まるぞう備忘録

無題のドキュメント

不安にとらわれる時に見直す食生活のコツ。

2021-09-06 09:20:26 | 今日のひとり言

防災カレンダー
6日 新月週間



【精神科医が教える】すぐに怒る人、いつも穏やかな人の違いは、環境なのか遺伝なのか?
伊藤 拓:精神科医 2021.8.31 3:00
・・・
人は、タンパク質が少なく、糖質が過剰な食事を一度にたくさん食べると、怒りやすい状態になります。また、そういった食生活を続けることで怒りっぽい人になる、と言えます。

先ほど、ストレス耐性や、怒りや不安の抑制にセロトニンという脳内物質が関係しているとお話ししましたが、タンパク質にはそのセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれています。

よって、タンパク質の欠乏は、セロトニンを減少させ、落ち込みやイライラを起こしやすくするのです。つまり、タンパク質の摂取量が少ない人は、イライラしやすい、怒りっぽい、というわけです。

トリプトファンは肉類に多く含まれています。ですから、イライラしたり怒りっぽくなったりしないためには、日頃からタンパク質を多く含む肉類を食べればいいわけです。

しかし、トリプトファンには悪玉コレステロールを増やすリスクもあります。そのため、魚や卵、大豆などもバランスよく食べることが必要です。青魚には、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化や心筋梗塞を防止するオメガ3系脂肪酸がたくさん含まれていることで知られています。なお、トリプトファンからセロトニンを合成するためには、葉酸、鉄、ナイアシン、ビタミンB6などが必要です。

また、糖質の過剰摂取が血糖値を急上昇させることにも気をつけたいものです。

それによりインスリンの過剰分泌が引き起こされ、その結果、低血糖状態を招き、動悸、頭痛、イライラ、不安といった症状が出やすくなります。

血糖値の急激な変化を防止するには、食事の回数を増やすことが効果的です。一日に一食や二食といった食事回数によって血糖値の変動が激しくなることもわかっています。

糖質が過剰になりやすい食べ物としては、白米、白パン、ケーキ、ドーナツ、果物ジュース、お好み焼きなどが挙げられます。これらを食べるときには、食物繊維が豊富な野菜を食べることで血糖値の急上昇を防止することができます。

つまり、血糖値の上昇は、食事をとる順番で抑えることが可能です。野菜→タンパク質→ご飯、の順序で食べるとよいでしょう。

https://diamond.jp/articles/-/280723?page=3


 自分の生活環境に不安を感じる方は多いことでしょう。不安と怒りは根っこは同じものです。
 その原因は、周囲の人の無理解にあるのかもしれない。政治の不出来によるものかもしれない。いろいろな原因があることでしょう。

 しかしひょっとしたら、自分の食べるものが原因かもしれません。
 2000年を過ぎるころから、日本人のタンパク質の摂取量は減少しており、今では1950年代と同程度だそうです。



 タンパク質不足というと「じゃあ大豆摂らなきゃ」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかしイソフラボンの大量摂取は女性ホルモンのバランスを崩す可能性があるので、そうそう増やせません。

 ですから、大豆製品の他に、お肉やお魚や卵などの動物性タンパク質も心がけて摂ることをお勧めします。
 ちなみに多くの人々が気にされている免疫力もタンパク質が必要であります。



 我が家では私が食事当番です。在宅ワークの散歩も兼ねて毎日駅前のスーパーまで買い物をいたします。

アジのコツ

 イワシやアジやサバなどの青魚は安くて美味しくて栄養があるので私は大好物です。目が透き通った新鮮な魚がある時はいつもイワシやアジを買います。(今年はサンマが高いです。残念。)

 この動画を観ると誰でもアジ卸の名人となります。
「現役 せり人 が 勧める ! アジ の 速卸し & 裏技」
https://youtu.be/OaGyHMb6Nbc

 アジの三枚卸の時に水で内蔵を洗わないので、刺身にした時に水っぽさがなく味が濃いです。アジだけに。



鶏胸肉のコツ

 家計の味方は鶏胸肉ですな。我が家はブライン液を導入してから胸肉を美味しく頂けるようになりました。

https://www.google.com/search?q=%E9%B6%8F%E8%83%B8%E8%82%89+%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%B6%B2&rlz=1C5CHFA_enJP759JP759&oq=%E9%B6%8F%E8%83%B8%E8%82%89%E3%80%80%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%B6%B2&aqs=chrome..69i57j0i512l9.6298j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 我が家やチキンカレーも唐揚げもチキンカツもチキンソテーもこのブライン液胸肉を使います。



豚コマのコツ

  豚コマがお買い得な時は多めに購入して、ビニール袋に味噌と味醂に混ぜておくと冷蔵庫で一週間ほど保存がききます。味噌は業務スーパーで売っているお安いもので充分です。
フライパンですりおろしたたっぷりの生姜と焼くと、豚の生姜焼きです。キャベツたっぷりとどうぞ。



輸入牛のコツ

 週一回は輸入牛のステーキ赤身を食べたいですな。この方法で美味しいステーキが焼けるようになりました。

【やってみた】塩水に漬けるだけで安い肉が高級肉並みにぷりぷりジューシーに【マジだった】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kaori-masuyama/16-00176



おまけ1
2021年9月6日。時事ネタ解説。




おまけ2(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
ホットケーキが食べたくなり、スーパーで米粉を買って作ってみました。見た目、食感、小麦粉のホットケーキと変わりません。味も美味しいです。米粉でいろいろ作りたくなりましたよ。

→ 情報ありがとうございます。

==========
今朝8:30頃ネットが繋がらなくなりました。

→ インターネットでは良くあることです。心配しすぎ。

==========
まるぞうさんが以前に紹介してくれました、納豆まぜ棒。現在、安く売っています。ご存知でしたらすみません。

https://www.amazon.co.jp/%E5%92%8C%E5%B9%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BA-Wahei-freiz-NR-7902-%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B0044D97IU/ref=mp_s_a_1_1?crid=2HQXVK4WY41X9&dchild=1&keywords=%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%BE%E3%81%9C%E6%A3%92&qid=1630815074&sprefix=%E7%B4%8D%E8%B1%86%E3%81%BE%E3%81%9C&sr=8-1

→ ありがとうございます。納豆を頻繁に食べる方は一本常備しておくと良いですよ〜。ふわふわになります。
納豆パックから器に取り出して混ぜると更に効果的です。タレは入れずにお酢を数滴垂らして。ふわふわになってからタレを入れます。

==========
右の人も左の人も
結局は笛の音に踊らされてる印象です。

→ そうです。「柔らかい話し方の人」がより信頼度高いです。
攻撃的な話し方の人は???

==========
・100分de名著 ル・ボン“群衆心理”[新](1)「群衆心理のメカニズム」Eテレ9/6(月)午後10:25~10:50<再>9/8(水)午前5:30~5:55、午後0:00~0:25
人は群衆の中にいるとき「暗示」を受けやすくなり、その「暗示」が次々に「感染」し、やがて「衝動」の奴隷になっていく。これが「群衆心理」のメカニズムだ。

→ 情報ありがとうございます。

==========
今わくわく接種の方、次で追加を打ってもこの短いスタンスでは免疫原罪発動で、ずっと最初の株に対する抗体を高放出で新たな抗体をつけにくくなるんです。特に人類史上最も強烈ね一発ですので。
https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1543100519

→ 非常に興味深いです。教えて頂いてありがとうございます。
「しかし,インフルエンザウイルスなど初感染時から変異した病原体が感染すると,記憶T,B細胞は最初に免疫応答するはずのナイーブT細胞の活性化を抑制するので,最初に感染したウイルスの記憶に基づいたエフェクターT,B細胞を活性化させる(図1).その結果,最初のウイルスに存在した共通のエピトープだけに抗体が産生され二度目以降に感染したウイルスの変異したエピトープには抗体はあまり産生されない(図2).最初の記憶は消えないのである.インフルエンザウイルスは毎年少しずつ姿を変えて出現するので,感染するとまず初感染時の免疫記憶がよみがえるため,変異ウイルスは生き延びて新たな流行が拡大するのである.」

==========
過去3か月間、イスラエルでは0~19歳の子供/若者の死亡はゼロでした。
https://twitter.com/ranisraeli/status/1433835028627304453?s=21

お母さん考えて!

→ 情報ありがとうございます。

==========
私としては一日も早くそのようなことが明るみになり1人でも多くの方が受けずに済みますようにも思うばかりです。

→ 残念ながら気づいた人から自衛するしかないようです。

==========
岡田斗司夫氏は「機動戦士ガンダム」「ガンバの冒険」「未来少年コナン」の3作品は、アニメファンを自称するなら絶対に観るべき!といっています。

→ 私も同意見です。ただガンバについては芝山努氏の名作という意味でですが。

==========
もし、大親分が軍産系だとしたならば、サナッチャー女史は国防を熱く語っていますので、脈有り?

→ 安倍首相が支持表明しているということは、根回しはしているということだと思います。
ただしあちらも一枚岩ではないので、

==========
この参院の方は両院議員67名の会代表ですよね。会合を開き、その後会見するとブログにありましたが、まるぞうさんは会の合議に関係なく別の意向に沿ってこの方が動いているというお考えなのでしょうか?

→ 私の小説では。
日本を護る方を代表として推すのか、親分の指示の方を会として推すのか。代表として会の内部の調整は大変だろうなと思います。

親分組織から「日本を護る方でも良い」と許可が降りれば、会としてもその方を支持することは出来るでしょう。
会の代表の方の動きにとても興味があります。その方の言動を通じて親分の支持が推測できる。という私の陰謀論小説です。

私が護るメンバーなら、なぜ護る方を推さないのさ。とさぞかし抵抗すると思います。

==========
ファイザーCEOアルバート・ブーラ氏、ホロコーストを生き延びた両親の経験を初めて語る
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20210518-00237255

→ 興味深いです。ありがとうございます。

==========
新型コロナウイルスの存在を証明する科学的根拠、論文等をいつもで隠しておくのでしょうか。
そもそも、そんな文書がネット上でリークされていることがおかしいでしょうか。

→ ネットでリークされているというその情報のURLを教えていただけませんでしょうか。そもそも「新型コロナウイルスの存在証明を隠しておく」が???です。

==========
2Fを切れと言われたので切った。
俺を裏切りやがってと思った2F氏は
仕返しをした。

→ 安倍首相と麻生副総理が菅さんから離れたからが一番大きいと思います。安倍首相が離れたのは高市氏での目処がついたから。
麻生副総理の動きは要注意だと思います。片方はワクチン大臣を支持しないといけないバランス関係。何とか落とし所調整中。という陰謀論小説です。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (24)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする