まるぞう備忘録

無題のドキュメント

時事ネタ4題。

2021-08-01 11:07:47 | 今日のひとり言

防災カレンダー
1日。辛の日。新月週間。




時事ネタ1
米東部で発生のクラスター、感染者の74%がワクチン接種済み…CDC調査
読売新聞 2021/07/31 10:29

【ワシントン=船越翔】米疾病対策センター(CDC)は30日、米マサチューセッツ州で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)で、感染者の4分の3がワクチン接種済みだったとの調査結果を公表した。大部分がインド型(デルタ型)変異ウイルスによるもので、米政府は強い感染力を警戒している。
・・・
 感染者に占めるインド型の割合は約9割に上り、接種済みの感染者の体内からは、未接種で感染した人と同じレベルの量のウイルスが検出されたという。CDCのロシェル・ワレンスキー所長は30日の声明で、「ワクチン接種後にデルタ型に感染した人たちがウイルスを広げる恐れがある」と警告した。
・・・
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210731-OYT1T50168/


 イスラエルや英国のデータから「デルタ株に置き換わるにつれてワクチンの感染予防効果はなくなる」と記事を書いておりました。

 アメリカのCDCがそれを公に認める発表をいたしました。
 これで職場で「感染予防のために接種して欲しい」と言われている方は、きちんと「デルタ株に置き換わりつつある今、ワクチン接種には周囲への感染予防効果はなくなっています」と主張することが出来ます。

 高齢者施設では「入居者様への感染を防ぐためにあなたたち従業員のワクチンを行ってください」と今までは言われてきた方も大勢いらっしゃるでしょうが、もうその従業員がワクチン接種者か未接種者かは、他人に感染させるかどうかには関係なくなってきています。

 大切なのは今までどおり、マスクをしてこまめな手洗いなどの基本。そしてその人の免疫力を維持して、たとえ外出先でウイルスに暴露しても、免疫バリアで体内に侵入させないこと。これが周囲への感染予防になると思います。
 (無症状でも体内にウイルスが侵入して増殖すると、周囲への感染拡大となるから。しかし上気道などの免疫バリアが充分であれば、体内への侵入を阻止出来ている。)

 もちろんワクチン接種を盲信している人や、もう理屈ではなく感情的にワクチン打たなきゃだめでしょ。私の命令指示に従ってもらわなきゃだめでしょ。という方を説得することは難しいでしょう。
 しかし、御本人が「自分が接種しないことで、入居者様に感染拡大させるリスクがあるのに。でも自分はワクチン受けたくない」と良心の呵責があるのであれば、もうその心配は不要である。ということです。

 大切なことなので、もう一度書きますが、周囲への感染拡大を防ぐ目的では、もうワクチン接種は意味がありません。

 感染拡大阻止のために若い方にもワクチンを受けて頂きたいという都知事の発言も、もう意味がないということです。



時事ネタ2
河野大臣、ワクチン3回目接種「たぶん来年打つことに」
TBS 7/31(土) 4:37
・・・
 対談の中で河野大臣は、3回目のワクチン接種、いわゆる「ブースター接種」の必要性について、「日本もたぶんどこかで3回目を打つことになるんじゃないかと思っている。たぶん来年なんだと思う」と述べました。そのうえで、「今年2回打った人は来年1回、今年打たなかった人は来年2回打ってくださいということになるんじゃないか」とも語りました。

 また、接種率の目標について、「若い世代も8割近くまで打ってくれたらいいな」と若い人へ接種を呼びかけました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e47d3fc5ad92948993d4854c1948bc6a72d32184


 いよいよ来ました。日本も年明けから3回目の接種をしてくださいというキャンペーンを始めますよ。という予告です。

 再びマスコミのキャンペーンと日本社会の同調圧力で、3回目のワクチン接種するように呼びかけるということです。

 2回接種してしまった方は、ADEのリスクを避けるために、抗体に依存しない、自然免疫と細胞免疫重視で、数年かけて身体の免疫バランスを戻していく必要がある。というのが私の素人考えです。

 3回目の接種は、ADEが発症しやすくなっている免疫システムを更に、偏らせることとなる。という私の素人考えです。



時事ネタ3
橋下徹氏 娘の〝ワクチン拒否〟嘆く「お父さん、50年後保障できるの?って…」
東スポ 2021年07月31日 17時05分
・・・
橋下氏は「僕はいろんな番組で最初は『社会防衛のためにはワクチンは絶対強制が必要だ』と。日本では強制はできないので、『半ば強制は必要でしょう』と言ってたんですけど」と前置きし「うちの子供はワクチン拒否ですから」と苦笑い。

 一生懸命説明し、その時点よりは子どもの理解も進んだというが「やっぱりネットの中の情報、うちの娘もそうなんですけど、『子宮に影響がある』っていうのが…。特に医療従事者を語る人がそれを言ってたりとか。『お父さんそれは50年後、絶対大丈夫っていうことを保障できるの?』って(言われた)。俺、ワクチンの専門家じゃないしな…。それがすごい今浸透してるんでね」と悩ましげだった。
・・・
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3486736/


 このニュースのポイントは、橋下氏は娘さんに論破されたということです。
 「50年後絶対大丈夫って保障できるのか」と言われると、あのディベートの王者橋下氏でも、反論出来ないということです。

・橋下氏は、娘に論破されて言い返せない。
のか
・橋下氏はお仕事上ワクチン推進を装っているが、本音は娘には受けさせない
のか。

どちらかということです。



時事ネタ4
FDAが安全で効果的な薬を攻撃しているのはなぜですか?
WSJ Opinion 2021年7月28日

食品医薬品局は、科学に従うことを主張しています。それなのに、なぜ1996年に認定されたイベルメクチンを攻撃しているのでしょうか?
今年の初め、FDAは「COVID-19の治療や予防にイベルメクチンを使用してはならない」という特別警告を出しました。
・・・
読者は、FDAが毒薬に対する警告を発していると思うだろう。
毒薬に対する警告だと思うだろう。実際には、この薬は安全で効果的な抗寄生虫薬としてFDAに承認されている。
・・・
2020年に発表されたBiochemical and Biophysical Research Communications誌に掲載された2020年の論文では
確定したCovid-19患者の家族に薬剤を投与した後にどうなったかを調べた。感染したのは8%以下だったのに対し
治療を受けていない人では58.4%でした。また、医療従事者など感染の危険性が高い200人のうち
イベルメクチンを投与された人のうち、Covid-19を発症したのはわずか2%でした。しかし、対照群では10%が発症しました。
・・・
FDAの主張にもかかわらず、イベルメクチンは承認された用量であれば安全です。1998年以降に投与された40億回のうち、重篤な神経系の有害事象は28件しかなかった。Therapeutics誌に掲載された同じ研究では、イベルメクチンは妊娠中の女性、子供、乳児にも安全に使用されていることがわかっています。
・・・
https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2021/07/Why-Is-the-FDA-Attacking-a-Safe-Effective-Drug_-WSJ.pdf


 私は医療素人なので、その薬が本当に効果的なのかはわかりませんが、もし効果があるのであれば、日本でも自宅療養の方々への投与など検討して頂きたいなと思います。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
まるぞうさんはアストラゼネカ社製のワクチンが他の2社のmRNA枠よりも優れているとお考えなのですか?まだFかM社の方がマシではないですか?
個人的にはアストラ社製は避けたいです。
何か知っていることがあっての上でしたらばご教示ください。

→ ううん?私の記事のどのあたりのそう書かれておりますか?

ご参考に昨日のおまけで書いた内容を再度貼り付けますね。わかりにくかったでしょうか。

ちなみに
mRNAワクチンとはファイザーやモデルナなどのこと。
ウイルスベクターとはアストラゼネカなどのこと。

私の見解は下記です。

1,(Covid-19を含む)コロナ系ウイルスにはそもそも(製法問わず)ワクチンは(感染増強抗体を産出するので)ADEのリスクがある。

2,それに加えて特に、mRNAワクチンやウイルスベクターの新技術は一般投与が始まって治験期間が短いので、知られていないリスクはあると個人的には考えていますが、エビダンスが不十分なので現時点では中立の立場です。

(再掲載開始)ーーーーーーーーーー
ワクチンの懸念について2つあるのです。

1,ADEの懸念
こちらはmRNAワクチンだろうがウイルスベクターワクチンであろうが、既存のワクチンであろうが、コロナ系ウイルスについてのワクチンは概ねリスクがあります。(明示的に感染増強抗体を作らないように設計されている第一三共などはADEが抑えられるかも)

コロナ系ウイルス(SARS, MERS, COVID-19)については、そもそもワクチンというアプローチは正しいのかと私は考えています。

そして感染増強抗体を体内に残すワクチン(日本や欧米で広められている)は、ADEを起こす可能性はとても高いです。それはSARS-CoV-2の突然変異能力からです。

2,遺伝子ワクチンの懸念
こちらはmRNAやウイルスベクターなど今回新しく導入されたワクチン技術に対する長期的な体内影響の懸念です。
ただこちらは「安全」とも「危険」ともどちらも言えない状況です。従ってこのブログでは基本的には「中立」の立場です。

ただしADEについては「遺伝子ワクチンの懸念」と異なり「かなり高い確率で起きる」と思っています。CDCが述べているように、中和抗体を回避する変異株の出現は時間の問題。と思っているからです。


==========
二重マスクに懐疑的なのは、空気感染する麻疹のような病気は昔からあったのだから、そういった空気感染する病気に対応して、1枚で対応できる厚さと機能もって販売されてると思いますから、二重のほうがイメージ的により効果的に感じる気持ちの面のほうが強いのではないでしょうか。

→ 不織布マスクをきちんと装着している方は良いと思います。尾美会長の発言は、ウレタンマスク一重ではなく、その下に不織布マスクをつけるなど二重マスクの対策を。です。

==========
こちらのページでは、(COVID-19回復者での中和抗体が時間と共に成熟することにより、変異株への活性と交差性が向上する)との記載があります。
つまり、「回復者」であれば中和抗体が成熟するが、ワクチンの場合は成熟しないだろう(といったまるぞうさんの考え)、という意味合いでよろしいでしょうか?

→ 抗体の成熟=身体全体の免疫バランス
ここで言う抗体の成熟とは、液性免疫や細胞免疫や自然免疫など身体の免疫システム全体として連携出来るようになることじゃないかなと考えています。

重症者の場合は抗体も増えますが、これら身体の免疫全体として抵抗をつけているのだと思います。

しかしワクチンの場合は、「抗体の数を増やすことに重点を置いた遺伝子パーツ」を外部から体内に注入する方法です。

その意味で、仰るとおりワクチンは免疫の成熟ではなく、人工的に中和抗体と感染増強抗体の数を増やすことに的を絞った偏った予防戦略です。



 中和抗体を回避する変異株について、COVID-19回復者であれば中和抗体が成熟するけど、ワクチンでは成熟しない、というのが???なのです。

→ 桁が違う。
回復者でも無症状や軽症者は産出される抗体は非常に少ないのでADEを起きる可能性は低い。
回復者でも重症者であった人は抗体が残っているので変異株への感染でADEが発症する確率はあります。が日本全体で400人程度。(人口の0.0004%)です。

しかしワクチン接種で体内に感染増強抗体が作られてしまった人は本日時点で4800万人(人口の約4割)と桁が違うのです。
この方たちは「中和抗体を回避する変異株への感染」でADEが発症する可能性が高いのです。



 副反応が全くない人であれば、中和抗体が減ってADEを起こすよりかは3回目を打った方が良いのではないか?と思ってしまう考えをもしも潰していただけたらラッキーと思い質問させていただいていますm()m

→ 突然変異に注意
単純に中和抗体が減ったことが原因なら3回目を接種してADEのリスクを減らすこともあり得るでしょう。
問題はADEの発症要因は
・中和抗体の数が減る
または
・中和抗体を回避する変異株の出現と感染
なのです。

つまりいくら中和抗体を増やしたとしても、その中和抗体を回避する変異株が出現して感染するとADE発症する可能性があります。

CDCが警告するようにあと数回の変異でワクチンから逃れる可能性があります。すでに体内に感染増強抗体が作られてしまった人の身体が、このウイルスに感染すると危険です。

「しかし、現れるかもしれない次の変異株 ── あとほんの数回の突然変異で現れる可能性もある ── がわたしたちのワクチンを逃れる恐れがあるというのが大きな懸念だ」とCDCのロシェル・ワレンスキー所長は7月27日の記者会見で述べた。

==========
本日静岡県の感染者は過去最多更新の168人、累計死亡者数は156人です。専門家は感染経路が追えないことを危惧しているようです。

→ 日本全体で感染者は増加するのは間違いないです。PCR陽性者を減らそうという目標自体が間違っている。
大半の風邪症状の人は、もう自宅待機でイベルメクチンを投与して回復させる。
本当に重症化しそうな人だけを、入院させて抗体カクテル療法に。

でもこの方法で効果があがると、ワクチン接種者を増やすことが難しくなるので、とにかく「PCR陽性者増えたと国民にパニックにして、健康な日本国民の体内に感染増強抗体を産出させる」ことが最大目標という陰謀論小説です。

==========
でも例えば今日の柔道団体の銀も残念ではあるけれど、フランスが強かったと素直に納得しましたし、韓国に僅差で負けたバレーも必死で応援しましたが、あまり悔しくは感じませんでした。メダルが殆ど取れなくて悶々と観ていた過去のオリンピックと違って、今回はメダルラッシュだからちょっと余裕?なのでしょうか?ね。

→ 私も同じ様な感想です。コメントありがとうございます。

==========
まるぞうさん、眠れなくなって、今、官邸にご意見メールしました。ワクチン一時中止してイベルメクチン使用のお願い、です。

→ ありがとうございます。

==========
最悪を想定して備えれば最悪は起こらないという理論?についてですが、最悪は常に想定外の所からおきてくるというのはどうでしょうか?

→ そのとおりです。必ず想定外のところから起きます。
しかし「ここまで想定してそれで起こるのなら仕方ない」と腹をくくれているなら大丈夫です。

「ここまで準備してそれでも起きるなら私はその最悪を受け入れる」と腹を括ると、塞翁が馬に逆転するから人生は面白いです。これほんと。(加藤武さん風)

==========
https://news.yahoo.co.jp/articles/248c7c3b9981c0010e73f122d837182bfe1c10b
↑ こういうニュースはあまり出されないし、消されそうなので載せておきます。もっと公にしてほしい。

→ 投稿された時点で既に消されていました。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (23)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする