから、あなたがたのことは責めないでおくよ。そう思いながら読んでます。

→ コメントありがとうございます。

==========
今日の記事を読んでまるぞうさんはタフで羨ましく思いました。
どうしたらそんなふうに強かでタフになれるのでしょう?

→ 数少ない私の長所なので、皆様のお役に立てればと思っています。

==========
ありがたいことに姉妹仲が良く、これからもずっと支え合いながら生きていきたいと思っていたため、どうしても姉には思いとどまって欲しいです。でも説得が逆効果なのは十分承知しているため、どうしてよいか、絶望にも似た気持ちで苦しいです。

→ お気持ちはわかります。暖かく見守りたいです。

==========
米の長期備蓄用に、「柿渋ハッスイ米袋」というものがあります。玄米で3年。白米で1年の保存が出来るそうです。試しに購入して2年経ちましたが、令和元年の玄米、美味しく食べています。家の涼しい場所で直射日光には当てないようには気を付けましたが。Amazonで購入しました。乾燥大豆の保存にも使用しています。

→ 定期的に確認してカビ臭くないかをチェックすることが大切だと思います。できればローリングストック方式で、玄米でも長くて1年で使い回しが良いのではないかと思います。

==========
ワク推進派が徹底的に攻撃するイベちゃんですが、これをコロの予防に飲んでいた人には接種後も副反応が出なかった例が多いようで?あくまで即時型の服反応に対しての話だけですが。でもひょーとしたら、ワクの長期な謎効果に対しても効果があるから攻撃してるのか?と期待の眼差しで静観しています。

→ FLCCCはワクチンの副反応の治療にイベルメクチンを使用しているようです。

==========
 それ以来「宗教を信じる」=「神を信じる」ではないのではないかとずっと思っていました。それって教祖様を信じているとか、誰か代表の人間を信じているだけじゃね?宗教の歴史とか教え、どういう修業をしているかとか、そういうことはよく分かりませんが、神様そのものから随分離れているのではないかと考えていました。多くの宗教は人間が人間を拝んでいて、神が人間にすり替わっているのだなと感じていました。

→ コメントありがとうございます。
神様というと100人いると100通りの定義があるので齟齬が生まれますが、しかしそれは自分の心の中の羅針盤に耳を傾けることが出来るか。ということ。と私の感じていることです。

==========
もしこの登山を断念しなきゃいけなくなったら、登り続ける人を励ましたい。あちこち出入りできるだろうから調達のお手伝いなんかもできると思う。良くありたいという気持ちは一緒。両者とも壁をつくらずにその時々に助け合えたらいいですね。

→ コメントありがとうございます。

==========
ワクチン打っても無意味なこと、ADEなどのリスクがあること。
ヤフコメレベルでも周知され始めています。

→ 実社会はネット情報よりワンテンポ遅れますから、未接種人のせいだ。が起こりうる想定で心の準備があると良いなと思います。

==========
その人達の気分を害さない、余計な情報は情報として受け取らず、怒りや不満になってしまうんだな、と感じてしまいました。
私だって、変わらない、あなた達が経済が回らない、とか他人に迷惑をかけないって、言いながら若い人達に接種するように仕向けているのだ、と悲しみを通り越して怒りになりそうな日もあります。
彼らにとっては、本当に副反応も不安で将来も不安で辛かったんでしょう。

→ 接種した方には強い心のバイアスがかかっていることを常に念頭においておく必要があると思います。

・自分がこれだけ(副反応の)苦しい思いをしたのだから、もう自分たちはコロナで心配する必要はない。と思いたい。
・ましてや接種した方が将来危険(ADE)だなんて絶対に信じたくない。
・だから一人でも多くの人間が接種進めてことで、その不安がなんとなく解消される気がする。みんなで渡れば怖くない心理。
・しかしながらこの苦しみ(副反応)から逃げ回っているやつらがいる。

==========
私も元は伊東市生まれなので、まるぞうさんにも応援して下さった皆様にも感謝です。
日本各地の美しい自然や貴重な鎮守の森が、これからも大切に守られていきますように。

→ 私もそのように心から願います。コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (45)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする