まるぞう備忘録

無題のドキュメント

畏怖を感じる人類。畏怖を感じない人類。

2021-07-18 10:00:53 | 今日のひとり言


番組に感じていた違和感。

 NHKの科学番組でヒューマニエンスという番組があります。先日は腸内細菌の話でした。
 その中で「腸内細菌が脳を支配しているかも」という興味深い内容もあったのです。が、番組としてはそのことに対し、否定的な空気でありました。

 私達の脳がそんな腸の最近に支配されてるなんて。ヤダ。

 という空気でした。
 その空気を感じて「ああ私が常々この番組で感じていた違和感の正体がこれだったのか。」とわかったのでした。



人体=自然に対する畏怖。

 この番組のスタンスは
・生命の仕組みの大部分は科学で解明できる。
・私達の意識の正体は脳である。
というものです。

 しかし私個人の人生の経験論は
・生命の仕組みは科学で解明できないことの方が多い。
・私達の意識の正体は心である。
というものです。

 西洋的と東洋的の違いにも似ていますね。
 そして私達の社会の人はこの2つに分かれているように思います。



科学をつきつめると一人ひとりの心に行き着く。

 私はバリバリの理系でありますが、生命や自然の仕組みについては、科学で解明できないことの方が多いと思っています。
 量子力学のように科学を突き詰めると、結局「人の想い」というもっとも曖昧なパラメーターに行き着いてしまう。そのように。

 私の意識の正体は脳ではなく心であると思っています。正確には意識の奥底にある人類(あるいは自然)の共通意識。それを心を呼んで良いでしょう。心の奥底のお天道様と呼ぶこともあります。



自分の意識が「脳」だと信じている人たち。

 私という心の生命活動。脳も大切な器官でありますし、腸(とその細菌たち)も大切な器官であります。
 だから「腸の細菌が脳を支配している」と聞いても、さもありなん。とは思いますが「嫌だなあ」とは思いません。

 でも自分の意識が「脳」と思っている人は、そんな細菌に自分が支配されているなんて「嫌」なことなのでしょう。ふうむ。

 そして自分の意識が「脳」だと思っていると、死後の世界はさぞかし怖いだろうなと思います。
 死んで全て終わりなら、生きているうちに少しでも欲張っておいた方がいいです。そういう生き方になるかもしれません。



自然への畏怖。生命への畏怖。これがあるかどうか。

 太古の人間は自然への畏怖をもっていた人たちでありました。だから地球と共存して生きてきました。
しかし、自然の畏怖を忘れた人たちが増えた結果。地球に大きな負荷をかけ続けて、そして地球(自然)を搾取する。そういう時代が長く続きました。

 そして地球が悲鳴を上げた時、この人類を掃除するかどうか。
 この人類とは地球にとって善玉菌なのか悪玉菌なのか。
 悪玉菌だけを掃除する。善玉菌は生き残る。そんなことは可能なのか。



両手をあげて遺伝子ワクチンに飛びつく人。逆に怪訝に思う人。その差はどこから?

 COVID19というウイルスがほとんどの人類に暴露された時。そして遺伝子ワクチンが世界の人々に配布され始めた時。そしてその遺伝子ワクチンの時限爆弾の仕組み。

 私の陰謀論空想小説です。地球という大自然が「自然に畏怖を持つ人」と「自然をなめている人」に選別し始めているのではなかろうか。

 COVID19対策?そりゃ体内の抗体にブーストかけりゃいいじゃん。時間がない?なら遺伝子メッセージを体内の細胞に強制注入すればいいじゃん。楽勝楽勝。

 私の個人的な主観です。このワクチンの発想には「自然への畏怖」が全く感じられません。
 このmRNA技術は抗癌治療で苦しんでいる人たちの福音にはなるでしょうが、ADEウイルスの時限爆弾として健康な人たちに注入するものではない。



同調の圧力に負けた方々も。

 私達日本人は「自然への畏怖」を感じる人達が多い国民です。しかし同じくらい「同調圧力に弱い」という特性を持ちます。

 今回、健康な中年以下の人たちで、心の中で嫌だなあと思いながらも、職場の圧力でワクチン注射をした方。可能であれば2回目はのらりくらりと避けて頂きたいなあと思います。
 もし2回目も不承不承ながら接種してしまったという方。半年後の3回目の接種は避けて頂きたいと思います。



ワクチン受けましょうのデマ1
「あなたが周囲に感染させないためにワクチン接種が必要なのです」


 デルタ株という突然変異株にとって、ワクチンは感染を防止する意味はなく、打った人が重症化しないため。と今では言われています。
 英国の感染拡大の様子をご覧ください。もうワクチン接種率が高くでも感染拡大は防げていないことがわかります。
https://www.worldometers.info/coronavirus/country/uk/

 だからもともと重症化しにくい、中年以下の健康な人(特に女性)はワクチンを打つ意味はほとんどありません。


ワクチン受けましょうのデマ2
「今は40代50代の重症者が増えています。これらの世代のワクチン接種をもっと進めなければなりません。」


 重症化している40代50代の人の体重も発表して頂きたいです。
==========
新型コロナ、40代50代男性の重症化目立つ 東京オリンピック・パラリンピックの医療体制は?
日テレ 7/9(金) 11:54配信
・・・
東京に4回目の緊急事態宣言が発出されることが決まりました。東京医科歯科大学病院では、新型コロナの入院患者が微増傾向にあり、40代、50代の男性の重症化が目立っているということです。
・・・
――重症化の40代50代とは?

男性の方が多くて、なおかつ、肥満傾向のある方です。体重が100キロ以上ある方ですとか。そういう方がやっぱりハイリスクなんだと思います。
・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/026d2f195cdb2e4b102a8619891da8d657d82aa2
==========





おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
意味が分かりません。あの方達のことだろうとは思うのですが、

→ キッチン爺ぃや元国務長官。
https://www.hoe2021.com/wp-content/uploads/2021/07/2021-07-05_4.png
(陰謀論のリンクです)

==========
ただ、人も今まで母なる地球の観点を忘れすぎてる。自然を敬う心を忘れがちも事実です。ソドムとゴモラって住民はこの程度だったのかも。

→ 21世紀には遺伝子ワクチン世界中。という事態が起きるなんて子供の頃には想像がつきませんでした。

==========
このことをずっと知りたい理解したい納得したいと思ってるのですが私には難しいです。そして説明のつかないことにひねくれています。宇宙を作っているのも自分で私の思いが先にないと宇宙はなかったのですか。

→ 記憶をなくして人生を時間限定で体験するということです。
記憶をなくしている表面の自我は「どうして私は人生でこんなに辛い思いをしなくちゃならないの」と嘆きます。
しかし心の奥底では、ちゃんと覚えている。だから大丈夫。答え合わせの時に「そんなことならああしておけば良かった」と後悔するのはつまらんです。

==========
腑に落ちない事の一つに、ユダヤの国イスラエルの接種率の高さです。

→ 911の時は目的のために自国民を犠牲にしたという陰謀論の世界ですね。

==========
イベルメクチン、飲みましたらお腹壊しました。今日、紹介してました、サイトを読むと、量を少なくしたとあります。錠剤を割って飲めばいいともありましたが、そうしておられる方いますでしょうか? 

→ 情報ありがとうございます。私は医師ではないのでコメントできませんが、情報を投稿してくださってありがとうございます。

==========
イベルメクチンの副作用よくわかりました。ありがとうございます。
昨日子供と二人で血液検査の結果を聞きにいきましたら肝臓が二人共悪かったです。
コロナだとパニックになって二人してイベルメクチン飲んだ副作用かもしれません。

→ 情報ありがとうございます。どうかドクターの指示に従ってください。よろしくお願いいたします。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (21)