まるぞう備忘録

無題のドキュメント

【コロナ予想】 ワクチン接種未接種に関わらず感染者は増えるが重症者は据え置き。

2021-07-07 10:15:46 | 今日のひとり言

今後国内におけるCOVID19予想。

増える感染者。

 デルタ変異株により感染者は増えることでしょう。
 一つに感染力が強まっているからです。空気感染もあり得るということですので、一重ウレタンマスクだけで街中に出かけると、感染するかもしれません。
 尾美先生の仰る「不織布マスクとウレタンマスクの二重がけ」で防御は必要であると思います。



ワクチン接種者の感染も(ただし軽症)。

 もう一つにデルタ変異株のワクチン効果は落ちるからです。英国でもイスラエルでもデルタ変異株の感染者が増えている理由です。
 このため我々の周囲でも「ワクチンうったのにかかった」という人の話を聞くことになるでしょう。

 その上、ワクチンを打った人が油断することで、感染しやすくなることも充分あり得ます。

 このことから「ワクチンは効果ない」という人たちの声もあがるでしょうが「ワクチンによって重症化が防げる」ということから「更にワクチン接種を進めなければ」という人に分かれることになるでしょう。



重症者が(増加しない)据え置きになる理由。

 実際デルタ変異株の流行で国内の感染者数は増加しますが、重傷者や死亡者は少ないまま維持されることでしょう。
 それは重症化率の高かった高齢者や基礎疾患の方がワクチンを接種したことによります。

 健康な未接種者はどちらにしろ、感染しても無症状か軽症の人が大半でありましょう。
 長期的な安全のリスクが判明しているワクチンならともかく、まだ治験中の人類初の新技術ワクチン(自己免疫疾患の時限機能のリスクあり)の場合は、健康な方は接種を見送るのが無難であろうと思います。



高齢者のADEと更なる突然変異株の出現。

 今後起こり得る懸念点については以下2点。
 一つは高齢者の抗体減少。今後もし感染力が更に強化された変異種が流行すると、抗体が減少した方からADEを発症する可能性があります。
 その頃にはイベルメクチンによる治療も一般的になっており、3回目の接種で再ブーストしなくても良い選択肢があればいいなと思います。

 もう一つの懸念点はSARS-CoV-2の突然変異です。私がもしウイルス君の立場であれば、抗体がブーストされた人ほど狙い撃ちするような変異となる。
 なぜなら自然免疫の人たちはもうSARS-CoV-2が体内に入って共存しているケースがほとんどだから。だからその宿主を攻撃する必要はない。
 ただし自分たちを強制的に排除しようとする宿主に対しては。という方向に進化していく。そのような可能性があります。



 インドの感染者が低いままだとまだイベルメクチンは変異種に効果があるというように思えます。多分イベルメクチンはウイルスを撃退するのではなく、異常増殖するのは抑えるけれど、共存状態で均衡を保っているのではないか。という素人考えです。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
伊豆山(熱海)で発生した大規模な土石流災害は、盛り土が原因との事ですが、崩落した谷筋に沿ったすぐそばに大規模なソーラー発電施設が映像にも映っています。
これは2019年ごろに、まるぞうさんが伊豆のメガソーラー建設は土石流災害を招きかねないと再三指摘されていましたが、ソーラー建設は今回の災害とは無関係なんでしょうか?

→ 無関係ではなく「土石流の引金」であったと思います。

近隣から臭いと苦情があったほどの産廃土だそうです。本宮の裏の沢を元のきれいな状態に戻すための浄化作用にも思えます。

沢を産廃土で埋めただけでなく、その後ろの山頂(御神体)を禿げ山にてパネルを敷き詰めたことに対しては、もし自然に意志があればさぞかし。と思います。

==========
昨日、私の攻撃力が増してる。
穏やかだと思って結婚したのに、でもこれが本当の性格なんだろうな。
と旦那が言いました。

→ 夫婦とは鏡に映ったもう一人の自分であります。DVやハラスメントなどがない限り、伴侶は自分のもう一つの自分であります。

陰と陽が逆転して奥さんが強い時期に入ったのかもしれませんね。そうやって陰と陽がグルリンを繰り返しながら、何十年もかけておしどりが育っていくのだと思います。

==========
会社の旅行は、社員としてどうしても断われないのです。
接種してないのは私だけです。
同行する時の注意として、
マスクをする。
なるべく接触しないように気をつける。
自分を守る為に、
旅行中ですが、梅干し、日本茶、納豆、ワカメを食べる様にする。
パモキサンを飲んでおく。
出来れば、お医者さんに頼んで、予防の為にでイベルメクチンをもらい、飲んでおく。

→ ここに相談を投稿されるぐらいご心配であるのなら、私なら個人輸入でイベルメクチンを購入して予防服用してから、旅行に行きます。(ただしデルタ株の流行が始まっているので、感染対策は怠らずに)

ちなみに私が購入したところは3週間ほどかかります。ギリギリかもしれません。

==========
・「若い世代は重症化しないからワクチンを接種しなくて良い」は本当か 忽那賢志 7/3(土)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210703-00246055/

→ 忽那先生のところでも軽症者にはイベルメクチンの服用を行うことになれば、先生の考えは変わると思うのですが。現時点では残念だと思います。

==========
疥癬の治療薬であるイベルメクチンがどこの卸にも在庫がなく、患者さんに処方できないという、皮膚科の先生のツイートを見ました。この状況に対し、どのように思われますか?

→ 疥癬の患者さんにもきちんとイベルメクチンが届けばいいなと思います。またCOVID19で助かっている人もそれだけいるということなのかな。とも思いました。

==========
イベルメクチン、インドからだとどのくらいかかりますか?2日に発送の連絡があり、追跡調査ではインドで3日から 動きません。

→ 私の追跡もインド国内から全然動かず、おかしいな〜。でもインドだからな。と忘れた頃、自宅に届きました。サイトにあるように3週間ぐらいかかりました。

ただ個人輸入はそういうリスクはあるので、もし3週間たっても届かなさそうなら、発注した輸入業者さんに相談するのが良いと思います。

=========
ワクチンの是非とは関係無いけれど、これは多くの方に読んでみてほしいと思いました。
一つの事象でも表と裏じゃなくて、全部表?もあり得るという事、人生でたくさんあるんだろうなと改めて気づきました。今日の22時まで無料公開だそうです。
https://note.kishidanami.com/n/nb46795774c54

→ 興味深いお話でした。ありがとうございます。

==========




本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。
コメント (17)