まるぞう備忘録

無題のドキュメント

愛しきロボット君。もう一人の私。

2021-07-09 08:43:29 | 今日のひとり言

防災カレンダー
9日。新月週間。




なぜ妹ばかり可愛がる?

 夢の話ですみません。今朝私が観た夢です。
 居間のテレビが一回り大きくなって最新型になっていました。

「どうしたの」と訊くと
「新しく買ってもらったんだよ」と妹が答えます。

「やった〜」と喜ぶと
「でもこれは私のテレビなの。私の部屋にもっていくから。」と妹が答えます。

「ええ。それじゃ居間のテレビは?」と訊くと
「あれよ」と妹が指差します。

 そこにはお洒落なデザインだけれど小さなポータブルテレビが置かれてました。
「居間のテレビはあれになりました。お洒落でしょ。私とお母さんとで選んだんだよ。」



もう一人の私とは一体誰か。

 私は大画面のテレビが好きなのです。せめて今と同じ大きさならともかくこんなに小さなテレビになっちゃうなんて。
 私は妹の大画面テレビが良いなあ。と抗議します。

 でもその時私のもう一人の心が「やめとけ〜」と言います。
 その大きなテレビを妹は軽々と持ち上げて二階の自分の部屋に持っていこうとします。私は力づくで止めようと思いますが、やはり再びもう一人の自分が「やめとけ〜」と言います。
 そして結局私はその声に従って、私は不承不承、妹が大画面テレビを持ち去っていくのを許します。



事態をこじれさせてダダをこねたい私。

 でも納得がいかない私は母に詰め寄ります。
 もう一人の私が「やめとけ〜」と言うにも関わらず、顔を真っ赤にして抗議しています。

 「結局母さんは自分より妹の方がかわいいのだ」ということを母に認めさせようとしています。
 そんなこと母に認めさせても何も事態は変わらない。それよりか悪化するだろうが、私は必死になって母にそれを認めさせよう。事態を悪化させようとしているのでした。

 もう一人の私が「やめとけ〜」と言う声を聞きながら、目が覚めました。
 そして「やめとけ〜」と言っているのは、実は夢を観ていた私自身でした。
 私は夢を観ながら、もう一人の夢の中の私(=憤慨して抗議している私)に「やめとけ〜」と言っていたのでした。

・夢の中で憤慨している自分=夢の中の主人公の私
・「やめとけ〜」という自分=夢を観ている観客の私



寝ている間に観る夢とは心の痛みを癒やす過程。

 夢の中の私とは過去の自分の記憶が投射していた幻の自分でした。
 自分の子供の頃、自分より妹の方が可愛がられた。抗議してもまともに対応してもらえなかった。そういう子供の頃の心の痛みがずっと心の中に仕舞われていたのでした。

 妹は逆に兄さんの私の方が可愛がられていたと思っていることでしょう。
 自分の方が可愛がられた記憶というのは残りませんが、相手の方が可愛がられたという記憶は、このように数十年たっても心のヒダの中に残り続けているのです。

 夢の役割の一つはそのような「心の痛み」を癒やす過程であります。
 悪い夢でうなされるごとに、心の痛みも癒やされる。癒やされる過程で、それは悪い夢の追体験という形になる。
大きな心の痛みは時間はかかるが、でも心の治癒力で必ず癒えていく。



私の人生は、二人の私の同行二人旅。

 私の人生やこのような二人旅だなと思います。
 一人は私自身。夢の中で「やめとけ〜」とつぶやいた私です。

 そしてもう一人はロボットの記憶の私。プログラミングされたように動きます。
 過去に心の痛みを受けたなら、反射的に反応するようにプログラムされています。
 まさに眠っている自分です。

 でも私はこのプログラミングされたロボットのもう一人の私のことが大好きです。
 なぜならこの私がいるからこそ、私はこの世で喜怒哀楽を体験することが出来ます。一番観たかった景色。



プログラムされたとおりに反応するロボット君の自分=表面意識。

 起きているこの状態でも、私が自分の「やめとけ〜」を押し切って、感情的になる時、それは私のロボット君が発動しているんだなあ。と思います。
 過去の心の痛みに刷り込まれたプログラムが自動運転しているんだなあと思います。

 しかし我を忘れない限り呑み込まれない限り、「やめとけ〜」と俯瞰出来ている限り、もう一人のロボット君(自我)は愛しいパートナーです。
 この世界は何なのか。自分は一体誰なのか。それを教えてくれる旅の恩師です。という私的メモ。






おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
「心して怪しと思ふことは、たとへ神の言葉と申しても一応は考へよ。神の言葉でも裏表の見境なく唯に信じてはならん。サニワせよ。薬、毒となることあると申してあらうが。馬鹿正直、まことの道見失ふことあると申してあらうが。」

→ コメントありがとうございます。
「自分は半分間違っているかも。相手が半分正しいかも。」というスタート地点は日常生活のサニワに似ているなと思いました。

==========
大阪大学の宮坂先生は最近はワクチン推奨派ですが、去年の8月の記事では
https://www.chunichi.co.jp/article/101664
 宮坂さんには苦い経験がある。かつて研究で飼育していたマウスの間で、コロナウイルスの大量感染が起きた。「調べると、感染したマウスは抗体を作るが治らない。免疫を回避する能力の高い厄介なウイルスだと思った」

ワクチン接種についても「遺伝子ワクチン技術は有効である可能性が高い」と認める一方、
 「できた抗体の量が十分かどうかも分からない。コロナの場合、抗体ができても役に立たない場合がある」

「それどころか、感染時にかえって病気を悪化させる「悪玉抗体」が作られる恐れがあるという。」「ADEは個人差も大きく、宮坂さんは「安全性や予防効果は、大規模な接種から1年程度経過しないとわからない」とみている。」

 宮坂さんは「過去には海外の承認薬をそのまま国内で使って重大な副作用が起きた例がある。人種差もあるので国内で試験をするべきだ」と訴える。
 開発を急ぐあまり、試験に時間をかけない動きには「きちんと手順を踏まずに接種をすれば人体実験になってしまう。効果の低いワクチンで安心し、かえって感染を広げることも。効いたらもうけものだという考えではだめ。有効なワクチンの開発には2年はかかるだろう」と指摘する。以上抜粋

→ 昨年の宮坂教授のご意見は本当に同意いたします。

==========
ワクチンのみならず、イベルメクチンも予防的に飲むのは様子見派です。個人輸入を怖がっています。

→ こちらも正しい見識であると思います。コメントありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (19)