まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【ファイザーワクチン】 将来的なADE薬害を避ける方法の考察。

2021-07-14 10:32:25 | 今日のひとり言


お付き合い接種をした方へ。

 ファイザー、モデルナなどの遺伝子ワクチンを打ってしまった方が、将来のADEに対抗するための方法を考察します。
 ADEになる条件は次の2つ。
・体内に感染増強抗体が産出されて残っていること。
・中和抗体を無効化する変異株SARS-CoV-2が将来出現して感染すること。



打つ回数は少ないほど良い(だろう)。

 まず感染増強抗体ですが、少なくともファイザーワクチン接種者の血清の中に存在が確認されています。
 一般的にワクチンで産出される抗体の量と残存期間はワクチンの摂取回数に関係があります。

 遺伝子ワクチンについては不明ですが、通常のワクチンは2回接種で2年ほど、3回接種で5〜20年ほどの抗体残存があると言われています。
https://www.mmclinic.jp/pdf/schedule.pdf

 ですから、健康な中年以下の方(基礎疾患のない方、肥満でない方)については、遺伝子ワクチンを打たないことを強くお勧めします。
 職場のお付き合いでどうしても断りきれなかった方も、可能なら2回目は避けた方がいいのではないか。感染増強抗体の産出と残存期間は(まだちゃんとしたデータがないなかでの私個人の素人判断ですが)それでもまだ1回接種だけの方がずっとマシではないかと思います。

 もし私であれば「1回打ったら副反応がひどくて、ちょっと2回目は様子見をします」とかなんとかのらりくらりと先延ばしにするだろうと思います。

 お付き合い接種で2回打った方は、仕方ありませんが、それでももう3回目は打たないことを強く強くお勧めします。



ADE誘発株の出現を注視。

 お付き合い接種で体内に感染増強抗体が算出されて残っている方は、抗体が消失するまでの期間(数年?)突然変異株のニュースには注意を払う必要があるでしょう。
 遺伝子ワクチン中和抗体を回避する突然変異株が出現し、世界で接種率の高い国から重症者が増加しだしたら要注意です。



ウイルスの増殖を抑え自然免疫を活性化するアプローチ。

 ただしそのようなADEが流行し始めても、私はイベルメクチンのようなアプローチは有効ではないかと思っています。

・ウイルスをやっつけるのではなく、分裂増殖するのを抑える。
・抗体ではなく、自然免疫を応援するように働く。

 このような働きはADEを抑える可能性がある。突然変異株が感染増強抗体と結び付き出す以上に、まず体内に入った変異株の増殖を抑えること。そして変異株が中和抗体を回避したとしても、別部隊の自然免疫を活性化させること。など。



世界には良心の研究者や医療従事者は本当に大勢いるのだから。

 ADE(を発症させる突然変異)株が流行し始めるかもしれない将来(半年〜数年後?)には、ウイルスを抑える医薬品についてももっと研究が進んでいるかもしれません。
 イベルメクチンや5-ALAやその他効果がある成分も知られていくことでしょう。
 なぜなら世界には本当に良心から人の生命を救いたいという研究者や医療関係者は本当に本当に大勢いらっしゃるからです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
飲食店主らが「自民・公明には投票しない」運動をしているようです。
コロナやオリンピックのことも含め、もうアベ総理の三度目は消えたのではないでしょうか?

→ 私は浮足立つことなく、静かに成り行きを見守りたいと思います。

==========
なぜ世界でこんなことが起きているのでしょうか…(ToT)
やっぱり人口削減のためですか?

→ 明日かあるいは数年後か数十年後か。でも遅くないうちにこの世を離れるのは決まっているわけですから。死ぬ理由はあまり関係ない。その時に「今回は最後まで一生懸命生きたぞ〜」となるかだけが、私にとって重要です。という個人メモです。

==========
イベルメクチン無事届きました。ありがとうございます。

→ 良かったです。私も丁度2回目が届きました。皆さん同じ航空便だったようですね。

==========
ハイリスク人とワクワク。悩む。ハイリスクで打った後、もしワクワクが引き金になったら二重苦に? 打つ打たないとちらをとってもリスクはある。年取ってるけと、一年でも二年でもこの先短いとしてもできる限り元気で一生懸命生きたい。
今回のワクワクは、まるで賭けのような気がして。不安もあるし。賭けに身を任せたくないし。
何が正解なのか解らなくなる。今回の結果をみることないのかな。

→ 本当に悩みどころだと思います。もし私が基礎疾患については生活改善で改善できるレベルであれば、イベルメクチン予防で時間を稼ぎながら、本気で生活改善のハイリスクゾーンの脱出努力をするかもしれません。
しかし治療中であれば、ドクターの意見を聞きながら自己判断となると思います。

==========
 北のおばちゃんさんへ
5-ALAの量がどのくらいとればいいのかがわからないので問題なのですが、
正規のサプリだと1錠50mg(1日)  安い奴だと含有量が30mg等、少ないのでは?と思います。
中村クリニックのお話だと1錠ですんだというのもあるし感染した人には5錠飲ませたというのもあります。要はある一定以上量を取る必要がある。その最低限が50mg?かなと。
食事でもとれてる部分があるので私は調子よければ毎日とる必要ないんじゃないかと勝手に思ってますが。ちょっと高すぎですよ。

→ サプリの接種についても治療中の方はドクターに相談してください。

==========
かねしろクリニックさんのホームページを確認したところ、現在は学生さんのみで、一般の方には診断書の発行はされていないようです。7/1のお知らせに記載がありました。

→ お知らせありがとうございました。

==========
もし宜しかったら以下の質問について参考意見をお聞かせ願いたいです。

→ まず小悪魔ちゃんに興味があるかどうか、次回の動画できいてみたいと思います。

==========
自称専門家はワクチンに疑問を持つ人や、反ワクチンの人に「無知」とレッテルを貼り、相手をねじ伏せに来ます。でもそれって逆効果で、ますます疑惑が深まってしまうことわかってないですね。

→ やはり中立が大切だと思います。
ワクチン臨床試験に参加するかどうかは、ハイリスクな人は自己判断。健康な中年以下は様子見推奨。という中立派です。

==========
まるぞうさんも予防として飲んでいらっしゃったのですか。
予防としては義理のお母様用で、まるぞうさん自身はコロナになった時用に保管されているのだと思っていました。
個人的には、予防として飲み続ける事に抵抗があって個人輸入をしなかったです。子供の頃から薬ばかり飲んで来ているので、飲み続けなければならない予防薬というものにどうしても抵抗がありまして。。。 保存薬としてイベルメクチンを個人輸入しようか迷ってやめたのでした。
まるぞうさんのように健康な方ならば予防として飲んでも大丈夫なのかもしれないですね。

副作用もありますので一応貼らせて下さいましです☆

https://www.min-iren.gr.jp/?p=28904

→ イベルメクチン副作用情報ありがとうございます。
自己判断で服用される方は、参考になさってください。

私は予防でイベルメクチンを服用しはじめました。
それはワクチンを打たないことは会社などでは言っていることと感染力が強いデルタ株が東京でも流行し始めたためです。

もし私が感染したら「やっぱりワクチン打たなきゃダメじゃん、打ちましょう」と周囲がならないように。

==========
今度引越し先で新電力、新ガスを薦められました。個人的には何の損も無さそうなのですが、そこが上手い話過ぎて、逆に心配になるというか。。
このようなものを推し進めるのは、日本のためになりますか?

→ 我が家は東京ガスの「電力とガス」を利用しています。公共料金の節約になっています。信用できる企業のサービスであれば良いのではないでしょうか。健全な企業努力で値段が下がるのは良いことだと思います。

=========
シカ先生が70歳以上ワクチン推奨、40以下は打たなくて良い、80歳以上は副反応で死ぬ可能性あり。50.60は慎重にと。数値を示していていちいち納得ですが、打った方がいいのはは70歳台だけか!でも、自分の感覚とも一致しています。

→ 御自分が80以上の場合は、参考になると思います。ただし自分以外の80以上の家族に対して周囲と喧嘩になるまで強い説得するのはお勧めできません。

いずれに自分は亡くなるわけです。その時周囲に迷惑をかけないのはどちらか。という視点もあると思います。

副反応で亡くなる時と、コロナ重症化で亡くなる時の、医療従事者の方の負担はどちらが大きいか。
家族が死に目に会える亡くなり方か、見送りも出来ず遺骨だけ送られてくる亡くなり方。残された家族の気持ちを考えると、自分はどちらを選択するべきか。などです。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (25)